40代キャリア別おすすめエージェント6選!40代は転職エージェントが必須

40代キャリア別おすすめエージェント6選!40代は転職エージェントが必須

有効求人倍率がバブル期の水準を超えるなど、なにかと明るい話題が多い雇用情勢。
転職希望者も今がチャンスと、中途採用市場も活性化しています。
ただし40代にとっては、転職が厳しい現実はまだまだあります。

40代が転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須。
サービスの量、質ともに近年高まっているエージェントを利用しない手はありません。

ここでは、40代が転職エージェントを利用すべき理由と、キャリア別おすすめの転職エージェント活用方法を紹介します。

転職エージェントの利用が初めての人や、もっとおすすめを知りたい人は、「活用ポイントや複数併用方法」の知識もあると転職活動がスムーズに進みます。

転職エージェントは40代の転職で必須

40代が転職を成功させるには、プロの手を借りる必要があります。
社会人経験が豊富、自分のことは自分が一番わかっていると思うかもしれませんが、40代ならでは事情があります。
ここでは、40代が転職エージェントを利用すべき理由を紹介します。

求人数が少なくなっている40代

「40代になると求人自体が減る」「40代でも求人は普通にある」と、意見がわかれるところ。
実際問題として40代の求人数はどうなのでしょうか。
転職市場としては、現在ミドル層の転職が活性化している傾向にあり、40代だから転職できないといったことはありません。
さらに、雇用対策法によって、募集、採用における年齢制限は原則禁止されていますから、求人媒体を網羅的に見るだけでは、40代だから特に仕事がないといった印象は受けないかもしれません。

ただし、現実はやはり40代に厳しいです。
具体的には、下記のような傾向はやはり見られます。

  • 雇用対策法の例外に該当する年齢制限を定めた求人はやはり多い
  • 「若い人が活躍しています。」など、暗に年齢制限を定めた求人もちらほら
  • マネジメントスキルが必要な求人が増える
  • 医療、介護、警備など業界が偏りがち
  • 家族を養う40代が生活できないような給与水準の仕事もある

まとめると、「40代以降の求人は選ばなければそれなりにあるが、好条件の案件は経験がなければ厳しいものがある」といったところでしょう。
この「条件つき転職」を成功させるには、プロの力を借りて戦略的におこなう必要があるのです。

キャリアに自信のある人はヘッドハンティングを狙おう

40代にとっては厳しい転職市場ですが、管理職候補のミドル層へのニーズは高いものがあります。キャリアに自信のある人にとって、今は転職の大きなチャンスと言えるでしょう。
現職の評価に納得できない、このまま定年まで働く魅力を感じないといった人は、転職を考えるべきです。

ただし、重要ポストの求人はまず一般には出回っておらず、エージェントの非公開求人かヘッドハンターがもつ秘匿性の高い求人がメインになります。
さらに失敗は許されない年齢ですから、自分のキャリアに興味をもってより高く評価してくれる企業を選びたいところ。
40代で誇れるキャリアがあるなら、ヘッドハンティングを狙って賢く「待ち」の活動をするのがおすすめです。

自信のない人はまず大手転職エージェントに登録

際立った実績も管理職経験もない40代が転職できないのかというと、そうでもありません。
30代までに比べれば数で劣るものの、40代でも受け入れたいという企業は存在しています。
近年は少子高齢化の流れによって「40代はむしろ若い、積極的に活用すべきだ。」と考える経営者も増えてきているからです。

問題は、数ある求人の中からいかに40代に適した仕事を探し出すのかということ。
けっして多くはない40代向けの求人だからこそ、大量の求人の中に埋もれている好案件を見つけてくれるプロが必要なのです。
特に、求人件数、取り扱う職種の豊富さで有利な大手の転職エージェントを利用しましょう。
選択の幅が広いため、適した求人が見つかる確率がアップします。

40代でキャリアや実績のある人におすすめの転職エージェント

40代ともなれば自身のキャリアや実績をとことん活かしたいという希望があるでしょう。
特に、ポジションや年収に妥協したくないという方は、ハイキャリア向けの転職エージェントを利用することで、希望の企業に出会えるチャンスが広がります。
キャリアや実績のある人におすすめの転職エージェントは下記の3社です。

ビズリーチ

求人数

33473件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(ただし、企業やヘッドハンターとの直接やり取りをおこなうためコンサルタントとの面談はない)

特徴

エグゼクティブ向け会員制転職サービス。年収1000万円以上の求人に強み

40代以降で管理職経験があり、高収入を求めるなら、エグゼクティブ求人に特化したビズリーチ。
ビズリーチは、キャリアコンサルタントが求人を紹介するのではなく、登録された職務経歴書を見た企業やヘッドハンターからの直接スカウトが叶うというサービスです。
無料のスタンダードプランと、求めるキャリアに応じた2種類の有料プランがあります。
一般的な転職エージェントは無料であることがほとんどですが、有料だからこそ徹底的に質の高い求人にこだわっています。
年収1000万円以上の求人を厳選しているため、キャリアや実績に自信があり、年収も譲れないなら利用を検討しましょう。

BIZREACH(ビズリーチ)に登録する

MS-japan

求人数

4498件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、横浜、名古屋、大阪

特徴

管理部門に特化。公認会計士など資格保持者向けの求人にも強み。

管理部門とスペシャリストに特化した転職エージェントがMS-japan。
管理部門特化型の利用実績No.1エージェントとして高い評価を得ており、人事、経理、法務などの管理部門における実績がある人におすすめです。
弁護士や公認会計士、税理士などの求人にも強みを持っており、有資格者に特化したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界事情やキャリア診断などにおいて専門的なアドバイスがもらえます。
特に会計分野における強力なネットワークがあるため、大手税理士法人や独立系コンサルティングファームへの転職も叶うでしょう。
基本的に実務経験者が対象なので、キャリアを活かしつつステップアップしたい人に向いています。

MS-Japanに登録する

キャリアカーバー

MS-Japan

求人数

16692件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国

特徴

ハイクラス向け転職サービス。高年収かつ幅広い職種を扱っているのが特徴。

キャリアカーバーは、リクルートが展開するハイクラス向け転職支援サービス。
レジュメを登録することで、それを見たヘッドハンターからのスカウトを受け取ることができます。
登録するレジュメはすべて匿名なので、企業の採用担当者に情報を知られることなく安心です。サービスは完全無料ながら、年

収600万円~2000万円と幅広い年収の求人を扱っており、リクルートならではの企業とのパイプを活かした大手も多数掲載。
経験豊富なヘッドハンターが、定期的にキャリアの相談に乗ってくれるため、人材紹介型とヘッドハンティング型の両方の魅力があると言えます。

キャリアカーバーに登録する

実績に自信のない40代の人におすすめの転職エージェント

管理職経験も際立った実績もないという、「これまでのキャリアに自信がない。」という方は、下記3社がおすすめです。
キャリアコンサルタントが併走してくれ、応募書類の書き方から面接対策までサポート。
実績がなくても希望の転職を叶えた人も大勢いますよ。

リクルートエージェント

求人数

31375

非公開求人数

154767

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

求人件数、職種が豊富。年収アップ率、転職決定率ともに業界トップクラス。

リクルートエージェントの特徴は、圧倒的な求人件数とさまざまな職種を扱っている点。
どのタイプの人にとっても選べる可能性が広がるのは大きなメリットでしょう。
さらにリクルートグループがもつ企業とのパイプ活かした魅力的な求人が多く、好条件の案件を紹介してもらうことができます。
条件に合致する案件があればどんどん仕事を紹介をしてもらえるため、転職活動がスピーディーに進むでしょう。
キャリアコンサルタントの質は平均して高いと評価を得ているものの、「コンサルタントの当たり外れが激しい」といった利用者の声も聞かれます。
登録したらコンサルタントとの相性を見極める必要もありますね。

リクルートエージェントへ登録する

DODA

求人数

38685

非公開求人数

80000件以上

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

豊富な求人数が魅力。転職イベントや活動をサポートするツールが多数ある。

DODAも、リクルートエージェントとともに求人件数で業界トップクラスを誇る総合型エージェントです。
DODAの特徴は、転職フェアや合同説明会などのイベントが随時おこなわれていること。
企業の生の声を聞くことができ、メリットが大きいイベントです。
さらに、活動をスムーズに進められる使いやすいツールが充実しています。
職務経歴書の作成を助ける「レジュメビルダー」や、人気企業への合格可能性を診断できる「合格診断」など。
早めに内定をもらうために時間を効率的に使うことがポイントですから、非常に助かりますよ。DODAのキャリアコンサルタントは「親身になってくれた」など丁寧な対応が高評価。
不安が大きくいろいろと相談に乗ってほしい人には適しています。

DODAに登録する

Spring転職エージェント

Springエージェント

求人数

18291

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(東京、大阪、静岡、石川、宮城など)

特徴

質が高い求人と、希望者への手厚いサポートが特徴。面談を断らない。

人材業界全体で世界のトップのアデコが展開するspring転職エージェントは、転職エージェントとしての勢いを急速に伸ばしています。
spring転職エージェントの特徴は、求人とキャリアコンサルタントの質。
リクルートエージェントやDODAに求人数では劣りますが、手厚いサポートと質の高い求人を紹介してくれると評判です。
特に40代の方にメリットがあるのは、転職サポートに期限がないことと、基本的に面談を断らない点。
長期化しやすい40代の転職にとって有り難い特徴です。
他エージェントでは、経歴を見て「紹介できる案件がない。」と、最初から面談を実施してくれないことも。
spring転職エージェントは「他エージェントで断られたけど面談をして仕事を紹介してくれた。」といった口コミが多数あるため、キャリアに自信がない人にとって心強い存在です。

spring転職エージェントに登録する

40代で転職を成功させるための転職エージェント活用ポイント

40代で希望通りの転職を成功させるには、転職エージェントの使い方が鍵になります。
ここでは、転職エージェントの活用ポイントを紹介します。

転職理由と自分の希望を明確にする

まずは、なぜ転職したいのか、どんなキャリアを望むのか、転職理由と自分の希望を明確にしましょう。
40代の求職者で成功する人としない人の決定的な違いはここにあります。
自己分析がしっかりできている人は、方向性がしっかり定まっており、転職活動がスムーズ。
転職エージェントとしても、案件を絞って探しやすいため、紹介できる企業が見つかりやすくなります。
反対に、「なんとなく今の会社では満足できないから」といった曖昧な状態では、厳しい40代の転職を勝ち抜くことはできません。
ただでさえ求人数が減る年代なのに、さらに紹介できる案件がなくなってしまうでしょう。

エージェントは必ず複数登録する

40代が転職エージェントを利用するときは複数登録が基本です。
1社だけに登録して安心するのではなく、複数のエージェントに登録することで活動の幅がぐっと広がりますよ。
ほとんどのエージェントは無料で利用できるため、このメリットを大いに活かしましょう。

複数登録のメリット

転職エージェントに複数登録することで下記のメリットがあります。
各エージェントの強みを「いいとこどり」できるため、利用価値を最大限に高めることができます。

  • 求人件数の底上げ、スカウトオファーの増加(選択肢が増える)
  • エージェントごとに独占案件があることも
  • エージェントによって得意とする求人が異なる
  • 相性のいいキャリアコンサルタントを見つけられる
  • 複数のキャリアコンサルタントからアドバイスをもらえる

複数登録した際の注意点

エージェントを複数登録する場合は下記のように注意点もあります。

  • たくさん登録し過ぎるとエージェントとの面談ややり取りで時間を取られる
  • 各エージェントへのレスポンスが遅くなり、優先的に案件を紹介してもらえなくなる
  • エージェントごとに面接の日程調整をしてもらうため、スケジュール管理が難しくなる
  • 同じ案件に異なるエージェントからの応募はできない

複数登録するのは2、3社にし、エージェントにも掛け持ちしていることを伝えておくとスムーズです。
掛け持ちを嫌がるエージェントはサポートに自信がないため、あまりいいエージェントとは言えませんよ。

エージェントへは希望や小さな疑問も伝えよう

エージェントを活用するには、自身の考えをしっかりと伝えておくことが大切です。
希望や小さな疑問も共有しておくことで、より適した求人を紹介してもらうことができます。
エージェントを信頼せず、自分を取り繕ったり嘘を伝えるのはNG。
希望とは異なる案件しか紹介してもらえなかったり、転職してもギャップを感じて辞めてしまうことになるなど、いいことはありません。

履歴書や職務経歴書の添削サービスを利用しよう

40代の転職は、書類選考すら通らないということもよくあります。
実際の面接でも書類を元に進められるため、内定のその瞬間まで書類は重要な役割を担います。
転職エージェントには履歴書や職務経歴書の添削サービスがありますから、必ず利用しましょう。自分では完璧だと思っていた書類も、プロの視点から見ると穴だらけということも。
添削によって魅力的な書類に生まれ変わり、サクサクと書類選考が通るようになることも珍しくありません。

条件交渉は必ずしてもらおう

給与や待遇などの条件面の交渉は、よほど慣れている人でなければ難しいもの。
自身の価値と希望する条件とのバランスを判断できない人が多いのです。
最終面接まで行ったのに、条件交渉が仇となって内定に至らなかったケースも散見しますよ。
条件交渉はプロに任せ、自身は面接対策に専念するのが吉。
最適な「落としどころ」を見つけてくれ、納得できる条件で転職が叶います。

40代転職の注意点

40代の転職では気をつけたい点もあります。
ポイントは、しっかりと現実を見据えた転職活動をおこなうこと。
ここでは、40代転職における注意点を紹介します。

未経験職種への応募は厳しいことも

どんなキャリアであっても、40代はキャリアを活かす転職が大前提です。
特に未経験職種への応募は厳しいものがあると思っておきましょう。
未経験者を受け入れられるのはほとんどが20代まで。
企業は40代に即戦力を求めますし、吸収力や柔軟性という点で若い方に劣る40代をゼロから育てる余裕はありません。
どうしても未経験職種に転職したい場合でも、これまで得たスキルや経験が活かせることが大切。
前職との間でいかに「共通点」を導きだせるかがポイントです。

定年退職を考えた企業選びをしよう

40代の転職は「これが最後の転職」という覚悟が必要です。
数年で再転職となると、今回以上に厳しくなるのは確実。
年齢によるハードルが上がるだけでなく、社会人経験が豊富なのにキャリアの選択を見誤ったというレッテルを貼られかねません。
応募先は定年まで働き続けられる会社か、ここまで築いてきたキャリアをきちんと評価してくれる会社か、しっかりと見極めましょう。

現職にとどまるという選択肢も持っておこう

最後に、40代の転職先には「現職にとどまること」も1つの選択肢として入れておくべきです。
転職活動を始めてみると、自身の市場価値が明らかになり、他社との比較の中から「今の会社がそれほど悪くない」と気づくこともあります。
その結果、今の職で頑張ると決めるのも決して間違っていないのです。
同期や友人たちが転職して満足していたりすると、「自分だって」と思うかもしれませんが、他人は他人。
自分にとって何が一番いいのかを考えない限りは、どの道を進んでも納得できることはないのです。

40代の転職はエージェント利用で内定を勝ち取ろう

40代の転職は条件が厳しくなり、適切な求人が自分では見つけにくくなることなどから、転職エージェントをいかに活用するかが成功のポイントです。
キャリアごとに適したエージェントも異なりますから、自身のキャリアを分析し、相性のいいエージェントを選ぶことも重要になるでしょう。
エージェント活用のポイントをしっかり押さえ、納得のいく転職を成功させてください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

愛知県岡崎市で外国人留学生におすすめのアルバイトとは

今回は、愛知県岡崎市で外国人留学生におすすめのアルバイトとアルバイト情報サイトについて紹介します。 目次1 愛 […]

続きを読む

よく耳にするビジネスマナーって一体なに?社会人として基本を知っておこう

社会に出ると様々な場面で社会人としての一般常識やマナーを求められます。また、働き始めてからはそれらを指導する立 […]

続きを読む

愛知県岡崎市での女性の正社員事務への転職をおすすめしてみる

愛知県岡崎市で働きたい女性が、正社員事務に転職するために使うべき転職サイト・エージェントをおすすめします。 こ […]

続きを読む

「派遣社員VS契約社員」両者の違いを知って自分にあう働き方を見つけよう!

派遣社員も契約社員も同じようなものだと思っていませんか? 今後、自身のキャリアを考えるうえで、両者の違いを知っ […]

続きを読む

関西での転職活動におすすめの転職サイトまとめ

関西は元気な町と言われています。 関西人の気質がそうさせているのかもしれません。 関西より南の地方の人々も、関 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

7

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

8

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

7

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

8

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

もっと読む