転職活動、スーツのインナーは何を着る?色やデザインなど女性の身だしなみマナーを解説

転職活動、スーツのインナーは何を着る?色やデザインなど女性の身だしなみマナーを解説

転職活動中は、身だしなみももちろん大切。
そこで押さえておきたいのが、スーツのインナー。
「シャツを着るべき?」「カットソーでも大丈夫?」といった疑問から色やデザインまで、女性の身だしなみで気を付けたいスーツのインナーについて解説します。

女性はスーツのインナーで何を着るべき?転職活動中の身だしなみの基本

第一印象を左右する身だしなみ。
転職活動中のスーツのインナー選び、まずはその基本から紹介しましょう。

インナーは襟付きのシャツ・ブラウスがおすすめ

転職活動中のスーツのインナーといえば、シャツやブラウスが基本。
ブラウスを選ぶ際も、シャツと同様に襟がついたタイプを選ぶのがおすすめです。
「シャツでは無難過ぎない?」という声も聞こえてきそうですが、面接では無難が一番!
面接官を問わず、身だしなみの基本として定着しているシャツやブラウスが好まれます。

カットソーは企業によってはNGということも

ビジネスにおける女性のスーツスタイルで、インナーにカットソーを着用することはよくありますよね。
シャツやブラウス以外でも、カットソーの着用が必ずしも悪いというわけではありません。

ただし、面接のような正式な場では、企業によってはカットソーが嫌われることもあります。
「お堅い」と言われるような企業・職種ではやはりシャツやブラウスがおすすめですし、面接官の年齢によってもカットソーは「カジュアルすぎる」と低い評価を受けることも。
志望する企業・職種に応じた配慮が必要です。

転職活動中におすすめのカラーは?女性スーツのインナー選びのポイント

次におさえておきたいのが色。
転職活動中は、黒・グレー・紺のスーツが一般的ですが、インナーの色選びも大切です。

白が無難

転職活動では、インナーの種類を問わず、色は「白」が一番のおすすめです。
黒でシックにまとめたり、淡いピンクやブルーといった淡色系でまとめたりすることもありますが、白の方がさわやかな印象を演出してくれますし、顔映りもよくなります。
そのため、できれば白いインナーを選ぶようにしたいですね。

なお、白を着用する際に気を付けたいのが、アンダーウェア。
ジャケットはもちろん着用しますが、それでも透けて見えることがないように気を付けておきましょう。
キャミソールなどを重ねて着用することはもちろん、
キャミソールの色も白かベージュ系を選び、色映りがしないようにするのがポイントです。

派手な服装はそのまま派手なイメージにつながる

インナーで白が良いとされるのは、「派手な印象を避けるため」という理由もあります。
面接であまりに華美な装いで行くと、「私生活も派手」「自由奔放」などというように悪目立ちする懸念があるのです。
そのため、白いブラウスでも、派手なフリルがあるようなものは避けるようにしましょう。
「お呼ばれ」ではなく、あくまでも転職活動ということを忘れずに。

転職活動では清潔感が大切

女性のスーツのインナーに限ったことではありませんが、転職活動中、身だしなみの基本となるのは「清潔感」です。
清潔感はそのまま「誠実」な印象や「信頼感」につながります。
着ている本人がOKでも、その企業のドレスコードに合っていなければ、身だしなみは意味がありません。
白いインナーが好まれるのはまさに、万人受けするから。
靴やかばんも、世代を問わず受け入れられる服装をイメージして選ぶようにしてくださいね。

転職活動でインナーにカットソーを選ぶなら?スーツをきれいに見せるためのコツ

女性のスーツでは、カットソーを合わせることが必ずしも悪いわけではありませんが、インナーにカットソーを着用する場合は、スーツをよりきれいに着こなすためのコツがあります。

ノースリーブは避ける

真夏であっても、スーツのインナーにノースリーブを着用するのは避けた方が無難です。
最近ではクールビズが広く浸透したこともあり、面接でも「ジャケット脱いでもいいですよ」と担当者からお声がけいただくことがあります。
その際、ノースリーブのカットソーでは脱げませんよね。
暑い夏場でも、面接では袖があるものを着用するようにしましょう。

胸元には要注意!

カットソーをインナーとして着用する場合は、胸元の開き具合にも注意が必要です。
胸元が開き過ぎたデザインのものはもちろん、一礼した際に、胸元が大きく下がってしまわないかも事前に確認しておきましょう。
面接で恥ずかしい思いをすることになりますよ。

カットソーの下にはインナーを忘れずに

シャツやブラウス同様、アンダーウェアの上に直接カットソーを合わせるのはNG。
色やデザインが透けて見えることがあるので、必ずキャミソールなどを着用するようにしましょう。
アンダーウェアの色そのものにも配慮をしておくといいですね。

カットソーのサイズ感にも気配りを

カットソー選びの最後のポイントは、サイズ選び。
カットソーに限らず、スーツなどビジネススタイルでは、ジャストフィットが基本です。
きつすぎるのも考えものですし、余裕がありすぎてもジャケットの下でまごついてしまいます。
面接で着席した状態でもすっきりと見えるよう、サイズ感にも気を配るようにしましょう。

世代・年齢を問わず好印象がのぞめる服装を

転職活動中は、いろいろな企業の担当者と顔を合わせることになります。
常に見られていることを意識し、世代を問わず好印象を与える身だしなみを意識しましょう。
女性のビジネススタイルは、企業によって認識に大きな差があります。
「地味じゃない?」と思っても、万人受けするスタイルを心がけるのがポイントです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています