職務経歴書って絶対に必要なものなの?

職務経歴書って絶対に必要なものなの?

転職する際にまず初めに用意するものは履歴書の他に職務経歴書です。しかし、何度も転職した人以外はそうそう書くものでもなく、初めて書く人がほとんどではないでしょうか?
そこで、そもそも職務経歴書とはどのようなものか、企業はそれを見て何を判断するのか?職務経歴書は絶対に必要なのかご紹介します。

職務経歴書は必要!必要な理由とは?

まずは、職務経歴書はなぜ必要なのでしょうか?職務経歴書とは、いわばあなたの働いてきた歴史であり、どんな会社にいて、何をしてきたのかを表すカタログのようなもの。新卒はエントリーシートがこれに当たりますが、転職の場合は、部活やバイトの経験を書くかわりに前職の経験を書くわけです。企業側はこれを見て自分の会社にあなたが向いているか判断します。

どんな業務を経験してきたか書くことで、戦力になるかどうかわかる

あなたがどんな仕事をしてきたか分かる職務経歴書を企業側はどのように見ているのでしょうか?職務経歴書は前職の経験の他にも、取得した資格や経験した部署、部下に対しての指導の仕方など書くことができます。特に、何を書くか決まってるわけではないので、自分のアピールできるものを書きましょう。しかし、あまり受験する企業の仕事と乖離した内容は避けた方がよいでしょう。あくまでも受ける企業にとってどんな仕事ができるか想像できるようなものになるように工夫が必要です。

そもそも、職務経歴書って何?

職務経歴書はあなたのカタログのようなものだと書きましたが、多くの人はA4サイズの紙に一枚から二枚に職務経歴や資格、スキルなどを書いて提出します。手書きの方がその人の人柄が伝わってきますが、読み手側の企業が読みやすいようにパソコンで作成する場合が多いようです。

職務経歴書を送らないとどうなるの?

応募段階で、履歴書だけ提出を求められて、職務経歴書に関しては何も書かれていない場合がありますが、自分の事を知ってもらう上で、職務経歴書は出さないより、出す前提で用意していた方が良いでしょう。特に企業側は何も言わないかもしれませんが、同じ企業を受けるライバル達も用意していると考えて行動しなければなりません。

送ってきた人と、その時点で差ができてしまう

職務経歴書を送ってきた人とそうでない人とは当然差が出てきてしまいます。就職活動の第一歩である書類選考を合格するためには、採用担当者に目にとまる履歴書を作成することは当然ですが、職務経歴書も一緒に送り、判断材料を増やさなければなりません。あなたがその企業の採用担当だとしたら、職務経歴書を送ってきた人の方がやる気があるのではないかと感じるのではないでしょうか?

履歴書だけしか求められないケースも。その場合はどうしたらいい?

会社によっては、履歴書だけ提出を求めるケースがあります。その場合、本当にそれだけで良いか、本当は出した方が良いのではないかと迷ってしまう事があります。その場合は、職務経歴書にアピールする部分があるのなら、出した方が良いでしょう。企業側は受験者を判断する材料を欲しいわけですから、出したからといってマイナスになるようなことはない可能性が高いです。もし、心配ならば職務経歴書とともに「私を知って貰うために職務経歴書を同封しましたが、不要ならば廃棄してください」と手紙を添えるという方法があります。このような方法に抵抗があるならば、履歴書に自分を最大限アピールするようなことを書くしかありません。

企業へ、職務経歴書を一緒に送らなくて大丈夫か確認する

それでも、職務経歴書の提出を迷ってしまっている人は企業に直接連絡する方法が確実です。いらないと言われれば履歴書で勝負するしかありませんが、送ってもかまわないと言われれば、是非とも職務経歴書を送り、自分をアピールしましょう。職務経歴書はあなたを代弁するカタログのようなものです。企業にあなたを判断する材料をわずかでも多く提示してライバルに差を付けましょう。

職務経歴書を必要としない会社相手にはどうすればいいの?

電話やメールにおいて、職務経歴書が必要ないといわれてしまった場合は、履歴書の他に自己PR書を贈るという方法もあります。自己PR書とは、履歴書では伝えきれないものを補う役割があります。例えば、履歴書では前職の経験やスキルなどを書いて、自己PR書には、自分の人柄や仕事とはあまり関係ない特別なスキルや部下との接し方、仕事を進めていく上で大切にしていることなどを書いてみる方法です。ただし、履歴書しか提出を求められない場合は、自己PR書を同封した旨を手紙で伝え、不要ならば廃棄して欲しい事を伝えておくべきです。

具体性を念頭に履歴書を記入する

面接試験に行くためには、まず書類選考を突破しなければなりません。そのためには、ライバルとは違う履歴書を書く必要があります。では、採用担当の目を引く履歴書はどのようなものでしょうか?それは、履歴書を見て、自分の会社で活躍していること想像できる内容になっているということです。ただ、やる気があります、活躍できますとだけ書いてあるより、前職においてこのような部署でこんな仕事をしてきたので、あなたの会社の特定の部署においてこんな活躍ができますと、具体性を持って書く必要があります。そのためには、受験する会社の研究が必要ですが、会社側にとって一番の見るポイントはそこなので、あなたがその会社で何ができるか考えながら履歴書を書かなければ、ライバルに差を付けることはできないでしょう。

志望動機には、今までより多くの力を注ごう

新卒と比べて、転職での書類選考ではなぜその会社を受けるか、どうして転職する気になったかが大切なポイントになってきます。履歴書で志望動機を書く際に、そのことに触れる必要があります。その志望動機が的外れなものなってしまうと、書類選考を突破するのは難しいでしょう。例えば、前職より規模の大きい会社の場合は、もっと取引額が多い仕事がしたかったので志望したことや、違う分野を受ける場合は、前職のこういう経験が活かせると思ったので希望したなど、より具体性を持って志望動機を考えましょう。企業側が一番気にしているこの部分をしっかり考えて、より多くの力を注ぐ必要があります。

履歴書をもとに質問されるので、大げさなことは書かないことが大切

書類選考に受かりたいが為に、大げさに自分をアピールしたい気持ちはわかりますが、あまり大げさに書いてしまうと、せっかく面接までこぎつけてもぼろが出てしまいます。嘘は当然駄目ですが、自分が面接において、突っ込まれてもキチンと説明出来ないものでなければなりません。採用担当は何人もの人の面接を見ていているのですから、その人が口だけで言っているのか、そうでないのかばれてしまう事を知っておきましょう。そのことを念頭に置いて履歴書や職務経歴書で志望動機や自己PRを作成することが大切です。

まとめ

職務経歴書は履歴書の他にあなたをアピールできる大切なツールの一つです。雇用環境が改善されたといえ、人気の企業に転職したい人は数多くいます。転職を成功させたい人にとって、ライバルとは違う事をアピールできる手段は、具体性を持った志望動機やあなたがの企業で活躍できる姿が想像できる履歴書の他にプラスして、魅力ある職務経歴書を書くことです。受験を希望する会社に沿った職務経歴書を上手く活用できれば、きっと転職の成功に近づくことができるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています