会社からの部署異動辞令にショック!異動を前向きに考えるためのコツを解説

会社からの部署異動辞令にショック!異動を前向きに考えるためのコツを解説

会社員として働いていると、突然の部署異動命令がだされてショックを受けることがあります。
異動の可能性について理解していたつもりでも、いざ辞令がでると簡単に受け入れることができませんよね。
ただ、特段の事情がない限り受け入れざるを得ないのが部署異動。
どうせなら前向きにとらえて今後の糧としましょう。
ここでは、異動が嫌だと感じたときに前向きに考えるためのコツを紹介します。

部署異動の基本を知っておこう

部署異動の辞令でショックを受けることがあるかもしれませんが、まず知っておきたいのは部署異動の基本です。
ここでは、異動理由や辞令後の対処などを紹介します。

会社が部署異動を行う理由

部署異動が行われる理由は、誰かが辞めて人材不足が生じたなどの理由のほかにも、異動によって職場の活性化をはかることがあります。
同じ部署に同じ人がずっといることで、馴れ合いが生じて緊張感も減っていきますよね。
別の部署から来た人を入れることで、部署内に足りない客観的な目を補うこともできます。
人材を定期的に流動化させることで、部署全体の底上げを目指すということです。

また、定期的に人事異動を行うことで社員ごとの能力アップをはかる目的もあります。
一つの部署に限らず幅広い業務を経験させることで、総合力を養うことができるということ。
どの部署でより能力を発揮できるのか、適材適所を実行するための判断材料とされることもありますよ。

部署異動って断れるもの?

希望しない部署への異動辞令がおりた場合、断りたいと思うことがありますよね。
しかし社員の人材配置に関しては、基本的に会社側に裁量権があり簡単に断れるものではありません。
特別な事情がない限り、単にその仕事をやりたくないという理由で断ることはできないと思っておきましょう。
もともと入社時に、全国転勤の可能性や部署異動があり得ることを理解したうえで入社しているはずです。
希望外であっても会社員ならば原則受け入れるしかありません。

引越しが伴う異動の場合にやっておくべきこと

県外支店に転勤になるなど、住居の引越しが伴う異動の場合は早めにやっておきたいことがあります。
それは家族や恋人など近しい人への報告。
同居している人がいる場合はその人の生活自体を変えることになりますので、理解を求めるために話し合うことが必要になります。
特に相手が妻など女性の場合、早めに相談してくれることで安心するものです。
大事な人と話し合った結果のもっともいい方法が、異動を受け入れるのではなく転職であれば、それはそれで前向きに動き出すことが大切です。

契約内容や嫌がらせの可能性を確認

原則断れない部署異動ですが、例外的に異動拒否が認められることもあります。
それは労働契約の内容と異なっていたり、嫌がらせによる部署異動が明らかな場合など。
契約時には「異動なし」条件があったから入社したのに異動を命令された場合は、契約違反として申し出ることができます。
上司による嫌がらせによって異動命令がされている場合も拒否できるでしょう。
ただ、嫌がらせに関しては客観的な証拠がなければいけませんので、難しいとも言えます。

部署異動が辛いと思ったら思い出してほしいこと

頭では理解しているつもりでも、大事に育てた今の仕事を手放したり、居心地のいい職場を離れることが受け入れられず辛いと感じることもあるでしょう。
ここでは、部署異動が辛いと思ったときに思い出してほしい大切なことを紹介します。

異動は出世の第一歩

ある程度規模が大きい会社の場合、一度も異動したことがないのに出世するという人は多くありません。
役職につくためにはさまざまな部署を経験させ、視野を広く持たせたうえでリーダーとしての資質を養うからです。
異動の打診があったらすなわち出世の第一歩を踏み出したということですね。

住めば都。一年後には今の苦悩は思い出せない

多くの人は変化を受け入れることができず、慣れた場所から離れたくないと思うものです。
そのため辞令直後はショックで異動は嫌だと感じることでしょう。
しかし、その気持ちは一年後にはほぼ間違いなく忘れています。
一年前にどんなことを悩んでいたのか自分に問いかけてみればわかります。
一年前の悩みごとなど明確に思い出せないのではないでしょうか?
「住めば都」と言いますよね。
慣れてしまえばそこが住み心地のいい場所になるということ。
そう思えば、異動が嫌だという感情など大した悩みではないと思えますよ。

自分に期待してくれたと感謝するときがきた!

採用時には雇ってくれた会社に感謝の気持ちをもつ人が多いですが、入社して何年も経つと会社に感謝する機会がどんどん減ってきます。
これは自分と家族との関係性にも似ている点ですが、感謝の気持ちがなければ良好な関係を築くことはできませんよね。
異動の辞令があったときは、会社が自分に期待をしてくれている可能性がある、そう思って感謝してみましょう。
感謝の気持ちがあれば異動を前向きにとらえ、新しい部署でも頑張ろうと思えるはず。

部下や後輩が育つチャンスでもある

新しい仕事を覚えることに不安はあるでしょうが、それはなにも自分だけではありません。
自分が異動することで今の仕事を誰かに引き継ぐわけですから、今の部署に残った部下や後輩も苦労することでしょう。
しかし苦労して覚えたことは必ず身につき、そのときに一回り成長できるのです。
部下や後輩を育てるのは、手取り足取り教えることだけがすべてではありません。
自分がいなくなることで勝手に育っていくのです。
自分も新しい部署で成長し、部下や後輩も今の部署で成長する、会社にとって大きな利益になることだと思いませんか?

長い職業人生。いろいろな仕事ができることは楽しいこと

学校を卒業してから定年まで40年前後。
人生80年のうち約半分を仕事に捧げるわけです。
40年間同じ仕事をするのもいいけれど、いろいろな仕事ができるのも楽しいもの。
そんな風に楽しむ気持ちをもてば、異動を受け入れる心の余裕ができるかもしれませんね。

部署異動はリスクのない転職だと思ってみよう

伝統的な終身雇用制度が崩れ、今は転職が当たり前の時代ですよね。
転職市場は活性化していますし、今さら「定年まで同じ会社で働き続けてこそ一人前だ!」なんて言う人も少なくなりました。
一つの会社にとらわれず、スキルアップを目指して転職を考える人も多いでしょう。

とはいえ、転職に踏み切るには勇気がいるもの。
収入が下がらないか、新しい会社になじめるかなど、そこには必ずリスクが存在しているからです。
部署異動はある意味転職のようなものです。
収入や会社制度自体は同じものを利用しつつ、新しい仕事にトライでき、新たな人間関係を構築できますからです。
リスクを抑えながらスキルアップが叶う、安全な転職だと思ってみてはいかがでしょうか。

いつかの転職のためにも経験が役に立つ

いずれは転職をと考えいる、潜在的な転職希望者は多いと言われています。
今はまだタイミングではないけれどチャンスが来たら動きたいと考える人が多いのでしょう。
突然やってくるチャンスを逃さないためには、今から準備をしておく必要があります。
何を準備しておくのかというと、スキルを磨き経験を備えておくこと。
いざというときに「自分には何もないからやっぱり転職できない。」では勿体ないですよね。部署異動は経験値を上げておくまたとないチャンスです。
いつかの転職のためにも必ず役に立つと思いましょう。

部署異動は前向きに考えるのが吉

特別な事情がない限り断ることができない部署異動。
例え希望しないものであっても受け入れるしかないのなら、自分のためにも前向きにとらえることが大切です。
嫌々ながら受け入れるのか、それとも自身の成長のための必要機会だと思って受け入れるのか。
それによって新しい部署で何を吸収しどんな成長を遂げるのかが変わってくるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています