転職活動が会社にばれるとどうなるの?内密に活動するための対策とは

転職活動が会社にばれるとどうなるの?内密に活動するための対策とは
Unsplash / Pixabay

在籍しながら転職活動をする場合、今の会社に活動を知られないことが必須です。
ばれてしまうとさまざまなリスクが考えられますので、慎重な行動を心がけたいですよね。
ここでは、転職活動を会社に知られてはならない理由と、活動中の注意事項、対策を紹介します。

 

転職活動がばれるとなぜいけないの?

転職活動をなぜ会社に隠れて行う必要があるのか不思議に感じるかもしれませんね。
もちろん、転職活動は自身の未来に向けての前向きな行為ですから、後ろめたさを感じる必要は一切ありません。気持ちだけは堂々と行っていきましょう。
ただし、現実問題として在籍中の転職活動が会社に知られることで、自分自身が嫌な思いをしたり、トラブルに巻き込まれる可能性があるということは覚えておきましょう。
ここでは、転職活動を内密に行うべき理由を解説します。

人間関係が悪化する

転職活動をしているということは、退職が大前提ということですよね。
会社の中には、「辞めるつもりの人」に対して良くない感情を持つ人が必ずいます。
人によってどんな感情かはさまざまですが、例えば「自分も辞めたいのに抜け駆けして許せない。」「1人辞めたら残された私たちは仕事が大変になるではないか」といった思いを持つ人がいるでしょう。
もちろん「こんな会社早く辞めた方がいいから応援するよ。」という人もいるかもしれません。
しかし、多数派が持つ感情はマイナス的なこと。
それによって人間関係がギクシャクしたり、職場の人に冷たくされたりする可能性があると覚えておきましょう。

「今の仕事も頑張る」ができない

もうすぐ辞める予定がある人に対して、冷たい態度をとるまではしなくても、積極的に育てようという気はなくなるのが普通です。
一生懸命仕事を教えても、すぐに退職するなら意味がないこと。
その場その場でやれる仕事だけ任せて、長い時間をかけて覚えてもらいたいことは、他の社員にやらせたいと思うでしょう。

本人は、転職活動も今の仕事も頑張りたいと思っているかもしれません。
しかし、「参加しても無駄だよね。」と会議に呼ばれなくなったり、新しい仕事は依頼されなくなったりと、今の仕事を頑張る状況を与えられなくなるということになります。
これは、実際にすぐ辞めるならまだいいのですが、問題は内定が出ずに転職を思いとどまった場合。
今の会社への忠誠ややる気を再度認められるには、時間がかかってしまうことでしょう。

強い引き留めにあう可能性

転職活動中であることを知った職場の同僚や先輩が、辞めてほしくないと強く思ったらどうでしょうか。
活動中の今ならまだ間に合うとばかりに、激しい引き留めをしてくる可能性もあります。
場合によっては、そこから上司に伝わり、労働条件の変更を提示するなどして、あの手この手で引き留めを試みる可能性があるでしょう。
お世話になった上司や先輩からの引き留めを断るのは心苦しいですから、せっかく決心した転職への道を諦めて説得に応じてしまう可能性もでてくるでしょう。

もちろん、それが自分にとって後悔のない選択肢であればいいのですが、転職を決めた経緯には譲れない理由があったはずですよね。
恐らくまた近いうちに辞めたいと思うときがくるでしょうが、そのときには年齢や転職市場とのタイミングが合わず、転職が叶わなくなることがあるということだけはお忘れなく。

経営者や上司の反応は?

