「経験者優遇」の場合、未経験者の応募は無駄になるか

「経験者優遇」の場合、未経験者の応募は無駄になるか

転職情報誌や就職情報サイトで「経験者優遇」とあった場合でも、自分が挑戦してみたい仕事であることがままあります。
そんな時に、気になるのが「経験者優遇」とは、未経験者では採用されないということなのか?ということです。

一般的に中途採用者に求められているものは、即戦力が求められるものです。
果たして、「経験者優遇」と記載されている企業で、絶対に採用されないという意味で、応募しても無駄なのでしょうか?

今日は、この「経験者優遇」ということについて説明したいと思います。

「経験者優遇」の場合、未経験者の応募は無駄になるか

「経験者優遇」とは、絶対「未経験者お断り」ということではありませんので、未経験者でも、応募すること自体はできます。

ただ、中途採用では、応募者に対して、実務経験や一定以上のスキルを求めるケースが一般的となっていることが少なくありません。
それゆえ、仕事内容が難しい、即戦力を求められるといった理由から、実際経験者しか採用されないといったケースも多々あると思われます。
そういった意味があることを含めて、挑戦されてみるといいでしょう。

なお「経験者優遇」とあった場合は一度、面接前にどのような人材を求めているのかを企業側に問い合わせしてみるのもいいと思います。
例えば、「業界経験者優遇なのか?」「職種経験者優遇なのか?」によって、違うからです。

3つの場合の「経験者優遇」

未経験で応募されようとする「経験者優遇」での応募先であっても、業種と職種がすべて未経験もしくはどちらかは経験があるといった場合もあると思います。

  • 職種経験はあるが業界経験はない「業界経験者優遇」募集の場合
    ご自身が初めての業界ではあるけれど、募集されている職種経験があるといった場合があります。
    営業だったり、経理だったり、SEだったりということですね。
    これは、いくら業界経験がなくても、どういう仕事の仕方をしてきたか?を面接で伝えれば、「業界経験者優遇」であったとしても、職種経験は、業界が違っても、仕事の仕方は役に立つスキルも多いことがありますので、応募してみる価値はあると思います。
  • 業界経験はあるが、職種経験はない「職種経験者優遇」募集の場合
    その業界に勤めていたことはあるが、その募集されていた職種経験がない場合、応募したい場合は、その業界を知っているメリットあればそれとともに、熱意を強く伝えてみるといいかもしれません。
  • 職種経験も業界経験もない「経験者優遇」募集の場合
    新しい分野への挑戦がどれくらいの思いであるのか?業界への思いが伝わるかどうかがカギであると考えられます。
    1番難関ですし、ある意味、もしかしたら無謀かもしれません。

まずは、「未経験者歓迎」の業界か職種を探された方がいいかもしれません。
それでも、あきらめきれない情熱がある場合は、まずは企業に問い合わせしてみることをおすすめいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています