飲食の職種で人気!おいしい香りを作るフレーバリストの仕事

飲食の職種で人気!おいしい香りを作るフレーバリストの仕事

フレーバリストという仕事は知っていますか?食べ物を美味しくするための香りを作る仕事で、食品加工の分野では欠かせない役割です。

最近はアロマテラピー人気で、日常に香りを取り入れる人も多く、香りに関係する仕事も注目を集めています。
フレーバリストも飲食の職種で香りに関係する仕事に就きたい人に人気。
そこで食品メーカーの商品開発や香りの研究に関わってみたいという人におすすめのフレーバリストの仕事を紹介します。

フレーバリストとは香りのプロ調香師のひとつ

フレーバリストは食べ物の香りを作る仕事で、香水の香りを調合するパフューマーと同じく調香師の仕事のひとつです。
植物の香りを組み合わせて新しい香りを作るのがパフューマーの仕事だとしたら、フレーバリストは、スパイスや植物の他に、肉や魚介類の香りを分析して、食品にあった香りを作り出します。

フレーバリストは口に入れたときに美味しく感じる香りを作る仕事

フレーバーという言葉は「食べ物を口に入れたときに感じる香り」という意味があります。香りというと鼻から匂いを感じる嗅覚をイメージしますが、食べ物は鼻だけでなく口で感じる香りも大切になります。
フレーバリストの仕事は食品の香りを作る仕事ですが、嗅覚としていい香りと感じるだけでなく、口に含んだときに美味しいと感じる香りを作ることが求められます。

口に入れるものの香りに関わる仕事!

フレーバリストの仕事は、お菓子や飲料水、お酒や加工食品に使う香りを作る仕事ですが、食品以外にも、歯磨き粉やタバコの香り付けもします。
香水を作るパフューマーが体に身に付ける香りを作るのだとしたら、フレーバリストは口に含むものの香りを作る仕事といえますね。

フレーバリストして活躍できる職場は

食品メーカーや香料メーカーの研究職として就職する人が多く、商品開発や食品加工の研究や分析を主にしています。
フレーバリストとして食品の開発や製造に関わりたいのか、美味しい香りを作る専門家になりたいのかでも就職先は違うでしょう。

商品開発にも関わりたいなら食品メーカー

食品メーカーのフレーバリストというと、研究職の人が多く、どちらかというと裏方の印象がありますが、商品開発や食品加工の分野ではなくてはならない仕事です。

かつてはJT、現在はサントリーから発売されている缶コーヒー「ルーツアロマブラック」や、大手食品メーカーのハウス食品とハーブとアロマテラピーの専門店生活の木がコラボした「アロマ果実グミ」のような香りをイメージさせる商品も開発されており、フレーバリストの存在は不可欠になっています。

ただ、食品における香りというのは食べ物の味や食感を損なわないということが前提になります。
フレーバリストに関しては、商品開発に関わりたいというだけでなく、食品を美味しくするための研究もできる人が求められます。

美味しい香りを作るなら香料メーカー

香料メーカーのフレーバリストは、香料の開発や研究を行います。
独自の香料の開発というよりは、メーカーの商品にあわせて食べたときに美味しく感じる香りを作るのが仕事です。

香料メーカーのフレーバリストは、食品用の香料を作る以外にも、香りの成分分析や食品を美味しくするための香りの研究を日々しています。
より本物に近い香りを作りたいという研究心がある人に向いている職場といえるでしょう。

フレーバリストになるには

大学や調香師の専門学校を卒業していることが条件になります。
就職の際に資格は必要ありませんが、香りの国家資格として「臭気判定士」や、民間の資格で「日本調香技術師検定」があり、資格としてもっていると就職時に有利かもしれませんね。

食べ物の香りを作るフレーバリストの場合、調理師や栄養士といった食の資格やアロマテラピー検定やハーブ&ライフ検定の資格を持っていてもよいでしょう。

理系の学部や薬学部出身者が有利

フレーバリストは香りを作るだけでなく、香りの研究や成分分析をすることも仕事になるので、化学系の学部や薬学部といった理系の学部出身の方が有利です。

フレーバリストは、食品メーカーや香料メーカーでは、研究職や技術職としての採用になります。
大卒でも採用される可能性はありますが、修士課程や博士課程で香りについて研究してきた人のほうが採用されるチャンスは高いことも知っておいたほうがよいでしょう。

調香師の専門学校を卒業する

文系出身でも香りに興味があってフレーバリストになりたいという人もいるかもしれませんね。
文系学部からメーカーの研究職や技術職への道は難しいですが、フレーバーリストやパフューマーを養成する調香師の専門学校もあるので、大学卒業後、専門学校に入学して勉強をする方法もあります。

香りについて専門的に勉強するので、就職に関しては大学よりも強いともいわれています。
既卒や転職でフレーバリストを目指す場合には専門学校への進学を検討してもよいでしょう。

新卒・中途ともに狭き門

日本では、パフューマーよりもフレーバリストのほうが、需要があるといわれていますが、メーカーでのフレーバリストの採用は新卒、中途どちらも狭き門です。
フレーバリストは、商品開発や食品加工の分野での採用になりますが、新卒の場合は必ずしもフレーバリストとして採用されるわけではありません。
中途採用の場合には食品メーカーでの職務経験が必要なこともあります。

フレーバリストに向いている人

フレーバリストの仕事は、食べ物の香りを作る仕事なので、消費者が好む香りを作らなければなりません。
消費者のニーズに応えるだけでなく、トレンドをキャッチする能力も必要です。

香りは目には見えないもの。
いくつもの香料を組み合わせて香りを作るだけでなく、ソムリエがワインの味や香りを言葉で表現するように、香りのイメージを言語化できるセンスを持ち合わせていることも大切でしょう。

自己管理ができる人

フレーバリストの仕事は嗅覚や味覚が勝負の仕事です。
少しの体調の変化でも香りの感じ方は違うので、常に体調管理が必要な仕事といえます。
当たり前のことですが、身だしなみをきちんとする、いつも清潔な状態にしているということもフレーバリストを目指す人には求められます。
また、香りが混ざらないように仕事中は香水をつけない、女性の場合は極力化粧を控えるということも必要かもしれませんね。

食に対する好奇心がある人

フレーバリストは、食べ物の香りを作る仕事なので「食べることが好き」「料理やお菓子作りが好き」というように食に対する好奇心がある人は向いているでしょう。
食べたり作ったりするだけでなく、栄養素や成分についても知っていることや料理やお菓子の味付けに使う調味料やスパイスについても興味があると、食べ物の香りを作るときにイメージしやすいと思います。
より本物に近い香りを作るためにも、食に興味があるということは大事だといえますね。

フレーバリストは香りの奥深さがわかる仕事!

飲食の職種というと、レストランのホールスタッフや調理師、パティシェを思い浮かべますが、食べ物の香りを作るフレーバリストも立派な飲食も職種です。
フレーバリストというと特殊な仕事のイメージがありますが、香りは食べ物の美味しさに欠かせません。美味しさを感じる香りを作ることで、食べ物と香りの関係を知ることができますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています