退職理由を聞かれたら?面接でネガティブな印象を与えないためのポイントとは

退職理由を聞かれたら?面接でネガティブな印象を与えないためのポイントとは

退職理由となるのは、人間関係から労務環境、あるいは仕事内容まで実に様々。
次のステップに進むにあたって、面接ではどう答えればネガティブな印象を与えずに済むのでしょうか。
転職活動における退職理由の回答ポイントをまとめました。

退職理由はどう答える?面接における回答のポイント

転職活動では、「なぜ前職を辞めたのか?」について聞かれるのはよくあること。
「差し支えなければ退職理由を教えてください」とやんわり求められることもありますが、さすがに答えないわけにはいきませんよね。
まずは面接での回答のポイントから紹介します。

具体的に説明すること

退職理由を述べる際は、具体的に説明するのがひとつめのポイントです。
「社風が合わなくて」「やりたいことができなかったので」と答えるだけでは漠然として過ぎていて、面接官には理解が難しいもの。
よく分からないままでは、正当な評価ができません。
「前職では、トップダウンの風潮が強く、若手の意見があまり重視されていなかったのですが、年齢や勤続年数に関わらずどんどんチャレンジできる職場で働きたいと思い、転職を考えました」というように、具体的な回答が必要です。

前向きな理由をチョイス

「人間関係が合わなかった」「勤務時間が長すぎた」「給料が少なかった」というのも、退職理由としてはよくある項目です。
しかし、こういった後ろ向きな理由は「環境や周りの人のせいにする人」「ネガティブな思考の人」というイメージを植え付けてしまう事も。
退職理由を述べる際は、「○○な仕事がしたい」「将来、○○のような仕事を手掛けたい」というように、前向きな理由をメインとして話すとよいでしょう。
転職先でやりたいことがある場合は、退職理由のひとつとして積極的にアピールしてOKです。

できる限り正直に

企業側が退職理由をきくのは、「採用してもすぐに辞めないかどうか」「うちの会社に合うかどうか」を見極めるためでもあります。
ネガティブな理由を述べるのはおすすめできませんが、「後ろ向きな理由を避ける=嘘で固めてしまう」というわけではありません。
たとえば、残業が多いことが嫌で退職したという場合、言い換える必要はありますが、ひた隠しにする必要はないということです。
譲れないことはあらかじめはっきりしておかないと、入社後にやっぱり残業がきつくやっていけない、というミスマッチにもつながります。

志望動機とリンクできるとベター

ネガティブに捉えられないようにするというだけでなく、説得力を持たせるというのも面接では大切なポイント。
説得力を持たせるには、志望動機と退職理由をリンクさせるのが鍵となります。
例えば「トップダウンな社風で、新しいことができなかった」という退職理由に対しては、「年齢を問わずチャレンジができ、活躍の場が用意されているところで働きたい」という志望動機とあわせて主張すると説得力がありますよね。

もちろん、志望動機は企業によって異なるものですので、退職理由にあわせて無理に調整する必要はありません。
退職理由が複数ある場合には、志望動機と連動できるものピックアップして回答してみましょう。

これはNG!面接で退職理由を答える際に避けたいこと

面接対策としてぜひ押さえておきたいのが、「これだけはNG!」というポイントですよね。
退職理由を述べる際には、以下の2点に特に注意が必要です。

悪口は言わない

退職した職場だからとはいえ、「愚痴」ととられるような言い方は避けましょう。
前職の環境が悪かった話をしても、実際のところは誰にも分かりません。
そのため、単に「ネガティブな人」という印象でおわってしまうことも。
また、どんなものであっても愚痴や悪口は、聞いていて気持ちがいいものではありません。
好印象につながることはまずありませんので、言い方には十分に注意しましょう。

福利厚生を理由にすることはできれば避けたい

「休みが取れない」「賞与がなかった」「家賃補助がなかった」などという項目も、退職理由としてよくあるものです。
しかし、こうした理由を強調するのはできれば避けたいところ。
というのも、福利厚生や待遇面を主張してしまうと、「仕事の内容よりも待遇ばかり気にする人」という印象を与えかねないからです。
もちろん、就業する上で大切な事柄ではありますが、アピールポイントとしては利用できないというのは覚えておきましょう。

退職理由の伝え方、ネガティブをポジティブに変えるテクニック

では、どう言い換えれば「前向きな理由」となるのでしょうか。
面接で使える、言い換えテクニックを紹介します。

「人間関係の不満」

「職場の人間関係が悪く退職した」「周囲の人とうまくやれなかった」という問題は、どの職場にもありがちなこと。
そのため、退職理由として全面に押し出すのは避けたい項目です。
人間関係に不満があったという場合は、「今後は人間関係のいいところで働きたい」と捉えることができます。
「チームで協力しながら仕事がしたい」「チームワークを活かしたはたらきがしたい」という風に言い換えるのがポイントです。

「ノルマがきつい」

「営業目標の達成が難しく、嫌気がさした」「ノルマに追われて激務だった」と直接的な言い方をしてしまうと、忍耐力がないように聞こえてしまうことも。
また、営業目標はどの企業にもありますので、企業側は目標を前向きにとらえる方が欲しいのが実情です。
この場合は「営業という仕事そのものに注力したい」という方向で話をするといいでしょう。
たとえば、「数字にとらわれすぎずに、顧客一人一人に向き合った仕事がしたい」「信頼関係を重視し、顧客のニーズのために尽力したい」というように言い換えるとベター。
そのためには、顧客と長期でかかわるような企業・業種を選ぶことも大切です。

「もっといい商品が売りたい」

「自社で取り扱う商品の魅力が感じられない」というのも、営業職をやっていくうえでは退職理由になることがありますよね。
「商品が売れなかった」「売れる商品のある企業で働きたい」という言い方をしてしまうと、他力本願に聞こえてしまいます。
「前職で取り扱っていた○○は競合優位性に乏しかったのですが」と前置きした上で、「自信を持って売り込める商品を提供し、より強固な信頼関係を築きたい」「顧客との信頼関係を重視してスキルアップしたいと思い、転職を決意しました」という回答がベター。
同じ営業という職種では特に説得力が生まれますし、スキルアップしたいという意欲も伝わります。

「残業が多い」

「毎日定時退勤!」が理想ではありますが、なかなかそうもいきません。
残業時間数にもよりますが、残業の多さを退職理由にしてしまうと、「やる気がない人」と捉えられかねないので、やはりポジティブな言い換えが必要です。
この場合、「残業が当たり前のような社風でしたが、もっとオンとオフをしっかりと分け、メリハリのある働き方をしたいと思った」「効率よく働ける環境で、集中して成果を挙げたい」という言い方が便利です。
また、資格取得を視野に入れている方は「効率よく仕事をし、資格取得など自己啓発にも力を入れたい」という言い方もいいでしょう。

「給料が安い」

お金の話は、転職活動中なかなか切り出しにくいものですよね。
給料の安さを主な転職理由として主張してしまうと、「それだけ?」とネガティブイメージを植え付けかねません。
給料の安さを理由として挙げるならば、「努力や実力を正当に評価してくれる会社で働きたい」「成果を実感しながら、働きたい」という風な言い換えがおすすめです。

仕事に対する考え方も見られている

退職の理由は人によって様々ですが、後ろ向きな言い方を避け、なるべく前向きな転職理由として言い換えて話すのがポイントです。
採用担当者は働き方に対する姿勢やこれからの仕事に対する考え方を伺い知る手がかりとしても、退職理由を聞いています。
「触れられたくない話題」ではありますが、再スタートを切る際に「何を大切にしたいのか」、もう一度見つめ直すきっかけとして、前向きにとらえてみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています