変化に強くなる方法!慣れない環境や状況が成長の機会

変化に強くなる方法!慣れない環境や状況が成長の機会

居心地の良さの中で成長を止めてしまっていませんか?

慣れた仕事や環境は、多くの人が求めるところですが、その状況が長く続くとと退屈さや不満の要因になります。

自分の成長の実感を得るためには、いつもの心地よさを超える努力が必要です。

自分のための変化を習慣にして、今より少し上の自分を目指し続け、仕事の充実感に繋げていきましょう。

変化に不快感はつきもの

新しいことに挑戦するとき、見聞きすることも行動も、新鮮で面白く感じるものです。

一方で、慣れたことに変化を与えることでもあり、楽しく面白いと思えないことも出てきます。

自分がいつもと違うことをどのように受け止めているか振り返ってみましょう。

仕事が退屈?不満?

仕事や毎日を退屈に感じたり、不満を持っていたりの原因は、居心地のいいコンフォートゾーンに留まっているからかもしれません。

人は、良くも悪くも習慣で動いていく生き物といわれています。その習慣に少しだけ変化させると、退屈さや不満を感じる毎日から脱出できますよ!

いまの自分に甘えていませんか?

居心地のいい環境や状況に留まったままだと、危機感は薄れます。自分の能力に満足し、それ以上の必要性を感じることができません。あえて、不快に感じる苦手なことに取り組むことで能力を伸ばすことができます。

言い換えると、能力を伸ばすことの始まりには、不快感はつきものなのです。

コンフォートゾーン脱出する方法

変化を恐れたり、嫌悪したりして居心地のいいところ(コンフォートゾーン)に留まっている自分に気付いたら、小さなことでも変化を起こしていく勇気を持ちましょう。

退屈さや不満を考える暇をなくすためにも、変化を有効活用してコンフォートゾーンを抜け出しませんか。

自分の向上や成長に繋げるきっかけになる方法は、日常の中に溢れているんですよ!

褒められ上手になる

成長することと、褒められ上手になることがどう関係するの?と不思議に感じる人もいるかもしれません。

しかし、褒められるときの反応は、自己信頼や自己肯定感にも関わってきます。自己信頼や自己肯定感がないと、変化を受け入れることが難しくなるのです。

誰かから褒められたときに「そんなことないです」という返答が習慣になってしまっているなら、そんなことない自分がコンフォートゾーンの可能性大。次からは「ありがとうございます!」に変えていきましょう。

人前で話す

特に大勢の人の前で話すときは、緊張するものですよね。あまり気持ち良いものではありません。

大勢の人が自分に視線と意識を向けているシーンに、プレッシャーや恐怖は誰でも感じるものです。失敗したくない、うまく話したい気持ちをプラスに働かせれば、必要な練習を積んで、人前での話のコツを習得するビックチャンスです。乗り切れたときは達成感でいっぱいになり、失敗したら落ち込むかもしれません。

いずれにせよ、普段とは違うことに挑戦することは自分に刺激を与えるいいことです。

Noと言ってみる

Noと断るときの自分の中に湧く不快な感情を避けるために、なんでもYesと答えていませんか?しかしいつも通りにYesを言い続けていると、それが習慣化してしまいます。

必要であればNoということが大切です。

数字に立ち向かう

数字に弱いなら、データを目にすると不快に感じることもあるでしょう。なぜなら、分からないし、苦手だし、面白みを感じられないから。仕事で必要になると恐怖のプレッシャーとなる人もいるかもしれません。

売上や営業のノルマから逃げてたくなる気持ちはわかります。しかし少しづつでも数字を追うことに慣れて、いつもの自分を脱することを心がけましょう。

早起きしてみる

朝起きることに出かけるまでの多くの時間を割いているかもしれませんね。

億劫で辛いかもしれませんが、朝の習慣を変えることは自分を変えることに大きくつながるかもしれません。

指摘を受ける・指摘する

間違いを指摘されたり、苦情を受けたりするそのときは、心地いいものではないかもしれません。しかし、その指摘を受け入れ、自分できちんとかみ砕いて消化することは、成長を促します。

さらに、指摘をすることも気持ちのいいことではありませんが、必要な場面はたくさんあります。感情的になることなく、建設的な指摘の仕方を学べる機会となるでしょう。

運動する

運動嫌いの人がいたら、身体を動かす習慣を取り入れてみてください。

運動は身体を健康にするだけでなく、メンタル強化にも役立ち、様々な目標に立ち向かうことをサポートしてくれるものです。

スマホから離れる

寝ている時間を除いて、3時間スマートフォンに触らないでいることはできますか?

時間を決めて触れる時間を制限し、電子機器なしの時間を楽しく、上手に使えるようになりましょう。スマートフォンが生活に不可欠になると「無いと落ち着かない」現象が起きてきます。

変化を習慣にして怖いものを減らす

人は誰でもコンフォートゾーンに身を置きたくなるものです。

しかし、逆に「変化があること」を当たり前にすると、「変化すること」に対する恐怖を減らすことができ、自分のコンフォートゾーンを増やすことができます。

コンフォートゾーンを作るのは悪いことではない

コンフォートゾーンは、決して悪いものではありません。慣れた安心の領域にいることで穏やかに、平常心で仕事や物事にあたることができるというのも一理。この領域でしか得られない実りというのも実際に存在しますし、変化、変化、変化三昧の中では、この域に達することはできません。

アメリカのブランダイス大学の教授アンディ・モリンスキー教授は、3つの質問を自分に投げかけることで見極めるように勧めています。

「準備はできてるか?」「本当に興味のあること?」「今がそのときか?」

きっと、上記で紹介している項目については、この3つの質問は必要ないでしょう。

しかし、大きな変化を起こすときには、参考にしてみてください。

成長は困難を減らす

コンフォートゾーンを抜け出すことに、恐怖を感じたり、不快さを感じたりすることがあります。それを抜け出すとは、違う習慣を手に入れたり、困難を克服したりすることになります。

これが、私たちに成長をもたらします。

今まで難しかったことや避けてきたこと、取り組んで来なかった良い習慣などを自分のものにすることができると、それらのことは、難しくも苦手でもなくなってきます。

「人は越えられない困難には出会わない、越えられるから出会う」といわれます。

ぜひ、恐怖や不快感を成長の糧と捉えて、取り組んでいきましょう。

変化を求める攻めの姿勢が身に付く

コンフォートゾーンを抜け出すことが頻繁になるほど、変化の状況の不快さにも慣れてきます。

変化に強い人とは、まさにこのこと。周りや環境がどんなに変化しても、その受け止め方を知っているので、不快なストレスにはなりにくいのです。このことは、テキストでは学べません。たとえ小さなことでも、自分のコンフォートゾーンを抜け出すことで身に付けていくものといえるでしょう。

変化に立ち向かうことが成長への道!

人はみなコンフォートゾーンを作りたがります。

しかし変化を自ら作り出し、受け入れていくことでプラスになることはたくさんあります。変化を追って、いつも恐怖や不安に自分から立ち向かうことで、それらの感情が克服できると知ることができます。

繰り返していると、不意の変化の際にも、成長した自分で対応することができるのです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています