給与システムと給与形態とは

給与システムと給与形態とは
e-gabi / Pixabay

給与形態と言っても様々なものがありますよね。
働く時間数に応じて給与が貰えるものや、実績や成果に応じて給与が支払われるものなどもあります。

 

給与システムとは

給与システムとは給与の情報を集めて計算するシステムのことです。
労働者の給与を計算し、税金や控除なども含めて割り出します。
面倒な給与の計算も自動的にやってくれる便利なシステムです。

 

給与形態とは

一口に給与形態と言っても様々なものがあります。
ここでは複数の給与形態について紹介していきます。

 

固定給制

固定給制とは、毎月働いた時間に応じて決まった額が支給される給与制度を指します。
例えば、固定給制20万円との記載がある場合、1ヶ月間働いて毎月20万円が支給されます。
給与が支給されるタイミングは企業によって異なります。

 

能率給制

固定給に売上高等の実績を含めた手当を追加する給与制度のことを指します。
固定給に歩合給を足したもの、固定給に業績を反映した手当を足したもの、固定給に出来高を足したもの、固定給に能率給を足したものなど様々な形態があります。

 

日給月給制

毎月一定の額が支給される制度で、欠勤した回数に応じて給与が減額されます。

 

完全歩合給制

固定給を全く採用しておらず、実績や成果によって給与が決まるシステムです。
実績次第で高い給与をもらうことも可能ですが、実績を出すことが出来なければ給与がほとんど貰えないこともあります。
実力が問われる給与制度なので、自分の能力に自信がある人におすすめの給与制度になっています。

 

保障給制

固定給に歩合給が追加される制度ですが、歩合給を含めた給与が提示された額を満たさない場合にその分保障給として給与が保証される制度のことです。
保険外交員などに多い給与形態となっています。

 

年俸制

一年間で労働者に支払われる給与の合計をまとめて事前に提示する給与制度のことです。
実際には年俸を12ヶ月で割った給与が毎月支払われます。
例えば、年俸480万との記載があった場合、毎年合計480万円の賃金が支払われ、毎月40万ほどの給与が振り込まれる計算になります。

 

給与形態は自分で選ぶことが出来る

求人に応募する際にどのような給与形態を採用しているのか見ておけば、自分の好きな給与形態を採用している会社で働くことができます。
検索項目を給与形態別に分けている求人サイトは沢山あるので、ぜひ自分の好きな求人サイトを使って検索してみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています