今か?踏ん張るか?転職タイミングの見極めと新しい仕事の準備

今か?踏ん張るか?転職タイミングの見極めと新しい仕事の準備

転職の迷いの時期、転職するかしないかの見極めが大切です。
転職することにしたのなら、転職のタイミングを測ることとマインドシフトが必要です。
そして、着々と転職したあとのためのマインドセットを行っていきましょう。
みなさんが、転職を成功させることの一助になれば幸いです。

転職のタイミングを測るために考えたい要素

ポジティブな理由、ネガティブな理由、どちらであっても転職で必ず解決できる保証はどこにもありません。
現職に踏み留まることも、転職して新しい世界に飛び込むことももちろん自分の意志が頼り。
転職を決めたとしても、無謀に動いてしまうのは得策ではないようです。
在職中に見極めておきたいことを確認していきましょう。

転職活動時の経済面の準備と把握

転職する場合、退職してから入社までの期間は、収入が途絶えることになります。
そこでも生活費は必要になりますし、転職活動にもいくらかのお金は必要になるでしょう。
その期間が長くなればなるほど、資金はマイナスになるばかりです。
どのくらいの期間で転職を叶えたいのかは、人それぞれですが、十分な蓄えがあることを確認しましょう。
健康面の場合は致し方ないこともありますが、すぐに預金がなくなる心配のある状況での転職はおすすめしません。
経済面の焦りがあると、間違った転職、妥協の転職に繋がりやすいからです。

相談・交渉も視野にいれる?

転職しようと思っている理由が、社内の問題であれば、上司や人事に掛け合ってみることも大切なことです。
相談という形で、問題点や希望を伝えてみましょう。
その点が受け入れられたり、改善されたりするのであれば、現職を継続することができるでしょう。
それでも転職が頭から離れないのであれば、他の理由が隠れているはずです。

また、自分をよく理解してくれている第三者に相談してみるのも一手です。
自分から抜け落ちている違う視点から、アドバイスがもらえるかもしれません。
そんなとき、これまでのキャリアや個性のことを知ってくれている、転職エージェントのキャリアコンサルタントがいると頼りになるものです。
先輩や恩師などにも相談をしてみると、冷静な意見がもらえるでしょう。
自分の気持ちを確かめる上でも、いろいろな側面からの意見をもらうことは大切なのです。

退職から転職入社までの計画

経済面の心配もなく、周りの人に相談しても、転職することを望んでいる自分がいるなら、進みましょう。
まずは、計画を立てることが得策です。
もちろん、計画した通りに転職活動が進むとは限りませんが、行動基準にもなる大切なことなのです。
市場、業界、企業のタイミングについての情報収集も始めなければなりません。
転職エージェントのキャリアコンサルタントからも有効なアドバイスがもらえるでしょう。

できるだけ退職から、次の転職先に就職する期間は短いほうがいいとも言われています。
仕事がない期間だからこそできるプライベートな計画も含めて、滞りなく進められるようにしましょう。

転職の退職直後のタイミングにはコレが大事!

転職直後は、税や保険の手続きも必要になり、何よりも転職活動のことで頭がいっぱいになるでしょう。
ここでは、そんなときに忘れがちで、大切なことを紹介します。
もちろん、次の転職先をゲットすることに集中することも大事なことですが、ぜひ、心の片隅に置いてください。
退職後の時間を有意義に使っていきましょう。

完璧なストレス解消でリチャージ

退職したら、前職でのストレスの完全解消をしましょう。
大きなことから、とても些細なことまで、全部クリアにできるのが理想です。
身体とメンタル面を、次の転職までに、完全に整え、万全のスタートを切れるようにしてください。
そのために、とことん好きな趣味に没頭する数日間があっても良し。
何の制限もなく、しばし旅に出るということが有効な人もいるでしょう。
仕事をしていると、予定がなかなか合わせられない友人と存分に語り合うのもおすすめです。
周りからは遊び呆けていると思われても大丈夫!
次の職場で、思いっきりエネルギッシュに活躍するためには必要なことなのですから。

自分のワークライフバランスの定義!

現代は、いろいろな働き方のスタイルと、仕事の仕方があります。
退職して一度リセットをしたなら、自分の仕事とプライベートの定義を設けてみてください。
次の仕事で、有益な人材として、働き続けられる心身の健康を保つために必要なことは何か。
少し長い目でキャリアを考え、将来の自分に必要な能力やスキルは何で、どう学んでいくか。
仕事もプライベートも含めて理想の生活スタイルはどんなものか。
遊びや楽しみのことも必ず入れてくださいね!
この理想の定義を認識することで、新しい職場で仕事に振り回されることも少なくなるでしょう。

新しいスキル強化のスタート

新しいステージを決めたら、そのために必要なスキルの強化に努めましょう。
資格の取得や講座を受講することは、スキルの習得度のペースメーカーとしても有効です。
認定や証明として残らないものでも、自分の能力を上げるためのものなら手段は何でもいいのです。
継続すること、実践に移して確かな力をひとつひとつ、一歩一歩、積み重ねましょう。

転職の入社直前直後の準備と心の持ち方

転職活動で、面接を受け、内定を受けたら、早速の準備が必要になります。
社会人経験があるからと言って、何もかも今までのスタイルが通用するとは限りません。
必ず、新しい転職先の企業や仕事のルールやスタイルを準備のベースにしましょう。

新しく必要になるものを揃えよう

企業や職種によっては、仕事での服装や持ち物が変わることもあるでしょう。
まずは、質の良い定番アイテムを揃えましょう。
すべてを新調しなければならないという意味ではなく、新しい仕事に適したアイテムを準備するということです。
内定後なら、疑問点は、新しい仕事の上司や先輩にも質問できると思いますよ。
毎日の仕事に付き合い、サポートしてくれる大切な身の回りの物。
入社前の時間の余裕があるときに、ばっちり揃えておきましょう。

基盤を整えてから、磨いていこう

転職先が決まったら、やる気満々で仕事が始まることを楽しみに感じる人もいるでしょう。
入社したすぐから、今までの仕事のように結果を出し、新しい組織からの期待に応えられるように邁進する人もいます。
その姿勢はとても大切で、決して間違いではありません。
しかし、焦りは禁物です。
大切なことを抜かしてしまう可能性を秘めています。
入社の直後は、自分の能力や仕事のペースを落としてでも重要視したいことがあるのです。
業務内容についても、一緒に働く人についても、よく慣れ親しみ、自分を溶け込ませるということです。
これが、本領を発揮し、さらに自分を成長させていくための基盤になることを忘れないようにしましょう。

転職のタイミングは運ではなく計画で進めよう

運よく転職先を見つけ、内定をもらい、退職後まもなく入社できる人も中には、いるかもしれません。
しかし、転職に成功してきた人たちは、運任せにせず、自分で時間と意志と計画をコントロールしています。
人生のすべてに共通することですが、常にベストタイミングに合わせることは難しいものです。
だからこそ、タイミングがズレてしまうことのリスクを最小限にするために、計画を立てていく必要があるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています