履歴書を求められた時の郵送期限とは

履歴書を求められた時の郵送期限とは

転職サイトで応募したとき、もしくは電話で応募したとき、「まずは、履歴書と職務経歴書を郵送してください。」と言われることがあります。
もし、まだ未完成だったとき焦りますよね。
さて、この郵送期限はどれくらいと考えればいいのか?説明いたします。

履歴書を求められた時の郵送期限とは?

企業から履歴書を郵送してくださいと言われた時には遅くとも1~2日以内にポストに投函されることをオススメいたします。
企業には、2~4日以内には到着していることが望ましいですね。
企業側も、募集をかけている場合、スケジュールを組んでいられることも多いです。
ですので、他の方の書類が届いて面接などの選考が進められてしまいますと、先に決まってしまうということになってしまいます。

ここ1年ぐらいは先週の求人情報がでて電話をしたら、応募者が多いらしく2週間以内には、内定が決まって応募が締め切られているという感じくらいのスピードでした。

そうでなくても、締切が設定されている企業の場合だと他の方が郵送されていますと、あなたのだけ来なかったら、待たせてしまうことになりますので、ご迷惑をかけることになります。

応募なさる場合の履歴書などの書類の作成には、時間がかかると思いますので、志望動機以外の部分は先に埋めておいて用意をしておくことが大事かと思います。

とくに、応募先の企業から「何日迄」と言う指示が無い場合でも、即時発送が望ましいです。
ご自身の熱望具合が日数で伝わるぐらいに思っていたほうがいいと思います。

郵送時の注意点

郵便局で郵送の手続きを行なう前に、一点だけ忘れずにチェックしていただきたいことがあります。
それは封筒のオモテ面に「履歴書在中」と記載されているかどうかです。

一日でたくさんの郵便物が企業には届くところもあります。いくら宛名に採用担当者の氏名を記載していても、まぎれてしまうこともあるかもしれませんし、中身を見ないまま廃棄されてしまう可能性もゼロではないとは言いきれません。

しかし「履歴書在中」と記載されていれば、他の郵便物との違いは明確となります。
また、担当者以外の方に誤って開封されるリスクも防ぐことにもなります。

大事な書類をきちんと採用担当者の手元に届けるためにも、封筒の左下に、赤く大きく履歴書在中と記載しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています