転職したいけどやりたい仕事がない人へ。仕事の見つけ方を知って前に進む方法

転職したいけどやりたい仕事がない人へ。仕事の見つけ方を知って前に進む方法

「転職したいがやりたい仕事が特にない。」という悩みをよく聞きます。
どこにも行き場がなく立ち止まってしまうのは、非常に苦しい状態ですよね。
一歩でも前に進みたいところですが、簡単には見つからないのがやりたい仕事。
一体どのように探していけばいいのでしょうか。
ここでは、やりたい仕事がない人の悩みと、やりたい仕事の見つけ方を紹介します。

転職したいけどやりたい仕事がない人の悩み

まずは、やりたい仕事がないと嘆く人の悩みにはどんな種類のものがあるのかを見ていきます。
自分の悩みの種類を知ることで、やりたい仕事をどう見つけていくのかを考えるヒントになりますよ。

今の仕事が嫌だから別の仕事をしたい

今の仕事や会社に対して不満をもっていて、とにかく「嫌だから別のことをしたい」という気持ちです。
目的ややりたいことがあるわけではなく、転職すれば何かが変わることを期待することもあるでしょう。
逃げにも似た気持ちですが、転職を失敗する可能性が高い種類の悩みなので、少し冷静になることも必要です。
やりたい仕事を見つけてから転職しましょう。

大きな不満はないが退屈な日々にうんざり

仕事にも会社にも大きな不満はないけれど、毎日同じ仕事の繰り返しで退屈、と感じることがあるでしょう。
ドラマにでてくるようなキラキラした働き方をイメージしていると、現実を目の当たりにしたときにため息がでることがあります。
この場合は、まだ転職を考えるべき段階ではなく、何が退屈の原因なのかを探っていくことから始めましょう。
退屈の裏に「本当はやりたいこと」が隠れているかもしれません。

自分には得意なことがないから転職は無理

友人たちが転職を成功させて自分も転職したいと思うけど、人に自慢できるような得意なことがない、どうせ自分はと、転職を半ばあきらめてしまう人がいます。
得意なことがないというのはビジネスマンに多い悩みですが、得意なことがない人などいません。
自分では気づいていないけれど、人から見たら優れている点は誰にでもあるもの。
自分の中で完結するのではなく、他人の意見を聞いてみることも大切ですよ。

前に進むためのやりたい仕事の見つけ方

転職したいけどやりたい仕事がない、その気持ちを抱えたままでは、今の仕事を頑張ることも転職に向けて動き出すこともできません。
とにかく前に進むために、やりたい仕事を見つけたいですね。
ここでは、やりたい仕事を見つける方法を紹介します。

知識がないだけかも。いろいろな仕事を知る

まずは、自分が知っている職業を書きだしてみてください。
自分にできるかどうかは別にして、とにかく知っている職業を書きだすのです。
そのあと家族や友人に、自分が書いた以外の職種で知っているものはないか聞いてみると、意外と忘れていた職業を教えてくれることがあります。
インターネットで「職種」と検索してみると、自分が知らなかった職種について書かれているサイトなどが山ほどでてきます。

何が言いたいのかというと、「知識不足で選択肢を狭めていないか。」ということ。
自分が一体どれだけ少ない仕事のことしか知らないか、その限られた仕事の範囲内だけで、自分にできることを選んでいないかということを、ぜひ考えてみましょう。
いろいろな仕事を知ることで「こんな仕事もあるんだ。」「これは面白そう。」と思う仕事に出会えることがありますよ。

「けっこう好き」が重要

やりたい仕事は、昔からの夢や憧れなど、すごく好きなことからしか見つからないと思っていませんか?
もちろん、夢や憧れからやりたい仕事が見つかることはありますが、誰にでもそんな大きな夢があるわけではありません。

それよりも、これまで携わってきた仕事の中で「けっこう好きな仕事だった。」「そんなに嫌いじゃなかった。」程度の「好き」の方が重要です。
それは、仕事としてやることもでき、自分が嫌じゃないと思える程度に向かい合えるものだからです。
「好きなことを仕事にする」というと聞こえはいいですが、実際には大好きなことを仕事にするには難しい面もあります。
仕事として本当にやりたいことは、これまで退屈だと思っていた仕事の中にこそ眠っているかもしれませんよ。
天職ではなく適職を探すぐらいの気楽さを持つ方が、長く続けられる仕事に出会えるものです。

得意なことではなく苦手なことを見つける

自分に何の強みもないと思う人は、得意なことを探すのを一旦やめ、苦手なことを見つけましょう。
得意なことはなくても、苦手なことならすぐに思い出せるという人も多いのではないでしょうか。
苦手で絶対にやりたくない仕事が見つかったら、それ以外が自分の進むべき道です。
つまりは消去法。
数多くある職種の中からやりたい仕事を探すより、絶対できない仕事を除外していく方が早いです。
「そんな方法?」と、どことなくマイナスイメージを持つかもしれませんが、実は非常に効果的な方法です。
各職種で活躍している人の中にも、「できない仕事を消していったらこれが残った。」という理由でその仕事を選び、その道を極めている人も多いのですよ。

条件を外して仕事そのものを見つめてみる

求人広告を探すとき、給与を真っ先に見るという人も多いのではないでしょうか。
生活の基盤である給与は最終的には確認する必要がありますが、やりたい仕事を本当に探したいなら、一旦横に置いておきましょう。
給与以外にも、勤務時間帯や場所など気になる条件をすべて外して、仕事そのものを見つめてみます。
そうしないと、どうしても条件が先行して仕事内容に目が向かず、結局何がやりたいのかわからなくなりますよ。
条件を外しても気になった仕事は本当にやりたい仕事。
今は同じ仕事でも企業によって給与や働き方がさまざまですから、やりたい仕事の中から条件を満たす企業を探していくのも一つの方法です。

一度今の仕事と真剣に向き合ってみても

特に不満はないけど仕事が退屈という人は、今の仕事と真剣に向き合うときがきています。
退屈の原因が何で、退屈を感じないような工夫をしたのかを考えてみるといいでしょう。
毎日のルーチンワークがつまらないという人は、業務ごとの達成スピードや正確さなど自分なりの目標を決め、とにかく集中して仕事に取り組んでみます。
小さなことでも達成感を感じることができれば、本当は割と好きな仕事に就けていると気づくこともありますよ。
ドラマの世界で見るような華やかな職業に対して、単なる憧れを抱いているだけの場合も。
他人基準で仕事を選ぶよりも、今の仕事で上を目指す方がよほど生き生きと働けるものですよ。

転職エージェントを使うのも一つ

世の中にどんな仕事があるのか、自分の適性が活かせるのはどの業界かなど、悩み過ぎてよくわからなくなってしまうという人は、転職エージェントを利用して転職活動を始めるのも一つです。
自己分析やキャリアの棚卸方法、適性にあった仕事の探し方など、転職活動において基本かつ重要な転職ノウハウを提供してくれます。
プロの視点から、自分では思いもよらなかった仕事を紹介してくれることもあるので、選択肢の幅が広がります。

やりたい仕事を見つけて転職に突き進もう!

子供の頃は山ほどあったやりたい仕事。
大人になると見つけることは難しいですよね。
社会人の「やりたい仕事探し」は、現実的な視点を忘れずにおこなうことが大切です。
今の仕事と向き合う、世の中にある仕事を知るなどの今やれることをやったら、「割と得意で仕事にもなる」という落としどころを目指して探していくといいでしょう。
夢だけを追いかけるのでも、嫌なことを我慢するのでもなく、バランスの取れた仕事を選ぶことこそが長く続けられるコツです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています