「ASAP」って何の略語?ビジネスでは本当に使用可能なの!?

「ASAP」って何の略語?ビジネスでは本当に使用可能なの!?

英語のメールのやり取りでよく目にする 「ASAP」。
「ASAP」って、一体何の略語でどういう意味なのでしょうか?
今回は英語でメールを送る際に使えるおしゃれな略語 「ASAP」について勉強しましょう。

「ASAP」はなんて読んでる?

「ASAP」の読み方についてですが、そのままアルファベットで「エーエスエーピー(ASAP)」と読むか、「エイサップ」または「アサップ」のように読まれることが多いです。

「ASAP / エーエスエーピー / アサップ/As soon as Possible」の意味とは?

「ASAP」は、「 as soon as possible」 の各単語の1ばん最初を並べた略語で、は「なるべく、できるだけ早く」という意味であり、相手を急がす省略語の英語表現のことです。

日本語では、親しい人に「なるはや」と略したりして言いますが、英語にも「 as soon as possible」の頭文字をとったASAPという表現があるんですね!

「ASAP」を使用する際の注意点1:ビジネスには向かない

「ASAP」のような省略言葉を使用するのは文字数が少ないため非常に便利とも言えます。そのため、親しい知人との会話やメールなどではよく使われているようです。

けれど、「ASAP」は場面によっては「命令」のようにも感じられます。どうしても、「as soon as possible」より厳しく聞こえ、軍隊が使うようなイメージがしやすいからです。やはり、ビジネス上のメールでは使用しないようにしましょう。「as soon as possible」ときちんと書く方が丁寧な印象になります。

「ASAP」を使用する際の注意点2:具体的な時間の意味はない

「ASAP」には、「できるだけ早く」といのは曖昧な表現の意味がありますので、個人によって捉え方がかなり変わってくると予想されます。

具体的に「何時何時までに相手に急いでしてほしい」と思っているのなら、「ASAP」を使用するのはやめましょう。

本当に急ぎの用なのであれば「ASAP」を文末につけて終わるのではなく、具体的な期限などの詳細を相手に伝える方が確実に相手に伝わるでしょう。

「ASAP」を使うシーン

ASAPを使う場面はメールや日常の同僚との会話が多いでしょう。

「ASAPでお願いしま~す。」英語のメールの最後に、「Please email me ASAP.」などですね!
早く!ま、いつまでとは言わないけど……。忙しいとこ悪いね!でも、急いで欲しいんだ!よろしく!……。そんなニュアンスが込められている感じのシチュエーションが誤解がなくていいかもしれません。

ビジネスで使う場合には、必ずASAPの急いでの意味あいがどれくらい急いでるのか?きちんと伝わる数字もしくは状況の説明とともに使うことをオススメいたします。

・製品は5月14日までに配送されることになっていたんだ。だから、ASAPで配達日を知らせてくださいね。今日中だと助かります。

ただ、上記の事例でも、ASAPは至急と言ったほうが、きちんと伝わると思いませんか?

「ASAP」を英語にするなら?例文まとめ

「ASAP」は、「 as soon as possible」の意味です。

・Please email me ASAP.
 できるだけ早くメールください。

・We will try and put things right asap.
 早期に問題改善を行っていきましょう。

・I need it ASAP.
 大至急お願い!なるはやでお願いします。

・I will also try to use it ASAP.
 私も早速それを使用してみます。

・We need to explain this to the customer ASAP.
 私たちは出来るだけ早くこのことを顧客に説明する必要があります。

・The products were supposed to be delivered by May 14. Please let us know the delivery date ASAP.
 製品は5月14日までに配送されることになっていました。配達日を至急お知らせください。

「ASAP」使用頻度はほどほどに

TOEIC頻出イディオムでもある「ASAP / エーエスエーピー / アサップ/As soon as Possible」は英語業務に携わっている人であるならば、よく知ってる言葉であるため仲間内の同僚などには、使いやすい言葉ですね! その時も、便利だからといって省略後は多用せずに、ほどほどに使用されることを心がけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています