未経験で診療情報管理士に転職は可能?業務内容や向いている人も解説

未経験で診療情報管理士に転職は可能?業務内容や向いている人も解説

「診療情報管理士」とは、その名のとおり診療や検査を受けた患者の記録を管理するエキスパートのこと。
とはいえ、「管理」とは具体的に何をするのか、そこにどれほどの専門性が必要なのか、想像がつきづらいかもしれません。
それもそのはず、診療情報管理士は基本的に裏方の役割をはたしているため、ふだん医療機関などで目にする機会がほとんどないのです。
ここでは、そんな知られざる縁の下の力持ち、診療情報管理士についてまた未経験でも診療情報管理士に転職は可能か紹介します。

診療情報管理士とは?

ひとくちに診療情報といっても、管理の対象となる患者の記録は実にさまざま。
患者の来院理由とそれに対する診断内容、検査をした場合にはその結果、治療行為や処方薬の種類、頻度や量に対しての効果……こうした膨大な情報の記録は、ひとまず医師のもとでカルテとして作成されます。
それらをデータベース化し、いつでも出し入れできるよう正確に保管することに加え、統計や分析をした結果を必要に応じて医師や患者、あるいは国に提供することを主な業務としている、専門性の高い職業です。

転職前に知っておきたい診療情報管理士の仕事内容

データベース化に伴う作業は一定のフォーマットがあるものの、その内容を精査し、誤りがある場合にはそれを報告し修正を依頼する必要性もうまれてきます。
膨大な繰り返しの作業をすべてミスなくこなしていくなかで、接客のような場面はほとんどありませんが、各医療機関やメーカー等に「待った」をかけるという意味では、より高度で論理的なコミュニケーション能力が不可欠です。

各所からのデータを収集、チェック

病院で医師の書いたカルテや研究機関から届いた検査結果など、ひとりの患者についての情報がまばらに保管されていては、いざという時に情報源とすることができません。
そこでプロの診療情報管理士たちは、あらゆるデータを一か所に統括し、紛失や漏洩のないよう厳重に管理します。
その際に集められたデータをそのまま受け取るのではなく、不足や誤りがないかどうかを第三者の目線で確認していくことで、のちに起こりうる重大な事故を未然に阻止することのできる、きわめて重要な職務です。

データベースへの登録とコーディング

精査した結果、不備がないと判断された情報は専用のデータベースに登録をしていきます。
また、登録した情報を世界保健機関(WHO)の管轄する国際疾病分類基準(ICD)に沿って的確な分類を行うことを「コーディング」といいます。
こうした作業は専門職としての診療情報管理士にしか行うことができません。
もっとも専門性を要する場面であり、こうして世界基準に沿った分類をしていくことによって、その病院や地域ごとのみならず、データの保管方法や検索項目を世界的に共有できる管理システムを実現します。

分析結果をいかにフィードバックしていくか

ひとつひとつのデータをチェックすることはもちろんですが、ある程度のまとまりをもつものに対しては統計や分析を行う必要があります。
さまざまな問題点やその改善策の裏付けとなる情報は、むやみに流出させてはいけない反面、必要なときにすぐ調べられるものでもなければなりません。
データの管理には「ここまでやったら完成」というような終着点がないため、骨の折れる作業ではありますが、それだけ社会に貢献することができるやりがいのある仕事です。

診療情報管理士に転職すると身につくスキル

めざすうえで重要となってくるのが、やはり資格取得に向けて、あるいはその後もプロとして通用していけるだけの専門的かつ幅広い知識を得ることです。
また、医療分野でありながら目を通すデータは必ずしも理数系に限ったものではありません。
文章の違和感に気が付いたり、その修正依頼を先方に伝えたりするためには、文系としての思考力を高めることも必要になってきます。

とにかく医学に関する専門知識を

診療情報管理士が専門とするのはあくまで「管理」ですから、自身が医療行為に携わるわけではありません。
しかしだからこそ、専門用語や医療従事者としての常識から隔たりがうまれやすい立場でもあります。
それでも診療科目を問わずに情報を統括するため、ひとりの人間が処理する情報量としては現場の医師を上回るケースもしばしば。
膨大な専門用語を処理していくなかで、常に学び続ける姿勢をつづければ、業務のみならず日常生活においてもその知識が役に立つかもしれません。

高い語学力が求められる場面も

患者のデータは、日本国内においてのみ収集されるものではありません。
どの職業にも当てはまることですが、国際社会の到来に伴って海外から来日した方や海外に渡る方に対応する機会というのはこの先ますます増えていくでしょう。
そうしたなかで、患者のデータについて海外との共有をもできないことには、正確な情報を扱うことができません。
日本語でも難しい医療用語などを、他言語による情報においても誤りなく伝達できるよう、日頃から多読などを心がけて語学力に磨きをかけることが重要です。

診療情報管理士は未経験でも転職できる?

2000年に診療報酬改定がなされて以降、急速に需要が膨らんでおり、育成に伴うシステムも完備されてきています。
必ずしも特定の学科を卒業しなければならないわけではないため、未経験者の採用も期待できる環境です。
しかしながら、採用する立場からすれば有資格者を求めるのは当然のこと。
資格の取得には一定の期間がかかりますので、いますぐに転職できるわけではないということも、頭に入れておかなければなりません。

診療情報管理士転職に必要な資格

商標登録されている資格として「診療情報管理士認定試験」があります。
日本病院会と医療研修推進財団の認定を受けたもっともオフィシャルな資格試験であり、受験資格が設けられているため未経験者がすぐに挑めるわけではありません。
受験するには、認定を受けた養成施設において必要課程を修了すること、もしくは日本病院会が主催する通信教育を修了することが条件とされています。
その他「医療秘書技能検定試験」や「医事コンピュータ技能検定試験」も併せて検討しておくことも、知識の幅を広げる策として有効です。

受験するまでの道のりは長い

未経験からめざすには、まず通信教育を修了するのが一般的な選択といえますが、じつはそれ自体も簡単なステップとはいえないのです。
通信教育の受講資格は、病院での実務経験もしくは専門学校・短大卒以上の学歴があることとされています。
いざ受講した場合にも、未経験者の場合はまず基礎課程を1年、基礎課程修了もしくは実務経験により免除となった者は専門課程を1年、最低でも修了までに計2年を費やさなくてはなりません。
さらに通信教育受講者の募集は年2回、資格試験は年1回であることを考えると、めざすタイミングによってはさらに時間がかかる場合もありますので、注意が必要です。

診療情報管理士に向いている人

責任感があって常に向上心を持ち続けられる人には、素質があるといえるでしょう。
資格を取得するまでにも努力が必要ですが、いざ実際に働き始めてからはさらに多くの情報を処理していかなくてはなりません。
面と向かって誰かに感謝されるような機会は多くありませんが、すべての患者の健康と安全を守り、医療や研究の現場をよりよくしていくための大切な業務です。
目に見えた成果が得られなくても、自らの仕事に誇りをもってのぞめる強い意志も求められます。

診療情報管理士として働く・転職する上で気をつけること

ほかの医療従事者をめざすことに比べると、必要なステップが少なく気軽なように思えるかもしれません。
それでいて収入や勤務条件、厚生面でも安定しているために、志望する理由はいくらでもあります。
そのいっぽうで、外部の人間はおろか医療現場のスタッフ間においても職務についての認識が徹底されておらず、ほかの職種との線引きが曖昧になっていることもまた事実です。
診療情報管理士になったらできること、やらないで済むこと、といった理想だけでは、続けていくのが難しいかもしれません。

日本には馴染みのない職業

わが国においても診療報酬改定以前から存在はしていたものの、専門職としての需要はそこまで高いものではありませんでした。
診療録管理体制加算という新基準の登場により、各医療機関は1名以上の診療記録管理責任者を置くことで条件を満たそうと採用を強化するようになったのです。
そのためポストとしての「診療情報管理士」は求められてはいますが、実際のところ何をしてもらうためなのかを考えあぐねている現場も少なくありません。
海外では早くから取り入れられていたポジションのため、日本でもその職務について認知されるのは時間の問題かもしれませんが、「思っていたのと違う」となってしまうことに対しては覚悟が必要です。

とくに混同されやすい「医療事務」

世間一般に、安定して働きやすく資格取得もめざしやすいため、幅広い年代の女性から人気の高い「医療事務」。
求人広告などに目を通すと頻繁にアルバイトなども募集しているため、「医療現場において医療行為を行わない事務職」というとこちらを連想してしまいがちです。
これはめざすうえでもしっかりと認識しておきたい部分ですが、医療事務の場合は電話応対や伝票処理のような、医学に特化した知識を要さない業務を主としています。
これに対して診療情報管理士は、カルテの内容にまで踏み込むような専門性を有しているため、本来ならばまったく別の職業として扱われるべきです。
しかし実際のところ、両者の違いを正確に把握しないまま医療事務としての業務を任されるというケースも十分にあり得ます。

対象を問わない不偏の奉仕

病気やけが、健康診断などのために医療機関を利用することは、現代において誰もが経験する普遍的なこといえます。
そんな誰もが行う「当たり前」の行為を支えているのが、それを「当たり前」とするために尽力している診療情報管理士たちの仕事です。
いつ、どこで、どんな症状に襲われてもその患者を救う手助けができるというのは、なかなか味わえる経験ではありません。
重い責任があるからこそ、おおきく貢献することができる、称賛される機会などなくとも十分に誇れる自分を、めざしてみてはいかがでしょうか。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

Uターン転職の探し方について

東京に出て働いていても、やっぱり「地元に戻って働きたい」と思いが募ることもあります。 「地元に戻って働きたい」 […]

続きを読む

転職市場での価値を高めて転職したい!じっくり転職派が知るべき5つの方法

今すぐではないけれど転職したい、自信をつけてから転職に踏み切りたいなど、「じっくり転職派」なら、転職市場での自 […]

続きを読む

土日休みが可能な薬剤師の仕事なんてある?派遣薬剤師の選択

派遣薬剤師という働き方をご存知でしょうか? 薬剤師は正社員かパートしかないと思っていませんか? 実は正社員と同 […]

続きを読む

「あいみつ」とは?その意味とビジネスシーンでの使われ方とは?

お客さまから「あいみつを取るので見積書を出してください」と言われたことはありませんか? 社内でも上司から、「あ […]

続きを読む

どうしよう面接結果が来ない!?そんな転職活動の不安を解消します

履歴書や職務経歴書などの応募書類を丁寧に作成し、何度も事前練習を重ねさまざまな準備をして面接を終え、あとは選考 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト