介護パートの掛け持ちをする前に知っておこう。掛け持ちのメリット、デメリットとは?

介護パートの掛け持ちをする前に知っておこう。掛け持ちのメリット、デメリットとは?

「もっと稼ぎたい。」「スキルアップにつなげたい。」などの理由で、介護パートの掛け持ちをされる方がいます。
介護パートの掛け持ちをすること自体は可能ですが、思いもかけない事態に発展することもありますよ。
介護パートのメリットだけでなく、デメリットもしっかり把握しておきましょう。
ここでは、介護パートの掛け持ちについての疑問やメリット、デメリットを紹介します。

介護パートが掛け持ちするときの疑問を徹底解決

介護パートとして掛け持ちしようと思うとさまざまな疑問が浮かびますよね。ここでは、介護パートの掛け持ちに関する疑問についてお答えします。

掛け持ち可能かどうかは何で調べる?

介護パートの掛け持ちが可能かどうかは、事業所の就業規則を見て確認しなくてはなりません。
就業規則は大きな事業所なら個別に配布されますが、中小規模の事業所では従業員がいつでも閲覧できる場所に置いてあることがほとんど。
就業規則の場所が分からない場合は事務職の方などに聞いてみましょう。
パートの場合は就業規則で掛け持ちを禁止されていないケースが多いですが、中には禁止している事業所もあるため要確認です。

内緒で掛け持ちするとどうなる?

就業規則に兼業禁止規定がある事業所に勤めているにもかかわらず、内緒で掛け持ちするとどうなるのでしょうか。
「言わなければばれないだろう。」「夜勤なら大丈夫なはず。」など、勝手に判断することはリスクもあります。

掛け持ちを隠していても、年末調整の書類提出時や住民税額の決定後などに事務処理を担当する部署から発覚することがあります。
マイナンバー制度が始まった現在では、掛け持ちを隠すことはより困難になったと言えるでしょう。
兼業禁止の事業所の場合、違反すれば就業規則に沿った処分がなされることもあるため、内緒で掛け持ちすることはおすすめできません。

介護パートの面接で掛け持ちを伝えるべき?

介護パートの面接において、現在別の事業所で働いていて今後も掛け持ちして続けることを伝えるべきでしょうか。
2以上の事業所で働く場合、本人だけの問題だけでなく、事業所が支払う残業代や通勤災害の関係など「どちらの事業所が負担すべきか。」との問題が発生することもあります。
シフトの調整を考えても、「応募者がどのくらいの時間働けるのか。」は事業所の関心事項でしょう。
掛け持ちは伝えておくべきですし、実際に掛け持ちされている方の多くはしっかり伝えてあります。
掛け持ちしていることを理由に面接に通らない可能性はゼロではありませんが、後々トラブルになったり、無理なシフトを入れられて自分が困るよりはずっといいのではないでしょうか。

介護パートを掛け持ちするメリット

介護パートを掛け持ちすべきか迷ったら、掛け持ちのメリット・デメリットを整理してみましょう。
まずはメリットから。
介護パートを掛け持ちするとどんなメリットがあるのでしょうか。

収入が増えて生活が安定する

介護パートは、特に訪問介護において、利用者側の都合で急に仕事がなくなり、パートに入れないこともあります。
時給のパートは働いた分しか賃金がもらえないため、収入が不安定になりがちですよね。
生活のためにパートをしている人にとっては、収入が少なくなるのは避けたいもの。
介護パートを掛け持ちすれば、純粋に労働時間が増えて収入が増えるため生活が安定しやすくなります。

いろいろな施設での経験を積める

介護パートの掛け持ちは、収入面だけでなく、自身のスキルアップにもつながります。
介護は施設形態によって業務内容が変わってくるため、いろいろな施設経験があると今後のキャリアに有利です。
向上心があって多くの経験を積みたい方にとっては収入以上の価値があることかもしれませんね。

パート先を見極めてから絞ることもできる

本当は1つの事業所で長く働く希望があるけれど、どの事業所が自分に合っているか見極めてから、フルタイムパートでバリバリ働きたい方もいるでしょう。
その場合、掛け持ちパートをしながら事業所を比較し、1つに絞っていく方法もあります。
介護パートで快適に働くには、人間関係や施設長の考え方なども知りたい点ですが、実際に働いてみなければ分からないのが正直なところ。
掛け持ちで比較して相性のいい施設を選べば、長く働くことも可能です。

介護パートを掛け持ちするデメリット

稼げてスキルアップにもつながる介護パートの掛け持ちですが、気軽に始めてしまって後々面倒なことになるケースもあります。
掛け持ちにはデメリットもありますので、掛け持ちすると何が起きるのかをあらかじめ想定しておきましょう。
ここからは、介護パートを掛け持ちするデメリットを紹介します。

割増賃金がもらえなくなる可能性

労働基準法では、1日8時間、1週間で40時間の法定労働時間を超えて働かせてはならず、法定労働時間を超えて働かせる場合には、36協定の締結と割増賃金を支払う必要があります。
介護パートが掛け持ちする場合に問題になるのは、2つの事業所を合算して法定労働時間を超えて働くと割増賃金はどうなるのかという点。
法的には、2以上の事業所で働く場合でも労働時間は通算され、割増賃金の支払い義務がいずれかの事業所に発生することになっています。

しかし実際には、もう片方の事業所で働いた時間を報告させる手間があることや、自社だけで法定労働時間を超えて働かせていないのに割増賃金を支払いたがる事業主はほとんどいません。
割増賃金の支払わない事業所が圧倒的に多くなります。
介護パートにとっては、本来もらえるべき割増賃金がもらえず、事業主に法違反の片棒を担がせるリスクもあるということです。

社会保険の加入手続きが面倒

パートが掛け持ちして社会保険の加入要件を満たした場合、社会保険の手続きや保険料計算がやや面倒になります。
たとえば、両方の事業所で社会保険加入要件を満たすほど働いてしまった場合、「2つの事業所の賃金を合算して計算し、事業所ごとに支払われる報酬月額によって按分し、それぞれの事業所が納付する」という作業が発生します。
実際に計算するのは事務担当者なので、双方の事業所の事務担当者に相談する必要もでてきます。
介護パートを掛け持ちする場合は、社会保険の加入要件についても気を配り、必要に応じて事業所に報告する必要があると思っておきましょう。

参照:日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20131022.html

参照:東京社会保険協会
http://www.tosyakyo.or.jp/kouhou/shinpou/1604/p4.html

確定申告をしなくてはならないことも

介護パートであっても会社での年末調整の対象者になり得ますし、介護パートを掛け持ちしている場合も、主たる給与を得ている事業所で年末調整できます。
ただし、年末調整をした以外の事業所分は所得税が余分に引かれている可能性があり、確定申告すれば所得税の還付を受けられる場合があります。

参照:国税庁HP
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

シフト調整が難しくなる

介護パートを掛け持ちすると、シフトに入る際の制限が増えることになるため、調整が難しくなります。
たとえば、A施設側から急なシフト調整の依頼があっても、B施設側ですでに予定が入っていれば受けることはできないでしょう。
掛け持ちしないパートと比べると、施設側から見て「融通がきかないパート」になるため、やや使いにくいと思われる可能性もあります。

体力的に辛くて続けられなくなることも

介護パートの掛け持ちはやはり大変です。
精力的に働いている方の中には、昼間に介護パートをし、夜別の施設で夜勤パートをおこなう方もいますが、体力的に厳しいことは言うまでもありません。
短期的に稼ぎたいなら頑張れるかもしれませんが、長く続けられる働き方ではないですよね。

介護パートの掛け持ちするなら慎重に!

介護パートの掛け持ちは、社会保険や税金などの手続きが発生することもあります。
手続きが面倒でない方はいいのですが、後になって「こんなことになるなら1つの事業所で働いていれば良かった。」と思わないか考えてみてください。
もちろん、時間や体力面での負担も大きいですよね。
介護パートの掛け持ちを頑張り過ぎて体を壊してしまっては本末転倒ですから、ぜひご自身の状況を慎重に見極めながら働くようにしましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

アパレルバイヤーに転職する方法と求められる資質。高いハードルを乗り越えるには?

展示会やイベントに参加し、世界中を飛び回る素敵な仕事。 アパレル業界のバイヤーに憧れて転職したいと考える方は多 […]

続きを読む

医療事務に転職することの大いなる誤解。女性人気が高いが幻想は禁物!

女性を中心に人気が高い医療事務の仕事。 転職先の候補として、気になっている人も多いでしょう。 「定時で帰れそう […]

続きを読む

派遣サポートサイトで探す週1日の介護職

介護派遣業界の求人サイトでは、週1日からでも働ける介護求人を探すことができます。 頻繁には無理だけれども、週1 […]

続きを読む

介護職への転職で未経験者が知っておくべきこと

社会ニーズの高まっている介護職人材。 未経験で介護業界に転職しようという人も増えているようです。 介護業界の状 […]

続きを読む

事務職希望ならおすすめの転職エージェントはここ!正社員を目指す人の利用ポイントは?

あらゆる職種の中でもトップクラスの人気を誇る事務職。 特に正社員は倍率高めで、未経験者はもちろん、経験者にとっ […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集