「ラブライブ!サンシャイン!!」キャラクターの就職先を真剣に考えてみた

「ラブライブ!サンシャイン!!」キャラクターの就職先を真剣に考えてみた

アニメ2期も決定した大人気アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』は、今もっともホットな美少女アイドルアニメのひとつであり、それを中心に展開する一連のメディアミックスコンテンツです。

静岡県沼津市を舞台に、9人の少女たちが部活動の一環としてアイドル活動を行う「スクールアイドル」、その祭典である全国大会「ラブライブ」を勝ち進み、廃校阻止を目指して奮闘するという物語。2016年7月にアニメ1期が放送され、大きな話題を呼びましたが、その続編である2期が2017年秋に放送予定となっています。

そんな大人気コンテンツ『ラブライブ!サンシャイン!!』に登場する9人の就職先を勝手に、そして真剣に考えてみたいと思います。
あくまで架空の話にはなるのですが、これを機に各キャラクターのおさらい、そしてアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』2期を踏まえた復習ができればと思っています。

※本記事はCareer Journey編集部のラブライバーによって執筆されております。

 

目次

そもそも『ラブライブ!』とは?

そもそも『ラブライブ!』とはアニメ、雑誌、CDといった各メディアをまたいで展開するメディアミックス作品群のことを指します。
その特徴として、作中に登場するキャラ9人の声優が、実際のアニメPVのダンスを再現しながら歌うことで、2次元と3次元を融合したかのような試みがなされていることがあげられます。

この『ラブライブ!』から生まれた声優によるアイドルユニット「μ’s(ミューズ)」は、『第66回NHK紅白歌合戦』に出場したほか、『2015 ユーキャン新語・流行語大賞』にて本作のファンのことを指す「ラブライバー」が流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象となりました。

『ラブライブ!サンシャイン!!』はこの『ラブライブ!』の続編にあたり、そのユニットである「Aqours(アクア)」は2017年2月に横浜アリーナで行われた1stライブを成功させるなど、「μ’s」に続いて多大な人気を誇っています。

参考 μ’sとは

勝手に予想!『ラブライブ!サンシャイン!!』のキャラの就職先

というわけで、『ラブライブ!サンシャイン!!』の各キャラとその就職先を勝手に、そして真剣に予想してみました。
就職先としては主に3つの候補を考えてみました。

その候補はそれぞれ次の条件に沿って予想したものになります。

  1. アニメの設定から予想
  2. 雑誌(電撃G’s magazine)の設定から予想
  3. 完全なる主観による予想

アニメ設定と雑誌の設定で予想を分けたのは、各メディアによってキャラの設定に差異があり、これに対応させるためです。
3.はこの記事を書いている筆者の完全なる主観に基づく予想になります。

これを9人の各キャラに当てはめて、その就職先を予想していきます。
紹介は学年ごとに2年生→1年生→3年生の順になっています。

それでは見ていきましょう。

 

スクールアイドルに憧れている普通怪獣「高海千歌」

高海千歌ちゃんはアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の主人公で、みかんが大好きな女の子です。
自分のことを「普通怪獣」と揶揄するほど普通と思っているせいか、部活などはあまり長続きしなかったみたいです。

そんな彼女ですが前作『ラブライブ!』における伝説的スクールアイドル「μ’s」との出会いをきっかけに、自らも「輝きたい!」とスクールアイドルを志すようになります。
さて、そんな彼女は将来どんな仕事をしているのでしょうか。

1.実家の旅館を継いで女将に!?

千歌ちゃんの実家は旅館であり、将来はそのまま仲居さん、女将さんになるかもしれません。

ちなみに千歌ちゃんの実家である旅館は、実際に沼津市内浦にある安田屋旅館という建物がモデルになっています。
あそこで千歌ちゃんが働いていると思うと、訪れてみたくなりますよね。

2.習字の先生

千歌ちゃんの特技は「習字」であり、G’s magazineでも花丸ちゃんにその腕前を披露しているイラストがあります。

字がきれいに書けるというのは、千歌ちゃんの真っ直ぐな性格を表しているのかもしれません。
ちなみに高海千歌役の声優である伊波杏樹さんも千歌ちゃんのようにきれいな字を書かれるのですが、その特技は「空手」だそうです。
ギャップがありますよね。

3.小学校の先生

千歌ちゃんは教師、つまり学校の先生が似合っているような気がします。

スクールアイドル活動の動機のひとつは、母校の廃校を阻止したいというものがあり、とても学校思いな一面があるんです。
アニメでは個性的なメンバーをまとめあげ、「普通の子」目線からユニットを引っ張ってくれました。
多くの個性があふれる教室では、彼女のこうした能力はとても役に立つと思います。

また、千歌ちゃんの特技は「鉄棒・卓球・習字」です。
これらは特に小学校で触れる機会が多いと思うので、千歌ちゃんは地元の小学校の教師というのが向いている気がします。

 

地味でおっちょこちょいな女の子「桜内梨子」

桜内梨子ちゃんは東京から浦の星女学院に転校してきた、高校二年生です。

当初は「地味な私はスクールアイドルなんて無理!」と言って、千歌ちゃんからのスクールアイドルへの勧誘を断り続けていました。
しかし千歌ちゃんと話すうちに徐々に心変わりし、ついにはスクールアイドル部に加入することになりました。

梨子ちゃんはアニメではピアノコンクールに入賞する腕を持つピアニストとして描かれていますが、G’s magazine版だとピアノではなく美術部員で絵を描いているという設定の違いがあります。

1.プロのピアニスト

アニメ版の梨子ちゃんはピアニストとして高い腕前を誇っているので、プロのピアニストになるのではないかと思います。

『ラブライブ!サンシャイン!!』における「Aqours」の楽曲も、梨子ちゃんが作曲をしているという設定なので、そうした作曲の技術もとても高いと思います。
Aqoursとしての楽曲も魅力的ですが、梨子ちゃんが演奏するピアノコンサートもぜひ聞いてみたいですよね。

2.美術家・画家

G’s magazineでは梨子ちゃんは美術部員として絵を描いている様子が紹介されています。
もし雑誌版の世界観で仕事に就くなら、そのまま好きな絵を描く仕事、美術家や画家になるのかもしれません。

梨子ちゃんは東京出身ということもあり、ほかの沼津育ちのメンバーよりも沼津・内浦の美しい景色を見つけやすいと思います。
ぜひ地元の美しい景色をキャンバスの上で描いてほしいですよね。

3.看護師

梨子ちゃんは看護師が似合う気がします。彼女のイメージカラーは「さくら色」ということで、ピンク色の制服であるナース服はとても似合うと思います。

実はリズムゲームのアプリ「スクフェス」ではナース服を着たイラストが披露されているのですが、他人思いな性格も相まって、看護師という職業はとてもお似合いです。
梨子ちゃんに看病されるなら、入院生活も退屈せずに過ごせそうですよね。

 

ヨーソローが合言葉:敬礼女子「渡辺曜」

渡辺曜ちゃんは千歌ちゃん、梨子ちゃんと同学年の2年生で、ボーイッシュな元気っ子です。

定期船の船長をしている父親を尊敬していて、その影響からチャームポイントは敬礼ポーズとセットの口癖「ヨーソロー」。

趣味は筋トレで、好きな食べ物はハンバーグと、ボーイッシュな容姿・性格と、時折見せる乙女な要素のギャップが魅力のキャラクターです。
そんな曜ちゃんはどんな仕事に就くのでしょう。

1.定期船の船長

曜ちゃんは父親の跡を継いで定期船の船長になりたいと明言しているので、やはり将来は船長になりたいのではないかと思います。
現在はミッションスクールである浦の星女学院に通っていますから、在学中か卒業後に操縦免許の取得を目指すのでしょう。

曜ちゃんの場合は人を乗せるフェリーの船長を目指していますから、「一級小型船舶免許」か「二級小型船舶免許」に加えて、「特定操縦免許」の取得が必要になります。
夢に向かって全速前進ヨーソロー!で頑張ってほしいですね。

2.高飛び込みの選手

そんな曜ちゃんですが、実は高飛び込み選手としてナショナルチーム級の実力も兼ね備えています。
特にプロでもできる人は少ないとされる高難易度技「前逆宙返り3回半抱え方」ができるのはすごいですよね。

その意味では将来は高飛び込み選手としてオリンピックに出場!なんてこともあるかもしれません。
そんなすごい高飛び込み選手なのに、スクールアイドル活動と両立して練習しているわけですから、やっぱり曜ちゃんはすごいですよね。

3.アパレル店員

アニメ版のみの設定ですが、曜ちゃんはスクールアイドルユニット「Aqours」の衣装担当でもあります。
あのような可愛らしい衣装までも次々と作れる曜ちゃん、将来はその技量を生かしてアパレル店員になる可能性もあるかもしれません。

衣装も作って歌って踊れるスーパーアイドル曜ちゃん、将来はその経験を生かして魅力的な衣装の制作や販売に立ち会っているのかも。

 

可愛すぎる堕天使!「津島善子」

津島善子ちゃんは堕天使を演じる厨二病キャラ、そのため普段は自らのことを悪魔「ヨハネ」と名乗っています。
決して「善子(よしこ)」なんて呼ばせません。

さらに彼女は「不幸体質」を持っていて、雪が降れば必ず転ぶし、遠足に行けば天気は雨が降るなんて有様。
でもそんな運の悪さも「自分があまりに可愛すぎるゆえに、怒った神様に追放(堕天)させられてしまったから」と捉えなおす、そんなポジティブなところも彼女の魅力ですよね。

あまりの可愛さに堕天してしまうファンが急増中だとか。

1.占い師

アニメではヨハネという設定を生かしてネット上で番組を配信したり、クラスメイトに占いをしてみたりなど占いが得意そうです。
そのため将来は占い師なんて職業もいいかもしれません。

ただ占い時は悪魔ヨハネというキャラになってしまうため、大衆向けのオーソドックスな占いは難しいかも……?
でもマニアの方から人気が出そうです。

2.プロゲーマー

善子ちゃんの特技は「ゲーム」であり、それを生かした職業につくかもしれません。

将来はプロゲーマー“ヨハネ”として、数々の大会で優勝し、その賞金で生計を立てるという可能性もないことはないと思います。
あるいはプロゲーマーではなく、ゲーム実況者としてもいけるかもしれませんね。

3.舞台女優

普段からヨハネというある種の役を演じるキャラのため、意外と女優が向いているのでないかと思います。

作中でも自らを美少女として若干ナルシズム的な意識を持ち合わせていますし、舞台で役柄を演じる姿はわりとハマっていると感じます。
演技の引き出しを広げても、得意な役はやはり“悪魔ヨハネ“になりそうですね。

 

訛りが抜けない方言アイドル!大の読書家「国木田花丸」

国木田花丸ちゃんは一人称が「オラ」、語尾には「~ずら」がついてしまう方言女子です。
地元で代々続くお寺でおじいちゃんと一緒に暮らしているためか、訛りが抜けなかったり、世間に疎いところがあります。
花丸ちゃんは大の読書家で、特に日本文学をこよなく愛する読書女子でもあります。

一見するとアイドルらしくないようにも見える彼女ですが、実は歌が得意。聖歌隊に所属しているとのことで、アニメ2期では聖歌隊として歌を披露する描写も見てみたいですね。

1.のっぽパン宣伝大使

アニメでは花丸ちゃんが「のっぽパン」を食べる場面がいくつかあります。

のっぽパンは静岡県民のソウルフードとも呼べる菓子パンであり、株式会社バンデロールが販売しています。
『ラブライブ!サンシャイン!!』では実際にコラボイラストを掲載したのっぽパンが発売されており、作中でものっぽパンを愛する花丸ちゃんは、その宣伝大使になったとしてもなんらおかしくはないです。

おいしそうに食べる花丸ちゃんを見ていると、実際に食べてみたくなりますよね。

2.図書館の司書

花丸ちゃんは大の読書家であり、学校でも図書委員の仕事をしています。
そのため将来は図書館の司書さんになっても不思議ではありません。

その際には「司書講習」を受ける必要があり、この講習を受けるには「大学に2年以上在籍し、62単位以上を修得していること」という条件があります。
そのためもし花丸ちゃんが司書を目指す場合には、大学に2年以上在籍、62単位以上を修得後、この司書講習を受講する必要があります。

あるいは高校卒業後であれば、「司書補」になるための「司書補講習」を受けることも可能です。

3.小説家

アニメにおける花丸ちゃんは読書好きなことを見込まれ、Aqoursの楽曲の作詞担当でもあります。
メンバーの中では誰よりも「言葉」に触れているキャラといえるかもしれません。

その意味では小説家という選択肢もありだと思います。
花丸ちゃんが愛する日本文学あるいは敬愛する沼津の代表的作家、芹沢光治良先生にも負けないような、素敵な物語を書いてくれるのではないかと思います。

ぜひ読んでみたいですよね。

 

人見知りで臆病だけど、スクールアイドル愛は誰にも負けない!「黒澤ルビィ」

黒澤ルビィちゃんはピンクがイメージカラーの小動物系女子で、善子ちゃんや花丸ちゃんと同じ1年生です。
3年生の黒澤ダイヤちゃんの妹でもあります。

臆病で泣き虫で、姉のダイヤちゃんにびくびくしているときもありますが、ここぞというときには声を上げる、芯の強い一面も持っています。
花丸ちゃんとは大の親友で、アニメでは花丸ちゃんと共にスクールアイドルユニット「Aqours」に加入しました。

1.PRビデオのレポーター

ルビィちゃんは極度の人見知り設定ですが、ビデオや映像を通じてであれば問題ないかもしれません。

実際にアニメでは地元内浦の紹介VTRや堕天使アイドルの動画では、(比較的)恥かしがらずに台詞をいうことができていました。
ですので、そうしたビデオでのレポーターなどであれば、人見知りのルビィちゃんでもこなせるのではないかと思いました。

小っちゃくて可愛いので、人気が出ること間違いなしですね。

2.凄腕スタイリスト

アニメでは衣装担当は渡辺曜ちゃんですが、G’s magazine版では黒澤ルビィちゃんが衣装づくりを主導しています。
特にルビィちゃんは趣味が「お洋服・お裁縫」、特技が「衣装選び」、そしてスクールアイドルの熱烈なファンなので、プロのモデルやアイドルへのコーディネートはまさに天職といえるかもしれません。

自身のスクールアイドルとしての経験が、この仕事ならば役に立ちそうですよね。

3.カメラマン

カメラはルビィちゃんというよりはキャストの降幡愛さんが好きなものですね。
そのため中の人繋がりということでカメラマンにしてみました。

一応ルビィちゃんは極度の人見知り(アニメ版設定)ということで、風景を取るカメラマンなどはわりと行けるのではないかと思いましたが、どうでしょうか。
今はまだ幼さが残るルビィちゃんですが、黒澤ダイヤちゃんと同じ血を受け継いでいるということを考えると、将来はかなりの美人さんになる可能性もあります。

美人カメラウーマン黒澤ルビィ、なんてものもありではないでしょうか。

 

Aqoursのお姐さん担当!ハグされたいNo.1アイドル「松浦果南」

松浦果南ちゃんはAqoursのクールなお姐さんポジションで、特技はダイビングの女の子です。決め台詞は「ハグしよ」。実家がダイビングショップを経営していることもあり、普段はそちらの手伝いをしています。

千歌ちゃんとは幼馴染であり、年上の立場から千歌ちゃんのことを見守っています。
大人っぽくサバサバした性格で、趣味のは天体観測・水泳。
ちなみに2017年4月5日に発売予定のAqours3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」では、投票選抜で1位を獲得し、見事センターポジションを飾りました。

そちらも楽しみですよね。

1.ダイビングショップの店員さん

先ほども少し触れましたが、果南ちゃんは実家の仕事を継いで、ダイビングショップの店員さんになるのかもしれません。
実際にダイビングの実演もできますし、しかも特技は「操船」と船の操縦もできるので、現時点でほぼ働いているようなものともいえます。

なによりこんな素敵な女の子に案内してもらえるなら、お店としても繁盛間違いないですよね。

2.プラネタリウムの解説員

果南ちゃんは趣味が「天体観測」ということで、星にかかわる職業という方向性で考えてみました。
プラネタリウムの解説員というのは、必ずしも資格がいるわけでもなく、また星の解説以外にも事務仕事がある場合もあり、果南ちゃんの趣向と一致するかは不明です。

ただ大好きな星に携わる仕事ということであげてみました。
直に星を見るということであれば、一気に難易度は高くなりますが「宇宙飛行士」という道もあるかも。

3.読者モデル

果南ちゃんはプロポーションもばっちりなので、将来はモデルという選択肢もあると思います。
あるいは通学やお店の手伝いの傍ら、読者モデルをやるなんてことも考えられそう。

スクールアイドルのとして可愛らしい衣装もいいですが、大人っぽさ全開!なカッコ良い着こなしもぜひ見てみたいですよね。

 

才色兼備の生徒会長!黒髪が似合う大和撫子「黒澤ダイヤ」

黒澤ダイヤちゃんは浦の星女学院の生徒会長も務める、才色兼備で大和撫子な女の子。
ときには妹の黒澤ルビィちゃんにきつく当たるときもありますが、本当はルビィちゃんのことを大切にしているとても妹想いな一面もあります。

黒澤家は旧網元の名家ということもあり、家の事情から名代として挨拶回りをこなすことも。
それでも与えられた仕事はきっちりこなす、完璧主義者としてのダイヤちゃんですが、実は子供っぽいところもあり、そのギャップが魅力のキャラクターです。

1.喫茶店の店員

しっかりと仕事をこなすダイヤちゃんならば、喫茶店の店員さんなども似合いそうです。
もしも制服が和装であれば、大和撫子なダイヤちゃんにはピッタリですよね。

アニメではAqoursに加入してからは実質的なまとめ役も担っているため、チームマネジメントもお手の物かもしれませんね。

2.着付けの先生

ダイヤちゃんの特技は「和琴・唄・着付け」とのことなので、着付けの先生などもいけるかもしれません。
他にも和琴や舞踊などもできそうなので、大和撫子になるための教室を開いたら、大盛況になりそうですね。

大和撫子になるためのコツを、ぜひ教わりたいものですね。

3.バスの添乗員さん

これは完全に主観なんですが、ダイヤちゃんはバスの添乗員さんのような解説をする仕事が似合っているような気がします。
あの落ち着いた声で観光案内をされたら、美しい景色がさらに楽しめそうです。

もっともこれはダイヤちゃんというよりは、声優である小宮有紗さんの影響が大きいかもしれません。

 

実家は大手ホテルチェーン!見た目も性格もシャイニー!な「小原鞠莉」

小原鞠莉ちゃんはダイヤちゃん、果南ちゃんと同じく浦の星女学院の3年生であり、ホテルチェーンを経営するイタリア系アメリカ人を父親に持つハーフです。
そのため容姿が金髪であったり、「チャオー(ciao)」という挨拶をよく使うことがあります。

父親の仕事の都合で数々の引越しを経験しており、高校卒業後は海外の大学に進学する予定とのこと。
そのためビジネス感覚や国際色がとても豊かなキャラであったりします。ちなみに決め台詞は「シャイニー!」です。

1.理事長

鞠莉ちゃんは浦の星女学院の3年生でありますが、同時に学校の理事長でもあります。
これはアニメ版の設定ですが、学校を廃校の危機から救うため、小原家として多額の寄付を行い理事長の座についたとか。

つまり仕事として就いたというよりは、廃校阻止の一手段として理事長になっただけであって、それほど愛着のある仕事というわけではなさそうです。

でも生徒の立場からしたら、理事長と一緒に授業を受けるなど、面白そうではありますよね。

2.乗馬クラブの指導者

そんな鞠莉ちゃんの趣味は「乗馬」です。
家では乗馬のレッスンを受けているほか、愛馬もいるとのことなので、乗馬の指導者を目指す道もあるかもしれません。

その場合は乗馬指導者養成講習会と資格試験を受ける必要があります。
ただ鞠莉ちゃんの場合はあくまで趣味とのこと、そして実家がお金持ちということもあるのであまり職業としては目指さないような気もします。
趣味の範囲内での資格取得になりそうですね。

3.高級料理店の経営者

鞠莉ちゃんといえばアニメで「シャイ煮」と呼ばれるオリジナル高級煮込み料理を作ったことでも知られています。
見た目はおどろおどろしくも、味はとても美味しい料理、でもお値段は超高級食材を使っているため一杯あたり10万円というとんでもないもの。

アニメでは売れ残ってしまいましたが、鞠莉ちゃんならばそのビジネス感覚を駆使して、高級料理店の目玉メニューにすることができるかもしれません。
ホテルオハラのレストランにて、敏腕経営者としてその手腕を発揮することもきっとできるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

今回は『ラブライブ!サンシャイン!!』のメンバーがもし就職するなら?という仮定のもと、妄想を交えながら紹介してみました。どのキャラも非常に個性的なので、考えてみるだけでも楽しくなってきますね。

そんな彼女たちですが、今現在取り組んでいるのは「仕事」ではなく「スクールアイドルとしての活動」です。今後もスクールアイドル活動を通じてどんな「輝き」を見せてくれるのか、一ファンとしてもとても楽しみです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています