転職エージェントを複数利用するメリットとは?上手に活用する方法まとめ

転職エージェントを複数利用するメリットとは?上手に活用する方法まとめ

転職支援のプロによるサポートが受けられるとあって評判の転職エージェント。
近年、利用者数も増え続け、多くの転職希望者が転職エージェント経由での内定を獲得しています。

しかし、1つのエージェントに登録して満足しては勿体ないとご存じですか?

実は、転職エージェントをもっとも効果的に活用するには複数利用がおすすめ。

転職成功の可能性を2倍、3倍にと広げてくれます。
ここでは、転職エージェントを複数利用することのメリットやおすすめの組み合わせ、転職サイトとの併用でさらに広がる可能性を紹介します。

まずは「おすすめの転職エージェント」を確認し、自分に合った転職エージェントを選ぶことが重要です。

また複数の転職エージェントに登録すると同時に多数の転職エージェントと提携を組んでいる転職サイトに登録すれば、自分にあった転職エージェントがさらに見つかりやすくなるのでおすすめです。

転職エージェントを複数登録するメリットとは?

転職エージェントを複数登録するメリットには、以下の4つがあります。

  • 最適なキャリアコンサルタントを選べる
  • エージェントの良い部分を合わせて活用できる
  • 非公開給求人や独占案件の選択肢も広がる
  • 案件の選択肢が増える

順に解説します。

転職エージェントの複数登録で最適なキャリアコンサルタントを選べるとは?

同じ転職エージェント内でも、正直自分の担当となったキャリアコンサルタントの裁量やスキル、相性に大きく左右されることが多くあります。

口コミで良い評価と悪い評価がどちらも書き込まれているのをネット上によく見かけますが、その一員となっているのが、担当のキャリアコンサルタントの問題です。

キャリアコンサルタントに関する問題としてよく上がることは、以下のようなことがあります。

  • キャリアコンサルタントと自身と話しや考え方が合わない
  • 自分が希望する条件に見合う案件を紹介してくれない
  • 考えを理解してくれない
  • 自身が転職先として希望する分野への経験や実績がなく十分なアドバイスを提供してくれるか不安
  • 年齢が若くて不安
  • とにかく求人に応募するように言ってくる

このような問題は、転職エージェントによらずに起こります。防止する方法は一つ。複数の転職エージェントに登録しましょう。

その上で、自身が最も話しやすい、話しを聞いてくれる、自身が希望する案件や分野についての経験や知識が豊富、信頼できる、希望にあった案件を紹介してくれる、対応が丁寧、など、自身が重視する条件をクリアしている最もプラスになるであろう転職エージェントの担当者を見つけましょう。

転職エージェントの複数登録で良い部分を活用できるとは?

転職エージェントにも人間と同じで、強みと弱みがあります。IT業界での案件や実績が豊富でその業界での知識や転職ノウハウに優れたコンサルタントをたくさん抱えるエージェントもあれば、サポートア充実しているが希望する案件が少ないところなど。

この場合、面接対策はA社、案件への応募はB社、という使い分けが可能です。無料で利用できるエージェント、自身にプラスとなる部分をうまく使い分けましょう。

転職エージェントを複数利用すると案件の選択肢が増えるとは?

単純ですが、一つよりも複数に登録しておく方が、選べる案件数は多いです。また、この案件はA社しかない、などといった独占案件、ハイクラス向けの限定公開案件を斡旋してもらえるチャンスも広がります。

多くのエージェントから、自身とマッチする案件を選べるチャンスを広げましょう。

転職エージェントは転職サイトとの複数利用で効率よく転職できるとは?

転職エージェントに複数登録するとともに、ぜひ利用したいのが転職サイト。
直接的なサポートを受けることはできませんが、エージェントとの併用でその魅力がアップします。ここでは、転職サイトのメリットと、併用することで広がる可能性を紹介します。

転職エージェントを複数活用するのはなんとなく転職を考える人も

「今すぐではないけれどいずれ転職したい。」「どこかいい企業があれば転職したい。」など、漠然と転職を考えているという方もいるでしょう。
いわゆる「潜在的転職希望者」は会社員の中に多くいると言われています。
なんとなく転職を考えている場合、転職エージェントの積極的サポートを受けるまでの覚悟がないはず。
そんなときには転職サイトを利用することで、自分のペースでじっくりと転職活動をすることができるでしょう。
転職を決心したらエージェントの紹介を受けるようにすればスムーズです。

転職エージェントと転職サイトの複数活用で空いた時間を有効活用

転職サイトには、求人検索機能があって自身で応募できるのはもちろん、応募書類の書き方、面接のコツなどを紹介するさまざまなコンテンツが豊富です。

見ているだけでも転職へのモチベーションが高まったり、反対に今はまだ転職のタイミングではないなど、転職について考えるきっかけになるでしょう。

これらコンテンツはスマホで利用できるものが多いので、通勤時間やちょっとした待ち時間など、空いた時間を使って転職情報に触れていくのもいいですね。

転職エージェントと転職サイトの複数活用により気づく希望とは?

転職エージェントで担当者からの紹介を受ける場合、自分の希望と多少違っていても、よさそうな案件だと受けてみようという気になることがあります。
それはそれで視野が広がっていいのですが、紹介ありきで転職活動を進めていると、自分がどんな希望を持っているのかよく分からなくなってしまうことも。
転職サイトを利用して自分で求人を調べていくと、自分でも気づいていなかった希望がだんだん見えてくるでしょう。
「本当はこういう条件で働きたい。」という気持ちに気づけば、併用しているエージェントに伝えて、より希望に沿った案件の紹介も受けやすくなるというわけです。

転職エージェントを複数利用すれば条件比較もできる

エージェントから紹介された案件と似た求人で、より好条件のものが転職サイトの方に掲載されていることもあります。

これは、転職エージェントと転職サイトで扱っている求人は異なるため起きることで、必ずしもエージェント経由の案件がいいというわけではないのです。

エージェントの紹介案件と、自身が転職サイトで探して気になった案件、双方を比較検討できるのは併用の強みですね。

 

転職エージェント複数登録におすすめランキングTOP5

自分に合ったものがわからない!という人にまず登録してほしい転職エージェントをご紹介します。
利用した人の口コミ評判やサポート体制、求人の質などを総合的に評価した本当におすすめの転職エージェントになっています。

転職したい!と思っている方には胸を張っておすすめできる転職エージェントなので、まずはこの中から3〜4つ登録してみるといいでしょう。

 

転職エージェントは複数使いがおすすめ!その活用法とは?

転職エージェントは複数登録すべき?

転職エージェントは1社だけでなく複数に登録して使っていくことで、転職活動をより有利に進めることができます。

最後に選ぶ企業は1つだとしても、そこに至るまでのプロセス、転職後の優遇や給料は、利用するエージェントによって変わってくることもありますよ。
ここでは、複数のエージェントを利用するメリットを紹介します。

転職エージェント複数登録の平均とは?

大手転職サイトのリクナビNEXTの調査によると、転職成功者の転職エージェントへの登録数は平均で4.2社。
かなり多くの人が転職エージェントを複数登録していることがわかります。

転職エージェントを複数活用するメリットとは?

転職エージェントにはそこにしかない求人もあり、同じ条件で検索しても違う企業のものを紹介してもらえるでしょう。
エージェントとの相性もありますので、転職を考えている人は迷わず4〜5つの転職エージェントに登録して転職活動を開始しましょう。

効率よく転職成功させるためには複数登録は重要になってきますよ。

複数転職エージェントに登録しても必ず応募しなくてもOK

転職エージェントの多くが「非公開求人」を採用しており、全体求人の7~9割が非公開というエージェントも。

非公開求人は無料登録することで見られますから、転職活動中ならまずは登録必須と言えるでしょう。
その他にも、応募書類作成・添削や情報収集ツールなど、登録することで利用できるサービスが多数。

どのサービスも完全無料で利用できますから、複数エージェントに登録することで、より多くの求人や便利ツールを活用することが簡単にできるのです。

 

転職エージェントを複数登録する際の注意点とデメリット

転職エージェントに複数登録して転職活動を進めるには上記でお伝えしたようなメリットだけではなく注意点やデメリットもあるので以下頭に入れておきましょう。

転職エージェントに複数登録していることをしっかりと担当者に伝える

別のエージェントが同じ企業求人を扱っていることは往々にしてあります。その中で、案件を紹介された際につじつまが合わない返答をしたり、無理に帳尻を合わせてエージェントに意思が伝わらなかったりします。まずはじめには他で登録して話を進めている転職エージェントの存在や採用が進んでいる求人企業の情報は共有しておくようにしましょう。

複数の転職エージェントから同じ求人に応募するのはNG

上記にも関わりますが、同じ求人に別の転職エージェントを経由して応募しないようにしいてください。エージェント同士での争いごとに発展する可能性も高いですし、もし両方で採用活動を進めて行く場合に企業側にも迷惑をかけることになります。

複数といってもやりとり可能な転職エージェントは4〜5社程度?

複数の転職エージェントの話を聞いたり、アドバイスをもらったりしながらながら転職活動をしていくことはおすすめしますが、10社も20社も登録することでエージェントとのやりとりだけで時間や労力を使ってしまわないように注意しましょう。2〜3社のエージェントと蜜に付き合っていくことをおすすめします。

複数登録している場合に転職エージェント経由で内定が出た場合は迅速な対応を!

複数の転職エージェントの方と転職活動を進めている場合、書類選考や面接が複数の企業で進むこともあるでしょう。
その中で内定が出たときには、迷っていても内定が出た旨を各転職エージェントの担当者に早めに伝えるようにしましょう。
入社を決断しているのであればなおさら早い対応が必要です。

理想の企業に転職するにはエージェントの複数使いが鍵!

さまざまなサポートが受けられて転職成功確率アップにつながる転職エージェントは、単体で利用するだけでも、一人での転職活動比べてずっと転職活動をスムーズにしてくれます。
ただ、複数のエージェントに登録して利用することで、情報量の底上げや限定求人、スカウトオファーの確率がアップするなどさまざまなメリットが。
さらに転職サイトとの併用で視野が広がり、より転職活動を有利に進めることが可能になります。
転職エージェントも転職サイトも、すべてのサービスが完全無料で利用できますので、ぜひ複数使いを徹底し、理想の企業との出会いを探していきましょう。

複数登録におすすめ転職エージェント第1位「リクルートエージェント」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

複数利用におすすめ転職エージェント第2位「doda」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

複数登録におすすめ転職エージェント第3位「ビズリーチ」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数90,801件非公開求人非公開
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種IT・ベンチャー年収UP率高い
  • 詳しく見る

有料会員制の完全非公開ハイクラス向け転職サイトのビズリーチ!!

年収1000万円以上の求人や管理職の求人、外資系企業への転職を求めている方に評判の良い転職サイトが、このビズリーチです。厳正な審査を通過した一流のヘッドハンターが1,700人以上登録されており、高年収・キャリアアップを望を望むハイクラス層にぴったりです。ビズリーチには転職サイトには珍しく有料プランが用意されております。無料でも利用できますが、月額制の有料会員(プレミアムプラン)を利用すると、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることはもちろん、無料プランでは確認できなかった非公開求人を見つけ応募することが可能になります。ビズリーチで転職活動を成功させた人の98%は「1通以上のスカウトに返信していた」という調査結果が出ていますので、スカウトが届いたらすぐに返信して情報収集兼ねてヘッドハンターとのやり取りを積極的に行いましょう。

ビズリーチの無料登録・詳細はこちら

複数利用におすすめ転職エージェント第4位「パソナキャリア」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

複数活用におすすめ転職エージェント第5位「マイナビエージェント」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数6,544件非公開求人21,388件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種(ITに強み年収UP率やや高い
  • 詳しく見る

多くの企業人事よ太いパイプを持つマイナビネットワーク!

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など多岐にわたる人材情報サービスを展開しているため、全国に配置されたマイナビの法人営業担当が全国の大手上場企業からベンチャー企業までの人事担当者と太いネットワークを有しています。強力なキャリアコンサルタントが応募書類の添削や面接対策など転職活動をトータルサポートしてくれるのです。また、IT領域に特化したキャリアアドバイザーが在籍するマイナビエージェント×ITがありますので、年収アップやキャリアアップを目指すPMやエンジニアにもおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの無料登録・詳細はこちら

 

  • 4Tweet!
  • 0Share!
  • 25Bookmark!
  • 25Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

法曹とは?法曹の意味と働き方を解説

法曹とはざっくりいうと法律の世界のことです。 ですが、法曹という単語は知っていても、法曹がどういう意味なのか説 […]

続きを読む

京都府京都市で一日○円以上を派遣アルバイトで稼ぐために登録するべき派遣会社・アルバイト情報サイトとは

今回は、京都府京都市で一日○円以上を派遣アルバイトで稼ぐために登録するべき派遣会社・アルバイト情報サイトを紹介 […]

続きを読む

基本給の意味やとらえ方とは

求職の際にまず一番に気になるのは、何と言っても給料でしょう。そもそも給料のために働くわけですから、給与明細の項 […]

続きを読む

物流・運送業界に転職したい第二新卒が知っておくべきこと

  第二新卒で物流・運送業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例 […]

続きを読む

20代の転職に役立つ資格は何?資格ごとのメリットやポイントを徹底解説!

転職に資格を活かしたい。でもどんな資格がどのように役立つのか分からない。そんな思いを抱く20代の方は多いのでは […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト