面接時間の平均は?合否と関係がある?転職面接の時間の疑問、解決します

面接時間の平均は?合否と関係がある?転職面接の時間の疑問、解決します

企業が違えば、面接時間も異なるもの。
とはいえ、面接時間が短いと「不採用では?」と不安になることもありますよね。
転職活動、面接時間の平均はどのくらいなのでしょうか。
面接時間と合否に関する疑問にもお答えします!

転職活動、面接の平均時間はどのくらい?

面接時間は企業によってバラバラですが、転職活動の場合、面接時間の目安はどれくらいなのでしょうか。
まずは平均的な時間の話からはじめましょう。

30分~1時間が一般的

企業によっては、面接の日程調整をする際に、あらかじめ「1時間程度」などとアナウンスしてくれることもありますが、それでも当日を迎えるまでは時間は読めませんよね。
面接にかかる時間は、一般的には30分~1時間程度と言われています。
短い場合には30分程で終了することもある一方で、1時間近くじっくりと面接をすることもあるようです。
あくまでも平均的な所要時間ですので、参考程度に覚えておくといいでしょう。

応募者が多い場合は、30分程度に設定することも

転職面接の場合は、特に少ないスタッフで採用活動を行っている例も多いため、応募者の数や採用期間の設定などによっては、あらかじめ面接時間を短く設定するというケースもあるようです。
また、当初は1時間を予定していたものの、応募者が多数集まったため、面接時間を30分で切り上げるようにした、というようなケースも。
面接の時間設定には、こうした企業側の都合が関係していることもあります。

面接時間は面接官によっても違う

面接時間を左右するのは、担当面接官ということもあります。
そのため、同じ企業でも一次面接と二次面接では全く所要時間が違うということも。
面接官によって面接の進め方には違いがあるため、面接時間が変わるのも否めません。
そのため、「一次面接よりも時間が短かった」と悲観することもないのです。

## 転職面接、時間が短いと不利って本当?その理由とは
転職活動でよく耳にするのが、「面接時間が短いと不合格」という噂。
これって本当なのでしょうか。
面接時間が短いケースについて、みていきましょう。

不採用と決まったわけではない

結論から先に言うと、面接時間が短いからといって不合格と決まったわけではありません。
たとえば、「応募者の回答が良かったので、突っ込みどころもなくスムーズに終了した」という場合でも、面接時間は短縮されます。
また、人を見る眼があると自負するようなベテラン面接官も、面接時間が短くなりがちです。
そのため、面接時間だけで不採用と決め込むのは時期尚早というわけなのです。

極端に短い場合は、何か原因アリ

ただし、面接時間が10分以内と極端に短い場合には、応募者の対応に何か不備があった可能性も否定できません。
たとえば、「入室時のマナーがなっておらず、さらには声も小さい。元気もないし、質問する気すら起きない」というように、面接官がやる気をなくしてしまうようなマナー違反があったケースも考えられます。
そうしたことがないように、あらかじめ最低限のマナーはおさえて、面接に挑むようにしておきたいですね。

面接時間が長い場合に考えられる理由は?内定確定の噂の真相

一方で、面接時間が長いと「内定確定!」と言われることも。
以下に、面接時間が長くなった場合に考えられる理由を挙げました。

いろいろ聞きたくなって、つい時間がオーバーすることも

面接時間が長い場合には、応募者が持つスキルやこれまでの経歴などに強い興味があり、聞きたい事柄がふえてしまったために、つい、時間がのびてしまったというケースもあります。
この場合、既に企業側の評価が高いということになりますので、内定には少しばかり有利かもしれませんね。
これが、「時間が長い=内定」という噂がささやかれる理由です。
とはいえ、「内定確定」とまでは断言できません。
「好印象だったかな?」程度に考えておきましょう。

単に面接官が話好き

面接時間が長びく場合には、応募者にかかわらず、面接官自身が話好きというケースもあります。
特に、社長や役員クラスになると、「お話し好きのおじさま」が増える傾向に。
あれこれと質問されるということは、その分アピールチャンスも増えるということですので、積極的に自己PRに活用しましょう。

企業側の時間に余裕があると言う場合も

企業側の採用スケジュールによって、面接時間がタイトに設定されることがあると先述しましたが、その逆もあります。
つまり、想定よりも応募者が少なく時間設定に余裕ができたという場合や、次の時間帯の応募者が面接をキャンセルしたというような場合です。
このように、ちょっとしたアクシデントが重なって、偶然面接時間が延びることもあります。

結論!転職面接の時間と合否の関連性

面接時間が長い場合、短い場合、いろいろな原因が考えられますが、結局のところ合否との関係はどうなのでしょうか。
時間と面接結果の関連性について、今回の結論は以下の通りです。

面接時間と合否に関連性はない

基本的に、面接の所要時間と選考結果に関係性はないと考えましょう。
ベテラン面接官ともなると、応募者の見極めに必要な時間は、最初の10分程度と言われることもあります。
そのため、面接が長かった・短かったとして一喜一憂しても、企業から連絡があるまでは結果は分かりません。

時間よりも大切なのは中身

言うまでもありませんが、面接で大切なのは、どのくらいの時間がかかったかではなく、うまく受け答えができたかどうかですよね。
面接官の質問に対し、的確に、かつ分かりやすく回答ができたか、また、自分という人材をうまくアピールできたかどうかが合否には重要です。
次の面接に活かせるように、内容を振り返っておくと面接スキルも磨けますよ。

面接結果が不安なあなたに!企業に合った面接対策をしよう!

転職面接は、転職エージェントに見てもらうことで、より効果的な対策ができ、内定確率がアップします。
転職成功を引き寄せたいなら、利用を検討しておきたいところ。
ここでは、転職エージェントがおこなう対策と、おすすめの転職エージェントを厳選して紹介します。

リクルートエージェント

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

国内最大規模と呼び声高いのが、リクルートグループが展開するリクルートエージェント。
圧倒的な求人数と取り扱う職種の豊富さでは業界トップクラスです。
リクルートエージェントの特徴は、大手の強みを活かし、大企業や優良ベンチャーなど条件面で有利な求人が見つかりやすいこと。
さらに、キャリアコンサルタントの的を得たアドバイスと、登録することで使える便利なツールが豊富にあるのも魅力です。

リクルートエージェントへ登録する

doda

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

リクルートエージェントとともに、求人件数や幅広い求人内容で業界をけん引するのがdoda。
dodaの特徴は、20代~30代の若手人材に強みをもっていることです。
初めての転職活動や、面接に不安が大きい人は、dodaのコンサルタントの丁寧な対応が向いています。
転職フェアなどのイベントも数多く開催しているのも他にはない魅力の1つ。
dodaに登録しておくことで、イベント開始時間前の入場ができて時間短縮につながります。
応募前に直接人事担当者と話が聞けるチャンスなので積極的に利用したいですね。

dodaに登録する

パソナキャリア

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

年収アップを叶えたい、女性が働きやすい職場を探したいならパソナキャリアがおすすめ。
キャリアコンサルタントの質が高いことで知られており、面接対策や企業研究フォロー、年収交渉などに強みをもっています。
その結果、高い年収アップ率につながっているのです。
女性の転職に力を入れているのも特徴的。
女性専用サービスである「ウーマンキャリア」を展開し、女性人気が高い事務、営業職なども豊富に扱っています。
求人件数全体では上記2社には及びませんが、地方拠点があるため、Uターン、Iターン転職を希望する人にも適しています。

パソナキャリアに登録する

面接時間で一喜一憂することなし!

面接を終えた直後はどうしても合否が気になって、あれこれ邪推してしまうもの。
とはいえ、面接の時間だけで合否を考え、一喜一憂することはありません。
結果が出るのが待ち遠しいところですが、その間はほかの企業に力を注いで、転職活動を乗り切ってくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

転職面接前の事前練習はやるべき?

転職面接で聞かれること、答えること、練習はしておいた方がいいのかな?様々な不安がよぎりますよね。 今回はそんな […]

続きを読む

面接に持っていくかばんは大丈夫?転職活動で気を付けたいかばんのマナー

転職活動の面接にはどのようなかばんを持っていけばよいのでしょうか。 実は、前職で「いつも使っていたかばん」が面 […]

続きを読む

好印象を狙うには?転職面接に「私服」で行く場合のマナーと服装の選び方

転職面接に私服で来るように言われたら、何を着ていきますか? 個性が出る私服は、面接の印象を大きく左右することも […]

続きを読む

職務経歴書の資格とは?資格の書き方とポイントについて

学生時代、社会人時代を通じて取得してきた数々の資格。あなたにとってはまさに血と汗と涙の結晶でしょう。そしていざ […]

続きを読む

目指すは派遣から正社員へ!おすすめ職務経歴書の書き方

現在、色々な働き方がある中で派遣社員でキャリアを積んでいる人は多くいます。 そのような人の中には、いずれ正社員 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト