40代におすすめの転職サイト6選。転職成功のためのポイントと注意点をおさえよう

40代におすすめの転職サイト6選。転職成功のためのポイントと注意点をおさえよう

40代で転職を考えることも不思議ではない時代に突入しています。
40代になると転職経験者は多いと思いますが、20代や30代のときと比べて有利なのか、不利なのか、40代の市場価値が気になるところでしょう。
40代の皆さんが転職活動を行っていく際に、押さえておきたいポイントや転職サイトやエージェントの活用方法について紹介します。

年代で限定せずに転職サイトのおすすめを知りたい人は 参考おすすめの転職サイトを条件別に紹介!絶対に転職を成功させるためのまとめ  をご覧ください。

理想の転職が叶うよう転職サイトを使って効果の高い転職活動を行っていきましょう!

目次

40代におすすめの転職サイトを知ろう

40代の転職が当たり前ば時代になってきたと言うものの、40代を対象にした求人が少ないのが現状です。
そこで選びたいのが40代の転職に強い転職サイトではないでしょうか。

ここでは40代で転職を考えている人におすすめの転職サイトをご紹介します。

大手転職サイトで安心な「リクナビNEXT」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

国内最大級の転職サイトです。
知名度が高いこともあり、企業の活用度も高いです。

80%以上がリクナビNEXTだけが扱う求人案件というのも見逃せませんね。
フィットする案件があるときは、企業から直接、または提携エージェントからのプライベートオファーメールが送られてきます。
この中に非公開の求人も含まれています。

また、自分の開示している情報が興味を持たれた場合、条件に合致する案件がある場合にも通知が届きます。
自分の5つの強みを知ることのできるグッドポイント診断も利用できます。

リクナビNEXTに登録する

ツールやサービスが豊富な転職サイトは「DODA」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

DODAには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、DODAにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるDODAはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

DODAの無料登録・詳細はこちら

大手・優良企業の案件が多いのが特徴です。

40代で最後の転職を控えている人にも、失敗に繋がる安易な転職にならないようサポートコンテンツも充実しています。
転職やキャリアを考える上で役に立つセミナーやスキルアップのための講座が数多く開催されているのも特徴です。

自己診断ツールとして、本当の自分を探る「ICQ キャリアタイプ診断」や転職のタイミングを計る「転職タイプ診断」なども用意されています。

DODAに登録する

求人数最多の転職サイトなら「リクルートエージェント」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

リクナビNEXTと連携した転職エージェント型の支援サービスを行うサイトです。

登録して業界、職種に詳しい専任アドバイザーに相談すれば、全案件のうち、90%(約15万件)以上の非公開求人にリーチできるので、40代を対象にした優良求人を見つけられる可能性が高まります。

求人数は国内最大級を誇っていて、サイト自体の使いやすさや求人情報の質も充実しています。
全国対応なので、どこでも誰でもマッチする案件を見つけられる確率が高いでしょう。

迷う人は、まずは登録しておくと役立つサイトです。

リクルートエージェントへ登録する

ヘッドハンティングも狙える転職サイトは「ビズリーチ」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数90,801件非公開求人非公開
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種IT・ベンチャー年収UP率高い
  • 詳しく見る

有料会員制の完全非公開ハイクラス向け転職サイトのビズリーチ!!

年収1000万円以上の求人や管理職の求人、外資系企業への転職を求めている方に評判の良い転職サイトが、このビズリーチです。厳正な審査を通過した一流のヘッドハンターが1,700人以上登録されており、高年収・キャリアアップを望を望むハイクラス層にぴったりです。ビズリーチには転職サイトには珍しく有料プランが用意されております。無料でも利用できますが、月額制の有料会員(プレミアムプラン)を利用すると、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることはもちろん、無料プランでは確認できなかった非公開求人を見つけ応募することが可能になります。ビズリーチで転職活動を成功させた人の98%は「1通以上のスカウトに返信していた」という調査結果が出ていますので、スカウトが届いたらすぐに返信して情報収集兼ねてヘッドハンターとのやり取りを積極的に行いましょう。

ビズリーチの無料登録・詳細はこちら

日系企業、外資系企業の30代のマネージメント層の案件を強みとしているエージェントです。

全体的にエグゼクティブ層に求人の的が絞られているようなので、キャリアのある40代におすすめです。

数多く登録しているヘッドハンターからのアプローチを受けられるだけでなく、求職者側からのアプローチも可能でミスマッチのない転職のための相談、アドバイスを受けることができます。

現状は転職を急いでいないという人も登録の価値はありそうです。
40代の転職希望で多い、管理職ポジションやグローバルにステップアップして活躍したい人にもおすすめです。

BIZREACH(ビズリーチ)に登録する

社会保険業界などの専門職転職なら特化型転職サイトの「MS-Japan」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数4,650件非公開求人40,500件
    エリア全国対象年代20代〜40代
    得意業種弁護士,公認会計士,税理士特徴管理部門特化型
  • 詳しく見る

弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1

MS-JAPANは日本最大の管理部門特化型転職エージェントです。企業の管理部門(経理、財務、人事、総務、法務、経営企画等)とスペシャリスト(弁護士、公認会計士、税理士、金融、コンサルタント等)の分野において、蓄積された実績とノウハウを常に最新の市場動向に合わせて紹介するのを強みにしております。弁護士・公認会計士・税理士が利用したい転職エージェントNo.1でもありますし、実際の転職者の90%がもう一度利用したいと回答しているほど満足度の高い転職エージェントです。高年収案件になりやすいIPO準備中の企業会計や法務に携われるチャンスもありますのでおすすめです。

MS-Japanの無料登録・詳細はこちら

経理、財務、会計、人事、総務、法務、税理関連など企業の管理部門に特化した転職サイトです。
取り扱い企業の種類は大手企業、外資系企業、会計・法律事務所など多岐に渡ります。

地域別では、特に東京、横浜、名古屋、大阪などの都市圏の優良案件が豊富のようです。

これまでのキャリアを活かした専門分野でスペシャリストとして極めていきたい40代に適している転職サイトです。
業界業種を熟知したキャリアアドバイザーからの的確な求人案件の紹介やアドバイスを受けられるでしょう。

MS-Japanに登録する

40代女性におすすめな転職サイトは「パソナキャリア」

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数15,000件非公開求人23,000件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率やや高め
  • 詳しく見る

地元密着の求人に強いパソナキャリア!

パソナキャリアは他社が東京・大阪・福岡などの都市部中心の求人紹介だけでなく、求職者の希望に応じて地方の求人もしっかり提案してくれるという評判をよく耳にします。その背景には全国42都道府県に置かれた拠点と東京、大阪、名古屋、広島、福岡で実施されるキャリアカウンセリング(遠方の人は電話対応も可能)の手厚い転職支援が挙げられます。それもこれまで25万人を超える転職支援実績と長年培われてきた16,000社以上の取引実績企業がパソナキャリアの転職支援のノウハウを確立させてきたと言えるでしょう。実際にパソナキャリアで転職した人の67%が年収アップしているようです。都市部から地方まで幅広く提案してくれるパソナキャリアは心強い味方となって転職〜退職までサポートしてくれますのでおすすめです。

パソナキャリアの無料登録・詳細はこちら

もともと派遣を扱っていて、女性を対象とした求人案件を取り扱うことの多いパソナキャリア。
これまでのネットワークと提携企業との信頼関係で40代女性の活躍の場もしっかり用意された優良案件が多いのが特徴です。

転職活動の中のそれぞれのステップで役立つ履歴書や職務経歴書の準備や面接対策などの転職ノウハウの情報、転職活動をしていく上でのお悩み相談室などのコンテンツも充実しています。

キャリアアップを考える40代の女性におすすめの転職サイトです。

パソナキャリアに登録する

40代は転職サイトを利用して転職するべき理由

40代で転職しようとするみなさんも、まず足掛かりとして転職サイトに登録されることをおすすめします。
40代には40代にフィットする転職サイトの活用法があります。

40代の求人は少なくなっている

20代や30代で転職するときと比較すると、40代では勤務する地域も絞られる確率は高いですし、給与はより高額の条件で検索する可能性も高いですよね。
40代で未経験の人を受け入れる案件も少なくなるため、転職サイトでの検索条件としては、今までの経験を活かせる職種などでも絞り込むことになるでしょう。
そのため、転職サイトでの検索では40代の希望に合う求人の数は少なくなるのが現状です。

キャリアに自信のある人はスカウトを狙おう

20年近く働いてきた40代の中には、これまでのキャリアに自信が持てる人もたくさんいると思います。
そういう人は、自分のキャリアの分野に強い転職サイトのスカウトサービスを活用してみましょう。
転職サイトを使ても自分では探しきれない案件に出会える確率が高められます。
40代の自分が、現在どの業種や職種の企業で働ける可能性があるのかという自分の市場価値を見ることもできるでしょう。
求人案件を出している企業からのスカウトもあれば、転職サイトが保持してい求人情報の中から条件に合いそうな案件が送られてくることもあるようです。

自信のない人はまず大手転職サイトに登録

40代の転職者の中には、自身が持てるほどのキャリアがないという人もいるかもしれません。
その場合は、大手の転職サイトに登録してみましょう。
大手の転職サイトなら、業種や職種を総合的に網羅しているので、40代の自分の経歴や経験、スキルや能力の何らかの要素がフィットする案件に出会う確率を高められるかもしれません。

転職サイトを活用して40代後半でも転職を成功させるためのポイント

40代後半の人が登録した転職サイトを活用して、転職を成功させるためのポイントを紹介します。
年齢による不利な点やデメリットを不安に思うより、転職サイトの効果的な活用法を知って最大限に使っていきましょう。

転職理由と自分の希望を明確にする

40代での転職でも転職する理由とこれから転職する企業に求めることや働き方などの希望を明確にしておきましょう。
これから40代にふさわしい転職活動をしていく上での大切な指針や軸になっていくものです。
転職サイトへの登録などと同時に転職準備の段階で、じっくりと考えておくことをおすすめします。

転職エージェントも併せて複数登録する

転職サイトに登録することと同時に、転職エージェントにも登録しておきましょう。
業界や職種に特化して強みにしているエージェント、女性の求人を得意とするエージェントなど様々な種類のエージェントがあります。
転職サイトと同じように、自分の転職の条件に合う転職エージェントに3つか4つ、複数登録されることをおすすめします。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

40代の転職なら、転職サイトと転職エージェントの違いを理解して、効果的な同時活用をしていくことをおすすめします。
転職サイトは、求人の検索から応募、書類の提出、面接から入社までをすべて自分と転職先企業で直接やり取りをして進めるものです。

転職サイトは求人案件に出会うための媒体です。

一方、転職エージェントは、もちろんサイトにある求人案内を自分で検索することも可能ですが、経歴や経験を加味して、エージェント側がフィットする求人を紹介してくれるという特徴があります。
紹介される求人の中には、オンライン上に出ていない非公開の案件のことも多いです。
紹介してもらえるだけでなく、応募書類の添削、面接の対策のアドバイスが受けられたり、内定後の交渉などを代行してもらうことも可能です。

企業とのコンタクトはすべて行ってもらえるので、面接や入社日スケジュールの調整など、忙しく働く在職中の40代には助かる存在となるでしょう。

複数登録のメリット

転職エージェントに複数登録するメリットは自分に合うかもしれない求人案件の数が増えるということです。
多くのエージェントが自分のエージェントだけが持つ限定案件を持っているものです。

複数の転職エージェントに登録することによって、より多くの求人に自分の経験を照らし合わせてもらうことができます。
40代の転職では、ひとつのエージェントで、紹介してもらえる案件ひとつもないというケースもよくあります。

しかし、他のエージェントは紹介できる案件を持っている可能性は大いにあり得ることなのです。

自分では探すことのできない非公開求人も含めての紹介が受けられることも40代にとっては貴重です。
少々難易度の上がる40代の転職では、キャリアアドバイザーのプロフェッショナルな意見は、転職を成功させるための重要な役割を果たしてくれるでしょう。

どんなに良いキャリアを積んだ40代であっても、転職のことについては素人という自覚をもって、積極的に相談することが大切です。
相談したり、アドバイスを受けているうちに、自分では見えていない視点、自分だけでは知り得なかった情報が得られることは大きなメリットになるはずです。

複数登録した際の注意点

複数登録した際の注意点としては、きちんと登録した転職サイトやエージェントの担当のアドバイザーなどを把握しておくということです。
混乱するようになってしまうと、40代には有効な、せっかくの複数登録もデメリットと化してしまいます。

また、地域や条件が絞られるほど、複数の転職エージェントから同じ求人案件が紹介される可能性も高くなります。
その求人案件に応募すると決めた場合は、必ず一つの転職エージェントに絞って応募するようにしてください。

とても大切な選択となりますが、どの転職エージェントを介すかは自分の判断です。
複数に応募して採用される確率を高めようとするのは間違いです。
企業も転職エージェントのキャリアアドバイザーからも信頼を失うことになるので注意しましょう。

転職サイトはこまめにチェックしよう

転職サイトもこまめにチェックして、自分でも検索を続けることが大切です。
それぞれのエージェントからの連絡などには丁寧に反応を示すようにしておきましょう。

決して、転職エージェントのキャリアアドバイザーに任せっきりにしないようにしてください。
いくら担当で専任のキャリアアドバイザーといっても、自分の転職活動のためだけに仕事をしているわけではありません。
ほかにもたくさんの登録者をサポートしていることを覚えておきましょう。

40代らしく、依存心を持つことなく、主体的な転職活動を続けましょう。
目にした求人について疑問点があれば、すぐにキャリアアドバイザーに質問しましょう。
毎回の質問や相談の内容もキャリアアドバイザーに自分を知ってもらう貴重な接点になります。

前向きで熱心な活動は、キャリアアドバイザーにも響くもので、気にかけてもらえるようになるでしょう。

無料のツールやサービスを利用しよう

転職サイトでは、無料のツールやコンテンツが活用できるようになっています。
転職活動に慣れている人でも、業界の動向や求人トレンドなどは急ピッチで移り変わる時代なので、転職サイトは、そういった情報を入手する格好の媒体とも言えます。

履歴書や職務経歴書についても添削サービスなどを活用して、客観的なアドバイスを受けてみてください。
作成する書類の印象を一段と良くすることができるでしょう。

面接の対策として、模擬面接を行ってもらうこともおすすめします。
効果的な面接の受け答えなどのノウハウも、自分より、キャリアアドバイザーのほうがよく心得ているものなのです。

条件交渉は必ずしよう

転職先からの内定が得られたら、条件を良くするための交渉は行いましょう。
転職エージェントを通していれば、キャリアアドバイザーに条件の交渉をお願いすることができます。

40代の転職者にとって最後となるかもしれない職場での条件になのですから、可能性は限りなく活かすようにしましょう。

40代転職の注意点!30代までとの違いとは?

40代の転職では、30代までの転職とは、転職活動の状況も大きく異なってきます。
転職サイトでの検索にヒットする数も大きく異なってくることに驚かれるかもしれません。

さらに、転職する者としての気持ちの上でも心得ておくべきことが違ってきます。
30代までの転職と40代の転職の違いについて説明していきます。

未経験職種への応募は厳しいことも

40代を超えると、未経験への転職は厳しくなってしまうことを知っておいてください。
一般的なビジネスパーソンであれば、社会経験を積んできた中で、自分のできることやキャリアの方向性を決め、すでにその経験が熟成されていると考えられる傾向があるからです。
40代から学んでいく仕事が、やっとものになった頃には、定年の時期が見え始めるとなっては企業にとってデメリットのほうが大きいのです。

転職サイトでも未経験&40代という条件はほどんとヒットしてこないでしょう。
地域や給与が絞られれば、さらにその数は少なくなるでしょう。

40代の転職では、できれば、それまでのキャリアを活かした転職のほうが成功しやすいといえるかもしれません。

定年退職を考えた企業選びをしよう

40代の転職では定年まで働き続けることを視野に入れた企業選びをしたほうがいいかもしれません。
50代、60代となったときにも働きやすさ、やりがいなどの可能性を見極めるようにしましょう。

マネージメント職でも、プレーヤーとして働くとしても、体力よりも知見や経験が活きるフィールドを探されることをおすすめします。
20代、30代での転職との一番大きな違いは、この視点といえるかもしれませんね。

現職にとどまるという選択肢も持っておこう

好条件の求人に出会ったときに、即座に動ける状態に準備するということが理想ですが、40代の転職に焦りは禁物です。
40代で転職を考えたなら、まずはキャリアアドバイザーやヘッドハンターとのよい関係を深めながら、保険としての現職に残るということも一つの手段ということは視野に入れておいてもいいかもしれません。

40代なりの転職サイトの使い方で成功転職に繋げよう!

40代の転職は、確かに厳しく感じる部分もあるかもしれませんが、40代の経験と知見を必要としている企業が存在しているのも確かなことです。
現代の40代は、終身雇用が主流だった親の世代とは違う働き方をし始めた世代でもあり、同類の仲間(ライバル?)もたくさんいます!
転職サイトや転職エージェントを賢く活用して、有効なステップで転職成功を手に入れてください!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

転勤辞令を受けられずに退職する場合の退職理由について

会社から突然、「転勤」の辞令を出されました。しかしながら、遠方への「転勤」辞令のため、家庭の事情で引っ越すこと […]

続きを読む

転職サイトの特徴比較!賢い活用で成功転職を目指そう!

転職サイトやエージェント関連のサイトはたくさんありますよね。 検索しようにもどのサイトで求人を探すべきか迷って […]

続きを読む

給与形態の固定給制とは

求人情報内において「固定給制○万円(○○手当て含む)」などと記載されていることもあります。 この「固定給制」っ […]

続きを読む

運転免許がないと営業職に就けないかどうか

営業職は、運転免許がないと採用されないっ!? 転職先として営業職を希望している場合、求人情報に掲載されている「 […]

続きを読む

転職で何社応募する?「数」より内定に近づく方法

転職活動をしていて、何社くらいに応募するのが賢明かな?と考えることもありますよね。 1社では確率的に不安という […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む