運転免許がないと営業職に就けないかどうか

運転免許がないと営業職に就けないかどうか

営業職は、運転免許がないと採用されないっ!?
転職先として営業職を希望している場合、求人情報に掲載されている「運転免許必須」もしくは、「要普通免許」という求人があります・・・・・・。

営業職を目指すなら、運転免許がないと難しいのでしょうか?
実際、運転免許を持っていない方も多いようです。
今日は営業職に就きたい場合の、運転免許は必須であるのか?そうでないのか?について説明いたします。

そもそも求められる「営業職」の人材とは?

「営業職」はどのような資質や性格、能力が求められるのでしょうか?営業職に必要なスキルと適性の面から「営業職」について考えてみましょう。
「営業職」といってもさまざまです。
電話で約束をして、個別企業への訪問など無心でお客様のところを回り続ける事ができる能力が必要であったり、何社かの競合プレゼンなどが必要になるソフトウエアなどの営業職では、プレゼンや交渉などは、相手に良い印象を与えられる人当たりのよさが大事であったりするわけです。

能力給などの業種であった場合は、ノルマがあることも必然で、目標から逆算して行動に落とし込むことができるというスキルが非常に求められます。
また、販売などのサービス業の「営業職」である場合は、お客様の名前を覚える記憶力やコミュニケーション能力の高いスキルが必要とされます。

つまり、同じ「営業職」といえども、募集要項の中で、多種多様で、この仕事を行うにあたり条件の1つに「運転免許」が必要で、仕事が効率的にはかどるために求められていることが予想できます。

運転免許がないと営業職に就けないかどうか?

確かに、営業職の求人において、業務上、運転免許を必須としている企業もあります。
ただ、営業職だからといって全てに運転免許が必須なわけではありません。

が、企業も上記のような「営業職」スキルの人材がある人は実際欲しいと思っているはずです。
気になるなら実績も踏まえて、本当に必須かどうか確認されてみることをおすすめいたします。
不動産の営業など、運転が不要な場合も多々あるようです。

その場合、誰かに乗せていってもらうこともあり、入社後、どちらにしても同僚に迷惑をかけることにもなります。
いずれは、必要性が認識され、取得することになるかもしれません。

運転免許がないと営業職に就けない場合

本当に会社が仕事の流れとして、必須と考えられている場合は、求人情報の応募条件欄等に記載されていることが多いですから、応募する前に確認なさることをおすすめします。
その場合は「運転免許必須」などの記載が多いです。
大きなトラックなどは、マニュアルが必須ですが、そういった特殊事情でもない「営業職」の場合は、AT限定の普通免許で充分です。

運転免許の必要でない場合は、「運転免許必須」と書かれていない求人を探してみることをおすすめいたしますよ。
なお、書いてない場合でも業務上、必要になる場合がありますので、念のため募集している「営業職」の業務内容の確認を面接時にしっかり確認しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています