「逆質問なし」はどういうサイン?面接合否との関連性と考えられる理由

「逆質問なし」はどういうサイン?面接合否との関連性と考えられる理由

面接で、「最後に質問はありませんか?」と聞かれることを「逆質問」と呼びます。
この逆質問の時間がないと「不合格」なんていう噂もありますが、実際はどうなのでしょうか。
「逆質問なし」の原因について考えられる理由を紹介します。

面接で「逆質問なし」は不合格のサイン?気になる合否との関連性

面接で逆質問されなかった場合は、不合格という噂は本当なのでしょうか。
まずは気になる合否との関係からお話ししていきましょう。

逆質問と合否は関係ない

逆質問がない場合、「面接官が早く終わらせたがっている=不合格だ!」とする説もあれば、「内容が充実していたのでこれ以上話す必要がない=合格!」という説もあります。
しかし、一般には、逆質問の有無と合否には関連性はないと言われています。

そもそも、面接は自分をアピールする場ですので、面接官の質問に対してどう回答したかが合否を分ける重要なポイントです。
逆質問の有無で合否を探ることは難しいと考えておきましょう。

どうしても聞きたいことがある場合は、質問してもOK

逆質問されなかった場合、用意していた質問はどうすべき?という疑問もありますよね。

面接ではどうアピールするかが重要ではありますが、分からないことがあれば質問して当然です。
何か聞きたいことがある場合には、「質問があるのですがお伺いしてもよろしいでしょうか」というように、一言断った上で質問してOKです。
ただし、企業HPに書かれているような内容やすでに説明を受けた内容など、聞かなくても分かるようなことを聞くのはNG。
あらかじめ、企業研究をし、それでも知ることができなかった場合のみ質問するようにしましょう。

逆質問がなかったのはなぜ?考えられる理由とは

逆質問がある面接とない面接、その違いは何なのでしょうか。
ここでは、逆質問がない場合に考えられる理由について解説します。

時間の都合上、カット

逆質問がない場合、まず考えられるのが、「すでに所定の時間を過ぎている」「次の面接時間が迫っている」というような時間の制約です。
「面接そのものはそんなに盛り上がらなかったけど……」というような場合でも、前の面接から時間が押しているというようなケースも考えられます。

面接官の個人的な都合

面接官の都合によって逆質問がカットされることもあります。
時間の制約に通じる部分がありますが、たとえば、現場スタッフが面接を担当している場合、通常業務に追われているので早く終わらせたいというケースも考えられます。
また、そもそも「逆質問」の機会について、面接官自身が特段気に留めていなかったというケースもあるようです。
面接官によって、逆質問の有無が左右されることは覚えておきましょう。

応募者の質問力を見ている、というケースも

逆質問をあえてしなかったというケースでは、応募者の質問力・コミュニケーション能力を見たいというケースもあります。
面接のような緊張を要する場で、自分から質問できるかどうか、また質問するタイミングがはかれるかどうかは、仕事をする面でも必要なスキルです。

このように、応募者の能力を見るためにあえて逆質問をしないということもあるようです。

「逆質問なし」の場合はどうすべき?面接での正しい対応

逆質問がなかった場合は、どう対応するのが正解なのでしょうか。
慌てることなく面接を終えるためのポイントを紹介します。

無理に質問しなくてもOK

逆質問は必ずすべき!というのが面接でのマナーのように言われていますが、「最後に質問はありませんか?」と聞かれなかった場合には、わざわざ質問しなくてもOKです。
用意していた質問のうち、実際に入社を検討する上で必要な質問があれば、一言断った上で質問するようにしましょう。

一言、意気込みや熱意を伝えるのもアリ

逆質問の有無にかかわらず、面接の最後には、本日のお礼を伝えるのがひとつのマナーです。
「では、本日の面接はこれで終わりです」と終了を告げられたら、まずは座ったままでよいので「本日はお忙しい中ありがとうございました。どうぞ宜しくお願い致します」とお礼を述べて一礼します。
「内定を頂きましたら精一杯頑張ります」というように、意気込みや熱意を一言足すのもいいですね。

その後、荷物をまとめて退室の準備をしましょう。
なお、席を立った際に一礼し、ドアを開けて室外へと踏み出す前に再度一礼するのが退室する際のマナーです。
最後まで気を抜かないようにしたいですね。

逆質問の有無は合否には関係ない!

逆質問の有無は、面接の合否には関係はありません。
面接では総合的にみて合否が判断されていますので、逆質問の時間がなかったからといって慌てないようにしてくださいね。
また、どうしても聞きたいことがある場合には、一言断った上で面接官に尋ねてもOKですが、質問するからには墓穴とならないような注意が必要です。
逆質問の有無にかかわらず、質問内容をしっかり吟味しておくようにしてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています