面接に持っていくかばんは大丈夫?転職活動で気を付けたいかばんのマナー

面接に持っていくかばんは大丈夫?転職活動で気を付けたいかばんのマナー

転職活動の面接にはどのようなかばんを持っていけばよいのでしょうか。
実は、前職で「いつも使っていたかばん」が面接には不向きというケースも多いもの。
転職活動で気を付けたい、かばんのマナーについて紹介します。

面接にはコレ!かばん選びのポイント

面接ではスーツや頭髪などの身だしなみも重要視されますが、かばんもまた、身だしなみのひとつです。
面接にふさわしい装いにするには、どういったかばんを選べばよいのか、ポイントからおさえていきましょう。

黒いシンプルなデザインのかばんがおすすめ

新卒で就職活動をする際に「リクルートバック」を購入した方は多いかもしれませんが、転職活動でも同様に、黒のシンプルなかばんがおすすめです。
ただし、実際に新卒の就職活動中に使っていたものでは、チープに見えすぎてしまう事も。
当時使っていたリクルートバックは避けるようにしましょう。

ビジネスにおけるドレスコードのとらえ方は、企業によって若干異なります。
「絶対に黒!」というわけではありませんが、男女ともに、黒色でかつシンプルなデザインを選んだ方が無難です。

A4サイズが入るものをチョイス

転職活動用にかばんを選ぶのであれば、大きさにも注目しましょう。
転職活動中、企業の説明会や面接では資料をもらうことがあります。
小さめのかばんでは、頂いた資料が入らないことも。
折りたたまずにスマートにしまえるよう、A4サイズが収まるかばんを選ぶのが2つめのポイントです。

マチがあるもの

会社から資料をもらうだけでなく、応募書類やスケジュール帳など、転職活動中は何かと荷物が多くなりがちです。
薄いかばんは荷物が増えるとパンパンに膨らみ、不格好に映ります。
場合によっては、だらしない印象を与えることも。
そうならないように、転職活動中は、ある程度マチがあるかばんを選ぶとよいでしょう。

また、面接の際は、椅子の脇にかばんを立てておくのがマナーです。
自立しやすいことを考慮しても、8~10センチ程度マチがあると安心ですね。

内ポケットや仕切りが多いものが便利

転職活動中にかさばりがちな荷物をスマートに整理するには、仕切りが多いタイプがおすすめです。
面接の際に、携帯電話やパスケースをスーツのポケットに入れたままというわけにはいきませんよね。
細々とした荷物も、さっと取り出せるように、利便性・機能性の高いポケットが多いタイプのカバンを用意しておくと便利です。

イメージダウンにつながる!?面接に避けたいかばんとは

おすすめなかばんがあれば、もちろん、NGなかばんというものもあります。
面接には不向きなかばんとはどういったものなのでしょうか。

ブランドもの

ブランド名のロゴが入っていたり、ブランドの象徴的なモチーフが描かれていたりというように、ぱっと見て明らかにブランドものであると分かるかばんは避けるようにしましょう。
オフィシャルな場である面接には不向きです。
「TPOをわきまえない人」という悪い印象にもつながりかねません。

装飾が多く、デザイン重視のもの

特に女性に言えることですが、リボンやチェーンが施されているような、明らかに装飾が多いものや、小ぶりでデザイン重視のかばんも面接には不向きです。
「派手」な印象は、面接においてはマイナスイメージにつながることもあります。
お気に入りのかばんでも、面接には持参しないようにしましょう。

リュックサックもNG

若い方の間では、ビジネスリュックも好まれていますが、面接には適していません。
カジュアルすぎる印象を与えることがあるからです。
また、リュックはスーツのしわやよれにつながることがあるというのも、おすすめできない理由です。
前職で愛用していたという方でも、面接の際は避けるようにしましょう。

面接中はどうする?面接におけるかばんのマナー

かばん選びのポイントが分かったら、面接中のかばんの扱い方もおさえておきたいところ。
そこで、面接中に役立つかばんのマナーについて紹介します。

かばんはしっかりと閉めておくこと

面接会場に入る前に心がけたいのが、かばんはしっかりと閉めておくこと!
かばんが開いていると、見ようと思わずとも中身が見えてしまうことがあります。
ちらっと見えたかばんの中が散らかっていると、印象が悪くなってしまうことも。
また、一礼した際にかばんの中身が落ちてしまう可能性もありますよね。
まずは、しっかりと閉めてから面接に挑むようにしましょう。

かばんを持ったまま一礼する際は?

面接会場へは、かばんは歩く時と同じように、手に持ったまま入室します。
女性の場合は、肩にかけたままでもよいでしょう。
手に持ったまま入室した場合は、そのまま足の横にさげた状態で一礼します。
一方、肩にかばんをかけている場合は、かばんがずりおちないようにしっかり脇をしめるか、あるいは両手に持ち直して一礼するようにしましょう。

面接中、かばんは椅子の脇に立てておく

入室と同時に一礼したら、面接官の誘導に従い、椅子にむかいます。
面接官に椅子にかけるよう促されたら、着席と同じタイミングで、椅子の横に立てた状態でかばんを置きましょう。
この際、寝かせておくのはマナー違反となりNG。
マチがあるかばんがよいという点は先述しましたが、立てて置くことを考えると、底に金具(底鋲)がついたかばんもおすすめです。

なお、「着席前」にかばんを置くべき、あるいは、「着席後」に落ち着いてからかばんを置くべきと意見が分かれることもありますが、過度にこだわる必要はありません。
不自然にならないように、かばんを立てて置ければどちらでもよいでしょう。

コート類はかばんの上にかける

季節によってコートを着用していた場合、まず企業を訪問する前に脱いでおくのが当然のマナーですよね。
その際、ある程度きれいにたたんだ状態で、腕にかけるようにして持っておきましょう。

面接中のコートは、かばんの上にかけるように置くのがマナーです。
ただし、かばんの上にかけると倒れてしまう場合などは、二つ折りにして椅子の背にかけても問題はありません。

使いやすいものを選んで

面接に持参するかばんは、黒でシンプルなものが基本となりますが、扱いやすいもの・使いやすいものを選ぶのも大きなポイントです。
自分にあったものを選ぶことで、慌ただしい転職活動もスマートに乗り切ることができます。
モチベーションアップのためにも、気に入るものを選ぶといいですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています