職務経歴書は市販を選ぶべき?自作と市販の違いとは?

職務経歴書は市販を選ぶべき?自作と市販の違いとは?

求人応募の際、提出書類のひとつとして一般的になってきた職務経歴書。
けれど、作成するにはまだまだハードルが高いと感じる方も多いのでは?
そもそも、職務経歴書は市販されているものを使った方がいいのでしょうか、それとも自分で作るものなのでしょうか。
そんな基本的なことから作り方まで、職務経歴書に関するさまざまな疑問について紹介します。

 

そもそも職務経歴書とは?職務経歴書の意味と重要性について

職務経歴書とは、簡単に言ってしまえば自身の経歴をまとめたものですが、以前の職務内容や実績が想像しやすく応募した企業が求める人材なのか?そのような人材に会ってみたいと思ってもらうためのアプローチとなります。そのような意味では転職活動においてとても大切なものとなります。

以前職務経歴書についての記事も書いていますので、そちらも参考にしてみてください。
参考:職務経歴書とは?職務経歴書の意味と転職に活かす方法

職務経歴書は市販より自作がベストとは?

職務経歴書は、手書き用の用紙も市販されていますが、一般的に自分で作った方が良いとされています。
職務経歴書には規格というものがありません。
そのため、パソコンを使って、レイアウトや内容を自由に作ることができます。
自分自身のプレゼン資料でもある職務経歴書。
職務経歴書はパソコンを使って、経験や強みが十分に表現できるような職務経歴書を自作してみましょう。
ちなみに、職務経歴書は、108~540円程度で市販されています。
パソコンが使えなかったり、使える環境になかったりする人は、市販の職務経歴書を活用するのもOKです。

職務経歴書の市販より自作のメリットとは?

自分で作った職務経歴書にはさまざまなメリットがあります。
最大のメリットは、自作の職務経歴書を提出することで、パソコンスキルなど実務能力のアピールになること。
しかも、信憑性の高いものとして評価されます。
そして、自分で作る職務経歴書には、パソコンスキルのアピール以外にもいくつかのメリットがあります。

職務経歴書を企業に合わせてカスタマイズができる

パソコンを使って自分で作った職務経歴書なら、データがあれば応募する企業や職種にあわせたカスタマイズが簡単。
特にアピールしたい部分のボリュームを増やしたり、内容を追加したり。
パソコンで作った職務経歴書ならではの便利なポイントですね。

職務経歴書で自分のアピールポイントを明確にできるとは?

職務経歴書は、自分自身の職務経験や強みを詳細に表現するためのものです。
そして、誰もが、その中でも特にアピールしたい部分を持っているはず。
自作の職務経歴書を自由に編集することで、自分自身のアピールポイントを強調し明確にすることも可能です。
たとえば、サービス業に応募する人で「接客経験」を重点的にアピールしたい場合、接客経験だけをひとつの項目にまとめたり、一番先に見てもらえるよう冒頭に持ってきたり、自由に編集できるのも自作の職務経歴書ならではのメリットです。

職務経歴書で修正・加筆が簡単にできるとは?

手書きの応募書類の場合、ミスをしてしまうと最初からの書き直しが鉄則。
そのため、書き終わり近くのミスは、落胆の一言につきます。
そんなときも、パソコンで自作した職務経歴書なら安心です。
ミスがあってもその部分だけ修正できるうえ、加筆も簡単にできます。

市販でなくても職務経歴書に向いている用紙サイズとは?

職務経歴書の用紙サイズはA4が一般的です。
ビジネスでのスタンダードな用紙サイズがA4であることが理由です。
B5サイズでも間違いではないのですが、一般的な用紙サイズと違うことでコピーやファイリングがし難いため、避けた方が良いでしょう。

市販でない職務経歴書はエクセルよりもワードがベターとは?

職務経歴書は、エクセルでもワードでもどちらも間違いではありません。
ただし、一般的にはワードで作った方が良いとされています。
ワードの方がレイアウトを整えたり、編集が容易であることがその理由です。
また、一般的なビジネス文書はワードがスタンダード。
職務経歴書を通じてワードが使いこなせているのか、ということも評価ポイントになります。

エクセルの場合は、画面表示では整っているのに、実際に印刷してみると体裁がずれている、ということが良くあります。
どうしてもエクセルで作りたい場合は、その点も気をつけて作成しましょう。

市販でないおすすめの職務経歴書のテンプレートとは?アピール方法も解説

パソコンで作る自作の職務経歴書には、いくつかのテンプレートがあります。
それぞれアピール方法が違いますので、応募する職種や経歴などに応じて、自分に合った職務経歴書を見つけましょう。

ヒストリー型 職務経歴書とは?

ヒストリー型の職務経歴書は、文字通り、自分自身の職務経歴をひとつの歴史になぞらえ、時系列に記したもの。
経験した会社や配属ごとに、それぞれの業務内容や実績、成功体験などを記載していきます。

ヒストリー型職務経歴書に向いている職業

事務や営業、医療、総務、管理職など、業務内容が多岐にわたる職種の方に適しています。
また、さまざまな職種を経験した人や数社にわたり転職経験がある方、派遣社員やアルバイトの方にもおすすめです。

純経歴&PR型職務経歴書とは?

純経歴&PR型の職務経歴書は、職務経歴を担当したプロジェクトや経験業務ごとに分けて記したものです。
担当した業務やプロジェクトごとにまとめ、それぞれに業務内容や保有スキル、自分自身の強みを記載していきます。
職務経歴と自己アピールを同時に紹介するため、事実に基づいた自己アピールをわかりやすく伝えることができます。

純経歴&PR型職務経歴書に向いている職業

IT、開発、デザイン、製造などの技術職の方が適しています。
また、同一の専門職種に従事してきた方、プロジェクト単位での職務経験を持っている方にもおすすめです。

職務経歴書は市販?自作?まとめ

職務経歴書を自分で作ることで、自分自身の職歴や強みに合った職務経歴書を作ることができます。
パソコンが苦手な方は苦労するかもしれませんが、一度作れば、そのあとの印刷や編集はとてもカンタンなので、ぜひ挑戦してみてください。
職務経歴書は自分自身のプレゼン資料です。採用担当者の目に留まるような、自分らしい個性的な職務経歴書を目指しましょう。

市販でなく自分では職務経歴書を書けない!そう感じたら転職エージェントを利用しよう

転職エージェントは職務経歴書のアドバイスもしてくれることは知っていたでしょうか?
多くの転職成功者のサポートをしてきたエージェントたちは、その知識と経験から素晴らしい職務経歴書の書き方のノウハウを知っています。
自分一人で職務経歴書を書くことも必要ですが、第三者の、しかもプロの意見を聞くことで更に内容の詰まった良い職務経歴書ができるでしょう。

そこで、職務経歴書の書き方に迷っている人、手助けがほしいと感じている人におすすめの転職エージェントを紹介します。

市販でない職務経歴書を書きたいならリクナビNEXT

転職サイトのリクナビNEXTは転職サイトというくくりになりますが転職エージェントと比べても遜色ないサービスを提供しています。

職務履歴書のテンプレのダウンロードやフォーマット、さらには職務履歴書に関する様々なコンテンツが用意されていることはリクナビNEXTの強みと言えるでしょう。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,150件非公開求人-件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率非公開
  • 詳しく見る

転職者の約8割がリクナビNEXTを利用中!

