面接結果はいつ出る?転職活動で合否が出るまでの目安期間

面接結果はいつ出る?転職活動で合否が出るまでの目安期間
Unsplash / Pixabay

面接を受けると「ほっと一息」という間もなく、合否が気になるもの。
そこで知っておきたいのが転職活動で結果が出るまでの目安の期間ですよね。
結果が出るまではどのくらい待てばよいのか、ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接、結果はいつ?選考期間の目安について

「その場で内定を言い渡された!」「次の日に連絡がなければ不合格」などなど、面接の選考期間には様々なうわさがありますよね。
企業や選考プロセスによっても差はありますが、面接からどのくらいで結果は出るのでしょうか。

合格の場合は3日で連絡が来ることも

採用面接の結果が合格という場合は、比較的連絡が早いことが多く、早ければ3日で連絡が来ることもあります。
特に、面接でポイントが高かった応募者に関しては、企業としても早めに確保したいもの。
そのため、結果の連絡も早くなるようです。

なお、合格の場合は、電話もしくはメールによる連絡が一般的です。
結果が本人に届くまでに時間がかかる郵送(文書による通知)は、合格の場合に用いられることはほとんどありません。

「1週間以内」という企業が多い

早い場合は3日で連絡がくることがあると先述しましたが、総合的に見ると、結果の通知まで「1週間程度」とする企業が多いようです。
もちろん、企業によって選考期間にはばらつきがありますので、中には結果の通知まで「2週間」とする企業もあります。

応募者が多い場合は、結果を通知するだけでも時間がかかることがありますので、まずは1週間程度、悲観的にならずに待ってみてはいかがでしょうか。

面接官に確認してもOK

面接の際に、結果の連絡方法やスケジュールについて特に説明がない場合には、面接官に確認してもかまいません。
「選考結果はいつ頃ご連絡いただけますか?」と面接の最後に尋ねておくと、面接官から「10日程度でご連絡する予定です」という風に答えてもらえます。

なお、この場合の「10日」とは暦上ではなく、営業日を基本として考えるのが一般的です。
土日祝日がお休みという企業の場合は、平日で10日カウントして目安を定めてくださいね。

 

結果が遅いと不合格?転職面接で選考期間が長引く理由

転職面接では、結果の連絡が遅いと合格の見込みがないと言われることがあります。
実際のところ、転職面接で結果連絡までに日数がかかる場合には、どういった理由が考えられるのでしょうか。

応募者が多く、時間がかかっている

転職面接で選考期間が長引く場合に考えられるのが、応募者が殺到しているケースです。
企業側にとっては「うれしい悲鳴」と言えるかもしれませんね。
たとえば、採用人数が少ない場合に想定以上の応募者が殺到すると、その絞り込みにも相当の労力がかかります。
このように「単純に応募者が多くて時間がかかっている」というケースもありますので、結果連絡が遅いからといって不安になる必要はなさそうです。

次回選考の手配に手間がかかっている

面接では、人事担当者だけでなく、実際に募集している部署のスタッフや役職者が面接にあたることもあります。
そうした面接スタッフや面接会場の手配など、次回選考の準備に時間がとられているがために、選考結果の通知が遅れているというケースも少なくありません。
特に、選考が進むにつれて、より多くの方の意見をすり合わせる必要があるため、その時間も必要です。
こうした次回選考の社内調整のために、選考結果の連絡が遅れるということもあります。

「合否保留」の場合があるって本当?

中途採用の求人は、欠員補充や業務拡大のための人員補充を目的として行われるのが一般的です。
欲しい人数を厳密に確保するために、採用担当者はポイントが高い人から順に連絡をし、人数を絞る傾向にあります。
その際、途中で辞退される可能性もあるため、次点となる応募者には「結果保留」とするケースがあるのです。
この場合、運が良ければ「合格!」ということになりますが、当然ながら結果連絡が後ろに回されがちです。

合否の問い合わせはもう少し待って

面接の結果連絡が遅いからといって、必ずしも不合格と言うわけではありません。
1週間過ぎたからといってすぐに「落ちた」と判断するのではなく、もう少し冷静に待つのがベター。

予定の期間を過ぎたということで、すぐに企業に問い合わせしてしまうと、「残念ながら…」と言われてしまうことも。
次点の可能性も考慮して、予定の期間を過ぎても、もう少し気長に待つのをおすすめします。

 

面接結果が出るまではどう過ごす?上手な転職の進め方

「どんな理由があろうとも、とにかく合否は早く知りたい!」「居ても立っても居られない!」という方はどう過ごせばよいのでしょうか。
おすすめの過ごし方を紹介します。

転職活動は同時進行が基本!

中途採用は、とにかく早い者勝ちです。
企業側が十分なスタッフを用意できないことも多いため、相応の応募者が集まった時点で、すぐに求人情報を取り下げてしまうという例もあります。
そのため、一社の結果を待って次に進むのではなく、同時進行で複数社並行して面接を入れるのが主流です。

もし、第一志望で内定をもらえたら、その時点で他の企業に断りの連絡を入れれば済む話。
選考中の辞退はそう珍しいものではありません。
面接結果を待つ間も、積極的に転職活動を継続しましょう。

リフレッシュに使用するという方法も

結果待ちしている企業が第一志望という場合、中には「願掛け」の意味も込めて他の企業には手を出したくない、という話もよく耳にします。
その場合は思い切って、転職活動を一旦休止するのもアリ!
特に、転職活動に疲れを感じている方は、一回リフレッシュすることも悪いことではありません。

ただし、「1週間」「5日間」というように、リフレッシュの期間は必ず定めておくことが大切。
そうすることで、結果待ち企業がもしダメだった場合にも、うまく切り替えられますよ。

 

選考結果は連絡が来るまでわからないもの

結果を待っている間はどうしても不安になりやすいものです。
とはいえ、結果が来るまでの日数で合否の判断ができるわけではありません。
面接から7日目に合格の連絡がくることもありますので、ナーバスになりすぎず、気長に待つのがおすすめです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています