長期療養を経て転職活動する人必見!書類作成と面接対策の重要ポイント

長期療養を経て転職活動する人必見!書類作成と面接対策の重要ポイント

病気やケガが原因で退職し、長期療養を経て転職活動を始めるケースがあります。
何かと不利になると言われる療養後の転職活動ですが、必ず突破口がありますから、諦めずにおこなっていきましょう。
ここでは、長期療養後の転職活動における書類作成のポイントと、面接での注意点を解説します。

療養を経て応募する場合の書類作成ポイント

長期療養を経て転職活動を始める場合、応募書類の時点で通過できないことはよくあります。
ブランクや今の健康状態が気になるため、企業も面接に踏み切れないところがあるのでしょう。
書類が通らなければ始まりませんから、まずは書類突破を目指していきましょう。
ここでは、長期療養後の転職における応募書類の作成ポイントを紹介します。

すでに回復して業務に支障がないことを書こう

病気やケガで休んでいた時期があったとしても、あくまでも過去のこと。
企業がもっとも気になるのは、今どうなのかということですよね。
現在働ける状態にあるのか、業務に支障はないかということが大切なのです。
企業の立場に立って考えてみるとよくわかります。
過去のことを探りたいのではなく、転職してすぐに貢献してくれる人を選びたいと思うのは当然。
企業には従業員の安全を守る義務がありますから、まだ働ける状態にない人を預かることはリスクを請け負うということです。
まずは療養を優先させてほしいと思うでしょう。
企業側の安心材料になるために、すでに完治していて、医師から許可をもらったという点も書いておきましょう。

療養前後でも成長した点を掘り下げる

仕事を休んでいる間には、ビジネスマンとして何の成長もできないと思うでしょうか?
仕事がない分、自分と向き合う時間ができたり、家族など周囲の人のありがたさ、働ける喜びなどを感じることがあるはず。
そうした気持ちの変化について触れておくと、応募者が、療養中でも自分のキャリアや仕事について真剣に考えてきた人だとわかります。
療養中に資格の勉強など仕事につながることをしていた場合は、何の知識を身につけたのか書いておくといいですね。

嘘をつくのはNG

長期療養を経て転職する場合は、やはりブランクがネックになり、通常の転職に比べて内定がもらいにくいことは事実。
企業が意地悪をしているのではなく、応募者が果たして活躍できるかと、相手に対しての不安が大きいからです。
療養後の転職が厳しいことは一般的に言われているため、療養していたことを隠したり、アルバイトをしていたなど嘘の経歴を書いてしまう人がいます。

嘘は少し突っ込んで質問されればすぐにボロがでてばれますし、例え一時的にごまかすことができて内定をもらえたとしても、決して「内定をもらったもの勝ち」にはなりません。
応募時の虚偽の申告は懲戒処分の対象になり得ることですし、職場の人からの信用問題に関わります。
後々ばれて困るのは自分なので、嘘をつくのだけはやめましょう。
多少転職活動が長引いたとしても、誠実な姿勢で活動した人が、長い目で見ての成功を手に入れるのです。

やる気があることをアピール

しばらく働くということから離れていた人に対して、モチベーションの問題はどうかという点も、企業が気になるところです。
人間はどこかで「お金さえあれば働きたくない」と思うもの。
働く意欲があることはしっかりと書いておきましょう。
転職組はやる気より経験やスキルを主に見られると言われますが、ブランクがある人に関してはやる気が重要ポイント。
働きたくてたまらないと伝えるくらいの気持ちで、熱意を書いておきましょう。

長期療養後の面接対策はここに気をつけよう

無事に書類通過できたら、次に待ち受けるのは面接です。
基本的なことは通常の転職と変わりませんが、療養後だからこそ意識的に伝えたいポイントがありますよ。
ここでは、療養後の転職における面接での注意点を紹介します。

企業研究は他の応募者と差をつけれるところ

仕事をしていなかった期間があるということは、「時間はあった」と間違いなく思われます。例え入院し、リハビリなどで忙しくしていたとしても、残念ながら企業にとっては仕事をしている人の忙しさを上回ることはありません。
そのため、企業研究は絶対に他の応募者と差をつけられるよう、熱心におこないましょう。
企業研究だけは、今ある経験値やスキルに関係なく取り組むことができるものですよね。
療養中でも仕事への熱意が失われなかったとのアピールにもなりますから、あらゆる手段を使って、企業の強み、他社との比較などをしておきましょう。

スキルが衰えていないことを伝えよう

企業が気になるブランクですが、休んでいたことそのものよりも、その間にスキルが衰えていることが不安なのです。
経験豊富な人でも、長く休んでいたことで仕事のやり方を忘れてしまう、基本的なことが抜けてしまうことがあります。
面接でもスキルはどの程度保てているのか聞かれることがありますから、問題ないことをしっかり伝えましょう。
口先だけで大丈夫と言っても説得力がないので、何を根拠に問題がないのかを答えられるようにしておきましょう。

療養中に何をやっていたのかが重要

病気やケガは望んでなるものではありませんから仕方のないことです。
療養の事実を悔いるより、療養中に何をやっていたのかを考えましょう。
療養しながらでも仕事に関連した勉強を続ける、せっかくの機会だから新しい試みをやってみるなど、療養の間を前向きに過ごしてきた人に企業は好感を持ちます。
できる範囲でアルバイトをしていたのもいいでしょう。
病気やケガの度合いにもよりますが、そのときにできることに真摯に向かい合える人かどうかは、人材を見極めるうえで重要なポイントになります。

体調は万全にして面接に臨む

療養直後の応募者に対して体調は大丈夫かという点を、企業はとても気にします。
動作や顔色を見て「体調が悪そうだ。」と判断することもあるので、面接日の体調は万全にして臨みましょう。
健康であることが前提の応募者と違い、多少元気がないだけでも「まだ完治していないのでは?」と思われがち。
いつも以上に元気よくハキハキ話すことも大切です。
髪型が乱れていたり、白髪が多い場合にも疲れているように見えます。
面接らしい爽やかな髪型を意識して、白髪がある人は染めておきましょう。

ブランクを感じさせないマナーレベルを確保

仕事をしていると、敬語の使い方に気をつける、ビジネスマナーを意識するといったことをごく当たり前におこないます。
常に緊張感をもって時間を過ごすため、マナーレベルは自然と保たれていくでしょう。

仕事から離れて療養している間はビジネスマナーを意識して過ごすことがほとんどないため、敬語の使い方一つとっても「あれ?どうだった?」となってしまうことも。
応募前にビジネスマナーのおさらいは必ずしておきましょう。
余裕があれば、ビジネスマナー検定や秘書検定などの民間資格を学んでみるのもおすすめですよ。

長期療養後の転職は厳しいがチャンスはある!

長期療養後の転職は、なかなか内定に結びつかないことも多いですが、絶対に転職できないことはまずありません。
「ブランクがあるのだから厳しいのは当たり前。」くらいの気持ちで、あまり焦らずにいることも大切。
自己分析やキャリアの棚卸など、転職活動における基本の作業もしっかりおこなっておきましょう。
療養後の転職活動は、どうしても「ブランクがあるから落ちた」と思いがちですが、ブランク以外の点が問題になって内定をもらえないこともよくあります。
転職活動で本来やるべきことをおこない、療養後のポイントを押さえて活動していけば、きっと内定を得られるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています