MS-Japan

MS-Japan

みんなの評価

☆☆☆☆☆
0.0
クチコミ
0

オススメポイント

MS-japanは、2015年までに20,000名超の転職を支援しており、大手就職支援会社にはない国内最大級の「管理部門特価型エージェントNo.1」です。

0.0

クチコミ 0

転職サイトの強み 大手・上場企業への転職, 資格を活かす
ジャンル 転職エージェント
勤務地 全国
雇用形態 正社員, 契約社員

※対応状況が異なる場合があります。

MS-Japanの公式サイトへ

公式サイトはこちら

MS-japanは、2015年までに20,000名超の転職を支援しており、大手就職支援会社にはない国内最大級の「管理部門特価型エージェントNo.1」の転職サイトです。

25年の以上の実績!MS-japanの4つの特徴

MS-japanは、総合的に幅広い職種の転職支援を手がけるエージェントが成長する中で、一貫して管理部門系、事務系職種に特化した転職支援を展開してきました。

企業の管理部門(経理、財務、人事、総務、法務、経営企画等)と、スペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)の分野において、蓄積された実績とノウハウを常に最新の市場動向に合わせて紹介しておきました。

各職種への深い理解と専門家の質の高いサービスにより、1人1人が理想とする将来像へ向けた最適なキャリアプランの提案が可能な転職サポートと言えます。

非公開求人が90%以上

これまで掲載した求人数は約45,000件以上、そのうち90%以上が非公開求人になります。

非公開求人はMS-japanのみで紹介されている求人が多く、企業の新規事業立ち上げなど機密情報が含まれているものから、人気企業などのため応募殺到が予想される企業などを多数取り揃えています。

ハイクラスな人材を求める企業でのキャリアアップを望まれる転職希望者には、魅力的だと言えるでしょう。

転職成功者の9割近くがリピート希望

MS-Japanの最大の特徴は、管理部門のなかでも特にスペシャリスト人材の転職支援が強と言えます。

弁護士、公認会計士、税理士、社会保険労務士、USCPA、MBAなどの難関資格を保有している転職希望者の9割以上もの人が、MS-Japanの質の高いコンサルティング満足し、リピート希望していると言われています。

業界屈指の豊富な求人情報

MS-Japanには大手転職支援会社にはない会計事務所や弁護士事務所、監査法人等との深いリレーションを活かしたネットワークをなどもあります。

この領域における転職求人数は国内最大級と言えます。
管理部門希望の方は、ぜひ登録をしてほしい転職サイトです。

管理部門ではトップクラス

MS-Japanは2016年12月に東証マザーズに上場し、管理部門や士業に特化した人材紹介会社としては国内ではトップクラスといえます。
2017年3月、楽天リサーチによる人材紹介企業のブランドに関する調査では、管理部門特価型エージェントNo.1と発表された実績がある転職サイトでもあります。

転職活動をサポートをするMS-japanの提供サービス

非公開求人の紹介やキャリアアドバイザーから転職サポートを受けるには、MS-Japanの転職支援サービスへの申し込みが必要になります。
転職支援サービスを申し込むと受けられるサービスについてまとめています。

職種に合わせたキャリアシートで適材適所の求人を探す

管理部門の転職は一般転職では重視されるパーソナリティーより、明確なスペックが重視されます。
MS-japanは、外資系、大手企業、ベンチャー企業、金融関連、会計事務所や監査法人などの専門部隊に分かれる組織によって、独自のキャリアスキルシートを使用し、迅速に、適材適所がわかるようになっています。

方向性やキャリアを最優先に考えるマッチングを徹底

MS-Japanでは、管理部門のなかでも特にスペシャリスト人材の転職支援が多いため、人材紹介に最も重要なのはマッチング力と考えています。

そのため登録者との最初の面談は、企業担当のコンサルタントではなく、専門職種に精通した専任のキャリアアドバイザーが行います。
いきなり求人企業とのマッチングを進めるのではなく、登録者の今後のキャリア全体の方向性を最初に明確にすることに最大の特徴があります。

税理士・公認会計士向け転職・業界動向案内ポータルサイト

MS-japanには、企業内会計士や注目される会計用語などの会計業務や業界動向などの最新情報が掲載されている会計のポータルサイト「KAIKEI-FAN」の運営も行っています。
税理士試験情報や公認会計士試験情報など、資格を取ろうとしている人に役立つ情報や求人情報を載せているので、会計業界に携わろうと思っている人は必見です。

法務、弁護士向けの「リーガルネット」

MS-japanでは、法務、弁護士、法律事務所、知財、弁理士、特許事務所の転職サイト「リーガルネット」の運営も行っています。
複雑高度化する企業法務のマーケットスキルや、競争が激化する弁護士としてのキャリア形成方法など転職ノウハウが満載なサイトです。

MS-japanを利用する際に気をつけたいこと

MS-japanは、まずはキャリアドバイザーの面談から入ります。
そのあと、企業紹介へと入りますが、マッチングを重視しているため利用する際にはいくつか注意点があります。
キャリアアドバイザーは、転職における最初の窓口だということを忘れないようにしましょう。

キャリアアドバイザーに自分の経歴を明確に

管理部門に特化した求人情報を取り揃えているため、相応のキャリアや資格がない場合は求人の紹介をしてもらえません。
当日は自身の経歴を振り返りしっかり準備し、自身の経歴やキャリアプランを明確にしましょう。

転職サイトも並行して利用を

希望する仕事があっても、求職者の中で争奪戦になる可能性もあると言えます。
その場合は資格所有者が優遇されるので、資格やキャリアのない人にとっては厳しいものになるでしょう。

また、経理や人事などの特別な有資格ではない求人は、他の転職サイトに掲載されているものもあります。
このことから、転職情報を積極的に収集するためにも、他の転職サイトと並行して利用することをおすすめします。

MS-japanがおすすめな人はこんな人

管理部門に転職することを考えている方は、MS-Japanに登録することをおすすめします。
具体的にどんな人にMS-Japanが合っているのかご紹介します。

税務や法務など専門領域の資格を持っている人

MS-japanでは、監査法人、会計事務所、ベンチャーキャピタルなどとの独自ネットワークにより、他社にはない求人が多く掲載されています。豊公認会計士、税理士、弁護士、USCPAの有資格者向けにとっては、自分の専門スキルを最大限に活かせる場へ求人が豊富に揃っているといえます。

一般の転職エージェントにはない強みといえますので、有資格者の方は登録してみることをおすすめします。

転職を通し将来のキャリアプランを考えたい人

MS-japanでは、転職希望者の職業生活における目標やゴールを設定し、そこに到達するための道筋を計画していくことから転職支援が始まります。
特にスペシャリスト人材の転職支援については、ご自身の5年先、10年先を思い描いてキャリアプランを描くことをキャリアアドバイザーと一緒に考えていきたい人には最適だといえます。

MS-Japanの公式サイトへ

公式サイトはこちら

MS-Japanの口コミ・評判

0 件

口コミを投稿する

タイトル
名前
年齢層(年代) 必須
性別 必須
都道府県 必須
評価 必須