介護資格手当で給与アップを狙おう!手当がつく資格、つかない資格はあるの?

介護資格手当で給与アップを狙おう!手当がつく資格、つかない資格はあるの?

介護資格を取得する大きなメリットは、知識や技術がレベルアップし、介護業務に役立てること。
利用者の満足度につながる資格なら積極的に取得したいですよね。
とはいえ、自身の給与に反映されるかどうかも気になります。
資格手当という形で給与に反映されるなら、資格取得にさらに意欲が沸いてくるでしょう。
介護資格は手当にどこまで影響を与えるのでしょうか。
ここでは、手当がつきやすい介護資格、手当がつきにくい介護資格を紹介します。

介護業界で給与アップするなら資格手当を狙うべき理由

介護業界で働いていると「給与がもう少し高ければいいのに。」「給与アップしないと生活が苦しい。」と感じることがあります。
介護業界で給与アップを目指すなら資格を取得して資格手当を狙うのが近道。
ここでは、介護資格手当を狙うべき理由を紹介します。

介護業界では資格が評価基準になりやすい

業務独占資格や難関国家資格等でない限りは、仕事で資格を取得することに大きな意味はないと言われることがあります。
確かに、職場や転職市場においては資格よりも経験が重視されるため、「資格=評価」とはなりにくいと言えるでしょう。

しかし、介護は資格が評価されやすい業界です。
介護業界では、介護職員の専門性を高めるために、介護福祉士を主軸としたキャリアパスが推奨されているからです。
介護事業所からは職員の評価基準として資格の有無を挙げる声が多く聞かれており、キャリアや給与へ影響力があるのです。

基本給相場が低めだから資格手当が重要

介護職員は給与の低さや待遇の悪さが問題になっていますよね。
介護職員の給与相場はおよそ21万円と、他の産業に比べても低い水準。
経験年数が短い介護職員であれば15~17万円程度の給与も珍しくなく、1人で生活するのがやっとという声も聞かれます。
基本給が低い場合、昇給や昇格のタイミングを待つことになりますが、頻繁にチャンスがやってくるわけではありません。
そこで重要になるのが資格手当。
資格手当ならば資格取得が直接給与アップにつながるため、今の勤務先で、自分の意志だけで給与アップが叶う唯一のチャンスなのです。

モチベーション維持や目標につながる

資格を取得しなくても介護業務に役立つ知識やスキルを習得することは可能です。
日々の業務の中で意識したり、自分で書籍を買う、練習するなどして努力すればいいでしょう。
ただ、明確な目標がなくスキルアップを目指すと、モチベーション維持が難しくなります。
ついつい学習を先延ばしにしたり、疲れている日には「今日はいいや。」となりがち。
資格取得という目標があれば、仕事から帰ってきた後ににテキストを開いたり、休日に学校に通うことも頑張れます。
介護福祉士などの実務経験が必要な資格についても、あと何年勤務すれば受験資格が得られると思えば、辞めたくなっても乗り切ることができるのではないでしょうか。

資格取得が給与アップにならないとの声について

介護資格を実際に取得した人の話を聞くと、「資格取得しても給与が上がらない。」といった声も挙がります。
勤務先によっては、資格手当を設けていない、評価基準が曖昧で施設長の裁量に任されていることもあります。
資格取得が必ず給与アップにつながるわけではないことは覚えておきましょう。
ただし、きちんと評価してくれる施設も多いため、場合によっては転職も視野に入れて考えてみることも必要ですよ。

資格手当がでやすい資格と手当相場を紹介

時間とお金をかけて資格を取得するなら、資格手当がでやすい資格を取得したいと考える方も多いですよね。
介護資格は多くの種類がありますが、その中で給与アップにつながりやすい資格はあるのでしょうか。
ここでは、資格手当がでやすい資格と手当相場を紹介します。

介護職員初任者研修

介護資格の入門編とも言える「介護職員初任者研修」は、修了することで一人前の介護職員と評価されやすくなります。
初任者研修は基礎資格なので、大きな手当は見込めないものの、つく場合は3,000~5,000円が相場。
無資格者に比べて信頼度が高くなり、仕事の幅も広がります。

介護福祉士

国家資格である「介護福祉士」は、介護業界のキャリアパスの中でも最上位とされており、社会人からなるには3年以上の実務年数と実務者研修修了が必要です。
初任者研修に比べて受験資格が厳しいため、難易度がぐっと上がりますが、その分、高い評価を受けることができ、資格手当がつくケースが多くなります。
介護福祉士の資格手当相場は3,000~10,000円。
処遇改善加算や賞与が上乗せされることもあり、給与アップに期待できる資格です。

ケアマネージャー

介護福祉士などの法定資格と実務年数5年以上が必要な「ケアマネージャー」は資格手当も高い傾向にあります。
資格手当相場は10,000~15,000円。
ケアマネージャーになると役職に就くことも多くなるため、資格手当と役職手当の両方がつく場合があります。
役職手当まで合わせると30,000~70,000円ほど加算されることもあり、大幅な給与アップを望むならケアマネージャーまで取得するのは1つです。

資格手当の有無は施設ごとに異なる

初任者研修、介護福祉士、ケアマネージャーは資格手当がつく事業所が多いため、給与を上げたい方にはおすすめですが、資格手当の有無は施設ごとに異なります。
中には、ケアマネージャーまで取得しても手当がでない施設もあるため、評価制度をよく確認してみましょう。

資格手当がでない資格もある

介護資格は多数の資格があり、資格手当に直結しない資格もあります。
資格は手当云々ではなく仕事に活かしてこそ意味がありますが、資格手当がでると思って取得しても、実際はでなければ残念に感じるでしょう。
資格取得前に「手当はでないけど学ぶことが大切」と認識しておきたいところ。
ここでは、資格手当がでにくい資格を紹介します。

ガイドヘルパー

「移動介護従事者」、通称「ガイドヘルパー」は障害や高齢で1人での外出が困難な方をサポートする職業として、ニーズが高まっている公的資格です。
各自治体が実施しており、資格自体は仕事に活かすことが十分できますが、初任者研修や介護福祉士に追加で取得される方が多く、単独では評価が受けにくいと言えます。
ガイドヘルパー業務のみをおこなうことも少ないため、資格手当はでないことがほとんどです。

介護事務

介護報酬請求事務、受付などをおこなう介護事務は、資格取得を目指す方も多い職種。
事務職人気は介護業界においても健在ですね。
介護保険や介護報酬の知識が必要ですが、介護事務としての民間資格として複数の種類があり、資格手当がでるほどの専門性は認められていません。

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障害を持つ方が安全で快適な生活を送るために、住環境の提案やアドバイスをする「福祉住環境コーディネーター」は、介護業界や建築業界から注目されている公的資格です。
介護業界に関して言えば、ケアマネージャーがプラスαの知識として取得する場合が多く、単独での評価は得られにくい側面も。
介護業界で資格手当として反映されることは稀でしょう。
建築業界や福祉用具関連企業で働く場合は手当がつくこともあります。

その他の公的資格、民間資格

介護業界には他にも下記のように、さまざまな公的資格・民間資格が存在します。

・福祉用具専門相談員
・重度訪問介護従事者養成研修
・認知症ケア専門士
・レクリエーション介護士
・介護予防運動指導員
・高齢者コミュニケーター

いずれも介護業務に役立つ知識や技能が身に付く資格ですが、初任者研修や介護福祉士などの定番資格と組み合わせで取得する方が多く、これらの資格があれば手当がもらえるわけではありません。
スキルアップのためと割り切って取得する必要があるでしょう。

介護資格取得なら手当の有無も確認しよう!

資格手当の有無は勤務先の施設や資格の種類によって対応が異なります。
資格手当が気になる方は、どの資格でいくらの手当がもらえるか、先に確認してから取得を目指すことも必要です。
やる気を高め、モチベーション高く資格の学習に取り組むことができるでしょう。
介護業界において資格取得はスキルアップのいい方法。ぜひ積極的に挑戦してください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

事務転職での自己PRの方法を解説

「事務の転職活動では自己PRをしなければいけないの?」「自己PRがどうも苦手だ」と思っている人は多いのではない […]

続きを読む

鉄道会社に転職をするためのアドバイス

鉄道会社にはどの様なイメージを持っているでしょうか? 堅そうな会社、電車マニアばかりいる会社、安定していそうな […]

続きを読む

憧れのウェディングプランナーへの転職。デメリットも理解して慎重に見極めよう

ウェディングプランナーへの転職を考えている方は、仕事の魅力だけでなく、大変さも理解しているでしょうか? 華やか […]

続きを読む

アパレル業界の企画職に転職するには?求められる人材や活動方法を解説!

アパレル企業で商品やイベントの企画提案をおこなう企画職。 華やかなイメージがあり憧れる人も多い職種ですが、転職 […]

続きを読む

40代が事務職に転職するために知っておきたい3つの方法

40代ともなると体力面や将来的なことを考えて事務職への転職や転向を考えるものです。 しかし、世間的には40代で […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集