転職面接で落ちる人、落ちる5つの理由

転職面接で落ちる人、落ちる5つの理由

転職を経験したことがあるからこそわかることもありますよね。
新卒時代には無かった「職務経歴書」や、「履歴書」の転職者向けの書き方、そして面接の厳しさです。
面接で落ちてしまう人には理由があり、そこを気を付けることで自分の希望の企業に転職できるでしょう。
ここでは面接で落ちる主な理由を5つ紹介します。

面接に落ちた理由わかりますか?

書類選考は問題ないのに、面接になるとことごとく落ちてしまう。
どう擦れればいいのか悩んでいる人もいるかもしれません。
落ちた理由がわからないままではまた同じことを繰り返し、転職活動が長引いてしまう原因に。
前を向き、どんどん転職活動を進めていきたい気持ちも分かりますが、一度立ち止まり、なぜ面接で落とされてしまったのか考える時間を設けましょう。

その1: 第一印象はどうか?

第一印象を甘く考えていませんか?
ある企業では、第一印象だけで合否が決まる場合もあるのですよ。
大事なことは、清潔な見た目と自然な笑顔です。
鏡を見ながら練習してみましょう。不自然にならないように振る舞いましょうね。

身だしなみ、ビジネスマナーはどうか?

身なりを整えることやビジネスマナーは特別なことではありません。
面接にふさわしい身だしなみをすることは当然ですが、ワイシャツの汚れやネクタイの緩みなど見落としがちな部分があります。
合否のふるいにかけられる初歩的なポイントです。
身だしなみはチェックを必ずすることで失敗を防げます。

ではビジネスマナーはどうでしょう。
企業は転職者に最低限のマナーを求めます。
どれだけ素晴らしい表現でアピールをしても、社会人として最低限のマナーが出来ていない場合、落選候補になってしまいます。
言葉遣いや、振る舞いに気を付けることで、採用への距離がぐっと近づきます。

姿勢、表情、アイコンタクトはどうか?

面接に力を入れ過ぎて、姿勢や表情にも緊張が見られる場合があります。
前のめりの姿勢や、強張った表情は相手にもプレッシャーを感じさせてしまいます。
リラックスをしながら肩の力を抜くことで、緊張から解放され実力が発揮できるでしょう。
しかし、リラックスし過ぎて背もたれを利用するのは厳禁。
浅めに座り、背筋を伸ばすことで、印象も良くなります。

また、話しをする際、相手のどこを見るかも重要。
アイコンタクトを取っているつもりでも、自信のない質問をされた場合など、視線を落としてしまいがちです。
目を見て話すのが難しい場合、鼻を見るといった工夫や、ぼやーっと景色を眺めるように相手の顔を見るといいでしょう。

その2: 自己PRは「相手のニーズ」に合っているか?

志望動機と違い、自己PRに力を入れない方がいます。
自己PRは実は重要なポイントですよ。
アピールポイントは取れるところで確実に取っておきましょう。

では自己PRで何を話せばいいのでしょうか。
実は長所や短所といった基本的なことに力を入れるのは間違い。
ポイントは、「私は企業にとってメリットがある人材だ」とアピールすることです。
今までの経験からどんなことが出来るのか、企業にどれくらい貢献ができるか話しましょう。
自己PRは自己紹介ではありません。
企業が求めている存在にどれだけ一致しているか、相手のニーズを確認し内容に盛り込むことが大切です。

その3:志望理由は明確か?

「似たような企業が多い中、どうして我が社を選んだのですか?」定番のフレーズですね。
しかし実際に質問されることはそう多くはありません。
志望動機の中に入っていて当然だからです。
聞かれそうな内容はあらかじめ志望動機に組みこんでおきましょう。

志望理由が「条件、待遇、福利厚生、そしてスキルアップ」!?

志望理由で言いやすい言葉が、企業にとっては求めている答えではありません。
労働環境が良い面を評価しているだけで、働く意欲を感じ取ることができませんね。
実際は上記のような理由だとしても、せめて情報収集をしておき「企業のアピールポイント」を知っておく必要があります。
あなたにとっては転職で重要視したい面でしょうが、ここはグッとこらえましょう。

会社があなたを採用するメリットは?

意外に答えづらいのがこの部分です。
大きなことを言えば「自己評価の高い奴だ」と思われ、謙虚にした場合「自己主張の弱い奴だ」となります。
ここは新卒には無い経験面を話すのが得策です。
「これまでの実績からこういうことができる」とはっきり言っても問題ありません。
前職での経験談を交えて話してみましょう。

その4: 転職理由は納得できるものか?

事情を話し転職理由を納得させるのは難しい問題ですね。
特に、前職を不義理にして辞めた場合は答え方が出てきません。
もちろん嘘はいけませんが、本当のことを正直話すことが正しい選択ではありません。
要は相手に納得してもらえればいいだけです。
質問に対して、戸惑うことなく答えることが求められているのです。
不利になることは言う必要ありません。

退職の理由はどうか?

「給料が安すぎる」「残業が多い」といった内容は不利になりそうですが、言い回しを変えるだけで有効に使えます。
「これまでの経験を活かしてキャリアアップ」という言葉や「プライベートの充実とやりがいのある仕事を求めていた」という言い方にすればマイナスのイメージは無さそうです。
言い回しを変えて考えてみましょう。

やりたいことは明確か?

入社後、何ができる企業なのか情報収集をしておく必要があります。
併せてこれまでの経験との共通点を調べておきましょう。
どんな業務がやりたいかなんて明確には答えられませんよね。
ですから、これまでの経験との類似点を強引にでも結び付け、「より深くこの面を追求したい」という思いを伝えることが正解でしょう。

その5:行き当たりばったりの答え、準備不足はすぐわかる

軽くホームページを見る明けで大体の社風や業務内容などを確認する人は多いでしょう。
雰囲気で答えられる質問もありますが、企業の細かい実績などを聞かれれてしまうとアウトです。
当然、企業側も調べてきているか確認を取るような質問をしてきます。
わからない内容には踏み込まず、正直に「わからない」と答えましょう。

面接は準備が8割

面接は「ぶっつけ本番」とは違います。企業研究の時間も十分あるはずです。
面接の合否は8割が準備で決まります。
企業の実績や細かな数字だけではなく、ネットで誰でも調べられることは、確実に頭に入れておきましょう。質問に対する受け答えも忘れずに叩き込みましょう。
逆に言えば、準備を十分取り組んでおくことが転職活動のカギになります。

振り返り、次に活かす

これだけやっても転職面接に落ちてしまう場合もあります。
落ち込んでいる暇はありませんので、縁がなかったと切り替えましょう。
しかし、面接だけは必ず振り返りましょう。
落ちた理由はわかりませんが、改善できる点があるはずです。次に活かすために研究を重ねることが重要になります。

就職相談、面接練習を利用しよう

就職・転職などの面接には一人で頑張らず、相談をすることが大事になります。
転職エージェントやハローワークには、無料で面接の練習や相談に乗ってくれる方がいます。
一人ではどこが悪いのか見つからない場合がありますね。
客観的に見てもらうことで意外な部分での見落としが発見できるかもしれません。

合格ラインを見極めよう

転職面接で落ちる理由はこれだけではありません。
細かい部分でも採点されているので、より追及していくことを忘れずにしましょう。
しかし、ここまで出来れば一つの合格ラインはクリアです。
まだ不十分の方は、この5つの理由をチェックして改善していきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています