男性の転職に役立つ資格は何?パターン別におすすめの資格を解説!

男性の転職に役立つ資格は何?パターン別におすすめの資格を解説!

転職に資格を役立てたい男性の方へ。

あなたの年齢は何歳ですか? 

異業種への転職ですか? 同業種への転職ですか?

当たり前ですが、転職では、自身の状況によって対応が異なってきます。

そこで、この記事では、年代による違い、同業種・異業種への転職での違いなど、想定されるケースごとに注意しておくべき点を徹底解説します!

また、この記事を読むことで、どのような資格が転職に役立つか、その資格がどのくらい役立つのかも知ることができます。一家を支えることも多く、しっかり高収入を得たい男性向けにもおすすめの資格情報が満載となっています。

転職に資格を活かしたい男性の皆さん必見です!

その転職、資格は必要? 転職における資格取得の重要性

まずは、転職で資格を活用するための注意点を見ていきます。

男性の転職活動でその資格は有利? 必須?

まず、転職先では資格が有利になるのか、必須なのかという問題があります。業界によっては取得が必須レベルの資格もあるため、注意が必要です。

転職に資格が有利でも、重要度は異なる

資格が有利になる場合でも、その重要度は異なります。

実務経験と資格、どちらが重要視されるか。その資格はどの程度重視されるか。業界での実務経験の長さや年代によって、同じ資格でも重要度は変わってきますし、人事からの評価は変化します。また、実務経験があって初めて資格が価値を持つ場合もあるなど、状況はさまざまです。

年代別に、転職の際に意識すべきこと

転職の際、それぞれの年代ごとに注意すべきポイントがあります。また、同じ転職先に転職する場合でも、年代ごとに資格の位置づけは異なるため注意が必要です。

ここでは、年代別に転職の際に注意すべき点、同業種内・異業種への転職における資格の位置づけについて見ていきます。

20代男性の転職のポイントとは? 資格はどのように活用する?

ここでは、20代の男性が転職するときのポイントについて見ていきます。ポイントを踏まえ、資格の活用方法を考えていきましょう。

20代男性の転職は、ポテンシャル採用!

20代男性の転職は、ポテンシャル採用が中心です。経験が少ないことに対する許容度が高いことから、育てていく中でやがては高度なスキルを身につけ活躍してくれることが期待されています。

企業側が重視するのは、経験、スキルよりもやる気や将来性です。したがって、異業種の未経験の職業でもやる気しだいでは転職が実現しやすいと言われます。

20代男性の転職では、業界の入門レベルの資格取得をできると有利かも!

転職先が異業種の未経験の分野の場合、その業界の入門レベルの資格を取得しておくとよいでしょう。入門レベルの資格とは、不動産業界における宅建、経理で言う簿記などの、業務の中で基本となるスキルを証明するための資格です。

なぜなら、転職後の仕事がスムーズになる他、少しでもその業界のスキルを身につけようと努力した「やる気」が高く評価されるからです。

今後企業に貢献するという姿勢を見せる材料として、資格を活用することができます。

30代男性の転職のポイントとは? 資格はどのように活用する?

ここでは、30代の男性の転職のポイントや、資格の活用方法について見ていきます。

30代男性は、転職先で即戦力としての活躍が求められる

30代には、ある程度即戦力となって活躍することが求められます。知識の多さや実務がこなせることに加え、リーダシップやマネジメントなども求められてくるのです。

転職としての求人数はそれなりに存在しますが、職場で中核人物となりゆく30代にとって、退職と求職のタイミングはよく考える必要があります。

課題を踏まえ、対応策や改善点を出し企業として成果を出していく工夫もより一層求められてきます。

ポイントは、即戦力としてどのように転職先に貢献できるか

業務のみならず、勤務先の特徴、自分の業務領域、業績や自分の仕事への思いなどを明確にしましょう

また自分の強みを明確にした上で、即戦力として転職先にどのように貢献できるかをアピールする必要があります

業務のやり方に工夫を重ねて改善を行った経験があったり、部下の育成やチームのリーダーの経験があるなど、一見業界のノウハウと無関係な点がアピール材料になることもあります。

それらの経験をもとに、転職先で求められていることに対してどのように自分が貢献できることを明確にしておくことが必要です。

30代男性が転職のために資格を取るなら、即戦力のアピール材料として

30代男性にとっての資格は、実務経験と合わせて自身のスキルを証明する手段です。また、転職先で即戦力として活躍することができる、というアピールをするために使えるものでもあります。

IT業界でのITパスポートのような、業界での入門レベルの資格を取得していることは当たり前と見なされる場合も多く、履歴書に書いているとむしろマイナスになる場合があるので注意が必要です。

40代男性以上の男性の転職のポイントとは? 資格はどのように活用する?

ここでは、40代男性の転職時のポイントや資格の活用方法について見ていきます。

転職先は限られ、より高度なスキルや実務経験が求められる

40代以上になると、採用枠がかなり減少します。企業も採用に積極的でないため、豊富な経験やスキルなど強いアピール材料が必須になります。

転職先は限られるため、まずは使える手段を駆使してできるだけ多くの求人情報を集める必要があります。

またスキルや専門知識は当然のこと、人材育成やマネジメントも本格的に求められます。

40代男性の転職での資格の活用法は?

資格の重要度は年齢が上がるにつれ下がる傾向にあるようですが、実務経験と合わせて活用することで価値が出る場合もあるので、資格取得も前向きに検討してみましょう。

40代以上の男性が全く異業種への転職を志す場合、その資格の取得が業務に従事するための必須となる「独占業務資格」を取得し、「手に職」的に仕事を獲得する道もあります。

後ほど転職を志す「手に職」的な資格も紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

男性の転職のパターン4つ 注意すべきポイントは?

一般的には、同業種への転職が無難で成功する確率が高いと言われます。ここでは、業種や職種の観点から転職の際に意識すべきポイントを見ていきましょう。

最も成功しやすい! 同業種で同職種への転職

最も転職が成功しやすいパターンです。例えば、不動産業界の営業職だった人が別の不動産業界の会社の営業職に転職する場合です。

このケースは、それまでの実務経験が活かしやすいといえます。転職の際には、さらに専門性をアピールする資格を取得すると大きな武器になるでしょう。

次に成功しやすいのは、同業種で異職種への転職

難易度が次に低いパターンです。不動産業界の営業職だった人が、同じ不動産業界の経理に転職するなどの場合を指します。

この場合は不動産業界での実務や知見を活かすことができますが、営業職のスキルを活かせるのかという疑問が出てきます。

このパターンは、スキルや経験をアピールできない分、資格でアピールする方法を考えるのが無難です。仮に資格を取得しない選択をしても、転職先で必要な知識をつけておくなどの努力を欠かしてはなりません。

前の経験が活かせるかは業種次第! 異業種で同職種への転職

不動産業界の営業職から保険業界の営業職へ転職する、という場合を指します。業界知識がないことは大きなデメリットですが、前職種の経験は活かすことが可能です。

営業職を例に挙げるなら、人に何かを売り込むというスキルをもとに今後大成する可能性は十分あります。

このケースにおいて前職での成功は、転職先で必要とされる適性やポテンシャルをアピールするための説得力のある判断材料となることでしょう

ですが、転職先の業界での知識の不足をカバーするために転職先の業界や会社について研究を行い、可能な限り知識を身に着けておくことが望ましいです。

前の職種のため取得した資格についても、実務経験と合わせてアピール材料になる可能性があります。

異業種への転職となるため、転職先の業界について知見を得る目的で、転職先の業界に役立つ資格を取得すると役立つかもしれません。

難易度は高め 異業種で異職種への転職

最も転職が難しいとされるケースです。まったく関連性がないことで、書類選考さえ通過できない可能性もあります。

仮に書類選考は通過できても、面接官に業界や職種を志望した理由を問いただされることになり、納得できる説明をすることは難しいでしょう。

20代男性ならともかく、まったくの新人扱いを受ける運命が待ち受けるこのケースは、できるだけ避けたいものです。

30代以上の男性の方がこのパターンでの転職を成功させるためには、業務独占型の資格を取得して「手に職」を狙うことが無難でしょう。

資格により即採用ではないが、判断材料としてプラスになる資格

ここでは、「その資格を持っていれば大きな武器になる」というまではいかなくても、一般的に転職を有利にするとされる資格を見ていきましょう。

金融機関の営業職は必須のことも! 証券外務員資格

証券外務員とは、金融機関で証券業務を行う人のことです。金融機関の営業職の人が取得を求められる資格でもあります。2種と1種があり、1種の方がより幅広い業務に携わることが可能です。

募集要項に、証券外務員資格を持っていると優遇すると書かれている場合もあります。金融機関の特に営業職への転職を考える場合、取得は前提として見られるケースも多いので最低条件として取得しておきたいものです。

英語力の指標! TOEIC

グローバル化が叫ばれますが、漠然と英語の勉強を行っても武器にはなりません。また、転職先で英語力が求められなければそれまでです。TOEICのスコアは参考にされますが、どれだけ重きを置かれるかは企業により異なります。

TOEICスコアが有利になる可能性が高い転職先

  • 外国人が社員にいる場合
  • 募集要項に「TOEIC何点以上」「英語がネイティブレベル」必須または優遇と書かれている
  • 海外出張時などに英語でのコミュニケーションが求められる場合

転職でのスコアの目安は、700点 実践レベルのアピールなら、800点を目指せ!

スコアの目安として、語学力自体をアピールしたいなら最低700点くらいは取りたいところです。なぜなら、ビジネス英語での最低限のレベルが700点程度と言われているためです。

また、ビジネスで業務を問題なくこなせるレベルは800点以上といわれているため、ビジネス英語の力を証明するためには800点以上を目指したいですね。

コンサルティング業界全般で有利! 中小企業診断士

中小企業診断士は、中小企業の診断に従事する者を登録するための資格試験です。中小企業診断士の資格は、コンサルティングに必要な知識を持っていることの証明となるため、コンサルティング業界での転職に有利になります。

中小企業診断士の資格は、どのコンサルティング業界でも高い評価を受けることができますただし、中小企業診断士の資格があれば大丈夫というわけではなく、コンサルタントとしての実力があった上での知識の証明になるという位置づけです。

不動産業界の転職で取っておきたい! 宅地建物取引士

不動産の取引において、契約を締結する際に求められる資格です。契約時に重要事項の説明を行うことが義務付けられていますが、この時に宅建取得者がいないと契約できない決まりになっています。

宅地建物取引士の取得は、不動産業界でも全員が取得しているわけではないのでアピール材料になり得ます。業界で必要な知識を獲得するために、未経験者にもおすすめの資格です。

宅建を30代以上の男性の転職で活用するなら、不動産業界の営業職へ

一般的に、30代以上の転職はハードルが上がるというもの。しかし、30代以上の宅建取得者が不動産業界において転職する場合でも優遇される場合があります。

優遇される多くの場合が、不動産業界での営業職です。

30代以上の男性でも優遇されるのはなぜ?

不動産に関する取引を行う事業所には、必ず5人に1人の割合で資格取得者の配置が法的に義務付けられていますので、この数値の確保が大変な中小企業では取得者が優遇されるケースもあるようです。

不動産業においては特に営業においての転職市場でも求人は多く存在し、中には未経験者可能の求人もあります。

営業が資格保有者ならば宅建士を契約の際に改めて派遣する必要がないことから、宅建保有者が営業職だと企業側も都合がよいのでしょう。また宅建の取得者が営業を行った方が、顧客の信頼を得やすいというメリットもあります。

営業経験がプラスに! マネージャーレベルでの経験はさらに優遇も!

このように「不動産業界は未経験だが営業職は経験者だ」という人が、宅建を取得して不動産業界の営業職へ転職する道は現実性がありそうです。マネージャークラスの営業経験を持つなら、さらに優遇されるでしょう。

どんな業種でもプラス評価になりうる! 日商簿記検定4~2級 

一般的に、簿記はどんな部署・業種でもプラスの要素として見てもらえます

ただし、経理・財務部門への転職の場合取得が必須となる場合が多いので注意が必要です。現に、多くの企業の経理部門の募集要項には日商簿記2級や3級の取得を条件にする旨が書かれています。

社会保険労務士

社会保険労務士は資格取得者の独占業務も存在し独立開業も可能ですが、転職時に資格を活かすという視点で考えると人事や総務への転職時に強みになるようです

社会保険の手続きのプロになる、人事制度の改革、労務管理など、社会保険労務士の資格取得時に学んだ知見を活かす方法は人それぞれ。

自分がどんな働き方をして、転職先で貢献したいかを考えた上で必要であれば取得しましょう。

マンション管理士

マンション管理の管理会社での勤務に役立つ知識を習得できる資格です。マンション管理士のみを持っていれば転職が有利になるという性質のものではなく、管理会社での実務経験によって得た知識の方が上、との認識が強めです。

金融業界への転職の武器に! ファイナンシャルプランナー(FP)

財務、金融や財政に関する計画を立案し、資金計画を立てるに必要な知識の証明となる資格です。金融業界の社員が知識の獲得のために活用する資格でもあります。

ですから、フィナンシャルプランナーを活用する方法は、金融業界への転職の際に知識を証明するアピール材料としてです。

ただし、ファイナンシャルプランナーを持っていれば安心というわけではなく、あくまでポテンシャルや実務経験に加えて履歴書を彩る性質のものであることは理解の上活用しましょう。

未経験でも資格が大きな武器に! 「手に職」つけて転職したい人におすすめの資格

ここでは、専門性が求められる資格よりも未経験の業種でも資格取得が転職先の確保に大きな貢献をする資格を中心に紹介します。これから紹介する資格は男性向けの色が強くなっています。

電気工事に携わる入門資格! 第二種電気工事士(国家資格)

一般用電気工作物の工事に携わるための資格です。

低電圧で受電する一般住宅向けの施設においての配線や、電気設備の工事に必要な知識を体得していることの証明となります。

働きながらでも取得は可能

平均勉強時間は300時間ともいわれますが、理系かどうか、高校までの理科の知識がどれだけ残っているかなどでかなり時間に変動はでます。1,2ヶ月の勉強で取得できた人もいるので本人次第というところでしょうか。働きながらでも取得は十分狙えるレベルではあります。

他の資格と組み合わせてさらなるキャリアアップも!

やがてはエネルギー管理士や公害防止管理者等設備系の資格の資格も合わせて取得すれば、かなり優遇されます。

電気通信関係への転職の強い味方! 電気主任技術者

電気主任技術者は、事業用の電気工作物の工事、維持、運用に関係する専門的な知識の証明として活用されます。変電所、発電所、工場やビルなどの電気設備の保安監督に携わることができます。

電気主任技術者は、独占業務を得られる資格!

保安の監督者として資格の取得者を置かなければならないことが法的に定められており、「独占業務」を得ることができる資格です。

加えて、電気工事の需要はなくなることがなく、職種によっては取得者のみの独占業務となるため、取得により「手に職」的な要素のある資格となっています。

電気通信事業の発展に伴い、需要は拡大し、資格取得者は電気通信関係への転職のアピールになるでしょう

電気工事施工管理技士

電気工事の計画や、施工図を作成するスペシャリストです。工事の安全、計画、品質の管理に責任を持ちます。

作業現場での従事した経験が受験資格となるため、異業種からの転職の際には作業現場で働く回り道をしなくてはなりませんが、取得により転職に有利になります。

ビルクリーニング技能士3級

ビルクリーニング技能士とは、ビルのクリーニング作業に必要な技術を証明する資格です。技能試験がある関係で、実務経験を積みながら練習し取得を目指す方が効率がよいとされます。

回り道にはなりますが将来的にキャリアアップを望む人は、ビルの管理会社などで実務経験を積み適宜資格を取得する方法も視野に入れると良いでしょう。

ビルクリーニング技能士には級があり、最上級取得後さらなる上位資格として清掃作業監督者という資格を取得する道もあります。キャリアアップを見据え、そこまでの取得を目指してもよいかもしれません。

ボイラー整備士

冷暖房の設備のある建物のボイラーの点検、清掃を経て、異常時に部品を交換するための資格です。

受験は実務経験が求められませんが合格後の免許発行には実務経験が必要なので、「実務経験を経た上でビルのメンテナンス会社へ転職する際に武器にする」という使い方ができる資格です。

危険物取扱者 乙種4類(通称:乙4)

危険物取扱者とは、消防法で決まっている危険物の保安監督、取扱いや定期点検を可能にする資格です。石油プラントや、化学工場、タンクローリーの運転、ガソリンスタンドでの勤務を目指して転職する際に役立つ資格と言えます。

消防設備士の乙種6類(乙6:消火器)

消防施設士の資格には様々なものがありますが、中でも取得しやすいものは、乙種6類です。

乙種6類とは、消火器の点検、粉末の詰め替えを可能にする資格のことで、ビルのメンテナンス、管理を行う会社に転職する際には武器になることでしょう。

ゆくゆくは他の消防設備士の資格も合わせて取得すると、よりキャリアアップにつながります。

強い武器になりうる! 男性の転職で人事に魅力的にうつる資格

ここでは、男性の転職で強い武器になる資格を紹介します。

30代以上の男性の転職で簿記を活用したいなら、簿記1級を狙え!

30代男性の転職で簿記を活用したいなら、1級を狙っていきたいところです。ここでは、30代の転職において、簿記1級をどのように活用していけるかについて、見ていきます。

簿記1級は強いアピール材料になりうる

簿記も、目的に応じて活用の仕方が異なってきます。1級から4級までありますが、年齢が上がってからの転職や高い専門性を活かして転職したい場合ほど上位の級を求められます。

2級や3級は企業の経理部門で必要とされるためそれほど魅力を持ちませんが、1級となると話が違ってくる場合があります。

簿記1級は、転職市場で高評価! 大手企業への転職の強い武器になることも!

簿記1級は転職市場でも高い評価を受け、特に大手企業を中心に有利になる場合が多くあります。また、簿記1級の取得者はそれほど多くありません。

一般的な経理の経験者でも身につけられない専門的なスキルが求められる場合が多い大企業においては、実務経験者よりも簿記1級を取得している人の方が魅力的だと判断されることがあるのです。

管理業務主任者 マンション管理会社への転職の大きな武器に!

管理業務主任者とは、マンション管理におけるマネジメントを行ったり管理受託契約を締結する場合に重要事項の説明を行うことを可能にする資格です。

マンション管理会社への転職なら、資格取得は高評価!

資格取得者の独占業務があることから、マンション管理会社への転職には強い資格となります。

マンション管理業者の中には、社員に対して管理業務主任者の資格手当を給付したり取得を促進したりと力を入れている企業も存在します。転職し、管理会社でのキャリアアップを志す人はせひとも取得しておきたい資格となっています。

マンション管理士よりも圧倒的に高評価!

実は、前述のマンション管理士よりも管理業務主任者の方がかなり高く評価されます。法的に資格取得者をある程度配置することが定められており、取得すると取得者の少ない建設業界の中小企業では重宝されるでしょう。

IT業界への転職を有利にする! 比較的取りやすい資格を紹介!

IT業界は、実務重視の傾向が強い業種。しかし、資格が技術力の証明となるケースも多数存在します。

IT業界経験者は、自分自身の実務経験と合わせて強みになる資格を積極的に活用し、その道のエキスパートであることをアピールしましょう。未経験者でも、資格取得によりスキルの証明として役立つ場合があります。

ここでは、未経験者でも比較的取得しやすいIT業界で必須、強みになる資格を紹介します。

IT業界での転職に強い資格について、より詳細を見たい方は、以下のページも参考に。

IT業界の転職に役立つ資格とは? 資格の活用法を徹底解説!

応用情報技術者

情報システムのソフトウェア開発に求められるスキルを証明する資格です。情報システムの開発を行う技術者におすすめの資格です。

基本情報技術者

日本で最も有名なIT系資格の一つと言われ、情報処理に関わるSEやプログラマー志望者に最適の入門資格です。

初心者でも取得しやすいと言われています。基本情報技術者は、IT系の多くの企業で取得が推奨され、技術者のスキルの判断材料として業界内で多く活用されています。

CCNA

ネットワークの構築や運営、管理を行う技術者としてのスキルを証明する資格です。

CCNAは、ネットワーク業界での転職に非常に有利とされます。未経験者でも取得しやすく、ネットワークエンジニアに必要なスキルのアピールとして優れていることから、ネットワーク業界での転職には是非とも取得を検討したい資格です。

CCNP

大規模なネットワークに求められるシステムの管理、運用や構築ができるスキルの証明になる資格です。

このCCNPを取得するには、まずはCCNAを取得することが求められます。また、上位資格としてCCIEがあり、ここまで取得すれば、一流のネットワーク技術者として高い評価を受けることができます。

ネットワークなどを受け持つ、インフラ系といわれるこの分野は市場価値が高いとともに、資格が評価基準として重要な意味を持つものとなっています。

MCP

MCPの取得により、マイクロソフト製品についての知識や実践的なスキルを持っていることの証明になります。

マイクロソフト社の最新の製品を活用したり、バージョンアップを盛んに行う企業において、資格取得者は、スキルを実践の中で使いこなすことのできる人材として重宝されます。

LPIC

LPICはLinux技術者のスキルがあることを証明するための資格で、多くの企業が受験を推奨しています。キャリアアップを狙う技術者にも人気の資格です。

XMLマスター

XML技術者のスキルを証明するための資格です。習得したスキルは、多くのシステムに使われるため、技術者のキャリアアップに役立つ資格として人気です。

男性の転職に資格は武器になり得る

年代や、同業種か異業種かによっても転職の状況は異なってきます。転職先によっても同じ資格の重要度は変動しうるものです。一家を支える男性として転職後も継続収入を確保するためにも、得られるメリットが大きい資格を効率よく確実に取得したいですね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

薬剤師に転職する際の志望動機の作り方を例文付きでご紹介

薬剤師の資格を持って転職する場合、資格とキャリアを前面に出せば採用となる? 残念ながら、そういうわけにはいかな […]

続きを読む

転職したい看護師必見!在職中に準備するべきこととは?

目次1 看護師の転職は意外と簡単!2 看護師の転職に適した時期は?3 在職中にするべきこととは?4 看護師の転 […]

続きを読む

読み始めの数秒を制す!職務経歴書の要約のコツ

職務経歴書の中で、特に力を注いで書きたい項目が「職務要約」です。 職務経歴書の冒頭に書き込む内容です。 入念に […]

続きを読む

派遣薬剤師として働くことに不安はある?

薬剤師の資格を取得し、いざ仕事に就業しようとした場合、勤務時間帯とかの条件が合わずにやむなく就業を諦めることが […]

続きを読む

職務経歴書が絶対に必要な理由とは?職務経歴書の意味と必要ない場合の対応方法

転職する際にまず初めに用意するものは履歴書の他に職務経歴書です。しかし、何度も転職した人以外はそうそう書くもの […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む