在籍中の転職活動が会社にばれて、経営者や上司の怒りを買ったという事例があります。「せっかくここまで育ててやったのに。」と、裏切られた思いになって懲戒解雇をしたという例も。
本人としては内定が決まってから辞めるつもりだったのに、転職活動中に辞めることになって計画が大きく狂ってしまうことになるのです。

職業選択の自由が認められている以上、転職活動を理由に解雇することはできません。
しかし業務中に活動を行っていたとか、会社情報を利用して活動したとか、こちら側の落ち度を突いて懲戒解雇とされる可能性はあります。
なにより、裁判などで争うには時間も労力もかかりますから、例え解雇無効になったとしてもその代償は大きすぎるのです。

 

転職活動を内緒にするための対策

職場の人の転職活動を知られないためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか。
ここでは、転職活動時の対策と注意点を紹介します。

人を信じ過ぎるのは危険

親しい同僚や仕事で深く関わる人にだけは、転職活動のことを伝えておきたいと思うことがあるでしょう。
誰にも言わずに目的を遂行するには強い意志がなければできないですから、職場で数人にだけは伝えておきたいという人は意外と多いです。
しかし、どんなに親しく信じている相手にも言わない方が無難。
人は、「自分だけが知っている」情報を披露したいと思ってしまう生き物なので、よほど口が堅い人でなければ、ついぽろっとどこかで話してしまうリスクがあります。

普段と変わらない態度を徹底する

誰にも言わずに転職活動をしていても、自分自身の行動がいつもと異なっていてばれてしまうこともあります。
仕事が終わったらバタバタと走るようにして帰る、昼休憩の時間帯にやたらと携帯電話で話をするようになるなど、普段と明らかに違う行動が増えると、職場の人に勘繰られてしまいますよ。
早く帰るにしても電話にでるにしても、常に人が見ているという意識をもち平静を装うこと。
応募企業や転職エージェントからの電話に対しては、留守番電話に入れてもらって折り返すようにしておくなど、あらかじめ対策を立てておきましょう。

「スーツを着て外出する用事」を用意しておく

有休日や休日に面接があり、スーツを着て歩いているところを会社の人に見られる、これはかなりのピンチですよね。
この場合は、後日指摘されて慌てないためにも、スーツを着て外出する用事を自分の中で用意しておきましょう。
例えばビジネス検定や秘書検定などの検定試験はスーツ着用の面接試験がありますし、講習やビジネスセミナーなどに参加する場合にスーツを着ることも。
転職活動ではなく、あくまでも勉強のためにスーツを着ていたという言い訳は、多少強引ですがいくつか持っておくと役に立ちますよ。

引き継ぎ準備は一人でできることを優先させて

転職活動が後半になってきてそろそろ内定が出始めてくると、いよいよ退職が現実味を帯びてきます。
しかし、退職日が確定するまでは解禁ではありませんから、先走らないように気をつけましょう。
特に引き継ぎを急いでしまうことには注意が必要です。
同僚や後輩に勝手に引き継ぎを始めてしまうと、周囲が必ずおかしいと勘づきますよ。
時間がかかる引き継ぎを進めておきたい気持ちは分かりますが、自分一人で作成できるマニュアル作成や引継ぎ計画を立てておくなどにとどめておきましょう。
実際の引き継ぎは上司と相談してから進めるのが基本です。

最終手段。「信頼している」という言葉で釘をさす

どう気をつけていても上司にばれてしまった場合、最終的には正直に話す方がいいことがあります。
そのときは、会社や上司への不満を口にするのではなく、「やりたいことがある」とあくまでも前向きな姿勢を伝え、応援側に回ってもらえるようにしましょう。
そして「信頼しているので〇〇課長にだけは理由をお話しますが」と前置きし、他の人にはまだ言わないようにしてもらうのです。
人間誰しもそうですが、特に人の上に立つ人間に対して「信頼している」は強く印象に残り、口外を思いとどまらせてくれる効果があります。

 

転職活動は円満退職のためにも慎重に

転職して新しい道に向かって歩き出すには、今いる職場を円満に退職することが大切です。
そのためには不要なトラブルを避けるよう、慎重な行動が鍵となるでしょう。
在籍しながら転職活動をし、さらに職場の人に隠すのは労力が必要ですが、将来のための多少の苦労に過ぎません。
ぜひ慎重な行動を心がけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています