エステ業界でキャリアチェンジ!よくある転職理由と好印象につながる退職理由を例文付きでご紹介

エステ業界でキャリアチェンジ!よくある転職理由と好印象につながる退職理由を例文付きでご紹介

女性が憧れる職業でも上位に入る「エステティシャン」
それなのに、最近では転職が多いと言われる業界とも言われている?!

  • エステ業界に転職したいけど大丈夫なのかな?

ここでは上記のような悩みを抱えた女性の手助けをするべく、なかなか知ることのできないエステ業界の転職事情についてまとめて解説いたします。

未経験者の転職も急増!エステ業界とはどのような業界?

女性がなりたい職業でも上位にあるエステ業界。
未経験の方もでも、高収入も目指せるということもあり、キャリアチェンジされる方が多いようです。

企業もエステティシャン不足が問題で、

  • 高待遇
  • 入社祝い金
  • 福利厚生の充実

など、上記のような好条件の求人を出し採用活動に力を入れている時代です。
売り手市場の今だからこそ、未経験の方の転職も増えてきている業界なのかもしれません。

エステ業界内の転職も超重要!みんなどんな理由で転職してる?

エステ業界の魅力などメリットはよく目にすることがあるけど、
ぶっちゃけ転職する人の理由って何?

エステに転職する前に転職事情は知っておきたい!

ここでは、そんな疑問に答えるためにまとめてご紹介します。

職場の人間関係に疲れた。新たな環境で再チャレンジ!

やはり女性ばかりの職場では人間関係の縺れは多い。
人は相性などもあるので、

サロンを変えて新たにエステティシャンとして頑張る!

という選択もありですね。
エステティシャン自体を辞めるにはまだ早いかも?!

スキルアップしてキャリアアップもしたい!

ここでは、ネガティブな内容というよりかは向上心をもっての転職ですね。

  • 個人サロンで働いてたけど、来店数もイマイチで楽しくない。
  • スキルも身に付いたし新たなステージでキャリアアップしたい。
  • 条件の良いところに転職して高収入を得たい。

エステ業界は女性でもキャリアアップでき、輝くことが出来る職業の1つです。

年収600万円も夢ではありません!

技術者よりも事務職に就きたい

せっかく身につけた技術なのに、「事務職に就きたい」と思うのはなぜ?
理由はさまざまありました。

  • 体を使う立ち仕事による「腰痛」
  • 使用する化粧品による「手荒れ」
  • 年齢を重ね体力的に辛くなった

他にもさまざまありましたが、主に体の故障が原因で事務職に転職される方が多くいらっしゃいました。
エステは体を使う仕事でもありますので、避けては通れない問題のようです。

しかし、全ての人が上記のような問題を抱えているわけではないので「ならない対策」を事前に取っておくことも大事なポイントでしょう。

面接時での転職理由。退職理由は本音を言うべき?回答例を踏まえて考えてみよう!

人それぞれ退職理由には事情があるはず。

  • 職場の人間関係の縺れ
  • キャリアアップやスキルアップ
  • 体の故障
  • 結婚・旦那様の転勤

上記のようにさまざまございますが、内容や説明の仕方によってはあまり印象が良くないと捉えられてしまう可能性もあります。

退職理由を説明する際の注意点などをまとめてご紹介します。

 

人間関係が原因の退職理由。面接で答える転職理由の例文とは

人間関係での退職理由に関しては基本的にはマイナスに捉えられることはありません。

例文:転職理由

「同僚同士の会話も少なく楽しいと思えなくなったため」というような理由だった場合

 

「前職では業務連絡以外での同僚との会話はなく、ただ業務をこなすだけの日々でした。
日に日に孤独に感じるようになり、もっと明るく楽しい職場で活き活きと働きたい!と思うようになり転職を決意しました。
御社のホームページなどを拝見させていただいた際に、アットホームな職場環境!と書かれており、楽しく働ける職場環境だと思い御社を志望しました。」

 

というように本当のことを伝えつつ、ポジティブに前に進もうとしていることが伝わるように言えると良いでしょう。
ただし退職理由で、

  • お客様と喧嘩をした
  • 人とのコミュニケーションがうまくできない

上記の理由はサロンにとってデメリットでしかないので控えましょう。
また、上記の理由が当てはまる方はエステサロンで働くのは不向きなので、改善しましょう。

短期間で退職。面接での退職理由はどのように答えるべきか。

「入社1ヶ月で退職」過去を変えることは出来ません。

ここからは、短期間の退職が原因で転職に進めない方のための退職理由や転職理由について解説していきます。

面接の際の職務経歴書に前職の在籍期間が1ヶ月など短期間で退職されている場合は必ず面接官は質問してきます。

例文:転職理由

評価が下がらないための例文とは?
実際の理由:【自分の思っていた職場と違った】

 

「前職に入社を決めた理由は、特に目標や夢もなくただお金が貰えれば何処でもいいと思って脱毛サロンに入社しました。実際に入社して業務を行っているうちに、私はエステのマッサージがやりたい!という気持ちが芽生えすぐに退職を決めました。前回の教訓を元にしっかりと企業研究をして自分に合った職場で働こうと決め、そんな時にハンドのテクニックを売りにしている御社の求人が目に止まりました。他にもたくさん調べましたがやはり御社が1番魅力に感じこの会社でエステティシャンとして輝きたいと思い志望いたしました。」

 

上記の内容のように、前回の失敗を認め改善しその結果御社を選んでいる。ということをしっかり伝えられると面接官の評価も上がります。

転職を決意した人は必見!エステ専門の転職サイトを使って就活を乗り切ろう♪

エステ業界の転職事情を知り、エステサロンで働く夢を諦めずに続けていける道はいくらでもあることを知れましたね。
転職理由対策を活かすためにも、エステ専門の転職サイトを使って就活をしませんか?

前職の退職をポジティブに捉えて、自分に合ったエステサロンを見つけてください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています