【例文あり】化学素材メーカー業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

【例文あり】化学素材メーカー業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

化学素材メーカーと聞いて、すぐに具体的なイメージが浮かぶ人は少ないのではないでしょうか?
化学という名前から、住友化学や旭化成、富士フィルムなど数多くの大手企業名を思い浮かべることができます。
しかし、実際には、どんな業務があるのか、転職事情はどうなのか、志望動機に何をあげれば人事担当者の目にとまるのか、その情報をしっかりと把握しておくことが転職へのカギとなります。
ここでは、化学素材メーカーとは? といった基礎知識から業界用語の説明まで、転職に役立つ情報を順に紹介していきます。
転職を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

化学素材メーカー業界ってどんな業界?

化学素材とは、身のまわりにあるさまざまな製品を作るための材料となっているものです。たとえば、ジュースやお茶のボトルを作るためのプラスチック、タイヤを作るための合成ゴム、衣類のもとになっている化学繊維など、製品そのものではなくその製品を作るための化学素材を作っているのが化学素材メーカーです。
したがって、顧客は個人ではなく法人、いわゆるBtoB(Business to Business=法人顧客相手)企業となります。
BtoB企業の特徴として、一度取引が成立すると長期にわたり継続することが多いので、安定した業績を上げることができます。
日本の化学素材メーカーは技術力も高く、海外のさまざまな製品にも日本製の素材が使われています。
そのため海外勤務も多く、最近は、とくにアジア進出が目立っているようです。
安定した業種のため従業員の離職率も少なく、実は求人が少ない業界でもあります。

化学素材メーカー業界での主な職種

化学素材メーカーでは主に事務系と技術系の職種に分かれています。

人間関係をスムーズに保ち続ける国内営業職

化学素材メーカーの取引相手は素材を必要とする「企業」なので、営業も個人ではなく企業相手となります。
ほとんどが長期契約を結ぶことが多く、既存顧客への自社製品の案内やフォロー、アドバイスなどがメイン業務となります。
新素材が製品化されるまでには数年かかることが多いため、新規顧客を獲得するための営業活動は少なくなります。

タフネスが必要な海外営業職

日本の素材はとても優秀で、海外にも多くの需要があります。
また、生産工程で海外に工場を置くことも多く、海外担当になると頻繁に海外出張があったり、長期滞在するケースも多くなります。
赴任先は欧米、ヨーロッパ、中国やアジア各国とさまざまですが、最近は東南アジアへの売り込みが多いようです。
現地の人との交流も重要な仕事です。
生活環境も考え方も異なる地域で、言葉の壁を越え積極的に取り組めるメンタルの強さが求められます。

勉強好きで粘り強い人に向いている研究開発職

さまざまな化学素材の開発、構造解析、評価などを行います。
化学・素材・化成品・電機メーカー、公的機関などの研究所で実務経験を積んだ人への募集がほとんどです。
未経験者は大学院の新卒に限るという場合が多いので、違う職種からの転職は厳しいと言えるでしょう。
研究開発は結果が出るまで数年から数十年かかることが多いので、成果が出なくても諦めない粘り強さが必要です。
その半面、会社が求めている結果が出ないと研究打ち切りや他部署への移動もあり得るので、確かな実力が求められる職種です。

生産技術職

化学素材の品質を保ちつつ効率よく大量に生産するために、生産体制を管理する仕事です。
たとえば、研究開発部門が開発した素材を、実際に大量に生産する場合、研究結果とは違った結果になる場合もあります。
そのような問題を、生産行程で解決していくのが生産技術職です。
既存の生産ラインにおける課題の抽出と改善、新たな生産ラインの立ち上げ、研究部門と技術部門との細かい橋渡しなど、その仕事は多岐にわたります。
専門知識に加え、他部門のメンバーとも交渉する場面が多いため、人間関係を円滑にできる柔軟さが必要となります。

企業の財産を守る知的財産部

新しくできた化学素材は、企業にとって大切な財産です。
研究・開発部門が出した成果がそれに相応しい利益をもらたすように、また、その技術が模倣されないように守っていく大切な部門です。
自社の製品だけでなく他社の製品にも精通する幅広い知識と、他部門との情報共有のためにも人間関係をうまく築ける人柄が求められます。

事務職も重要

化学素材メーカーには大企業も多く、その場合は管理する人員や財産も多いため、人事や経理・財務が重要な役割を担います。
また、海外企業との法律面での整備を行う法務や、担当する素材を売り込むための企画営業など、事務系の職種も専門的な知識を必要とすることが多いと言えます。

化学素材メーカー業界で働くメリット・デメリット

化学素材メーカーは大企業が多く仕事も多岐にわたるため、自分の適性をよく考えて選ぶ必要があります。
化学素材メーカーのメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしてください。

雇用が安定している

顧客が個人ではなく企業であること、契約が長期にわたることから、急に仕事が無くなるということは少なく、一旦就職できれば長く勤められるという利点があります。
職種にもよりますが、既存顧客が多く付き合いも長いことから仕事内容が変わることが少なく、腰を落ち着けて仕事をしたい人には向いている業界と言えます。
大企業が多く、給与面でも比較的高い方と言えるでしょう。

やりがいがある!

日本の化学素材は優秀です。
とくに、研究職や技術職に就いた場合は、自分の努力の結果が新素材となって流通していくという、はっきりとした形で確認できるので、とてもやりがいがあります。
「この製品の素材はうちが作ってるんだよ」と人に言えることも嬉しいですね。

海外出張が多い

人によってはメリットにもデメリットにもなる海外出張。
一か所に落ち着いて仕事がしたい、という人には頻繁な海外出張はストレスのもとになります。
反対に新鮮な出会いを求め、人とのコミュニケーションを楽しみたい、異国の人たちと交流を深めたい、という人にはとても魅力的な業界です。

やや保守的な部署も?

BtoB企業の特徴でもありますが、既存顧客が多い場合、仕事内容があまり変わらないということがあります。
ルーチンワークが増え、やや物足りなく感じる人もいるかもしれません。
とくに、営業は接待が多く、お酒や人との会話が苦手という人には厳しい一面もあるかもしれません。

化学素材メーカー業界に転職ってどうなの?

実際に、化学素材メーカーはあなたにピッタリの業界なのでしょうか?
自分の理想と会社の実情、転職事情をよく見極めて、悔いのない選択をしましょう。
熟考したうえで転職を考えるのなら、あとは事前準備あるのみです。

離職率が低いので求人が少ない

化学素材メーカーは安定した企業が多く、離職率が低い業界です。
したがって、求人は他の業界に比べて少ないと言えるでしょう。
しかし、非公開で求人をかけている場合も多いので、情報がないからといって諦めることはありません。

他業界からの転職は厳しい

専門知識が必要となる業界なので、全く関連のない業界からの転職は難しいかもしれません。
同じ業界の場合でも、企業によって扱う製品は全く異なります。
今までの知識が、どの程度生かせるのか考えましょう。
たとえ専門が違っていても、培ってきた経験は何らかのプラスになるはず。
こうと決めた会社があるなら、諦めずに挑戦してみることです。

国内対応か海外対応かで全く異なる仕事内容

化学素材メーカーは、製品を海外輸出している会社がほとんどです。
その一方、国内での既存顧客との安定した取引も重要です。
したがって、海外担当になるのか国内担当になるのかで仕事内容が全く違ってきます。
どんどん海て自分の力を試したいという人や、安定した職場で堅実に作業をこなしたいという人など、自分の特性をよく見極めて、どの部署を希望するのか明確に伝えることが大切です。

英語はできた方がよい

海外担当になると、当然英語を話す機会が増えます。
企業でも、資格を取るための社内教育を設けているところもあります。
あらかじめTOEICや英検で資格を取り、日常会話程度はこなせることをアピールできるとよいでしょう。

化学素材メーカー業界の志望動機を作るポイント

志望理由と自分が何をできるのか、何を目指しているのかを明確に伝えましょう。
専門知識ももちろん重要ですが、やはり「やる気」をアピールすることが大切です!

化学素材メーカー業界で成し遂げたいことを伝える

化学素材メーカーは会社名を聞けば「あの会社」と思いつきますが、仕事内容については何をやっているのかイメージをつかみにくい人が多いでしょう。
そんななかで、あえて化学素材メーカーに転職しようとする人は、確実な将来ビジョンを持っているはずです。
研究者として世界に通用する素材を作りたい、生産技術者として工程を支えていきたい、など熱意を十分に伝えることが大切です。

化学素材メーカー業界で何ができるのか

経験者が優遇される業界です。
同業からの転職であれば、前職で得た技術力や知識を十分にアピールし、新しい会社で何ができるのか具体的に説明しましょう。
転職先で扱う素材についてもある程度の知識は必要ですが、本当に必要な情報は会社に入らないと分からないものです。
「勉強しました」という姿勢は大切ですが、つけ焼き刃的な知識をアピールしすぎて失敗しないように気をつけてください。

なぜこの会社を選んだのか明確に

なぜ他社ではなくこの会社を選んだのか、同じ化学素材メーカーなら別の会社でも良かったのでは? と、きかれた場合に、しっかりと答えられる理由を考えておきましょう。
たとえば、OB訪問した場合の対応や雰囲気がとても良かった、御社のこの研究に魅力を感じて、など、その会社に特化した理由が必要となります。

化学素材メーカー業界の志望動機の例文

いくつか志望動機の例文をあげますので、自分の事例にあてはめて自分の文章につくり直してください。
何を中心に伝えたいのか、よく考えましょう!

他業界から営業職として応募するときの志望動機例

過去5年間、国内企業に向けて化学製品を販売してまいりました。
製品について知識を深めるうちに、どうしたらその製品ができるのか、素材の段階からの工程に興味をもつようになりました。
私の取り扱っていた商品の素材が御社で研究開発されたものであると知り、ぜひ業務の一端を担いたいと思ったしだいです。
これまでの営業の知識を生かしながら、さらなる素材への知識、作業工程への理解を取得し、お役にたてるよう頑張りたいと思います。

同業界から研究職として応募するときの志望動機例

3年間、化学繊維の開発に携わってきました。
少しずつ改良を重ね、より良い素材を開発していく仕事でしたが、時代のニーズに合わせたより環境に優しいエコな繊維を作れないものかと考えるようになりました。
御社の環境に配慮した生産工程、身体に優しい繊維素材を研究している開発部の取り組みに共感し、ここでなら自分の作りたいものを一から作ることができると思いました。
今までの経験を生かし、さらなる勉強を重ねて御社の研究に貢献したいと思います。

異なる業界から事務職を応募するときの志望動機例

病院の事務を2年経験し、医療素材が患者さんの大きな力になっていることを直に見てまいりました。
医療用素材について興味を持ちはじめ勉強していくうちに、この素材を使った製品を広く社会に広めたい、多くの人に届けたいと思うようになりました。
学生時代からTOEIC取得など英語の勉強を続けているので、海外とのやり取りもスムーズに行える程度の語学力を持っております。
業界は違いますが、一日も早く専門知識を身につけて社員の皆さまのバックアップを務められるよう頑張りたいと思います。

化学素材メーカー業界で働く前に覚えておきたい業界用語

化学素材メーカー業界の専門用語は多岐にわたります。
他業界からの転職の場合は、基本的な言葉からしっかりと身につける必要があります。
転職したい会社で扱っている素材に関する専門用語は、なるべく多く覚えておきたいものです。

化学素材

化学素材とは、原材料に対して合成・分解・重合反応といった「化学変化」や「分離・精製操作」といった処理を施して作った素材のことを言います。
たとえば、パソコンなどに使用されている半導体の材料、液晶ディスプレイの材料、合成繊維などもそれに該当します。
化学素材と一言に言っても、その種類は石油、ガス、高分子、無機材料、生活用品など多岐にわたります。

BtoB企業

Business to Businessの略。
企業相手に取引をする会社です。
比較される言葉としてBtoC(Business to Customer)、個人を相手に取引する会社があります。
法人相手なので長期にわたる契約が多く、比較的安定した企業が多いのが特徴です。
化学素材メーカーは、ほとんどがBtoB企業です。

吸水性ポリマー

高吸水性高分子。
紙おむつや生理用品などの吸水材として多く使われている化学素材。
冷凍庫にある保冷材もその一種で、水を吸収して固める性質があります。
原料はポリアクリル酸ナトリウム。

アクアマテリアル

95%以上が水でできている新素材。固まると適度の硬度を持ち、型にはめて自由な形に加工することもできます。
今まで主流だったプラスチックは原料が石油のため、将来は枯渇するという不安がありますが、水は自然界で循環するため無くなる心配がありません。
また、環境にも優しいため、将来を期待される化学素材です。

高分子化学

高分子とはプラスチック、フィルム、繊維などの元となる物質です。
ペットボトル、写真フィルム、ビニール袋など身近な製品に加工され使われています。
高分子化学は、日本の企業の得意分野です。

ラテックス

ゴムの樹などから採取される白色乳状の樹液です。
天然ゴムラテックスと合成ゴムラテックスがあります。
天然ゴム製品に接触することによって起こるラテックスアレルギーは、医学的にも有名です。

まとめ

化学素材メーカー業界は、選ぶ企業によって必要となる専門知識が異なります。
本当に必要な知識は、仕事をしながら学ぶ必要があります。
その会社が取り扱う素材について、ある程度の情報を得た後は、それをアピールしつつ、最後はこの会社に入りたい、ここで働きたいという熱意を十分に伝えることが大切です。
化学素材メーカーへの転職のために頑張ってください。

  • 1Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

営業職研究:基本フローと成果を上げるポイント&醍醐味を知ろう

営業職がキャリアの視野にあるなら基本を押さえましょう。 営業職は「売り込み」だけでは成果は上がりません。 自分 […]

続きを読む

在宅介護と施設介護の種類と仕事内容の違い

介護の仕事はどのような形態の事業所で働くかによって、仕事の種類も異なってきます。 介護の仕事に就きたいと思うと […]

続きを読む

企業の多様なニーズに応える福利厚生のアウトソーシング

福利厚生のアウトソーシング化が増えています。 アウトソーシング会社の福利厚生サービスの会員になることで、会員特 […]

続きを読む

薬剤師で病院への転職を考えている方へのススメ

調剤やドラッグストアに一度就職しても、病院薬剤師の夢が捨てきれず、病院への転職を考える薬剤師はそれなりにいるの […]

続きを読む

化学素材メーカー業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

  第二新卒で化学素材メーカー業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト