大企業から中小企業への転職ハードルが高めな理由と転職活動における注意点

大企業から中小企業への転職ハードルが高めな理由と転職活動における注意点

大企業での競争に疲れた、もっと自由に仕事ができる中小企業のやり方に魅力を感じるなどさまざまな理由で、大企業から中小企業への転職を考えることがあります。
一見有利に思われがちな大企業出身者ですが、中小企業への転職は実は難しさがあります。
ここでは、大企業から中小企業への転職が難しい理由と、転職活動の注意点を紹介します。

大企業から中小企業への転職が実は難しい理由

人気が集中し、入社のハードルが高い大企業。
その出身者であれば、中小企業に転職することは比較的容易だと思われがちです。
しかし、思っているよりも簡単ではなく、大企業出身者だからこそネックになることも多くあるのです。
その理由を知っておかないと、むやみに転職を試みて後悔する可能性もあるでしょう。
ここでは、大企業から中小企業への転職が難しい理由を紹介します。

大企業神話を信じ「問題がある人」と思われる

大企業で働いたことがない中小企業の人事担当者は、「どうしてあんなに有名な企業を辞めたのか。」「恵まれた環境を捨てるなんて何かあるのではないか。」と思うことがあります。
一般的には大企業が中小企業に比べて給与や待遇面で恵まれていることが多く、「大企業がいいに決まっている」という感覚を持つ人は少なからずいるからです。
大企業神話を信じている人にとってみれば、わざわざ大企業を辞めて中小企業に転職する人は、「問題がある人」と見ることがあるのです。

大企業出身者で痛い目を見た企業が慎重になっている

大企業には確かに優秀な人も多いですが、全員がそうではありません。
新卒で入社し、大企業の看板に頼ってきた人もいて、大企業の看板が外れたら何もできなかったなんて例もあるのです。
企業としても、過去に「大企業出身だから優秀だろう」と判断して採用した人が想像以上に使えず、痛い目を見た経験があると、どうしても慎重になります。
今はインターネットが発達していろいろな情報が手に入る時代でもあるので、大企業出身者でも手放しに評価することはないのですね。

高学歴者を必要以上に敬遠する人もいる

経歴重視の中途採用者と異なり、新卒の採用では判断材料が少ないため、学歴が重視される傾向にあります。
「大企業出身者=高学歴」であることも少なくなく、中小企業への転職を試みる人も高学歴である確率が高くなるのです。
高学歴の人でも性格はさまざま、いい人も感じの悪い人もいます。
しかし、世間には、高学歴で勉強ができる人に対して「偉そう」「自信満々」「横柄」などの偏ったイメージを持つ人もいます。
実際にどうかは全く別問題として、必要以上に高学歴者を敬遠する人もいるということです。

大企業と中小企業では仕事のやり方が大きく異なる

大企業は基本的に業務ごとに分担が明確にされているのに対し、中小企業では1人の人が何でもこなすような形で「人」に業務が付随します。
別の言い方をすると、大企業では量や質の面において狭くて深い傾向にあり、中小企業では広く浅く様々な仕事を1人でやることになります。
大企業では単純作業などは外注やアルバイトに依頼できるため、自分の仕事に集中しやすいという利点もあります。
主要業務から雑用まで何でもやる中小企業の仕事のやり方に、なじめない人も多いのです。

大企業から中小企業に転職するならここは注意

大企業から中小企業に転職を考える場合、応募から転職後の過ごし方まで気をつけた点があります。
中小企業への転職が難しいだけでなく、思い描いていたメリットが感じられないこともありますよ。
どんな点に注意すべきなのでしょうか?

意志決定スピードは経営者の質次第

中小企業がもつ大企業にはない魅力の一つに、「意志決定スピード」があります。
大企業の場合は稟議一つあげるだけでも、直属の上司、部課長、次長と、次々と決裁を求める必要があるため決定までに時間がかかることばかり。
中小企業の場合は重要役職者に直接コンタクトを取ることもできるため、非常にスピーディーなのです。
顧客からしてもメリットがあるため、中小企業の大きな強みになるでしょう。
ただし、すべての中小企業がそうというわけではありません。
経営者の質による部分が大きく、場合によっては意志決定どころか従業員の意見すら聞き入れられないこともあります。
あくまでも経営者次第という点は覚えておきましょう。

年収は下がって当然。目先の給与にとらわれないこと

資金力がある大企業は、やはり中小企業に比べて年収が高い傾向にあります。
大企業で働くことのメリットとして多くの人が挙げることですよね。
中小企業に転職することで一時的に年収が下がるのは想定内でしょう。

年収を気にする場合は、目先の給与にとらわれず、長期的な視点を持つことが大切です。
例えば大企業の中で管理職になるのは大変ですが、中小企業なら工夫次第で大幅な昇進も可能。
現場で高い成果を挙げて20代で役職に抜擢されることも夢ではないでしょう。
一生大企業の一般社員で終わるより、中小企業の管理職になった方が長い目で見ると年収も有利に働く可能性があります。

これだけは譲れない条件以外は目をつむることも必要

中小企業は年収以外にも、福利厚生、設備投資などさまざまな点において大企業に比べると見劣りします。
しかし、条件や環境では勝負できない分、仕事内容ややりがいなど、仕事そのものにおける魅力はあるでしょう。
大企業にはないフットワークの軽さで、革新的な事業を生みだす可能性も秘めています。
大企業から中小企業に転職すると、どうしても条件が下がることが気になりますが、絶対に譲れない条件以外は目をつむることも大切です。
何のために中小企業に転職するのか、達成したい目的を思い出すようにしましょう。

謙虚な姿勢は人一倍ないと面接官はチェックしている

大企業出身者が中小企業に転職し、人間関係で失敗してしまう例として、謙虚な姿勢が持てなかったというケースがあります。
どこかで大企業出身であることを誇りに思い、周囲の人に上から目線で接してしまうというものです。
これは、受け取り側の問題もあり、大企業出身という固定観念が生みだすイメージであることも多くあります。
全く同じ態度をしたとしても、大企業出身者とそうでない人とでは、受け取る側の印象が異なるということです。

とはいえ、実際にどうかは関係なく、職場の人が持つイメージはそのまま転職者のイメージにつながりやすいもの。
大企業出身者は人一倍態度に気をつけ、謙虚な姿勢を保つ必要があるのです。
面接でもしっかり言動、態度をチェックされていますよ。

個人として成果を挙げたことを述べること

応募書類や面接では、個人の努力によって挙げた成果を述べるようにしましょう。
例えば年間の営業契約件数がいくら多くても、大企業と中小企業では看板の重さが違います。大企業だからこそ顧客から信頼されやすいことはよくあり、企業の価値によって契約が取れただけという可能性を疑われるでしょう。

実績を示すときに数字を交えることは大切ですが、さらにその過程を具体的に示します。
「最初は契約が全然取れなかったけれど原因を分析したら〇〇だとわかり、改善したら契約件数が△%アップした。」など、個人的に工夫したことを述べましょう。
面接官が知りたいのは企業の看板の重さではなく、中小企業に来ても発揮してくれる個人の能力なのです。

前職の上司と比べないこと

中小企業の管理職にも優秀な人は大勢いますが、中小企業ではコネ入社も頻繁に行われていますし、大企業に比べて競争が激しくないことも多く、中にはぬるま湯に浸かっている人もいます。
大企業から中小企業に転職して、前職との上司のレベルの違いに驚く人もいますよ。
しかし、両者を比べるのはナンセンス。
比べたところでどうしようもありませんし、上司を選ぶことはできません。
上司の性質を見極めて上手に対処するようにしましょう。

大企業から中小企業への転職はコツを押さえることが大事

大企業から中小企業への転職はハードルが下がるわけではなく、難しい面もあります。
しかし、自身のスキルや経歴を整理して、謙虚な姿勢でしっかりアピールできれば、大企業での経験は十分に評価されるでしょう。
大企業から中小企業への転職だからと言って気を緩めず、コツを押さえた活動を行っていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています