転職面接で必ず聞かれる5つの質問と対策

転職面接で必ず聞かれる5つの質問と対策

就職面接では、採用担当者が必ず聞いてくる質問があります。
あなた自身のこと、会社のこと、将来のことなど、どれも典型的な質問内容なので、難しく考えることはありません。
事前に対策をすることで、就職面接に有利になります。
必ずポイントを押さえておきましょう。

転職面接で会社が知りたい5つのこと

転職面接では、大きな声で明るく話すことやビジネスマナーを徹底して実践することが求められます。
こちらは一度身に付けてしまえば、企業によって変える必要がないので見直す必要は少ないと言えます。
しかし、面接はどうでしょう?企業によってアピールするポイントは変えていくことが必要になりますね。
また、「職務経歴」「転職の理由」「志望理由」「今後の目標」「逆質問」といった基本的な面接の流れを把握しておく必要があります。
企業にとって知りたいことがすべて含まれている事柄です。
面接では様々な質問がありますが、この5つには、会社が知りたいあなたの情報がすべて含まれています。
「これまでの経験は何をしてきて、なぜ前職を辞めここを選んだのか。そしてこれから何を目標にして仕事をするのか」を企業は把握できますね。
最後に質問を受け付けることで、お互いの見解の食い違いは無いかの確認ができ、質問によってどれだけ興味を持っているかを図ることができます。

「職務経歴、あなた自身のこと」への質問

職務経歴を知ることで、会社側はあなたのこれまでの経験を把握することができます。
あなた自身のことを話すチャンスです。
経歴に加え、どういうポジションで取り組んできたのか、その結果も話すことでアピールに繋がることでしょう。
また、その経験がどういった形で活かすことが出来るかも考えておくことが必要です。
そのためには、まずはあなた自身のことを分析することが必要になります。

新しい会社で活かしたいアピールポイントは何か

あなたの経験・実績の中で、新しい会社で活かせることがあるか確認しましょう。
あなたにとって自信のあるところは何ですか?
前職で認められていた部分を考えてみましょう。
声が大きい、資料整理が得意、契約件数上位といった得意分野があるはずです。
アピールポイントを自分自身が把握するためにも、必ず目星をつけておきましょう。

これまでの取り組み、成果は具体的に

これまでの経験の中で、取り組んできたことや成果は具体的に答えられることが重要です。
会社はあなた自身のことを質問しているので、曖昧な答えでは信用を失うことになります。
特に数値関係は具体的な値が求められることになるので、実績として話す場合は必要な数値は頭に入れておきましょう。

協調性、コミュニケーション力、ストレス耐性について

職務経歴だけでは把握できないことを自己PRがてら話しましょう。
協調性についてのアピールは重要です。
会社は個人の作業だけではないので、個人プレーに走る行動経験はマイナスポイント。
そこに繋がってくることがコミュニケーション力です。
会社という特性を理解できているか、社員間の関係を友好的に進められる能力があるかが求められます。

そして忍耐力についても同様です。会社は予期しない出来事やミスが発生するものです。
それに対し、過度に反応してしまいストレスと感じるものです。

以上のことは転職面接では必ず答えられるようにしましょう。
前職の経験談を交えながら話すことで、会社にもイメージしてもらいやすくなります。

「転職の理由」の質問

おそらく転職の理由を聞かない企業はありません。
転職面接でのひとつのハードルになるので、対策は確実に取り組みましょう。
答え方ひとつで会社からのイメージが大きく変わることになります。
正しいルートで回答していくことで、良い印象を与えることもありますのでマイナスの表現を避け、ポジティブな理由での転職だということをアピールしましょう。

最も答えにくい質問が転職理由

転職理由を話すことは転職者にとっては、面接での最も答えにくい質問になりますね。
警察とたまたま遭遇した時のように、悪いことをしているわけではないのに不安になるような感覚と一緒ですよね。
しかし、この質問は避けては通れない重要な問題です。
転職理由として適正なものを考えましょう。

また転職するのでは?と思わせる答え方はNG

会社側にとって転職理由を聞くことが、今後転職する気があるのか判断する材料になります。
当然ですが、また転職すると思われた場合はマイナスの評価になります。
この会社がメインで扱っている事業にこの先従事していきたい、といった答え方がベストです。
また、前職での不満を話してしまうと、同じ状況の場合辞める奴だと思われてしまうので注意しましょう。

ネガティブな説明に終始せず、新たな仕事につなげポジティブに結ぼう

前の会社に不満がなければ転職は考えません。
ただし、ネガティブな理由では面接官に良く思われないことがあります。
時間外労働や上司との不仲といった理由があっても、言い回しを考えながら答えましょう。
転職理由をポジティブに答えることで、上昇志向が強いと思わせることが大事です。
向上心という言葉を軸に考えると、アピールする場面に変わっていくでしょう。

「この会社への志望理由」の質問

志望理由を考えていないことは無いと思いますが、その志望理由は間違っていませんか?
あなたの希望だけではなく、企業研究をもとに話すことが必要になります。
仕事内容をよく把握して説明できるように準備しましょう。
これまでの経験を活かせる面も加えることで、信ぴょう性の高い志望理由になります。

条件、待遇面がよい、だけでは志望理由にならない

あなたが転職をする際に、何を基準に会社を選びますか?
福利厚生といった待遇面や、細かい条件ばかりに目が行っていませんか?
それは間違っていません。
むしろ労働者にとって最も大切な情報だからです。

しかし、転職面接の際にはそのことばかり話すだけでは志望理由にはなりません。
条件や待遇面は重要ですが、転職面接では仕事内容での志望理由が採用に大きく関わってきます。

その会社、業務にミスマッチがないかの確認

よくありがちなのが、面接での評価を気にして「何でもOK」状態になることです。
あなたが考えている業務と、会社での実際の業務に相違がないか確認しましょう。
確認を怠って内定をもらったとしても会社への不満が溜まり、次の転職を考えることになりかねません。
業務にミスマッチがないことを確認することで、問題の解決や安心感を得ることもできます。

「これからやりたいこと、目標」の質問

会社は転職面接では「入社後のあなた」を見ています。
あなたは「入社後の自分」をイメージできていますか?
何ができる会社なのかよく研究することで、具体的なイメージを掴むことができるはずです。
会社側としても、入社後のビジョンが明確な人材をほっておくことはないでしょう。
会社の業務を知り、そこで自分が何をすべきかを見据える考えを持つことから始めましょう。

長くこの会社に定着してくれそうか?

会社というのは入れ替わりを意識した採用は行いません。
当然ですが、長くこの会社に定着してくれるかを見定めます。
一般的に転職回数の多い方が不利というのはこのためです。
面接では長く続けられるかということを深く追及されるでしょう。

しかし、本当に続けられるかということを見極めたいだけなので、不安になる必要はありません。
会社側の不安要素をひとつずつ払拭する言動を選ぶことで採用に近づきます。

その会社での具体的目標を設定しよう

転職面接の前に、会社での具体的な目標を設定しておきましょう。
まだどんな仕事内容かも具体的にわからないのに?と思うかもしれません。
ではあなたはどんな仕事をするつもりでこの会社を選んだのですか?
企業研究をより深くすることで業務内容も把握できるはずです。

業務内容を把握したら、具体的に目標を立てましょう。
会社側は「働いている自分をイメージ」できている方を求めています。
目標はモチベーションに繋がるので、目標を意識した発言から熱意が伝わり、会社側も安心することになるでしょう。

「何か聞きたい事は?」(逆質問)

面接の最後に「逆質問」があります。
逆質問では、主に仕事に対しての熱意が評価されます。
企業研究だけでは不十分な内容について質問してみましょう。

ここで注意が必要なことが、公表されている部分への質問です。
調べればわかることを質問することは、企業研究をしていないというマイナスなイメージを与えてしまいます。
逆質問はやる気をアピールする場面になるということを意識しましょう。

最低でも3つは質問したいことを準備

質問の数について3つは用意しておきましょう。
会社側から先に説明されてしまう場合もあるので、予備の質問も重要です。
やる気をアピールする質問や一日のスケジュールを聞くことなどで、入社後のイメージを考えてくれているという印象を与えます。
必要な資格はあるか聞いてみるのも将来を見据えた良い印象になりますね。

待遇面、福利厚生の質問は?

待遇面、福利厚生は本来一番気になる部分になりますよね。
しかし現実は聞きづらい質問になります。
言い回しを変えることで、遠回しに聞くのも一つの手です。
休日や残業時間といった聞きづらい質問の場合、社員のスケジュールを教えてほしいと伝えることで会社側にも嫌な印象を与えずに、聞きづらい内容を把握できるでしょう。
気になる部分があったら、心証を考えながら事前に考えておきましょう。

その他の質問

上記のような基本的な質問のほかに、採用とは無関係ではない質問があります。
採用基準にそれほど影響はありませんが、念のためにイメージしておきましょう。

他社の応募状況

転職面接を同時に複数受けている方が該当します。
正直に何社受けているかを伝えましょう。
同時にこの会社が第一志望というのも付け加えると好印象に繋がります。
会社側としては、内定を通知した後辞退されると困るので聞いてくることがあります。
また、複数受けていることで、転職への熱意が伝わることもあります。

ただし、複数の会社で不採用が続いているなど不利になることの明言は避けましょう。あくまで現在の応募状況で、結果が出た会社は関係ありません。

条件、希望の確認

公表されている場合、大きく条件が変わることはありません。
細かな打ち合わせのようなものなので、深く考えなくても大丈夫です。
条件、希望の確認なので、転勤は本当に平気かなどの意思確認が答えられれば問題ありません。

まとめ

転職面接で必ず聞かれる5つの質問。
当たり前のことばかりですよね。
しかし、その当たり前のことを確実に答えられるかが転職のカギになります。
このほかにも質問事項は数多くありますが、軸になる質問を徹底的に対策することで応用が利くようになります。
この5つの質問は、言わば転職面接のルールなのです。ぜひ参考にし、転職活動を成功させてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています