面接後7日以内とは土日祝日を含むのか

面接後7日以内とは土日祝日を含むのか
tigerlily713 / Pixabay

転職活動で、企業と面接の場面があるかと思います。
その面接で、面接の最後に、面接を担当された方から、1週間以内とか、合否の連絡日数が伝えられる場面がほとんどだと思われます。
さて、企業に「7日以内に合否の連絡をしますね」と言われました場合、土日祝日は含むと考えるべきなのでしょうか?
今日は、この合否日程について考えて行きましょう。

 

「暦日」と「営業日」カウントの違い

「暦日」とは、カレンダー上のカウントのことであり、休日も含めて数えます。
つまり、「歴日7日以内に合否の連絡をします」と言われたら、土日も含め、7日以内のことになります。面接日が、1日でしたら、8日までに、合否連絡があるということになります。
「営業日」とは、会社の休み以外の稼働日のことを指しています。
つまり、「営業日7日以内に合否の連絡をします」と言われたら、土・日祝日を外しての7日以内を指している場合が多いです。つまり、完全週休二日の会社で、たまたま祝日がない場合の、面接日が1日でしたら、10日までに、合否通知がされるでしょう。
では、この面接者はどちらの意味で言われているのでしょうか?

 

面接後7日以内とは土日祝日を含むのか?

言葉の定義は、企業や担当者によってまちまちとはいえ、企業側が告げる合否連絡の意味する7日以内の日数とは、通常、土日祝日を除く「営業日」であると思っていただいて間違いないでしょう。
つまり、この場合、「営業日」で数えて7日以内に連絡が入るということになります。もちろん、その期間を過ぎても連絡がない場合には、直接企業にお問い合わせをされてください。
何か、特別な事態が起きたのかもしれませんので、今現在の状況等を企業の面接担当者にご確認いただければと思います。
また、土・日祝日の休みでない会社の場合は、「暦日」であることが多いです。面接官に、「7日以内に合否の連絡をしますね」と言われた時に、面接日が1日でしたら、「御社は、土・日も稼働しているようですので、8日の月曜日までにご連絡頂けると考えていればよろしいですね?」と、サラリと確認してみると安心でしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています