職務経歴書は「手書き」より「パソコン」!?手書き指定の場合のコツも徹底解説!

職務経歴書は「手書き」より「パソコン」!?手書き指定の場合のコツも徹底解説!

履歴書は「手書き」で書いているけど、職務経歴書は「手書き」と「パソコン」どっちで書いたら良いのかわからない…という方はよくいます。

果たして、どちらで作成したほうが応募先企業に良く見られるのでしょうか。
理由とともに解説します。

 

職務経歴書は「手書き」と「パソコン」、どっちがいい?

そもそも、職務経歴書は「手書き」と「パソコン」どちらで作成するべきか、というのは決められたことなのでしょうか。

職務経歴書を書く形式は決まってない

職務経歴書は、履歴書のように形式が決められた書類ではありません。
どんな内容を、どんな形で書くかに対する正解はないのです。

とはいえ、好きなように作成していいというわけではなく、ある程度の決められている部分もあります。
あくまでも応募先企業が見やすいことが重要です。

職務経歴書はパソコンで作成するのが基本

そのため、形式は決められていなくとも「パソコン」で作成するのが一般的になっています。
特別な事情がなく、どちらにするか迷っているなら「パソコン」で作成して問題ないでしょう。

応募先企業にとっての見やすさ以外にも、職務経歴書をパソコンで作成するメリットはいくつかあります。
パソコンで作ると決めていた人も、なぜ「パソコン」がいいのかという点を理解してから職務経歴書を作成すると、より効果的なものが作れるはずです。

手書きの職務経歴書が絶対にダメというわけではない

とはいえ、手書きの職務経歴書だと、絶対に書類選考に落ちるというわけではありません。
なぜなら、職務経歴書は形式が決められていないからです。

しかし、後から詳しく説明しますが、「手書き」で職務経歴書を作るには、いくつかデメリットもあります。
出来る限り、手書きで作成するのは避けたほうがいいでしょう。

ただし、事情があって手書きでなければ作成できないと言う時は、その場合のコツも書いているので参考にしてください。

 

職務経歴書をパソコンで作成するメリット

まずは、職務経歴書をパソコンで作成するメリットを解説します。

見やすい・読みやすい

最も大きなメリットは、その「見やすさ・読みやすさ」です。
職務経歴書は、履歴書に比べて文字が多くなります。

そのため手で書くと、どうしても見づらくなってしまうのです。
また、パソコンではレイアウトを自由に調整できるので、どうすれば読みやすくなるか試行錯誤しながら作成することが出来ます。

テンプレートがある

パソコンで職務経歴書を作成する場合、ネット上にあるテンプレートを利用することが出来ます。
このおかげで、見やすいレイアウトを考える手間がなくなるのです。

テンプレートにも、いくつか種類があるので、自分がアピールしたい内容にあったものを利用するといいでしょう。

ミスをしても修正がしやすい

パソコンなら文字を書き間違えても、即座に修正することが出来ます。
職務経歴書は、履歴書よりも文字数が多いぶん、ミスをする確率も多くなるのです。

ミスを修正している時間というのは意外と無駄になります。
また、パソコンで作成したとしても、入力ミスがないかは最後に確認した方がいいでしょう。

内容を使いまわせる

職務経歴書を書くときに、志望動機や自己PRは企業によって変えますが、職歴などは同じ内容を書くことが多いです。
パソコンで作成している場合、同じ内容ならそのままコピーして使いまわすことができます。

また、全く同じ内容でなくとも、今まで書いたものからコピーした内容をもとに改変していくという方法を取れば、時間を短縮できるでしょう。

 

なぜ手書きの職務経歴書は避けたほうがいいのか

職務経歴書をパソコンで作成するメリットは理解できたけど、手書きの方が慣れているから手書きのほうが良い、という人もいるかもしれません。

しかし、出来るだけ手書きを避けたほうがいい理由もあるのです。

どうしても見づらくなる

手書きで職務経歴書を書くと、どうしても見づらくなってしまうのが難点です。
よほど丁寧に書けば問題ないかもしれませんが、そうすると書くのにどうしても時間がかかってしまいます。
手書きで早く丁寧に書くことに、相当な自身がある方以外はおすすめしません。

ミスを修正しにくい

手書きの場合、ミスがあると全て書き直しになってしまいます。
多少のミスなら修正できるかもしれませんが、あまり修正跡は残したくないですよね。

さらに、何度もミスを修正して疲れてくると、またミスしやすくなるという悪循環に陥ってしまう場合もあります。

何度も同じことを書く必要がある

ミスをしてしまった時もそうなんですが、手書きで職務経歴書を作成していると、どうしても同じことを何度も書く必要が出てきます。

職歴など、以前書いたものと同じ内容であっても、それを見ながら手で書いていかなければないのです。
時間をかけたいのは「志望動機」や「自己PR」の方ですから、できれば無駄な部分に時間を割きたくないですよね。

パソコンに疎い・非効率な人間だと思われる

ここまで書いたように、手書きで書くのは非効率な作業です。
そのため、どれだけ綺麗に書けていても「非効率的な人間」だと思われてしまうかもしれません。
IT企業や外資系企業へのウケは悪いでしょう。

また、パソコンで作成するほうが楽なのに、手書きで作成するということから「パソコンが使えない人なのかな?」と思われる可能性があります。
事務職など仕事でパソコンをよく使う職種の場合、パソコンが使えないと思われてしまうことは、なかなかの痛手です。

職務経歴書がデータで管理されている場合がある

それでも「手書きのほうが絶対に綺麗に早く書ける」という人がいるのかもしれません。
ですが、そもそも職務経歴書が紙ではなく、データで管理されている場合があるのです。

パソコンで作成した場合、職務経歴書のデータをメールに添付するだけで済みます。
しかし、手書きだと職務経歴書を一度スキャンしてデータにした後、それをメールで送る必要があるのです。

もちろん、メールでデータを送るよう指定された会社に、手書きの職務経歴書を送ったとしても、全く見てもらえないことはないと思います。
とはいえ、応募先企業の手間を増やしてしまうのは、あまりおすすめできません。

 

どうしても職務経歴書を手書きで書かなければならない時は?

ここまでで、手書きは避けてパソコンで職務経歴書を作成したほうがいい理由はわかっていただけたかと思います。

それでも、「どうしても手書きじゃなきゃダメなんだ」という方に向けて、手書きで職務経歴書を作成するコツも紹介します。

専用の用紙を使う

履歴書のようにどこでも売っているわけではありませんが、職務経歴書にも専用の用紙があります。
履歴書に付属している場合もあるので、手書きで作成する場合はとにかく専用の用紙を探しましょう。

職務経歴書に決められたフォーマットがないとは言え、無地のA4用紙から書き始めるのは無謀です。
用紙だけでも専用のものを使うことで、できるだけ見やすく書けるようにしましょう。

最大限丁寧に書く

さきほども書いたように、手書きで作成する最大のデメリットは「読みにくさ」です。
それをカバーするためにも最大限丁寧に書くようにしましょう。

履歴書の場合、他の人も手書きが多いので、多少粗い字でも目立ちません。
しかし、職務経歴書はパソコンで作成する人が多いので、手書きで字が汚いと悪い意味でkなり目立ってしまいます。

使いまわせそうならコピーして取っておく

手書きだと、何度も同じことを書く必要があり、手間と時間がかかります。
そして、それが原因でミスをしやすくなるのです。

職歴など、そのまま使いまわせそうなところがあれば、そこだけ書いてコピーしておくのもいいでしょう。
それだけで、だいぶ手間が省けるはずです。

手描きならではの熱意を見せる

どうせ手書きで作成するなら、手描きならではの熱意が伝わるように書きましょう。
手書きは非効率ではありますが、書き手側の気持ちが伝わりやすいというメリットもあります。

最大限丁寧に書くのはもちろん、手書きでも見やすくなるような工夫を施すといいでしょう。
手書きの職務経歴書は目立ちます。
難易度は高くなりますが、上手く書ければ気配りができる人として認められるかもしれません。

 

「履歴書」は手書きとパソコン、どっちが良い?

職務経歴書はパソコンで作成するのが一般的でした。
では、履歴書は「手書き」と「パソコン」どちらがいいのでしょうか?

履歴書は「手書き」が安心

履歴書は、手書きのほうが好印象を与える可能性が高いです。
丁寧に書けば、良い人となりを見せることができるでしょう。

文字数もそこまで多くないので、職務経歴書よりは手書きで作成する負担も少ないです。
そのため、履歴書は手書きで作成したほうが安心でしょう。

ただし、企業によってはパソコンでもいい

ただし、企業からパソコンで作成されたもの、もしくはデータでの提出を求められた場合はその限りではありません。
また、IT企業や外資系企業など、パソコンで作成された履歴書にマイナスイメージを持っていない会社もあります。

パソコンで履歴書を作成する場合は、ネット上にあるテンプレートを活用するといいでしょう。

 

まとめ

職務経歴書は、「パソコン」で作成するのが一般的です。

テンプレートなどを活用しつつ、効率的に作成しましょう。

もし、手書きで作成しなければならない場合は

  • 専用の用紙を使う
  • 最大限丁寧に書く
  • コピーできる部分はコピーする
  • 手描きならではの熱意を見せる

といった部分で、工夫が必要です。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

転職面接。カバンに関するQ&A

面接に持っていくカバンは転職のための必須アイテム。身だしなみのひとつとして採用担当者も注目しています。デザイン […]

続きを読む

職務経歴書は、フォントで印象が変わるって本当?

採用担当者がひとつの職務経歴書に目を通す時間は、ほんの数十秒と言われています。 職務経歴書の第一印象で、最後ま […]

続きを読む

転職面接は時間厳守!面接時間の疑問に答えます

就職や転職というのは現状の仕事などをしながら行う、とても労力を必要とすることですよね。 そこで、面接当日の時間 […]

続きを読む

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

転職面接でよく聞かれることは何?面接対策のポイント

転職面接対策の中でもっとも重要な部分、それは面接時の質問に対する対策です。自分自身のプレゼンとも言える面接の中 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集