PCの基本操作ができるとはどの程度のスキルが必要なのか

PCの基本操作ができるとはどの程度のスキルが必要なのか
pompi / Pixabay

求人の条件に書かれている悩ましいフレーズと言えば「PCの基本操作ができる」ではないでしょうか。
一体、具体的にはなにが求められているのか。この漠然とした言葉について考えていきましょう。

 

「普通に使えればいい」という場合

まず「PCの基本操作」が、文字通りに、パソコンが日常レベルで普通に使えることを表している場合があります。
これはもう、電源を入れられる、ブラウザを立ち上げてウェブサイトを閲覧できる、ある程度のスムーズさでキーボードで文字入力をすることができる、プリントアウトができる、といったような、本当に基本的な操作です。
つまり、日常的にパソコンを使ってる人なら問題ないレベルと言えます。
このパターンは、まったくパソコンにさわったことがないようなレベルの人が応募してこないように振り落とす程度の意味で書いているもので、企業側も大したスキルは求めていないと考えられます。

 

職種に合ったスキルを求められる場合

もうひとつのパターンが、業務上必須なスキルを想定しているにも関わらず、「PCの基本操作」という一般的で具体性に欠ける慣用表現を使っているだけ、という場合です。
この場合は、実際に求められるスキルは職種によってまったく違ってきます。ExcelやWordなどで書類作成がスムーズにできることが求められたり、仕事で使う専用のソフトに対応できる汎用的なスキルが求められたり、こうなると、必要とされる条件を満たしているかどうかは最終的には実際に働いてみるまでわからないとも言えます。

 

まずは具体的かつ正直に

結局のところ、「PCの基本操作」という言葉から予想される条件は多岐に渡ります。
そもそも、上記2つの場合を求人情報から見分けること自体が困難です。
では、どうすればいいのでしょうか。
唯一できることは、まったくパソコンが使えない場合は別として、まずはパソコンを使って何ができるのかを正直に、具体的に書いて応募してみるということくらいでしょう。

実際には何が必要とされているかがわからない以上、こうやって企業側に判断を委ねるしかありません。
パソコンのソフトは日々更新されていくので、例えば「Excelが使えます」というだけではなく、何年のバージョンのものを使ったことがあるかということまで詳細に書くといいでしょう。
いざ入社してから途方に暮れる事にならないためには、まずこの段階から、どういったスキルが求められるのか、自分がそれを満たせるかどうか、企業側と認識をすり合わせていくということが重要かと思われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています