いくらもらえる?介護パートの給料について解説します

いくらもらえる?介護パートの給料について解説します

介護の仕事は給料が安いと言われていますが、パートとして働く場合の給料は安い・高い、どちらだと思いますか?
介護パートの給料の実態と、給料に深く関係する「資格」について解説します。
介護パートで賢く稼ぎたい方、必見ですよ。

給料が安い?それとも高い?介護パートの給料実態

早速ですが、介護の仕事、パートスタッフの給料はどれくらいだと思いますか?
アルバイトやパートの給料は、最低賃金の定めがあるため地域によっても差がありますが、ここでは、介護パートの一般的な給料について紹介します。

介護職のパートは特別給料が安いわけではない

介護職は給料が安いことで話題に上りやすいのですが、パートスタッフに関しては、販売や接客といった他のパートの求人に比べ、特段低賃金というわけではないようです。
地域によっては、最低賃金レベルの求人もありますが、介護のパート全体で見ると、他業種のパートに劣らないレベルの給料は期待してもよいでしょう。
他の職種がそうであるように、介護パートの給料(時給)も、勤務時間帯によって増減するため、働き方によって相応の給料がもらえます。

資格があれば時給アップが期待できる

地域によって給料に差があるものの、全国共通しているのが、資格がある場合には給料も優遇されるという点です。
介護パートの場合、「介護職員初任者研修」や「介護福祉士」などといった介護の仕事に関する資格を持っていると、給料は全く異なります。
資格に応じて、時給に換算すると100~数百円程度アップすることがあります。
結婚してしばらく仕事を離れていたという方でも、独身時代に取った資格が使えることがありますので、ブランクがあっても介護のパートで高収入を狙うこともできますよ。

働く場所によって給料が大きく変わることも

給料には地域差もありますが、介護施設など勤務先によっても給料は大きく変わってきます。
介護の人手不足に悩む施設では、スタッフを集めるために高い給料で求人を出すところもあります。
また、介護パートの中でも訪問介護の場合は、時給換算ではなく、訪問先1件ごとに給与が発生することもあるなど、給料の体系が異なることも。

介護の仕事は、勤務先の介護施設などに応じて、給与体系はもちろん給与の支払い日、支払方法まで多様であるということは覚えておいた方がいかもしれませんね。

給料アップの近道!介護パートにおすすめの資格

先にも紹介したように、介護パートの給料は、資格の有無によって大きく左右されます。
介護の仕事を長期にわたって続けたいという方は、資格を取得しておいたほうが給料もアップし、「お得」に稼ぐことができます。
介護パートの給料アップにもつながる、おすすめの資格を紹介します。

介護の入門的資格「介護職員初任研修」

介護職経験のある方の中には、ホームヘルパー2級を持っているという方もいるかもしれませんね。
そのホームヘルパー2級にあたるのが「介護職員初任者研修」です。

「介護職員初任者研修」では、介護に関する知識や技術の中でも基本的なものを学びます。
介護資格の中でも、入門的な資格として、はじめて介護パートにチャレンジする方やパート経験が浅い方におすすめの資格です。
後述する「介護福祉士」の資格取得の受験資格ではありませんが、介護に関する資格取得を目指すのであれば、まず勉強しておいてよいでしょう。

実践的な知識・技術を備えた「介護職員実務者研修」

「初任者研修」のワンランク上の資格が、「介護職員実務者研修」です。
より専門的な知識や技術の習得を目指す資格で、より質の高い介護サービスにつなげることを目的としています。

この「介護職員実務者研修」は、実務経験をもとに介護福祉士の資格取得を目指す場合に、「受験資格」のひとつとして必要になります。
介護福祉士を受験するためには、「実務者研修」の資格だけでなく実務経験も必須ですが、「実務者研修」の受験資格には特に条件はありません。
ゆくゆくは「介護福祉士」を取得したいという方をはじめ、誰でも受験することができる資格です。

介護資格の中で唯一の国家資格「介護福祉士」

「介護福祉士」は介護サービスを提供するだけでなく、責任者としての役割を担ったり、他のスタッフを指導したりして介護の質を高め、よりよい生活に導いていく役割を担います。
介護に関する資格の中では、唯一の国家資格ということで、現場での期待も大きくなります。
そのため、この「介護福祉士」の資格があれば必ずと言っていいほど、無資格に比べてパートの給料は上がります。
なお、パートからスタートして、「介護福祉士」を受験するためには、先述した「介護職員実務者研修」に加え、3年以上の実務経験(現場経験)が必要です。

給料だけでははかれない、介護パートの仕事

パートとして働きに出るからにはもちろん給料も大切ですが、介護の仕事にはそれ以外にもいろいろなメリットがあります。
給料を抜きにして、介護パートの仕事について紹介しましょう。

働き口が多いのは介護パートの魅力のひとつ

既に求人を探してみたという方はお分かりかもしれませんが、介護パートは求人数が多いのも特徴です。
都市部だけでなく地方でも、介護における人手不足は深刻な地域が多いため、パートスタッフの求人はある程度存在します。
働き口が多いので、ひとつの介護施設・事業所がだめでも、ほかの勤務先が見つかりやすいのも、介護パートのメリットかもしれませんね。
50代でも活躍しているスタッフは多いので、介護の資格を取ってライフプランを練ってみるものおすすめ。
長い目で見て働けるのも介護パートのメリットです。

「時給重視」ではしんどい介護の仕事

介護の仕事は「ブラック」と話題になることが多いこともあり、最近では労働環境の是正をはかる介護施設・事業所が増えています。
人手不足解消のために、時給を高めに設定する施設も増えていることから、ついつい、時給や待遇にひかれて介護パートを目指す方も。

ただし、安易に飛び込むと、想像以上に介護パートはハードな仕事かもしれません。
介護の仕事では、入浴介護や着替えなど体を使う仕事はもちろん、意思疎通に不自由がある方とのコミュニケーションなど、精神的に疲れる業務もあります。
体の使い方や、やり取りの仕方に慣れればこなすことができる仕事でも、初めのうちは苦労することも多いことは、念頭に置いておいた方がいいかもしれませんね。

資格取得の前に、まずは働いてみるのがおすすめ

介護パートでは、資格を取得することで、知識や技術を習得できるだけでなく給料のアップも期待できます。
ただし、資格の取得には時間もお金もかかりますし、また勉強するための労力も必要です。
介護の仕事を続ける期間次第では、資格取得のメリットよりも負担の方が大きくなってしまう事も。
まずは介護パートに応募し、働きながら資格取得を目指すのでも十分遅くはありません。

また、介護施設や事業所によっては、資格取得を積極的にサポートしてくれるところもありますので、会社の制度や補助金を利用して、賢く資格取得を目指す方法もあります。
そうした「資格取得応援制度」の有無も、求人情報選びの参考にしてみるといいかもしれませんよ。

介護パートは資格の有無でも給料が変わる仕事

介護パートの給料は、他のパートに比べて特段に高くも低くもなく、平均的な給料といったところでしょう。
ただし、資格を取得することで時給アップがのぞめるのは、介護パートの魅力のひとつ。
長く続けたいという方は、ぜひ資格取得を目指してみてくださいね。
また、求人票ごとに給料を比較して応募先を探すのもよいですが、実際の仕事内容や職場の環境など、様々な点に目を向けて、パート先を探すのも大切です。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

アパレルバイヤーに転職する方法と求められる資質。高いハードルを乗り越えるには?

展示会やイベントに参加し、世界中を飛び回る素敵な仕事。 アパレル業界のバイヤーに憧れて転職したいと考える方は多 […]

続きを読む

外資系事務職への転職!成功の秘訣と必須対策

外資系の事務職に転職を考えている人のための成功の秘訣と内定を得るための対策を紹介します。 時代の流れもあり人気 […]

続きを読む

医療事務に就きたい方向けの職務経歴書の書き方

誰でも一度はお世話になる病院。不安と緊張が感じ取れる職場の中で、医療事務の仕事をするのは大変さもありますが、や […]

続きを読む

【例文あり】化学素材メーカー業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

化学素材メーカーと聞いて、すぐに具体的なイメージが浮かぶ人は少ないのではないでしょうか? 化学という名前から、 […]

続きを読む

不動産業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒で不動産業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集