リクナビNEXTは転職決定数No.1の総合転職サイトです。通常は転職サイトにはキャリアコンサルタントは在籍しないのですが、リクナビNEXTには会員限定機能としてあなたに興味を持った 求人企業や転職エージェントから直接オファーや非公開求人オファーが届く「スカウトサービス」機能があります。スカウトサービスを利用している企業は2万社以上、提携エージェントも400社以上ありますので、企業やエージェントからの注目度ランキング、オファーの数などで自分の転職市場価値も把握することができます。リクナビNEXTに登録していない人のほうがすくないくらいですので、転職を考え始めたらまずはリクナビNEXTにはとりあえず登録しておきましょう。

リクナビNEXTの無料登録・詳細はこちら

市販でない職務経歴書を書きたいならdoda

転職エージェントサイトdodaには職種・業種別の職務経歴書の書き方サンプルを紹介しています。
各職種のアピールポイントを挙げており、非常に参考になるでしょう。
しかし、それだけではなく無料のエージェントサービスで職務経歴書のアドバイスをもらえ、その職務経歴書を見てエージェントや企業がスカウトする「スカウトサービス」も利用できます。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数43,934件非公開求人131,280件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

dodaには様々な転職支援ツールが用意されており、特に診断ツールが豊富です。年収査定やキャリアタイプ診断、合格診断、レジュメビルダーを使って自身の市場価値を割り出し転職する方法が人気です。また、dodaにはCEOや役員などのエグゼクティブキャリアに特化したIESコンサルタントからファッション業界に特化したクリーデンスコンサルタントなど様々なキャリアパス、業界に秀でたキャリアコンサルタントが多数在籍しております。初めて転職を考える20代の方、キャリアアップを考えている中堅・エグゼクティブ層の方、キャリアアップしたい女性の方までサポートできるdodaはまさに業界大手の実績とノウハウを持った転職エージェントだと言えます。

dodaの無料登録・詳細はこちら

市販でない職務経歴書を書きたいならリクルートエージェント

独自の職務経歴書作成支援ツール「レジュメNAVI」で簡単レジュメ作成ができます。
更にキャリアアドバイザーから、より自分の強みを伝えるためのアドバイスを受けることもできます。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

市販でない職務経歴書を書きたいならSpring転職エージェント

職務経歴書のサンプルはもちろん、エージェントが提出する企業の人事担当者の好みに応じて職務経歴書をカスタマイズするのでより良い結果が得られます。 職務経歴書作成アドバイスから面接の対策までしてくれるのも非常に心強いですね。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数17,000件非公開求人68,000件
    エリア全国+海外対象年代30代〜
    得意業種メーカー、商社年収UP率高い
  • 詳しく見る

世界中に5,100もある拠点を活かしたグローバルなネットワーク

Spring転職エージェントはアデコの転職エージェントブランドとなります。もともとグローバルなアデコのネットワーク5,100拠点を活用して、外資系企業への転職にも強みを持った転職エージェントです。Spring転職エージェントに在籍しているキャリアコンサルタントは専門分野で担当が分かれておりますので、その業界や職種に精通したコンサルテーションを受けることができます。また、Spring転職エージェントの場合は企業側の担当も兼務しているため、新鮮な情報をすぐに感じながら転職活動に活かせるアドバイスをもらえる転職エージェントです。

Spring転職エージェントの無料登録・詳細はこちら

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

職務経歴書の印刷で注意することとは?

履歴書や職務経歴書を忘れて、大事な面接を落とした痛い経験はないでしょうか。 今や履歴書・職務経歴書は、ネットで […]

続きを読む

英文履歴書のResumeとCVの違いと4つのスタイル

転職で英文履歴書の提出が求められて書き方に困っている人はいませんか? 日本の履歴書とは大きく異なり、英文履歴書 […]

続きを読む

職務経歴書と履歴書って何が違うの!?違いを知ってから書き始めよう

応募書類のひとつとして一般的になった「職務経歴書」。そもそも履歴書との違いは何でしょうか。フォーマットだけでは […]

続きを読む

介護のパート、志望動機の書き方!採用されやすいポイントを解説します

パート応募の際、履歴書に必ず書くのが「志望動機」ですよね。 志望動機は採用の合否を左右する大切な項目のひとつで […]

続きを読む

茶色はNG?!書類選考で知っておきたい封筒のマナー

応募書類は、封筒に入れて提出するのがマナーですよね。 この封筒、「茶色だと不合格!」なんて噂もありますが、実際 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト