転職面接で必ず訊かれる退職理由、どう答える?対策のポイント

転職面接で必ず訊かれる退職理由、どう答える?対策のポイント
adabara / Pixabay

退職理由は、面接で必ずといっていいほど訊かれる質問であり、また最も応募者の頭を悩ませる質問です。ではなぜ採用担当者は、退職理由を重要視するのでしょうか。実はそこから、何に不満を持ち、何に価値を見出しているのかなど、応募者の人柄や職業観を読み取ることができるのです。それだけ重要視されている退職理由なので、採用担当者がそれを聞いてどのように感じるのかを考えながら、慎重に対策を練る必要があります。

最も答えにくい退職理由

面接において、最も重要視されている退職理由。応募者の立場からすると最も答えにくい質問です。それは、ほとんどの離職理由がネガティブなものであることが多く、面接で話してしまうと採用の不利になるのでは?と考えるからです。

嘘はよくない?事実はどこまで伝えるべき?

わざわざ嘘の退職理由をいう必要はありません。採用担当者から詳しく追求されると説明に詰まり嘘がばれてしまい、信頼を失ってしまいます。また、いくら事実であったとしても、会社に対する不平不満は伝えない方が良いでしょう。特に給与など条件面に関する不平不満はNGです。「自分にとって本当でポジティブな理由」を考え見つけましょう。

ポジティブな理由を第一に考える

ネガティブな退職理由だと「うちの会社もすぐ不満をもって辞めるのでは?」と採用担当者を不安にさせるだけです。採用担当者の不安を払拭できるようなポジティブな理由を考えましょう。本音では「ポジティブな理由なんて無いのに」と思うかもしれませんが、転職を決意する際には、退職理由だけではなく、次の仕事に期待する前向きな理由があるはずです。終わったことではなく、これから起こることへの期待や希望を表現しましょう。

ネガティブな理由例
・給料が安い、残業が多い
・人間関係に疲れた
・上司とあわない

ポジティブな理由例
・やりたいことを見つけた
・自分を試したい
・他の仕事に挑戦したい

ネガティブな説明に終始はNG、新たな仕事につなげ前向きに結ぼう

退職理由がネガティブな理由だったとしても、それだけ説明して終わるとマイナスです。新たな仕事につながるような前向きな理由を必ず付け加えます。転職先や求人を選んだからには、新たな仕事に対する期待や希望があるはず。それを言葉にして採用担当者へ伝えることも忘れないようにしましょう。

また転職するのでは?と不安に思わせる答え方はNG

採用を決める場合、採用担当者が一番気にしていること、それは「また転職するのでは?」ということです。社員の採用や退職にかかる経費と労力は、会社にとって大変大きな損失です。ここでは採用担当者を不安にさせ、採用が遠のくネガティブな退職理由を紹介します。

残業が多いので

正社員となると残業があって当然です。それなのに残業が多いことを理由に退職した人をわざわざ採用するでしょうか。明らかに過剰な残業や業務量など具体的な説明ができで、誰もが退職して当然と思えるような理由であれば、事実として話しても問題ない場合があります。

思っていたのと違った、自分に合わないから

これもよくある退職理由ですが、採用担当者からすると「仕事が出来ない、根気がない」と捉えられるかもしれません。また、仕事に対しての責任感が無く軽薄に聞こえてしまいます。避けた方が良い退職理由です。

人間関係で

退職理由が人間関係だと「社会性や協調性がない」と見られます。上司人間関係やセクハラ、パワハラなどの理由もありますが、主観的な説明だと相手に歪曲して伝わる場合があるため、訴訟や刑事事件になっていない限り、言わない方が無難なようです。

こんな場合は

リストラのように、中にはやむを得ない事情による退職もあるでしょう。この場合、気持ちを切り替えて採用担当者の心に響くような伝え方をする必要があります。

「会社都合の退職」「リストラ」

会社都合やリストラによる退職だと、その落胆ははかりしれません。その事実と気持ちは、面接の場面で正直に伝えても良いと思います。忘れてならないのは、その後、気持ちを切り替えて前に進もうとしていることです。なぜ今回応募したのか、前向きな理由を伝えましょう。挫折は人を強くします。前向きに気持ちを切り替えて行こうとするその強さは、採用担当者の心にきっと響くでしょう。

「健康上の理由」

完全に回復しているか、治療中であっても自己管理が出来ているのであれば、わざわざ伝える必要はないかもしれません。もし、健康上の理由で退職したことを伝えるのであれば、現在は回復していることもあわせて伝えましょう。伝える時は元気よく伝えて、健康をアピールします。「また体調を崩すのでは?」と採用担当者に不安を抱かせないことが大切です。

できれば、人に聞いてもらい練習を

退職理由が決まったら、面接のつもりで声に出してみましょう。その際、人に聞いてもらってフィードバックをもらうと良いでしょう。棒読みにならないよう気持ちを込めて何度も練習しましょう。退職理由を伝えることは、決して不利なことばかりではありません。退職理由と言えども自己表現の場と捉えましょう。ピンチこそ本当のチャンス。ピンチを乗り越えた後、気持ちを切り替えて、前向きに取り組む自分を表現しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています