アパレル業界の企画職に転職するには?求められる人材や活動方法を解説!

アパレル業界の企画職に転職するには?求められる人材や活動方法を解説!

アパレル企業で商品やイベントの企画提案をおこなう企画職。
華やかなイメージがあり憧れる人も多い職種ですが、転職へのハードルは高いものがあります。
アパレル企画職への転職を考える方は、仕事内容を理解し、自身の職種適性を判断したうえで応募に踏み切りましょう。
ここでは、アパレル業界における企画職の仕事内容、アパレルの企画職への転職で求められる人材、転職活動方法を紹介します。

アパレル企画職ってどんな仕事?

憧れる人も多いアパレル業界の企画職ですが、具体的にどんな仕事をするのかご存じでしょうか。
単なる憧れだけで転職するとギャップを感じやすくなりますので、自身がやりたい仕事ができるのか、これまでの経験やスキルが活かせる仕事なのかを冷静に判断して転職することも大切ですよ。
ここでは、アパレル業界における企画職の仕事内容を紹介します。

企画、流通、販売まで総合的にプロデュース

アパレル業界における企画職は、商品企画から流通、販売に至るまで幅広く担当し、総合プロデューサー的な役割を持っています。
企業ごとに企画職の業務領域は異なりますが、単にアイデアを練って終わりということはなく、実際に消費者の手に届くところまでの効果的な「売り方」を考える仕事と言えます。

生地選定から商品デザインを担当することも

商品設計を考えるデザイナーとともに、生地選定や商品デザイン、どれくらいの量を生産するのか、予算はいくらにするのかなどを考えます。
シーズンごとに扱う素材に違いがあったり、流行りのデザインを自社ブランド流に落とし込む必要があったりするため、豊富なアパレル知識や自社の方向性把握、流行への感度が必要になります。

顧客ニーズに沿った企画提案

顧客から「こんな製品を作って欲しい」と依頼され、それに沿った製品を提案していくのも企画の仕事。
顧客先を訪問し、希望を聞きだし形にしていく手伝いをしていきます。
どんなコンセプトがあるのか、どの顧客層を狙うのかといった背景を考慮しながら、顧客ニーズに沿った企画提案をおこないます。

店舗やWebのデザイン企画

企業によっては、店舗のレイアウトやWebショップの構成、デザインなどを企画職に任せることがあります。
アパレル製品についてだけでなく、インテリアやWebでの見せ方などの知識も必要で、センスの高さも要求されます。

展示会やフェアの企画

ファッション関係者向けの展示会は自社製品を売り込む大きなチャンス。
企画職も参加して製品のアピールや商談をおこないます。
どちらかと言えば営業に近い仕事ですが、企業によっては「企画営業」として担当することも。
そのほか、イベントやフェアを仕掛けて効果的な販促につなげるのも企画の仕事です。

アパレル企画職の転職で求められるのはこんな人

アパレル業界での企画職に向いているかどうかを判断するには、転職において何が求められるのかを知っておく必要があります。
ここでは、アパレル企画職の転職で求められる人材を紹介します。

柔軟な発想力がある人

企画職はアイデア勝負の仕事ですから、柔軟な発想力が求められます。
しかも、単に「あったらいいな」ではなく、予算や消費者ニーズなどを考慮し、実際に売り上げにつながる企画を提案しなくてはなりません。
発想力を持ち、現実的に形に変えていくことができる行動力、課題解決力も求められます。

好奇心が旺盛で新しいことが好きな人

アパレル業界は流行に大きく左右される業界。
企画職は流行を察知して仕掛けていく仕事なので、好奇心が旺盛で新しいことが好きな、流行感度の高い人でなくてはなりません。
自分の好きなファッションに限らず、多種多様なファッションや流行にアンテナを張り、実際の仕事に落とし込んでいく必要があるでしょう。

全体を俯瞰的に見ることができる人

企画職は、商品企画から流通、販売まで多くの過程と関わる仕事なので、何かに特化して専門性を発揮するというより、全体を俯瞰的に見る能力が求められます。
他職種や関連取引先における仕事内容にも理解がなくてはならず、一連の流れの中でかじ取りをおこなう重要な仕事なのです。

仕事を投げ出さない忍耐力がある人

アパレル業界の企画職は、イベントや展示会に人が集まることもあり、華やかなイメージを持たれがち。
しかし実際は、取引先に何回も足を運んで打ち合わせをしたり、地道なリサーチで消費者ニーズを把握したりと、地味な仕事がメインとなります。
いつ成果がでるか分からない作業を延々と繰り返したり、取引先になかなか納得してもらえなかったりと、骨が折れる仕事ですよ。
憧れて企画職に転職しても仕事の大変さに辞めてしまう人も多いため、仕事を途中で投げ出さない責任感と忍耐力が求められます。

アパレル企画職への転職活動方法

アパレル業界での企画職に転職したい場合、どのように転職活動をおこなっていけばいいのでしょうか。
ここでは、アパレル企画職への転職活動方法を紹介します。

未経験でも可能な求人も多い

企画職と言うと経験が求められるイメージが大きいかもしれませんが、意外なほど未経験でも応募可能な求人が多く見られます。
アパレル業界での企画の仕事にどうしても転職したいという熱い想いがあれば、叶わない夢とも言えません。
ただし、大手は経験がないと厳しいため、ブランドを選ぶと難しい側面も。
とにかくアパレル業界に転職して企画という仕事をしてみたい方なら、未経験でもチャレンジできるでしょう。

メンズの企画職も意外と多い

アパレル業界は女性を中心に回っているイメージがありますが、メンズ向けの企画職への転職は狙い目です。
メンズアパレルは女性ものとは違った戦略で売っていく必要があり、独自の視点で企画提案できる人が求められます。
メンズの企画職は求人も比較的多く、企画や営業職の経験がある人であれば、経験を活かした転職ができるのではないでしょうか。

自己分析とキャリアの棚卸は徹底的に

職種に限らず言えることですが、特に企画職においては、自己分析とキャリアの棚卸の必要性は高いものがあります。
発想や提案、分析力などが問われる職種のため、向き不向きが激しく、単純な憧れだけでは転職が難しい仕事だからです。
自分は本当に企画職に適性があるのか、活かせるキャリアがあるのかといった点は掘り下げて考えておきましょう。

コミュニケーションスキルをアピール

アパレル業界での企画職は、総合プロデューサーとして多くの職種、取引先と接する仕事です。
企画をプレゼンしたり、自社製品をアピールしたり、職種間における調整を担当したりしますから、コミュニケーションスキルが重要。
転職面接では面接官の質問に対して適切な回答ができるよう、話をよく聞き、面接官が何を聞きたいのかを考えて答えるようにしましょう。
相手のニーズを察知できる人材かどうかをしっかりチェックされていますよ。

アパレル業界特化型の転職エージェントを利用

アパレル企画職は採用枠自体が少なく、企業内から立候補する人も多いため、求人自体が一般に出回りにくいと言えます。
やみくもに求人を探しても、希望に合致する求人を見つけるまでに時間がかかりますので、転職エージェントを利用しましょう。
アパレル業界に特化した転職エージェントであれば、企画職も比較的見ることができますよ。
アパレル業界事情に精通したコンサルタントのサポートを受けられるため、内定獲得までがスムーズです。

憧れのアパレル企画職への転職を成功させよう!

憧れる人も多いアパレル業界での企画の仕事ですが、多岐にわたる業務を担当し、求められるスキルも高いものがあります。
求人自体が少なく容易に転職できる職種ではありませんが、どうしてもアパレル企画に転職したいという熱意をもって転職活動に臨みましょう。
求められる人材に近づけるようスキルを磨き、ポイントを絞った転職活動をすることで、希望の転職が近づくはずです。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

もう悩まない!介護派遣によくある悩み、解説します

介護業界で派遣スタッフとして就業する人に多いのが、派遣ならではの「人間関係」の悩みと、辞めるタイミングをはじめ […]

続きを読む

え?健康診断も福利厚生のひとつなの?

企業が労働者やその家族の生活を豊かにするために、給与や賃金にプラスして支給する非金銭報酬である福利厚生。 自身 […]

続きを読む

家族経営企業に転職すべきでないって本当?家族経営のメリット・デメリット

ブラック企業という言葉が浸透してから、家族経営企業がその典型だとして悪いイメージを持たれることが増えました。 […]

続きを読む

介護パートの応募はこう書く!採用される履歴書のポイント

介護職のパートは、30~40代の女性を中心に、多くの方が活躍しています。 介護パートとして働くには、まず履歴書 […]

続きを読む

介護資格の必要性を業務ごとに解説。無資格でも介護職員になれるのか?

介護業界への転職希望者からよく聞かれるのが「資格は必要?」という疑問です。 現在無資格の場合に転職できるのか、 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト