既婚者は転職に不利?知っておきたい転職のポイント

既婚者は転職に不利?知っておきたい転職のポイント

転職を考えている人の中には、既に結婚している人も多いと思います。
既婚者は転職に不利なのか?成功するためには何をすれば良いのか?など不安も多いでしょう。
そこで色々な状況で転職を考えている人のために、転職活動で気を付けなければならないことをご紹介します。

既婚者が転職を行う上でのポイント

既婚者で転職を考えている人が一番気になるのは、結婚し家庭を持っている事が転職活動にどう影響するのかということではないでしょうか。
企業はそのような人をどう見ているのか?既婚者ならではのアピールの方法を解説します。

既婚者は不利?企業はこんな所を見てる

一般的な既婚者のイメージとして「家庭を持っていてしっかりしていそう」、「簡単には辞めないのではないか」というものではないでしょうか。
しかし、企業側としては家庭の有無よりも仕事ができるか否かで判断します。
企業側にメリットがあれば採用されるのは他の転職者とかわりありません。

面接や履歴書でのアピールの仕方

既婚者が面接や履歴書を書く際には、どの様な事をアピールすれば良いのでしょうか?
結論として、自分のスキルや能力をアピールすることを第一に考えなければなりません。
企業は、あなたの家族と雇用契約を結ぶ訳ではなく、あなた個人が自分の会社に合っているのかを見るからです。
もし、家族のことを聞かれたら正直に答えるのがよいでしょう。

キチンと自分の家庭の状況と希望を伝えよう

では、面接の際に家族のことを聞かれたらどのように答えれば良いのでしょうか。
企業は、提案した給料や待遇であなたの家族が生活できるのかを見ています。
家族の生活が成り立たないとすれば、あなたが辞めることになってしまうからです。
なので、面接において希望の待遇や給料を正直に答えましょう。
そのうえで不採用になるのであれば仕方ないと割り切ることも大切です。
そこに独身者との違いがあるのではないでしょうか?

転職を行う前の準備をしっかり行う

既婚者の転職において、独身者との違いは転職活動に入る前の準備をしっかり行うことにあると思います。
独身者は、スキルアップや待遇改善を求めて自分本位で活動に移れますが、既婚者はまず第一に自分の家族の生活を考えなければなりません。
今が、転職活動に適した時期なのか?なぜ転職をしなければならないのか?それによって生活がどう変わるのか?しっかり準備や考えをまとめておく必要があります。

転職を行う時期はいつが適切?

転職活動はいつが適切なのでしょうか?それは、今の仕事が継続している間です。
もし、仕事を辞めてから転職活動を始めれば良いと思っている人がいれば止めるべき。
次の仕事が見つからない状況で、貯金を切り崩して生活し、家族からのプレッシャーを受けながら転職活動を行うことは、想像以上にストレスになり、焦りのあまり条件の悪いところに決めてしまう可能性があります。
仕事をし、給料が入ってきているうちに転職活動を済ませてしまいましょう。

なぜ転職をするのかもう一度考えよう

既婚者の転職において、転職を止めるのも一つの選択肢です。
転職したい理由にもよりますが、次の会社で成功する保障はありません。
そのような状況に身を置くのですから、慎重になる必要があります。
そのうえで、もう一度なぜ転職したいのか、家族がどんな影響を受けるのか、考える必要があります。

住宅ローンや教育費と転職の関係

既婚者は、以前の会社で住宅購入の為の住宅ローンを組んでいる方もいるでしょう。
そこで気をつけたいことは、転職先の給料で払っていけるのかということです。
もし大幅に給料が下がってしまい、住宅ローンの支払いが滞ってしまえば、最悪の場合差し押えにあってしまいます。
転職をしたはいいけれど家がなくなってしまえば、本末転倒。

また、お子様がいる場合教育費の問題もあります。
もし転職後の給料で生活が苦しくなってしまった場合、転校や塾を辞めさせることになりかねません。
転職先の給料で教育費が払えるのかは重要な問題で慎重に考える必要があります。

既婚者の転職で大切なのは家族との連携

既婚者の転職について色々な述べてきましたが、一番大切なのは自分個人より家族を優先しなければならないことです。
転職活動を始める前に、まず、転職活動を始める前に、家族の理解を得るところからやらなければなりません。
配偶者や子供に、自分がなぜ転職をしたいのか、その後の生活がどう変わるのか、キチンと話し合い理解をもらいましょう。
そのうえで協力してもらえれば理想的ですが、もし、反対されたら転職を思いとどまるのも一つの手段です。
転職は人生の大きなイベントの一つであり、家族の生活が変わりえるの。
それを理解した上で、ご自分の転職活動をしなければなりません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています