志望動機に必要な文字数は?他の転職者に差をつける書き方のポイントを紹介します!

志望動機に必要な文字数は?他の転職者に差をつける書き方のポイントを紹介します!

採用試験では欠かせない「志望動機」、どのくらいの文字数が最適なのでしょうか。
書類選考突破のためにおさえておきたい、志望動機の書き方やまとめ方のポイントを紹介します。

何文字が最適?転職の志望動機、文字数のポイント

志望動機を考える際に、まず気になるのが「どれくらい書けばいいの?」ということ。
短すぎても熱意がないように見えますし、かといって長く書けと言われてもどの程度がよいものか困ってしまいますよね。
何文字が適切なのでしょうか。

200字~300字が適切

志望動機は、大体200~300字程度で考えましょう。
この程度であれば、読む側にとっても無理なく読める文字数です。
もちろん、企業側から指定がない限りは厳密に文字数を守ることはありません。
おおよその目安としてとらえてくださいね。

不要なものは省略して、簡潔にまとめる

志望動機を書き始めると、200字は意外とすぐに埋まってしまったという方も多いかもしれません。
面接で話す場合に比べ、文章として記載する場合は余計に、簡潔な方が断然分かりやすくなります。
そのため、書類に記載する場合は、不要なものを省き、とにかくシンプルに書くのがポイント。
一番伝えたいことだけを簡潔にまとめるように工夫が必要です。

300文字を超えると、ややこしくなりがち

200~300字程度がよいと先述したのには、文字数が増えれば増えるほど、文章そのものがややこしくなってしまうという理由もあります。
企業側にたくさんアピールしたい気持ちは十分に分かりますが、伝わらなければ意味がありませんよね。
読みやすさ・分かりやすさがスマートな印象につながるように、人物像そのものにも影響するもの。
できるだけ簡潔に伝えられる文章とするためにも、300字以内をひとつの目安にするのがおすすめです。

文字数だけじゃない!志望動機、まとめ方のポイントは?

当然ながら、志望動機は中身が大切です。
文字数が抑えられていても、中身が伴わないようでは結局意味がありませんよね。
志望動機の構成を考える際に、ポイントとなるのは以下の3点です。

応募先企業に惹かれた理由を述べる

まず、志望動機を書く際は、「なぜ応募先企業に惹かれたのか」、その理由から始めましょう。
「企業理念に感銘を受けた」というだけでは、いまいちピンときませんし、「なぜその企業なのか」という大事な部分がぼやけてしまいます。
「顧客を第一に考え、顧客それぞれのニーズに対応するという販売方針に、強く共感しております」というように、志望動機を書く際は、業界でのポジションや事業内容を元に、応募先企業に惹かれた理由を具体的に示すのがポイントです。

やりたい仕事を明確に

次に、「入社したらやりたいこと」を書きましょう。
このとき、「現職ではできなかったこと」を引き合いに出すのもおすすめです。
たとえば、「前職でも営業経験がありますが、ひとりひとりのお客さまともっと時間をかけて向き合いたいと思い、応募させて頂きました」といった内容だと、志望した理由に加え、どういう働き方がしたいのかが伝わりやすくなりますね。

応募先企業にどう貢献できるのか

入社後にやりたい仕事について示したら、最後は「会社にどう貢献できるのか」をアピールして、志望動機を締めくくります。
この場合に役立つのが、前職で得たスキルや経験です。
営業職から営業職へ転職する場合は、「これまでの経験で培ったヒアリング力をもとに、お客様のニーズを確実に満たすよう尽力していきたいと考えています」といった具合でまとめるのもよいでしょう。
未経験という場合でも、たとえば「前職では、経理書類の処理や管理において、正確さとスピードを重視し、上司からも評価を頂いておりました」と具体的なエピソードを盛り込んだ上で、「こうした仕事の進め方は、お客様と対峙する貴社の営業職でも十分に生かせると考えています」というように締めくくると、説得力がある文章になります。

志望動機を書く際に気を付けたいことは?書き方のポイント

文字数やまとめ方のポイントを参考に志望動機が完成したら、実際に応募書類に記載しましょう。
実際に記入する際は、以下のポイントに気を付けると、さらに読みやすい文章になりますよ。

文字の大きさを揃えること

志望動機に限ったことではありませんが、文字が小さすぎても大きすぎても不格好です。
見栄えのことを考えると、履歴書全体で文字の大きさを揃えるようにするとベター。
志望動機などを記載する右半分の文字だけでも、文字の大きさを揃えるようにしましょう。

余裕があれば、漢字に対して、ひらがな・カタカナは少し小さめ、7~8割程度の大きさで書くようにするのもおすすめです。

文字数にあわせて文字の大きさを調整する

文字の大きさは、スペースにあわせることも大切です。
紙面にはどうしても限りがありますので、あまりに小さい文字で無理やり詰め込むのはおすすめできません。
一方で、余白ができるからと、むやみに大きな文字で記載するのも稚拙な印象を与えてしまいます。
世代を問わず読みやすい大きさの字を心がけるようにしましょう。

スペースの8割埋まるくらいでもOK

余白が多すぎると、「熱意が足りない」というように悪い印象を演出してしまいますが、かといって、ぎっしりと詰め込みすぎるのも考え物。
読みやすく、簡潔な文章を心がけると、多少の余白は必要です。
それぞれのスペースが8割程度埋まっていれば、見た目の印象は悪いものではありませんので、書く際の参考にしてみてくださいね。

裏を返せば、志望動機に最適とされる文字数は200~300字程度ではありますが、それでもスペースの半分くらいしか埋まらない場合には、もう少しボリュームを持たせる必要があるということに。
記入する前に、文字数とスペースの関係も確認しておくようにしましょう。

文字数だけでなく、見せ方も大切

志望動機は言うまでもなく、中身が大切です。
限られたスペースで企業側に熱意が伝わるよう、アピールしたいポイントを伝わりやすいように書くよう心がけましょう。
そのためには、文字数だけでなく、見た目の印象も大切です。
文字の大きさやスペースの配分などにも気を付けてみてくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

転職回数が多い人のために、職務経歴書の書き方教えます!

転職回数が多い人は、職務経歴書の職歴欄に、経験した会社名を書き連ねるたびに、気が重くなってしまうものです。とは […]

続きを読む

【例文あり】転職面接の辞退はどうしたら?の疑問に答えます

転職活動が順調に進み、希望の企業からいい返事がもらえそうなので他の会社の内定を辞退したい。 相手に失礼のないよ […]

続きを読む

外資系企業の転職面接のポイントや対策まとめ

外資系企業への転職では、面接が英語で行われることも多いです。 面接だけでも緊張するのに英語となるとハードルが上 […]

続きを読む

「自己紹介」はどこまで話す?転職活動における面接での自己紹介のコツ

転職活動での自己紹介は、新卒の就職活動の際と「同じ」というわけにはいきません。 面接の冒頭で、面接官に興味を持 […]

続きを読む

どこまで答えるべきなの?転職の際の志望動機を考えよう

転職活動を行う上で悩んでしまうことの一つといえば、面接時や履歴書に記載する転職理由・志望動機ではないでしょうか […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト