40代の転職は企業選びからが勝負。選ぶときの基準と成功ポイントを解説

40代の転職は企業選びからが勝負。選ぶときの基準と成功ポイントを解説

「転職は自身の希望を叶えるもの」
決して間違ってはいないのですが、40代の転職は希望だけでなく現実をしっかり見て応募しなくてはなりません。
昨今の転職市場は年齢のハードルが下がってきたものの、やはり40代での転職はそれなりに苦戦することが多いことは確か。
納得できる転職を叶えるには、企業選びを間違えないことが肝心です。
では、40代の企業選びはどのようにおこなっていけばいいのでしょうか。
ここでは、40代が企業を選ぶときに考えたい基準と、企業選びの成功ポイントを解説します。

目次

40代の転職って実際どうなの?

40代になると、20~30代のように経験を求めてばかりはいられないと感じる人が多いのではないでしょうか。
転職しようとしたとき、どのくらいのニーズがあるかという点も気になりますよね。
40代の転職の実際のところを覗いてみましょう。

「35歳限界説」やはり40代の転職は難しい

ひと頃、「35歳限界説」という言葉が流行っていました。
35歳までにキャリアも企業も特定しないと、キャリアの構築も、ビジネスパーソンとしてさらにステップアップしていくことも難しくなるという説です。
40代になると、新しいことを身に付けるより、今までの経験やスキルを活かそうと考える人は多いかもしれません。
40代を自分の能力や方向性を見極めるべきタイムリミットと捉えられているようです。

40代後半での転職成功者も多くいる

一方で、熟達した社会観や仕事観を持つ中間層を求める企業は、決して少なくない時代になっています。
転職のしやすい風潮、トライするステージが多種多様に広がっていることで、昔は安定傾向にあった40代の人の動きも活発になっていることも要因の一つでしょう。
キャリアを見据え、計画性を持って転職活動に取り組み、大成功を遂げている40代のビジネスパーソンもたくさんいます。

きっと最後の転職。納得いく仕事を選択しよう

今までのキャリアの蓄積とそのプロセスを自身で体験している40代での転職を考える人の多くが、「きっと、これが最後」と思っているでしょう。
だからこそ、納得のいく選択をしたいですよね。
40代でやり直しが効かない、やり直すパワーを捻出できないような失敗の転職は避けたいものです。

40代で転職。失敗しない企業を選ぶ基準は?

40代の転職成功は企業選びから勝負が始まっています。
40代が企業を選ぶときに基準にすべきなのはどんなことなのでしょうか?
ここでは、40代が参考にすべき企業選びの基準を解説します。

そもそも本当に転職していいのかということ

まず最初に考えたいのは、そもそも本当に転職していいのかという基本的なこと。
40代にもなると、20代、30代に比べて内定を得るのが大変になりますし、転職する本人のモチベーションも若い世代より維持することが難しくなるでしょう。
とはいえ定年を迎えるまではまだまだなので、今の会社で定年まで働き続けるのも高いハードルです。
40代は人生折り返し地点と言われますが、職業人生においても同じ。
人生のいい意味での転機となる転職かどうか、冷静に考えていきましょう。

経験を存分に活かせる企業を選びたい

40代が転職する場合は、自身の成熟した経験を活かすことが大前提です。
全くの未経験職種に挑戦するより、経験を存分に活かせる企業を選ぶことが重要でしょう。
企業選びの基準として優先順位を高めに設定してほしいのは、これまでの経験やスキルが活かせる仕事と環境がそろっているかどうか。
募集要項を見るだけでなく、企業研究を掘り下げておこなう、面接でじっくり話を聞くなどして確認しましょう。

なかなか自分に合う企業が見当たらないと感じたら活用してほしいのが転職エージェント。
40代の転職は求人数もかなり限られるため自分で調べるだけではなかなか良い企業に巡りあえないことが多いです。
転職エージェントを利用すれば非公開の求人情報も得ることができますよ。

絶対に転職を成功させたいあなたに!おすすめの転職エージェントと活用方法まとめ では年代別、特徴別におすすめの転職エージェントを紹介しています。
転職活動がうまくいかないと感じている40代の人は、ぜひ参考にしてください。

家族の事情も考慮する必要がある

40代は家族にも変化が起こりやすい世代のため、家族の事情を無視するわけにはいきません。
子供がいる家庭は、そろそろ高校や大学受験を控えてきます。
将来の不安を感じやすくなるため、親が子供を支えてあげなくてはならない重要な時でしょう。
本人の意志だけで転職を決め、引越しや単身赴任が発生し、子供の環境に変化が起きるのは避けたいですよね。

40代の場合は配偶者の仕事も考慮しなくてはなりません。
子供が小さいうちは短時間のパートにでていた妻が、子供の手がかからなくなったことをきっかけにフルタイムで働きだすことはよくあります。
転勤などでついてきてほしいと思っても、妻にだって譲れない仕事があれば、簡単に手放すことは難しくなるでしょう。
自分だけでなく、家族の事情も基準に入れなくてはならないのです。

年収は全世代中もっとも重要度が高い

40代が企業選びの基準とすべきはやはり年収。
40代は全世代中、年収の重要度がもっとも高い世代でしょう。
理由はさまざまですが、子供の学費や住宅ローンなどがあります。
子供が大学進学ともなれば学費や仕送りで1千万円はかかるのが相場ですし、持ち家を購入した人も多くいるのが40代。
毎月の住宅ローンが重くのしかかるだけでなく、若いうちに購入した場合は税金の優遇措置である住宅ローン控除が受けられる10年が経過しており、年末調整での税金戻りにも期待できなくなります。

そのほかにも、40代にもなれば仕事の責任も増えて服や身につけるものも、それなりにいい物が必要になるでしょう。
郊外に家を買った場合は車が必要になったりと、何かとお金がかかるのが40代なので、給与は絶対に譲れない基準となります。

親の介護は本当に大丈夫?

自身の親についても変化が起きるのが40代。
親が高齢になり、介護が必要になることもあります。
配偶者や親族に任せきりにして後々トラブルにならないよう、転職先でも親の面倒が見れるかどうかが重要になってきます。
「自分の親は健康だから大丈夫。」と思っていても、加齢による変化はどんな人にも平等に訪れるもの。
自宅から遠い場所や転勤がある企業に転職し、親の介護が必要になったときに辞めることになる近い未来を、頭に入れておいてもいいでしょう。

40代の転職で重要な企業選びを成功させるポイント

40代が企業選びの時点で間違わないようにするためには、どんな点に注意すべきでしょうか。ここでは、40代が企業選びを成功させるポイントを解説します。

キャリアの棚卸はじっくり時間をかけて

40代はこれまでの経験やスキルを活かした転職が成功の絶対条件なので、自身のキャリアをしっかりと棚卸し、知識、経験、スキルを見える化しておきましょう。
転職活動をはじめるとつい求人検索に夢中になりがちですが、その前にキャリアの棚卸や自己分析にはじっくり時間をかけておこなうべき。
このステップを飛ばしてしまうと、経験外の企業に応募してしまい、なかなか内定がもらえないという悪循環に陥ります。

40代の転職はもっとも大切にしたいものを見極めること

40代は自分がやりたい仕事の他にも、家族や給与のことなど大切にしたい基準がたくさんあります。
しかし、いずれをも満たす求人はほぼないですし、あったとしても条件がいい企業は人気が集まりますから、内定を得るのが難しいでしょう。
企業選びをしっかりおこなうには、自分が大切にしたい基準の中から、もっとも大切にしたいものをしっかりと見極めることです。
優先順位をつけて他のことはある程度許容すること。
それぐらいの柔軟性がないと40代での転職はいつになっても叶いません。

家族とのコミュニケーションを日頃から取っておく

転職活動をきっかけに自身が大切にしたい基準を冷静に考えてみると、これまであまり考えずに仕事をこなすだけの毎日だったと気付くことがあります。
「よくよく考えてみたら妻が仕事に対してどんな思いを持っているのか知らない。」「子供が将来どんな道に進みたいのか聞いてみたことがない。」などと愕然とすることも。
離れた場所に住む自分の親が実は病気を経験していて、忙しそうな本人には言っていなかったなんてこともあるでしょう。

転職活動を本格的に始めてからやっと考え始めると、家族との話し合いが上手くいかないこともあります。
日頃からしっかりとコミュニケーションを取っておくことで、転職の方向性について慎重に考えることもできますし、家族に転職の相談もしやすくなるでしょう。
働き盛りの40代は仕事以外のことに気が回らなくなりがちですが、守るべき対象が何を考えているのかは知っておくべきです。

知人の紹介は他人任せにしないこと

40代で一般応募してもなかなか内定が出ないことがありますから、知人の紹介を受けて転職先を決めることも増えてきます。
求職者にとっては企業探しや応募の手間が省けますし、企業側もどこの誰かわからない人を採用するより安心感がありますから採用されやすくなります。
それなりにメリットがある知人の紹介ですが、他人任せにだけはしないようにしましょう。

他人任せというのは、「〇〇さんの紹介だから安心。」と企業をよく調べもせず転職を決めてしまうこと。
紹介者はあくまでもきっかけをくれただけですし、企業研究をしなければ見えてこないこともあります。
一度紹介を受けて転職してしまうと紹介者の手前、あわない企業でも辞めづらくなってしまいますよ。
紹介はありがたく受けるにしても、40代では企業研究や経営者の考え方をしっかり聞くなどの基本的な転職活動は必要だと心得ておきましょう。

40代におすすめの転職サイト・転職エージェント

40代の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

大阪や札幌、名古屋など全国のサポートを網羅した「リクルートエージェント」

求人数

約31,000件

非公開求人数

約185,000件

対応地域

全国

特徴

毎週の更新数が多く、大手企業からベンチャー企業まで扱う

 まずは、求人数が多く、全国の求人をカバーしているリクルートエージェントへの登録をおすすめします。
積極的に利用するしないに関わらず、転職市場の動向も見えてくるでしょう。
もちろん、自分の市場価値も測れるでしょう。
企業を選択する感覚を養う上でも有効なエージェントといえるでしょう。

求人数の母数が多いので、40代を募集している求人も多く見つかるでしょう。

リクルートエージェントへ登録する

専門分野がある40代なら「MS-JAPAN」

MS-Japan

求人数

約45,000件

非公開求人数

40,000件以上

対応地域

全国対応(関東圏が中心)

特徴

経理・公認会計士・税理士・弁護士・人事・法務の分野に特化

40代になると10年以上経験を積んだ専門フィールドを持つ人も多いと思います。
企業の管理部門やスペシャリストとして活躍してきた人ならMS-JAPANの活用をおすすめします。

東京・横浜・名古屋・大阪などの都市圏の優良案件が探しやすくなっています。
職種ごとに知見の深いアドバイザーのサポートが受けられます。

MS-JAPANへ登録する

ヘッドハンティングを狙う40代なら「キャリアカーバー」

MS-Japan

求人数

約16,000件

非公開求人数

 

対応地域

全国、世界各国

特徴

一般公開されにくいハイクラス求人を扱う会員制転職サービス

40代では、ハイクラスのポジションを狙いたいという転職者が多いと思われますが、重要案件ほど一般には公開されていないものです。
妥協して、本来狙える条件より低い求人案件に飛びつくことなく、能力や経験を配慮したステップアップに値する案件の紹介が受けられます。
仕事への思いや意気込みが深まる世代をよく理解してくれるヘッドハンターに出会えるでしょう。

キャリアカーバーに登録する

40代のエンジニア転職なら「レバテックキャリア」

レバテックキャリア

求人数

約1,300件

非公開求人数

 非公開

対応地域

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府

特徴

エンジニア・クリエイターに特化した転職エージェント

レバテックキャリアはエンジニア・クリエイター(デザイナー)に特化した転職エージェントです。

専門用語や業界慣習、業界動向に知見のあるキャリアアドバイザーが担当してくれます。
業界特有の悩みを相談できて、紹介される企業のミスマッチも軽減されるでしょう。

ただし、対応地域は「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府」に限ります。
エンジニアやクリエイターとして都市圏の大手企業に転職したい方におすすめです。

レバテックキャリアに登録する

40代未経験の介護士転職なら「スマイルSUPPORT」

「スマイルSUPPORT介護」 介護のお仕事紹介

求人数

約84,000件

非公開求人数

約48,000件

対応地域

全国

特徴

介護、ヘルパー、ケアマネージャー求人

介護業界に興味を持っている人なら、全国からの求人案件の多いスマイルSUPPORTへの登録をおすすめします。
さまざまな働き方に対応する案件があるので、働きやすさやライフスタイルの希望に合う案件を紹介してもらえるでしょう。
現場経験のあるアドバイザーのサポートは心強いでしょう。

未経験で転職したいと考えている人は需要の高い介護職も視野に入れてみましょう。

スマイルsupportに登録する

資格ありの女性の需要高!40代の保育士転職なら「マイナビ保育士」

マイナビ保育士

求人数

公開数約4,700件

非公開求人数

対応地域

東京、神奈川、埼玉、千葉に特化

特徴

マイナビ運営の保育士職支援サービス

保育の仕事を希望している人は、自分でじっくり探してみたいと思う時期から、いざ転職に踏み切るときはアドバイザーのサポートを受けたくなる時期まで、どちらの希望も叶えるマイナビ保育士への登録をおすすめします。

大手マイナビのサポートなので安心して利用できますよね。

マイナビ保育士に登録する

40代の転職で注意すること

40代の転職で注意しておきたいポイントを紹介します。
できるだけデメリットやリスクを回避するために押さえておいてください。

条件を高望みしない

求人はタイミングです。40代では探すときにいい求人がないということもあるかもしれません。
そんなときにはハードルを下げて、自分のできることを重視してみてください。

もし希望に少し届かない企業があったとしても、まずは面談し話を聞いたり、転職エージェントに条件交渉をしてもらいましょう。
もし条件をのんでもらえなくても、他の企業と比べるなどして一度立ち止まってみましょう。

40代の転職ならエージェントは複数利用しよう

転職エージェントへの登録は1つだけに絞らず、複数活用されることをおすすめします。
出会える求人の数が増えますし、アドバイスや相談できるキャリアアドバイザーやヘッドハンターの数も増えることになります。
40代の転職者にとって心強い味方になってくれるでしょう。

40代で転職成功は少ない!現職に残ることも視野にいれて

思うような案件が見つからないときは、無理に動こうとしないことも視野に入れてください。
これだ!と思う案件がないときに無暗に動いても、思わしい結果に繋がらないことも多いです。
40代なら現職でさらなる力を培いながら、タイミングを待つという余裕も必要かもしれませ

40代の転職は現実を見ることが重要

40代の企業選びはかなり現実的な視点でおこなうことが重要です。
経験やスキルが活かせ、優先順位が高い基準をクリアしているかをしっかり見極めましょう。
妥協する必要はありませんが、高望みし過ぎるのもいけません。
何社受けても内定をもらえないことがないよう、これまでの経験という武器で勝負できる企業を選んでいきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています