【例文あり】旅行業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

【例文あり】旅行業界へ転職!志望動機と知っておきたいポイントまとめ

旅行業界と言えば、旅行に関する事業やサポートを行うサービス業を営む業界です。
多くの人は、ツアープランを案内したりツアーの際に客を案内する人を思い浮かべるのではないでしょうか。
そのほかにも、ツアーを企画しまとめ上げる仕事もあります。
そうした仕事の旅行業界とは、どんな業界なのでしょう。
旅行業界の基礎知識や転職事情、志望動機のポイントなどを紹介していきます。
ぜひ参考にしてください。

目次

旅行業界ってどんな業界?

旅行会社は旅行者を客とし、客のために交通機関や宿泊施設の手配や、パッケージ旅行のプラン作成や販売などを行っています。
旅行自体には形はありません。
しかし、「仕入れ」「加工」「売買」「管理」という基本は旅行業界も同じです。
それに加え、旅行者のために契約、媒介、取次をするのはもちろんのこと、旅行者とサプライヤー(航空会社やホテルなど)をつなぎ、両者に対して付加価値をつくりだしているのが旅行業界です。

旅行業界に転職するのに向いているエージェント3選

倍率が高いからこそ圧倒的な求人数がおすすめ! リクナビNEXT

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

圧倒的な公開求人数! 転職するなら確実に登録しておきたいDODA

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

DODAには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、DODAにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるDODAはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

DODAの無料登録・詳細はこちら

20-30代で転職するならここが安心! エージェントと2人3脚で転職できるマイナビエージェント

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数6,544件非公開求人21,388件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種(ITに強み年収UP率やや高い
  • 詳しく見る

多くの企業人事よ太いパイプを持つマイナビネットワーク!

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など多岐にわたる人材情報サービスを展開しているため、全国に配置されたマイナビの法人営業担当が全国の大手上場企業からベンチャー企業までの人事担当者と太いネットワークを有しています。強力なキャリアコンサルタントが応募書類の添削や面接対策など転職活動をトータルサポートしてくれるのです。また、IT領域に特化したキャリアアドバイザーが在籍するマイナビエージェント×ITがありますので、年収アップやキャリアアップを目指すPMやエンジニアにもおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの無料登録・詳細はこちら

旅行業界での主な職種

ここでは、旅行業界でよくみられる職種を紹介します。
職種ごとの仕事内容をよく理解し、自分に合った仕事を探してみてください。

ツアープランニング(商品開発・企画)

旅行業界で人気の職種と言ったら、これになるのではないでしょうか。
パッケージツアーの企画や開発を行う仕事です。
徹底したマーケティングやアンケート調査を経て、客が満足のいくような魅力的なツアーを組み上げていきます。
ツアーの仕入れ、手配などのオペレーション業務まで併せて、ランニングの仕事としている場合が多いです。
さらに、小規模の旅行会社になると、セールスや添乗員の役割もこなす場合があります。

カウンターセールス(店頭販売)

店舗のカウンターで、パッケージツアーの販売や航空券の予約を受け付けたりと、客の旅行の手配をする仕事です。
カウンターに訪れる客の要望に応え、主に発券、予約業務を行います。
ホテル、旅館などの宿泊施設や飛行機、列車、観光バスなどの交通機関、テーマパーク、コンサートなどのイベントまで、さまざま発券、予約を行います。
それに加え、パッケージツアーの販売も行っており、販売店ごとに国内、海外選ばず多種多様なプランを用意し、客に提案します。

添乗員(ガイド、ツアーコンダクター)

パッケージツアーにて、常に客とともに行動し、観光地の案内を行ったりスケジュールを管理し、客を先導する仕事です。
添乗員としてさまざまな土地へ旅行ができることと、他の職種と比べ現場にいることで一番客の反応を肌で感じることができるのが、この職種の魅力とも言えます。
また、添乗員は添乗員専門の派遣会社に登録し、旅行会社の依頼で添乗業務をするといった形のフリーランスが多いです。

旅行業界で働くメリット・デメリット

旅行業界で働くことのメリットを知ることで、この業界への転職のモチベーションをあげていきましょう。
もちろん、メリットをみるだけでは、現実を知ることができません。
デメリットも知ることで、自分に向いているか冷静に判断することができるようになるでしょう。

任せられる仕事の幅が広い

商品企画、開発を行うツアープランニングの職種に就いたとしても、営業や販売、ツアー当日の添乗まで全てを任される場合が多いです。
そのため、任される仕事の幅が広がり自分で判断できる場面が多くなることで、やりがいにつながります。
企画から当日のスケジュール管理まで、一括して自分で把握したいという人には向いています。

独立しやすい環境に置かれる

旅行業全体の仕事を任される場合が多いので、早くに旅行会社経営のノウハウを学べます。
ほぼ全ての権限を与えられるため、その経験は確実に実力へと変わっていくでしょう。
また、旅行業界は新卒社員の採用を積極的に行っており、その影響で3~5年程度で会社を卒業し独立するチャンスにも恵まれるようです。
非常に流動の早い業界と言えるでしょう。

薄給と不安定

昔から薄給と言われています。
それは全世界、大手でも変わらないようです。
また、消費者は景気が良いと娯楽にお金を使うようになり、旅行業界もうるおいますが、悪いとその影響をダイレクトに受けます。
そういう意味では、他の業界よりも非常に不安定とも言えます。

旅行業界に転職ってどうなの?

旅行業界の転職の現状はどうなっているのでしょうか。
未経験でも大丈夫なのか、また旅行業界に向いている人とはどんな人なのでしょうか。
みていきましょう。

未経験でも大丈夫?

旅行業界でも人材確保には苦労していることが多いようです。
その要因としては、経験者だけに絞ると、なかなか志望者が見つからない現状にあります。
なぜならば、旅行代理店に就職したものの、多忙な仕事内容と給料の安さを理由に辞めて転職してしまう人が多いからです。
そのことも踏まえ、間口を広くし未経験者も募集しています。
もちろん、経験者を優遇しますが、未経験でも適性があれば十分チャンスがある業界です。

サービス商品を売る

旅行業界では、形のある商品を売るわけではありません。。
形がないだけに、旅行の価値はサービスの質や会社の信用力で判断される場合が多いです。
客は旅行後の満足度で判断します。
そのため、アフターサービス、フォローも肝心になり、リピーターが重要となる業界です。
それを踏まえて仕事をすることになるでしょう。

旅行業界に向いている人

ツアープランニングでも添乗員でも、客のためにツアーの計画を練ってその準備をしたり、当日にはスケジュールどおりに進むよう進行管理をしたりと、宴会でいう幹事の役割をする機会がとても多くなります。
人前で目立つ行動をするというよりも、人のために地道な行動をとる裏方としての活躍が中心になります。
そういった役目を好む人には向いているでしょう。

旅行業界の志望動機を作るポイント

旅行業界を志望する人は非常に多く、倍率が高いです。
旅行業界へ転職する際にも、志望動機は重要なアピールポイントになるので外せません。
しかし、「旅行が好き」だけでは、アピールにはなりません。
どのように志望動機をつくっていけばよいのでしょうか。
ここでは、志望動機をつくる際のポイントを述べます。

旅行をプロデュースするということ

旅行業界の特徴としては、旅行を利用する側でなくプロデュースする側に回るということです。
志望動機として多く考えられるのが、自分の旅行の経験をもとに、充実した旅行のプランを提供していきたいというものです。
仕事のモチベーションを維持できるとアピールするには、こういった理由も必要でしょう。

仕事で得たい喜びが実際の仕事の喜びと合致しているのか

「旅行が好きでお客さまが喜んでいる姿を見たい」という人もいますが、残念ながら職種によっては、その喜んでいる姿を見送ることができないこともあります。
その仕事で得たい喜びだけでは、志望動機としては弱くなります。
実際の仕事で得られる喜びとはどんなものなのか、研究したうえで動機を考えると説得力につながるのではないでしょうか。

自分の経験がその企業で活かせるのか

どの業界でも言えることですが、自分がその企業で何ができるのか、また何をしたいのかを熱意を込めて伝えられるようにしましょう。
それにより、企業側は、この人物はうちで活躍してくれる人材かどうかを判断する材料としてみてくれます。

旅行業界の志望動機の例文

志望動機と言われても、具体的にどのように述べればよいか悩むところです。
ここでは、志望動機の例文をあげてみました。
参考にしてみてはいかがでしょうか。

お客さまに感動を

旅行会社に興味を持ち、就職したいと思った志望理由は、もともと海外が大好きだったからです。学生のころから海外に興味を持ち、海外旅行を経験してきており、ずっと旅行会社で働きたいと考えていました。
私自身が考える旅行の目的として「感動を味わう」というものがあると思っております。
それは、現地の人と触れ合い文化を知ることで、感動する何かを体験したいという思いがあったからです。
そのような「感動」をお客さまに提供できる業界として、旅行業界を魅力的に感じ志望しました。

接客の経験を活かして

旅行会社で働くことで、非日常を楽しめる時間を提供してたくさんの人の喜びに貢献したいと考えております。
そういう理由から、日本各地において地域に根付いている旅行会社の御社を選びました。形のない「旅行」という商品を売るには、まず私自身を買っていただかなくてはならないと考えております。
いつも笑顔を絶やさず親切で丁寧な接客を心がけてきたアルバイト時代の経験を活かしながら、お客さまの声を聞き入れ次に活かすことで、御社に貢献していきたいと考えております。

御社のサービスに感動した

私が大学生のころ、御社のツアーに参加した際に、そのプランとスケジュールから期待以上にたっぷりと観光を楽しむことができ、サービスにもとても感動しました。この業界で、お客さまとより近い距離でサービスを提供し、思い出に残る楽しい旅行をお届けできたらと思い、旅行会社の大手である御社を志望しました。

旅行業界で働く前に覚えておきたい業界用語

旅行業界にもさまざまな業界用語があります。
覚えておけば、旅行業界に就職した際に役に立つのではないでしょうか。
そんな業界用語をいくつか紹介します。

オーバーブッキング

航空会社が飛行機の座席数よりも乗客数のほうを上回って予約を受け付けてしまった状態のことです。
航空会社では、キャンセルの発生を予測して実際の座席数より多めに予約を受けつける場合があります。
その際に、予想と反してキャンセルが少なかった場合にオーバーブッキングになります。

格安航空券

航空券には普通運賃航空券、PEX航空券、格安航空券の3種類があります。
この中で、格安航空券は、航空会社の発行する正規価格の航空券に比べて大幅に値引きされている航空券のことで、通常ITチケットとも呼ばれます。

コネクティングルーム

隣り合った部屋の壁にドアが付いて繋がっており、廊下を出ずに行き来できる部屋のことを言います。
主に家族やグループの客に使用されますが、各部屋は独立しているので、単独のツインルームやダブルルームとしても使用されます。

コンドミニアム

アパートメント形式の宿泊施設です。
リビングや寝室の他に台所もあり、自炊ができるようになっています。
施設によってはコインランドリーやテニスコートといった共用スペースを備えている場合もあります。基本的に、ホテルよりも宿泊費を安くすませることができるので、長期滞在する人には便利な宿泊施設です。

サーチャージ

追加料金のことです。
燃油サーチャージとして使われ、飛行機の燃料となる油の価格高騰による追加料金のことを指します。
格安航空券を購入する際に、航空券代金のほかにこの項目が追加されます。

シーズナリティ

航空機やホテルなどに関して、季節ごとの需要や繁閑による価格変動のことです。
シーズンには「通常期」と「オンシーズン(繁盛期)」「オフシーズン(閑散期)」「ショルダーシーズン(通常期とオンシーズンとの中間期)」があります。
ホテルならば、そのシーズンのどこを宿泊日にするか、航空機ならばどこを出発日にするかによって料金が変わってきます。

募集型企画旅行

旅行会社が、旅行の目的地や日程、宿泊、交通、観光といったサービスの内容と料金をあらかじめ設定したうえで、参加者を募る旅行のことです。
いわゆるパッケージツアー、パック旅行と言われているものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
旅行業界には、幹事が好きな人が向いていることや、転職の志望動機にはプロデュースする側に回るということ、その企業で自分の経験が活かせるのかなどを頭に入れながら考えるとよいことがわかりましたね。
旅行業界の特性も理解して、自分に向いているかを考慮し、志望動機を準備していきましょう。

旅行業界に転職するのに向いているエージェント3選

倍率が高いからこそ圧倒的な求人数がおすすめ! リクナビNEXT

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

圧倒的な公開求人数! 転職するなら確実に登録しておきたいDODA

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

DODAには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、DODAにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるDODAはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

DODAの無料登録・詳細はこちら

20-30代で転職するならここが安心! エージェントと2人3脚で転職できるマイナビエージェント

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数6,544件非公開求人21,388件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種(ITに強み年収UP率やや高い
  • 詳しく見る

多くの企業人事よ太いパイプを持つマイナビネットワーク!

マイナビエージェントは、就職情報サイト「マイナビ」や転職情報サイト「マイナビ転職」など多岐にわたる人材情報サービスを展開しているため、全国に配置されたマイナビの法人営業担当が全国の大手上場企業からベンチャー企業までの人事担当者と太いネットワークを有しています。強力なキャリアコンサルタントが応募書類の添削や面接対策など転職活動をトータルサポートしてくれるのです。また、IT領域に特化したキャリアアドバイザーが在籍するマイナビエージェント×ITがありますので、年収アップやキャリアアップを目指すPMやエンジニアにもおすすめの転職エージェントです。

マイナビエージェントの無料登録・詳細はこちら

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

転職を成功に導く時間術。かける時間と削る時間の把握で効率重視の活動を

転職活動は書類作成から企業研究、面接対策と、やるべきことが山積みで時間との勝負です。 今の仕事と並行して行う場 […]

続きを読む

退職は転職先が決まってから!失敗しない転職スケジュールのための「4つ」のステップ

今までの日本の雇用形態は、通常定年までの長期の雇用関係、つまり終身雇用が主でした。 しかし現代では仕事や職場に […]

続きを読む

新卒1年目、会社を辞めたい。そんな人に贈る転職のススメ

新卒で就職した会社を辞めたいと感じ、真剣に転職の道を検討することがあります。 それがまだ社会人1年目だとしたら […]

続きを読む

採用確率が上がる4月の時期の特徴と転職活動

1~3月は4月入社に向けて企業も求職者も大きな動きを見せる時期ですが、4月に入ると求人数も減り、転職市場は落ち […]

続きを読む

40代の転職を成功させる転職活動のポイント

40代での転職を成功させることは難しさもあります。 20~30代にはない40代ならではの特徴を知ることで自分の […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む