職務経歴書の「退職理由」がマイナスにならない書き方!

職務経歴書の「退職理由」がマイナスにならない書き方!
loufre / Pixabay

職務経歴書に「退職理由」を書くと、なんだかマイナスになりそうだから書きたくない…
そんな風に思っている方はいませんか。

職務経歴書の「退職理由」には、マイナスにならない書き方があるんです。
そもそも「退職理由を書くべきなのか」というところから、具体的な書き方まで紹介していきます。

 

職務経歴書に「退職理由」を書く必要はある?

職務経歴書に「退職理由」を書く必要はあるのでしょうか?

自己都合で退職している場合など、退職理由を書かない方がいいのではないかと思うときもありますよね。

職務経歴書に「退職理由」は無理にかかなくてよい

結論から言えば、職務経歴書に「退職理由」を無理に書く必要はありません。
職務経歴書には決まった形式がないので、絶対に書かなくてはならないものはないのです。

しかし、職務経歴書に書いていなくても、面接で退職理由を聞かれることは多いでしょう。

ただし、「退職理由」を書いた方がいいケースは多い

もし、面接で聞かることがないとしても、

  • 転職回数が多い
  • 在籍期間が短い
  • 異業種への転職が多い
  • 職務経歴に長い空白期間(ブランク)がある

など、退職理由を書いたほうがいいケースは多くあります。
これらのケースに関しては、後ほど具体的に解説します。

また、これらのケースに該当していなくても、基本的に「退職理由」は書いておくべきです。

 

職務経歴書に「退職理由」を書く2つの理由

無理に書く必要はないのに、退職理由を書くのはなぜでしょうか。
それには、二つの理由があります。

職務経歴書は自分をアピールするために書く

「職務経歴書」は「履歴書」とは違い、自分の経験やスキルをアピールするために書きます。

経験をアピールするのに「退職理由」はマイナスになる、と思われた方もいるかもしれません。
しかし、書き方によってはアピールポイントとして利用することもできます。
重要なのは、退職するに至った理由が応募先企業を志望する動機に繋がっているかです。

プラスになる退職理由の具体的な書き方は、後ほど解説します。

退職理由を書くことで、人事の不安を解消させる

応募先企業の人事は、あなたの転職について最初から良いイメージを持っているわけではありません。

退職理由が書かれていなければ、推測で不安を感じることもあります。

退職理由に問題があるなら、それをフォローするように書くべきです。
問題がなければ尚の事、不安を解消するためにも正直な理由を書きましょう。

 

職務経歴書の「退職理由」の書き方

それでは、具体的に職務経歴書における「退職理由」の書き方を見ていきます。

基本的に「退職理由」は職歴欄に書く

退職理由は、基本的に「職歴」の欄に書きます。
勤務した企業名、それに対応した退職理由が明確にわかるようにしましょう。

もし、「退職理由欄」があるテンプレートを利用する場合は、そちらに直近の退職理由を書きましょう。
まだ今の仕事を辞めておらず現職中であれば、「退職予定理由」として書いておきます。

なるべく簡潔に書く

退職理由は、職務経歴書のメインではありません。
そのため、長々と説明するのではなく、なるべく簡潔に書きましょう。

退職理由に問題がない、ということがわかれば十分です。
もし、面接で聞かれた場合は詳しく説明します。

退職理由別の書き方

退職理由別の書き方を見ていきましょう。

会社都合による退職

会社の倒産やリストラによる退職の場合、その旨を正直に記します。
明らかに会社側の問題である場合は、誤解を招かないよう堂々と主張しましょう。

しかし、あまり会社のせいにしすぎるのも問題です。
会社の業績不振や倒産、それに伴うリストラであったとしても、一つの転機と捉えて前向き転職をしたという姿勢を見せるのが大事です。

自己都合による退職

ケガや病気、家族の介護など、やむを得ない理由で退職した場合は、正直に書きます。
ただし、その場合は「現在の状況」も明記しましょう。
今は就業に差し支えないのであれば、それを示すことが重要です。

それ以外の理由で、自己都合退職した場合は「書き方」に気をつけましょう。
ネガティブな理由で会社から遠ざかったのではなく、前向きにステップアップするために転職したということがわかる「退職理由」を書くと印象が上がります。

契約満了による退職

契約満了による退職である場合は、「会社都合」でも「自己都合」でもなく「契約満了」と明記しましょう。
マイナスに働くことはないので、詳しく理由を書く必要もありません。

ただし、契約期間よりも前に退職した場合は、その理由によって「自己都合」もしくは「会社都合」での退職になります。

その他理由による退職

その他に理由がある場合も、正直に書きましょう。
大事なのは、相手側の不安を解消することです。

ただし、自己都合での退職を「会社都合」と偽ったりすれば経歴詐称にあたりますので、絶対にやめましょう。

 

こんな時は、職務経歴書の「退職理由」にフォローを入れよう

退職理由に問題がなければ、1~2文で簡潔に書けば大丈夫です。
ただし、以下の場合は少しフォローを入れる必要があるでしょう。

転職回数が多い

転職回数があまりにも多いと、「採用してもすぐ辞めそう」「根気が無さそう」といった印象を与えてしまう可能性があります。

あくまでも、キャリアアップのために転職をしたことや、応募先の企業では長く務める意思があることをアピールしましょう。

やむを得ない事情で転職回数が増えてしまった場合、今は状況が変わって問題がないことを書くといいでしょう。

在籍期間が短い

一社ごとの在籍期間が短い場合も、上と同じような不安を与えてしまいます。
こちらも、前向きな理由による転職であることを示しましょう。

また、「人間関係に問題を抱えやすいのではないか」という風に見られる可能性もあります。
「あくまでも、人間関係や職場との問題はなかった」ということを明記するのもいいでしょう。

異業種への転職が多い

異なる業種や職種への転職が多いと、「興味・意欲や、スキル・経験がどれも中途半端なのではないか」と思われる可能性があります。

自分の中では一貫性が合って、それに合った転職であるということを示しましょう。
また、それぞれの業種・職種で十分なスキル・経験を得ているということも分かるようにしておく必要があります。

職務経歴に長い空白期間(ブランク)がある

一度退職してから次に転職するまでに長期間空いている人は、「社会人として復帰するのに何か問題があったのか」という不安を与えてしまうかもしれません。

必ず、「空白期間の間は何をしていたのか」を明記しましょう。
病気やケガの場合、現在は業務に支障をきたさないことも書いておきます。

 

職務経歴書にネガティブな「退職理由」はNG!

どのような都合での退職であれ、ネガティブな理由を書くのはおすすめできません。
主に避けるべき「退職理由」を3つ挙げておきます。

仕事内容の不満は書かない

「自分がやりたい仕事と違った」「得られるスキルや経験に限界があった」など、仕事内容の不満を「退職理由」にするのはやめましょう。

相手側からすれば、「ウチの仕事が合わないと思ったらすぐ辞めるかも」と思ってしまいます。

同じ内容であっても、「新しい仕事に挑戦しようと思った」「スキルの幅を広げたかった」など、ポジティブな書き方を心がけましょう。

待遇に対する不満は書かない

あまりにも法的に問題があった場合などは別ですが、待遇に対する不満も避けましょう。
「残業が多かった」「年収が低かった」という退職理由は、雇用者からするとマイナスに映ります。

それよりも、自分は「何をやりたくて転職したのか」という理由を書くと良いでしょう。

人間関係の不満は書かない

人間関係の不満も、同様に避けたほうが賢明です。

人間関係の構築に問題があると誤解を持たれてしまっては意味がありません。
あなたに問題がなかったとしても、それを伝えるのは難しいでしょう。

退職の決め手は一つではなく、複数あるはずです。
その中から、なるべくポジティブな理由を探して書くことで、「退職理由」がマイナスにならないようにしましょう。

 

職務経歴書にプラスになる「退職理由」の書き方

では、どのように「退職理由」を書けばプラスになるのかを、最後に紹介します。

会社都合退職の場合は正直に書く

会社の倒産や経営不振によるリストラの場合、あなたが釈明できることはありません。
正直に書くしかありません。

大事なのは、それを一つの「転機」として受け止めていることです。
会社に問題があったとしても、気持ちを切り替えられる人材であることをアピールしましょう。

志望動機に繋がるように書く

「退職理由」は、絶対にネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由を書きましょう。

さらに、その理由が応募企業に対する志望動機に繋がるように書くと、好印象です。

「新しいスキル・経験を得るために転職」→「それで得たスキルを応募先企業で活かせる」といった流れがわかると、いいでしょう。

キャリアプランに一貫性を持たせる

異なる業種・職種での転職をしてきた場合は、自分なりのキャリアプランを示しましょう。

自分のキャリアプランでは転職に一貫性があり、それが最終的に応募先企業に繋がっているのであれば、異業種間の転職がマイナスからプラスに変わります。

また、それぞれの職場で得た経験やスキルが中途半端なものではないということをアピールするための実績やスキルがあると、なお好印象です。

 

まとめ

「退職理由」というと、マイナスなイメージを持たれがちですが、書き方によってはプラスに変えることが出来ます。

重要なのは

  • 正直に書くこと
  • 不安を持たせないこと
  • ネガティブではなく、ポジティブに書くこと

です。

「退職理由」は職務経歴書のメインではありませんが、企業が気にするポイントの一つなので、好印象を与える書き方を身につけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています