転職活動に疲れた40代ビジネスマン必見!疲れる原因を知り対策を立てよう

転職活動に疲れた40代ビジネスマン必見!疲れる原因を知り対策を立てよう

「転職活動に疲れた。」そう感じる40代は少なくありません。
実は、40代が転職活動に疲れてしまうのにはちゃんと理由があるのです。
その理由を知って、今の状況を打破するための対策を立てましょう。
40代が転職活動に疲れる理由と、疲れた場合にやるべきことをご紹介します。

40代が転職活動に疲れやすい理由

転職活動中の40代の方は、自分がなぜ疲れているのか、それを知っておくことで今後の対策を立てることにつながります。
まずは、40代が転職活動に疲れやすい理由を解説します。

転職市場での価値が下がって活動が長期化するから

40代での転職活動は正直厳しいため、転職活動が長期化しやすい傾向に。
転職市場全体のうち40代の転職活動期間は、通常一つの区切りとされている3ヶ月以内で終わる人がおおよそ半分程度。6ヶ月~1年近くかかったという人も珍しくありません。
転職活動は長引けば長引くほど体力面、精神面の両方で疲れが溜まってきます。

お金がかかる世代だからプレッシャーと戦うことになる

まだ自分のためだけに転職活動に取り組める20代、30代の若い世代と違い、40代の転職活動は背負うものが大きいです。
子供がいる場合はそろそろ大学進学を考える世代、親の体力がなくなってきて近い将来の介護を考える世代。
どう転んでもお金が必要なのです。
家族のためにも少しでも給与が高い転職先を見つけたい、そんなプレッシャーが常につきまとうことでしょう。
精神的な負担が大きく、心身共に疲れやすくなるのですね。

自分の体力・気力も減少傾向に

40代にもなると転職活動者本人の体力・気力も衰えてきます。
若い頃は夜遅くまで仕事をした後に勉強や遊びに熱中することもできましたが、40代になるとそう簡単ではありません。
転職活動は忙しい毎日の中で行わなければならないため、非常に体力を使いますよね。
平日の夜や土日を利用して応募書類を書く、企業研究を行うのはなかなか大変なことです。
体が休めないだけでなく、面接などで緊張状態が続きますから、40代には負担が大きいと言えるでしょう。

転職活動に疲れた40代がすべきこと

40代が転職活動に疲れた場合、一旦立ち止まって対策を考える必要があります。
疲れた心や体を癒すと同時に、今後どう転職活動を進めていくのか戦略を練っていきましょう。
ここでは転職活動に疲れた40代がすべきことをご紹介します。

やみくもに応募するのはやめよう

転職活動が長期化すると「とにかく数打つことが大切」とばかりに、やみくもに応募に走りがちです。
確かにある程度応募しなければ内定をもらうことはできませんが、勝算がない企業に応募しても時間の無駄使いになってしまいます。

まずは転職活動の基本に戻りましょう。
これまでのスキルや経験を活かせる企業に応募していますか?
伸びしろに期待される若い世代と違って、40代は即貢献が大前提。
今から未経験分野に挑戦する場合は、それなりの理由と覚悟が必要だと覚えておきましょう。

また、数打つ戦法だと各社の企業研究がおろそかになりがちです。
企業研究をしっかり行うことで、企業のニーズを知ることができ、マッチングしやすい応募につながります。
活動が長期化して疲れてきた今こそ、基本に戻って勝算ある企業に応募することが重要です。

家族の協力も必要

例え一家の大黒柱でも、孤独な戦いを自ら志願する必要はありません。
家族のことでお金がかかる40代ですが、配偶者や兄弟姉妹など身近な家族に協力を求めることも大切です。
配偶者が働いていないならパートにでてもらう、親の介護にかかる費用は兄弟姉妹で分担するなど、自身が疲れている要因を家族の力で軽減させてみましょう。
大変なときに支え合ってこそ家族ですよね。

自分で仕事を抱え込まない

40代にもなると役職についているなどで、責任ある仕事を任されていることもあるでしょう。
中間管理職は若い世代と役員たちとの板挟みにあって精神的にも大変です。
その中で転職活動を行うため疲れやすいのは当然なのです。

限られた時間の中で転職活動を成功させるためには、今の仕事自体をやりくりすることも大切になってきます。
部下に気を遣ってダラダラと残業をするのはやめる、自分がやらなくてもいい仕事は部下たちに任せてみる、そんな風にして仕事時間を短くしていきましょう。
実際に内定が出たあとの引継ぎをスムーズに行うためにも必要なことです。

一人で行うのではなく第三者を頼る

40代になると社会人としては大ベテランですから、転職活動も一人でなんとかしようと思いがちです。
しかし、転職市場での価値が下がる40代が一人で転職活動をするのは得策ではありません。

例えば地域によってあるハローワークと一体型の「就職支援サテライト」や「JOBステーション」などに行ってみましょう。
地域ごとに名称は違えど、無料で相談に乗ってくれたり40代のミドル世代に特化したセミナーや就職相談が受けられることがあります。

また、転職エージェントなどのプロを頼って転職活動全体をサポートしてもらうのも手。
こちらも利用者は無料ですから安心して利用できますし、活用することで転職活動がスムーズに進みます。

いずれも第三者からの客観的なアドバイスをもらえる点で、行き詰った転職活動の打開策となるでしょう。

転職フェアなどのイベントに参加してみる

転職活動が長引くと「応募書類を書く」→「応募する」→「不採用連絡を受ける」の繰り返しで、活動自体がルーチン化してしまいます。
いつも同じことをやっているのに内定をもらえないのは、視野が狭くなって何が悪いのか見えていない可能性が。
これまでひたすら応募を繰り返したという方は、一度違う方法を試してみるのも一つです。

例えば転職フェアや会社説明会など、ちょっとしたイベントと捉えて参加してみてはいかがですか?
企業のブースで人事担当者の方と直接話ができたり、人気の業種が見えてきたり、いつもと違う切り口で転職について考えることができるようになります。

体力作りを兼ねて運動しよう

40代は体力・気力が低下傾向にありますが、日々の努力で抑えることが可能です。
おすすめなのがウォーキングやジョギング。
体力がつくことで動くことが苦にならなくなりますし、太陽の光を浴びることで精神的にもいい影響が。
頭がすっきりし、これまで深く考えすぎていた悩みが小さなことに感じられる場合もあります。
前向きな気持ちで転職活動を続けていくためには運動することも意外と重要です。

リフレッシュも大切!思い切って休む日を設けよう

転職活動に疲れたということは、すでに活動自体が長期化しているはずですよね。
そんなときはしっかり休息をとって切り替えることも大切です。

疲れが溜まっている状態では思考もクリアではなく、とにかくどこでもいいから転職したいと「妥協」の2文字が浮かぶことも。
それでは転職先を見誤って転職後に後悔する可能性が高まり、本当の意味での転職活動成功が遠のきます。
そうならないためにも、とことん自分の好きなことをする日や、家族や友人に話を聞いてもらう日を作るといいですね。
思い切り充電できたら、また明日から頑張ろうと思えるでしょう。

40代が転職活動に疲れたら理由を知ることから始めよう

転職活動は普段やらないことの連続。
ただでさえ疲れることなのに40代であれば、なおさら疲れやすくなります。
40代が疲れる理由を知って、それを補うための正しい努力をすることが大事です。
転職活動がうまくいかず疲れてしまうのは、その方向性が違っているのかも。
今回ご紹介したことをぜひ参考にして、疲れた今だからこそやるべきことを考えてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています