在職中だからこそ気を付けたい!転職活動における面接の注意点

在職中だからこそ気を付けたい!転職活動における面接の注意点

勤めている会社で退職を考え始めた時に、悩みとなるのが転職活動をどうするかという点だと思います。
退職してから転職活動を行うのか、在職中に転職活動を行うのか、この転職活動を始める時期というのは誰もが直面する悩みですよね。
ですが、在職中に転職活動を行うのにはメリットがあるのです。
今回はそんな在職中だからこそ転職活動をするメリットと、実際に面接等を受ける際の注意点をお教えしていきます。

退職後に転職活動をするのは不安でいっぱい!

今の会社を辞めた後に不安な点といえば、生活面の悩みではないでしょうか。
次の会社が決まるまでどうやって生活するのか、具体的に就職先が決まるまでにどのくらいの時間がかかるのか、わからないことはたくさんあります。
退職日を迎えてからの転職活動は、このようにたくさんの不安を抱え、そして解消できぬまま行うことになってしまうのです。
そうすると転職活動に焦りが出てしまい、本来希望していた企業とは違った企業へ就職し、再び転職を重ねてしまうなんてことにもなりかねないのです。

在職中は忙しい!それでも転職活動をするメリットはあるの?

とはいえ、在職中に転職活動を行うのはなかなか難しいことです。
自身の仕事と同時進行で転職の為に書類を準備したり、面接の日取りを調整し実際に面接を受けるなど、とても忙しくなってしまうでしょう。
それでも、在職中に転職活動を行うことにメリットはあるのでしょうか。

経済的な余裕が生まれる!

何より大きなメリットと言えるのは、経済的な余裕があるという点です。
退職後の収入が無い状態で、期限のわからない転職活動を行うという不安定な状況ではなく、しっかりと収入があり生活が安定している中で転職先を決め、さらに退職後の金銭的不安も無いからです。
また、転職後の金銭的な計画も立てやすいため安心できるでしょう。

職歴に間が開きません!

もう一つのメリットが職歴に間が開かずに済むということです。
転職を行う際に履歴書は必ず必要な書類となります。
その履歴書を面接官が見た時に、空白期間があった場合その期間についての説明を求められる可能性が高いのです。
資格取得をしていた、勉強をしていた等の理由があればしっかり空白期間の説明も出来ますが、特に説明が出来ない場合の空白期間は印象が悪くなってしまいがちです。
在職中に転職活動を行うことで、務めている企業の退職日と転職先の企業の入社日を上手く調整し、この空白期間を無くすことが出来るのです。

とはいえ就業中の転職活動は大変!

ですが、前述のとおり在職中に転職活動を行うのはなかなか大変な作業です。
どのように転職活動を進めれば、在職中にスムーズに転職先を決める事が出来るのでしょうか。
スムーズな転職のためにも大切なポイントをしっかりと押えておきましょう。

書類等の準備は業務時間外を上手く使いましょう

まずは、必要な書類や写真・提出データなどの準備についてです。
これらは休日休暇や就業時間後など、業務時間外を上手く活用して作成しましょう。
業務時間内に余裕があるから、業務中に書類の作成を行いたいという方もいるかもしれませんが、現職の人達にバレてしまうと心証は良くありませんし、職場の士気を下げてしまう可能性もあります。
現職での余計なトラブルを避けるためにも、業務時間外を上手く活用することが大切といえるでしょう。

一番の難関!面接の日程調整はどうやるの?

書類作成を終えるといよいよ次は面接試験の準備が必要になりますが、難しいのが日程調整です。
自身にも仕事があり、なかなか転職希望の企業と都合が合わない場合もありますよね。
その場合、会社を休んで面接に挑むことになりますが、その際には有給を使用することをおすすめします。
有給休暇とは労働者が持つ権利であり、取得理由を会社に伝える必要はありません。
その為、余計な嘘をつく必要もありませんし、嘘がバレた際のリスクも無いからです。
また、休む場合には周りに迷惑をかけることが無いように業務の引き継ぎや調整等はしっかり行っておきましょう。
また、どうしても自身が仕事を休むことが難しい場合はその旨を転職希望の企業へ相談するのも方法の一つです。
その際には自分の都合を押し通すだけでは無く、「今後のスケジュールはどのように進みますか。」と相手側の予定を把握したうえで相談するようにしましょう。

在職中の面接!気を付けたいことは?

では、ここからは実際の面接において在職中だからこそ気を付けたい点をお教えしていきます。
面接を受ける際には、しっかりとこのポイントを押えておき不備の無い受け答えが出来る様に準備しておきましょう。

大切なのは「今の会社を辞める理由」

面接の場で必ず聞かれる質問が「なぜ今の会社を辞めて転職をするのか」というものです。
この質問をする意図は、同じような理由でまた会社を辞めることが無いか、またどのようなことに重きを置く人物なのかを把握するためなのですが、この質問への答えが在職している企業に対する愚痴になってしまう人がいます。
在職企業への愚痴や不満は悪い印象を与えがちですので、退職理由はシンプルにわかりやすく伝えるようにしましょう。

なぜ今の会社じゃダメなのか考えておこう!

次に質問される点として「現在の企業ではその転職理由は実現できないのか・改善できないのか」ということです。
スキルアップを目指す場合、そのスキルアップのためになぜ転職をしなければならないのか。
人間関係に問題があった場合、改善のために出来ることはなかったのか。
在職中だからこそ、なぜ今の企業を辞めて転職する必要があるのかを明確に説明できるようにしておかなければなりません。
しっかりと理由を明確化し、相手が納得できるような説明が出来るよう、自身の考えをまとめておくことが大切です。

しっかり考えておこう!退職日と入社日

難しかった面接も乗り越え、無事に合格を勝ち取りあとは退職を迎えるだけという状態になった時、必要になるのが在職する企業の退職日と転職先企業の入社日を決定することです。
国民年金や社会保険等の兼ね合いを考えるとスムーズに引き継ぎが出来る調整を行うことをおすすめしますが、一体どのように調整すれば良いのでしょうか。

社内規定や会社側の意向を知り退職日を検討しよう

まずは、在職企業の社内規定を確認し、いつまでに退職を申し出る必要があるのかを確認しましょう。
法的には2週間前までの意思表示が必要とされていますが、ほとんどの企業では社内規定で退職申し出の期日を定めています。
退職決定後の手続き等も必要となりますのでしっかりと規定の確認を行い、わからない場合には人事担当者等へ聞いてみましょう。
また、業務の引き継ぎ等も必要になりますので上司にも退職日についての意向を確認し、会社側と退職日の調整を行っていくことが大切です。

退職日をある程度考えて、入社可能日を調整しよう

次に転職先の企業との入社日調整についてですが、面接の場において「いつから勤務が可能か」と質問を受ける場合もあります。
その際は現状の業務進捗状況や引き継ぎに必要な時間等を計算しておき、おおよそ退職までに必要な期間を伝えましょう。
その上で、可能な限り企業側の入社希望日に合わせることが出来るよう努力し、上司と相談し調整を行う旨を伝えておきましょう。
実際に入社日を確定する場合には、在職企業との調整を終えたうえで確実なものを伝えられるようにしておくことが大切です。

在職中だからこそ気を付けて!面接を乗り切ろう

いかがでしたか。
在職中に転職活動を行うなかでいくつものメリットがある一方、在職中だからこそ気を付けなければならない点もあります。
気を付けるべき点をしっかりと押え、スムーズに転職活動を進めることで、今後の生活における不安も解消できます。
ぜひ、今回お教えしたポイントを覚え、希望する企業への採用を掴みとって下さい。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

職務経歴書は「手書き」より「パソコン」!?手書き指定の場合のコツも徹底解説!

履歴書は「手書き」で書いているけど、職務経歴書は「手書き」と「パソコン」どっちで書いたら良いのかわからない…と […]

続きを読む

実は最後のアピールチャンス!?面接では逆質問を活用しよう

面接を控える人は自己紹介や志望動機など、質問されるであろう内容に対しての答えを事前に用意して面接の本番に挑むこ […]

続きを読む

転職の面接で失敗しないための大切なポイントまとめ

転職面接を控え、不安や緊張で胸がいっぱいではないですか? 事前に準備や対策をしておくことで、不安が解消され、自 […]

続きを読む

面接で転職者を見抜く質問!ズバリ面接官の意図は?

転職の面接対策では、定番質問以外の質問も気になりますよね。 どんな質問がされるかを完璧に予測することは不可能。 […]

続きを読む

職業訓練校への通学が学歴に含まれるかどうか

会社を退職して、転職活動をするにあたり、「職業訓練校」に通っている人も多いでしょう。 実際に職業訓練校に通い、 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

もっと読む

ピックアップ特集