知識ゼロでも大丈夫!職務経歴書を0から学ぼう

知識ゼロでも大丈夫!職務経歴書を0から学ぼう
trudi1 / Pixabay

そもそも職務経歴書とは

「職務経歴書」という言葉を初めて聞いた方もいるのではないでしょうか?転職するときに提出を求められ、書き方の勉強を迫られる方も多いと思います。職務経歴書は決まった書き方がない上に重要度が高い書類なので、頭を抱えがちですが、心配無用です。ここでは、「職務経歴書を0から」わかりやすく解説します。

 

なんで職務経歴書って必要なの?

職務経歴書の提出を求められ「めんどくさいなあ」とうんざりする気持ちもわかります。しかし、職務経歴書は転職先の企業に必要であるとともに、あなたにとっても必要なものなのです。どのような意味でしょうか?

職務経歴書は習慣的な決まりごとではない

職務経歴書を「形式的な決まりごと」であると思っていませんか?あたり前のように「出してください」と言われるとただの決まりごとだと決めつけがち。しかし、転職先の企業は内容にしっかりと目を通しています。

企業にとっては履歴書とならんで、場合によっては履歴書を上回るほどの判断材料になるほど重要な書類です。なぜなら、あなたの本心やアピールポイント、モチベーションなどがうかがい知れる書類だからです。

また、履歴書などのように決まったテンプレートがないだけに、他の転職希望者との差が出やすくなります。逆にいうと、この職務経歴書をうまく作成して採用担当者の心に刺さるものを作成できれば、良い方向に向かうことは間違いありません。

職務経歴書で実務能力を示す

「企業はどのような人材を求めているか」などのアンケートでは、コミュニケーション能力が高い人材が挙げられることが多くなっています。しかし、企業が求めているのはコミュニケーション能力だけではありません。ならんで重要視されるのが「実務能力」です。そして、面接試験がコミュニケーション能力を見るものであるとすれば、職務経歴書は実務能力を見るものであると言えます。

学生時代に、就活では人柄が大切とアドバイスされた経験がある方もいると思いますが、それはあくまで新卒採用の場合。社会人の転職の現場では、想像以上に即戦力が求められています。そして、そのギャップに驚く人も多いことでしょう。

もちろん、証明できる実務能力を持っていなくても、職務経歴書が重要であることに変わりはありません。書類審査でうまく評価されるかどうかは職務経歴書の書き方次第だからです。反対に、実務能力がある場合は?前職で培った実務能力が活かせる転職先であれば、採用をより確実にする決定打にする、それが職務経歴書の役割です。

職務経歴書でモチベーション(性格)を示す

職務経歴書は、経歴というただのデータではありません。経歴から強みをピックアップし、それをまとめるという作業から、あなたの人となりが垣間見えることも。データを埋めただけの血が通っていない職務経歴書を提出すれば薄い印象となりますし、自己PRを充実させて中身のある職務経歴書を提出すればモチベーションの高さや誠実さなどを印象づけることができます。

興味をそそられる上に丁寧な文章、そしてモチベーションが溢れ出しているような職務経歴書を提出できれば、採用担当者はあなたと話したことがなくても興味津々でしょう。

 

職務経歴書はどこを見られている?意外なポイント

職務経歴書にどのようなことを書けば良いか?という問題は、「企業がどのような人材を求めているか?」を汲み取ることを抜きにして語れません。しかし、そんなに難しく考える必要はありません。一つひとつみていけば、効果的な職務経歴書を作成するのは簡単です。ここでは、職務経歴書を作成する上での考え方を紹介します。

実務能力(即戦力)があるか

転職者は即戦力が求められています。したがって、即戦力となりうる経験をクローズアップして伝える努力をしなくてはいけません。職務経歴書に堂々と書けるような経歴をもっているなら、この問題は簡単なことです。ありのままその事実と実務能力を記載すればよいのです。

では、即戦力になり得るような経歴や経験をもっていない場合は?企業は即戦力をもっている人を第一に求める一方、「実務能力を備える素質をもっている人材(適性)」を求めています。つまり、「御社の業務は未経験ですが、〇〇をしていた経験があります(ので適性があります)」とアピールできるように持っていく書き方が効果的です。

仕事に対してモチベーションがあるか

仕事に対しての意欲も重要なポイントです。やる気やモチベーションは、アピールできる経歴がなくても職務経歴書に反映させることができます。したがって、業界未経験者の唯一の武器なのです。業界へのモチベーションを示すのはもちろんですが、職務経歴書に思い入れや手間を感じさせられれば説得力が上がります。

転職の目的が腑に落ちるものか

転職する目的をどう伝えるかも大切です。なにより、採用担当者に腑に落ちる形で示すこと。企業によっては職員の定着に苦労している、つまり退職者を引き止められず人手不足におちいっているケースもあります。したがって、採用後に定着してくれる人材を求めています。

転職の理由が明確でなければ「すぐにやめてしまう性格かもしれない」という印象を与えてしまう可能性があります。一方、転職の理由・目的が明確であれば、採用後長期にわたって定着してくれるという期待感を持ってもらえるでしょう。

記載内容が信用できるものか

職務経歴書は転職を成功させるための重要な書類です。そのため、職務経歴書の内容を偽ったり大きく誇張をするケースもあるようです。このような背景から、職務経歴書の内容に対しては「信用できるのか?」という目線で見られる前提で作成しなくてはいけません。

職務経歴書をより良いものにしていく作業とは、経歴を誇張することではありません。「経歴を見る角度を最適化すること」です。あなたの経歴が平凡に思えても、見方によっては強い武器になる可能性があるのです。

 

効果的な職務経歴書の書き方を指導してくれるサービスってあるの?

職務経歴書は、自身で作成するほか選択肢はないのでしょうか?実は、職務経歴書の書き方や内容について指導が受けられるサービスがあります。自分では良い出来だと思っていても客観的に見るとどうかは分かりません。盲点になりがちな客観的視点からアドバイスを受ける方法を紹介します。

キャリアコンサルタントのアドバイスを受ける

「キャリアコンサルタント」という職業を聞いたことがありますか?就職希望者に総合的なアドバイスを行うのが仕事です。実は、職務経歴書の書き方やアドバイスは、キャリアコンサルタントに求めることができます。

キャリアコンサルタントはハローワークやジョブカフェなどで勤務しているので、まずはハローワークへ相談に行くと良いでしょう。

「キャリアコンサルタント」という資格がそのまま職業名になっています。お墨付きを得ているプロからのアドバイスが受けられるということです。ちなみに、キャリアコンサルタントは、キャリアカウンセラーと呼ばれることもあります。

ネットでアドバイザーをさがす

職務経歴書の書き方のアドバイスを受けられるサービスもあります。主に、ネットで検索してアドバイザーの企業を探すことになります。また、アドバイスするだけではなく、作成そのものを代行するサービスもあります。

職務経歴書は自身で作成することが望ましいですが、どうしても成功させたい転職の場合、このような企業の手を借りる選択肢もあります。もちろん、代行で作成してもらったとしても経歴を偽るわけではありません。より効果的な職務経歴書を作成するためです。必要な方は検討してみましょう。

 

まとめ

ここでは、職務経歴書がなぜ必要なのか?どのように注意して作成すればよいか?ということに加え、職務経歴書の書き方のアドバイスを受ける方法についても解説しました。面接官のストライクゾーンに入る職務経歴書を作成するため、上記をぜひ参考にしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています