少人数の企業と多人数の企業のメリット・デメリットとは

少人数の企業と多人数の企業のメリット・デメリットとは

転職活動をしていると、求人情報には、その企業の従業員数が記載されていることがあります。
この従業員数が少人数の企業と多人数の企業における違いが気になることがあります。
双方のメリットとデメリットなど、転職においては重要なポイントなのでしょうか?

今日は、少人数の企業と多人数の企業のメリット・デメリットについて説明いたします。

少人数の企業のメリット・デメリットとは

少人数の企業というと、中小企業などが当てはまります。
会社の規模が小さいほど、社長次第で会社の経営状況が決定していくため、任せられる仕事の裁量権が与えられやすく、仕事のやりがいは持ちやすいということがあります。

また業績等が上がった場合は、給料にも評価されやすいということもありますが、逆に業績が上がらなければ、なかなか給料があがらないというデメリットもあります。

つまり、業績に影響されやすい給料になりやすいということがデメリットとして挙げられます。
また支店などがないので、転勤などがなく、異動が少ないので、アットホームで家庭的な雰囲気になりやすいです。

その分、もし人間関係がこじれればその雰囲気に巻き込まれることもあります。
一人に任せられる仕事量も多いので、やりがいを感じる人であればいいのですが、ありすぎて負担が重く感じられる人にはデメリットであるといえるでしょう。
また、人数が少ないので有給などの休みを取得しにくいということもあります。

多人数の企業のメリット・デメリットとは

多人数の会社というと大企業や、企業ではないですが公務員が考えられます。
人数が多いため、多くの人と関わりを持つことができます。浅く広く付き合う人間関係が向いている人向きであると言えます。

大企業だと、多くの部署があることが多いため、ジョブローテーションなどにより、異動があることが多いです。さまざまな業務を経験することにより、マルチスキルが身につき、考え方に幅が持てるようになります。

ただ、規模が大きいと、一人一人の業務が細分化されていて、仕事の全容が見えないことが多いという声も聞きます。
役職クラスまでにいくと、大きい視野での仕事も任され、少人数企業とは違って、やりがいのある仕事も任されますが、その分、緊張感が全然違うと思われます。

どちらが自分に合うのか?

どちらにしても業種と職種によって、また応募者の人間性の幅によって、大企業の方が安心して力が発揮できる人、小さい企業の方が、自分の力を最大限活かせるので、力を発揮できると言われる人もいらっしゃるようです。

まずは自身がどの業種の仕事をしたいのか?を明らかにして、面接にて会社の雰囲気を感じながら、させて頂けそうな仕事の内容や実際の仕事の進め方などの質問を、投げかけてみるのもいいかもしれません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています