2年目での転職ってどうなの?3年まで待てない人に向けたまとめ

2年目での転職ってどうなの?3年まで待てない人に向けたまとめ

就職2年目といったら、仕事にも慣れてきて会社員として充実していると思われていますが、1年間働いてみて、様々な理由から転職を考える人もでてきます。
世間的には、就職したら3年間は同じ会社で働き続けたほうが良いといわれていて、就職して2年目での転職は早いのではと思い、転職するべきか悩む人もいるのです。

今回は就職2年目での転職について、「転職理由」から「おすすめの転職エージェント」までまとめていきますね。

→2年目の転職におすすめの転職サイト・エージェントはこちら

目次

2年目で転職を考える理由

入社2年目で転職を考える理由と以下のことが挙げられます。

  • 勤務時間
  • 人間関係
  • 収入
  • 仕事内容
  • 第一志望の会社ではない

最も多いのは、勤務時間で、残業や休日出勤といった時間外労働が多く、プライベートの時間が取れないといった悩みがあります。
続いて職場の人間関係や収入、仕事内容が転職を考える理由になっています。

また、今の会社が第一志望ではなく妥協して入社した場合も、入社2年目での転職を考えるきっかけになるでしょう。

1年働いたけど合っていないと感じる

就職2年目で転職を考える理由のひとつが仕事内容。
憧れて入って会社でも1年働いてみると、仕事内容がやりたいことと違ったり、仕事が思っていた以上に大変で辛く感じたり、仕事内容がつまらないと転職を考えるきっかけになるようです。
今の会社が第一志望でない場合には、1年頑張っても仕事内容に興味が持てないということもあります。

こうした場合は時期を見て転職する可能性もあるでしょう。

職場の人間関係が良くない

就職2年目での転職理由で多いのが人間関係です。
仕事への注意や叱責を受ける以外にも、仕事に不安や悩みを抱えているときに相談ができないと仕事を辞めたくなるみたいです。
入社した時の悩みが1年経っても解決できないような職場環境なら、転職を考えるようになっても仕方ないでしょう。

価値観の変化があった

学生から社会人になり理想と現実の違いを知ることで、価値観が変わって、今の仕事とは別の仕事を希望する人も出てきます。

例えば、学生時代は「人に役立つことがしたい」と思って選んだ仕事でも、職場環境や仕事内容によっては思っていたものとは違ったということもあるでしょう。
入社1年目で感じた理想と現実のギャップが仕事に慣れてきた2年目はよりわかるようになり、価値観にも変化が出てくるのかもしれませんね。

ブラック企業で頑張ってきたけどもう限界

就職2年目の転職理由で多い「労働条件」とは、毎日深夜まで残業しても残業代が未払いだったり、休日出勤が当たり前で休みがなかったり、無理なノルマを課せられたりすることです。
最近は、このような会社をブラック企業といいますが、過酷な労働条件が原因で体を壊したり、うつ病や精神疾患にかかる人もいます。

就職して3年以内に退職している場合、入社した会社がブラック企業だったということもあるようです。
就職2年目で転職を考える人には、ブラック企業に勤めていて、体を壊す寸前だったり、過労死に追い込まれる前に会社を辞めたいと思うからでしょう。

とりあえず3年まで待つべき?2年目で転職ってどうなの?

石の上にも3年ということわざがあるように、就職したら3年は仕事を続けた方がよいといわれています。
中途採用の場合、3年以上勤めた方が有利に進む可能性は高いですが、転職理由によっては、入社2年目で転職をしても問題はありません。
ここでは、3年まで勤めてから転職をした方が良いケースと早めに転職活動を始めた方が良いケースについて紹介します。

3年まで勤めたほうが転職は有利に進む

即戦力として採用を考えている企業では、就職2年目での転職よりは3年間勤めてから転職をしたほうが有利といえます。

3年間勤めたということは、簡単には辞めないだろうと考えられますし、ビジネスマナーやスキルも身についていると認識されるからです。
退職金や福利厚生の面からも、3年間勤めて転職をした方が有利かもしれません。

第二新卒の市場価値は高い!

新卒の採用に失敗した企業や若手を育成したいと考えている企業では、入社1~3年目までの第二新卒者を積極的に採用する傾向があります。

就職2年目ということは、社会人を経験しているので、最低限のビジネスマナーは身についていると認識されます。
また、若いので仕事も適用しやすく、環境さえ合えば社風にも馴染みやすいと思われています。
就職2年目は、第二新卒で考えると転職市場においてポテンシャルはあるといえます。

現職と違う業界、業種を考えるなら早めに転職しよう

異業種へのキャリアチェンジは20代の方が有利、今の仕事とは違う仕事、別の業界で働きたいと思うなら、若いうちに転職を考えた方が良いでしょう。
就職2年目といえば、第二新卒で応募が可能なので、未経験可という業界や職種も結構あるのです。
応募条件に未経験可とある企業は、基本的には若手の育成を考えている企業が多いので、就職2年目でも採用される可能性はありますよ。

ブラック企業ならすぐに転職を

勤務先の企業がブラック企業だと気づいたら、就職して2年だから早すぎると思うのではなく、できるだけ早く転職をしましょう。

過酷な労働条件が原因で、うつ病をはじめとした病気になってしまっては遅いのです。
大切なのは自分自身、病気になったり、命を失ったら、やりたいこともできません。
ブラック企業の場合は、自分を守るためにも、転職を考えてくださいね。

2年目の転職で活用したい転職エージェント4選

就職年目の場合、社会人としての経験が少ないので、今後のキャリアを実現するためにも自分に合った転職先を見つけることが大切です。

ただ、求人の探し方や応募書類の書き方、面接に不安を抱えている人は転職エージェントに登録してサポートを受けた方が、転職が実現しやすいでしょう。
転職エージェントの活用は、転職サイトのみで情報収集するよりも効率的に転職活動ができるかもしれませんよ。

エージェントがキャリア相談に乗ってくれる

転職エージェントに登録すると最初に行われるのが担当アドバイザーとの面談です。
面談では、アドバイザーからサービスや転職活動の流れについて説明を受けるだけでなく、今後のキャリアや転職に対する不安や悩みに関しても相談に乗ってもらえます。

転職をしようか迷っている人も、ネガティブな理由で転職を考えている人も、まずは面談に行って、アドバイザーに相談してみましょう。

自分に合った企業を紹介してくれる

就職してから2年目の転職は、キャリアチェンジが従うこともあります。

「第二新卒者」や「未経験可」の求人から、条件に合った企業を紹介するだけでなく、企業ごとに書類の書き方や面接対策のアドバイスを行います。
自分で求人を検索すると知名度やイメージで選びがちですが、転職エージェントでは面談した上で自分に合った企業を紹介してもらえます。
知名度だけでなく、将来性やキャリア形成を意識して求人を紹介するので、転職希望者と企業のマッチング率が高くなるでしょう。

比較的ホワイトな優良企業が多い

転職エージェントにはサイトで公開している求人の他に、非公開求人があります。

非公開求人はエージェントが保有している独自の求人で、サイトに公開すると応募者が殺到します。
紹介求人は、アドバイザーや転職エージェントの営業担当者が訪問し、実際に会社の状況を見ている所も多いので、優良企業が多いといわれています。

2年目の転職でに転職エージェントはこちら

就職して2年目の転職におすすめの転職エージェントは「リクナビNEXT」「ハタラクティブ」「リクルートエージェント」「DODA」の4社です。
ここで紹介するエージェントは、首都圏だけでなく、北海道から九州まで各地域に拠点があったり、拠点数が多いのが特徴です。
取り扱い求人数も多く、「第二転職」や「未経験」でも応募できる求人も取り扱っています。

20代限定の転職エージェントとして人気のハタラクティブ

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数-件非公開求人1,763件
    エリア1都3県対象年代20代
    得意業種未経験年収UP率非公開
  • 詳しく見る

"就職"活動をサポートするハタラクティブ!

ハタラクティブは1都3県で正社員採用を目指している20代向けの転職エージェントです。高卒、大卒、フリーターの未就業者60,000人以上のカウンセリング実績に基づいて独自の仕事選びのコツや面接対策を磨いてきた転職エージェントです。書類審査通過率は90%を超え、内定率はなんと80%超と数多くの就活成功者を送り出してきました。中退して就職を考えている人、できるだけ早く正社員になりたい人におすすめです。

ハタラクティブの無料登録・詳細はこちら

  • 20代に限定した専門転職エージェント
  • フリーター・既卒・未経験の就職支援に強み
  • 厚生労働省の「若者キャリア応援制度」受託事業者としての経験もあって安心

職歴がなかったり、浅い人でも安心して転職活動に取り組める転職エージェントであるハタラクティブは、20代に限定した就職支援サービスなので、2年目、3年目の転職者にもおすすめです。営業職種の案件が多いようですが、若手人材を求めている優良企業に出会うチャンスは格段に上がるかもしれませんね。

業界最大手!?のリクナビNEXT

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

  • グッドポイント診断で強み分析
  • 転職者が最初に登録する転職サイト
  • スカウトメール登録で転職成功率アップ

転職を考える90%の人はリクナビNEXTに登録しているのではないでしょうか?無料で受けられるグッドポイント診断と履歴書や職務経歴書のテンプレート・ダウンロードなどサービスも豊富に用意されておりますので、広い情報収集と最初は自身のペースで転職活動をしたい人におすすめのサービスです。

ツールやセミナー、専門キャリアコンサルタントが熱い!DODA

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

DODAには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、DODAにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるDODAはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

DODAの無料登録・詳細はこちら

  • マッチング機能の充実
  • キャリアアドバイザーと採用プロジェクト担当による転職サポート
  • 転職フェアや合同転職面談会と転職イベントを開催

自己分析にも使えるキャリアタイプ診断や職務経歴書作成のサポートをするレジュメビルダーとツールが充実しているので、自分に合った仕事を見つけたいという人におすすめです。

サイト内の求人検索機能も充実していますが、条件に合った求人を見つけたいなら、エージェントサービスやスカウトサービスにも登録しましょう。
合同企業面談会や個別相談会といった転職イベントに参加することで、さらに企業とのマッチングがしやすくなりますよ。

まだここにない出会いがある!?リクルートエージェント

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

  • これまでに50万人の転職希望者が登録
  • 非公開求人は10万件以上
  • 年間3万人の転職を実現

求人の紹介から、応募書類への添削、アドバイス、面接対策や条件交渉まで、丁寧な転職サポートを受けたいという人におすすめなのが、リクルートエージェントです。
専任のキャリアアドバイザーが、仕事や転職の悩みを解消し、キャリア形成のお手伝いをします。
企業研究や情報収集ができる「第二新卒者向け」のイベントも随時開催中です。

2年目の転職で注意しておきたいポイント

就職2年目で転職をする場合は以下のことに注意をしましょう。

  • 希望の業種、業界が第二新卒の募集を行っているか
  • 転職時期
  • 退職を伝える時期

転職は、就職活動とは違い一括採用ではありません。
定員に空きが出た場合に募集を出すので、決まった時期に採用試験が行われるわけではないのです。
比較的、募集が多いのは2月と8月といわれていますが、業種、業界によって違うので、情報収集は必ずしましょう。

退職を伝えるのは、できれば転職が決まってから、転職活動をしていることは隠しておくのが鉄則です。

転職理由はしっかりと持とう

就職2年目の転職理由は、労働条件や人間関係、元々志望した会社ではなかったというネガティブなものが多いのが特徴です。
ネガティブな転職理由を前向きなものにするためにも、自己分析とキャリアの棚卸をしっかりしましょう。

自己分析は、なぜ転職したいのかというのがわかるだけでなく、就職活動時の会社選びにおける失敗理由を知る機会になります。
就職2年目だと大したキャリアはないと思いがちですが、キャリアの棚卸をすることで、仕事で身についたスキルがわかるはずです。

就職2年目での転職を実現するためには、転職理由を明確にすることが必要だといえます。

休職するなら期間は短く

ブラック企業に勤務をしている場合、転職を考えた上で休職をしてもよいでしょう。
本来、転職先が決まった時点で退職については伝えるべきですが、体調を崩して退職と迷った上での休職の場合は、休職期間中に転職活動をすると話しておいた方が、職場復帰か退職かとなったときにトラブルは少ないかもしれません。

ただし、転職前提で休職をする場合は、短期間にしましょう。
長引けば、転職が不利になるだけでなく、職場復帰も難しくなります。

焦って転職する必要はないかも

就職2年目というと、仕事では覚えなければならないことがいっぱいあります。
仕事が大変、辛いと思っているのは余裕がないからかもしれません。

人間関係で悩んでいたり、仕事内容がつまらないというのであれば、転職活動をはじめるのではなく、周囲の人に相談してみてもよいでしょう。

勤務先がブラック企業でない限りは、焦って転職活動をする必要はないかもしれませんよ。

就職2年目の転職は仕事を続けるメリットがない場合に考えよう!

転職活動を始める前に、自分の仕事に対する取り組みについても確認しておきましょう。
転職理由によっては、自分の仕事への取り組み方や周囲の人の接し方を変えるだけでも、職場環境が変わることもあるのです。

色々試しても上手くいかない、仕事を続けても将来の見通しが立たないという場合には転職活動を始めてください。
その場合、転職サイトを参考に転職活動を進めるのも良いのですが、転職エージェントも合わせて活用することで、転職先の幅が広がる可能性がありますよ。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

20代前半での転職を解説。20代前半で転職を成功させるには?

厚労省のデータによると、新卒の3年以内離職率が大卒で例年30%以上。 転職を踏みとどまった人も含めれば、少なく […]

続きを読む

転職に有利な時期はいつ?転職活動をはじめるベストなタイミングとは

今の仕事が合わないと感じたとき、キャリアップをしたいと感じたときなど、転職は自分のタイミングでいつでもできます […]

続きを読む

資格なしだと転職できない?資格取得を目指す前に今すぐやるべきこと

「転職したいけど何の資格もないから今すぐは無理。」と言う人がいます。 確かに資格があればアピールになり、転職に […]

続きを読む

夏の転職活動の疑問点!気を付けたいスーツについて

転職活動を行う際の服装といえば誰もがスーツを思い浮かべることだと思います。 どんなビジネスシーンにも使用でき、 […]

続きを読む

宮崎転職が叶う転職エージェント6選!宮崎で仕事と生活の調和を手に入れよう

明るく温暖な気候な宮崎は、九州の中でも降水量が多いことにより美味しい作物や、緑豊かな自然に恵まれている地域です […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む